リーダシッププログラム

テーマ:

先日は私の大好きな、そしてそこで学んだことが誇りでもある

CTI-Japanの「リーダーシッププログラム」の説明会に行ってきました。

実はこのプログラムは本国、つまりUSAでしか開催されていないもので、

日本で開催するというこは奇跡に近いものなのだそうです。


私が尊敬する、そして大好きな島村 剛(CTI-Japan代表)さん悲願の

日本開催が決定ということで、日本全国で約140名程度の人が東京や

大阪の会場に分かれて説明会に参加するということです。既に大阪と

東京での1回目の説明会が行われ、あとはもう1回東京で説明会が開催

されるとのことです。その東京での1回目の説明会に参加してきたという

わけです。


このプログラムは10ヶ月にわたって行われるもので5~6日の合宿研修が

3ヶ月に1回、その間は定期的なミーティングや宿題が出されるというもの

なかなか学びの深いものだそうです。総費用は車が1台買える位なので

よほど魅力を感じて自分なりのコミットメントすることができないと参加でき

ないものです。


参加定員は22名!それに約140名の説明会参加ということで、説明会ベースで

みれば倍率は7倍!いやぁ~すごい人気です。

参加要件は3つのテーマについてエッセイを書き、それを提出して選考されなければ

いけないとのことで、参加するだけでなかなかハードルが高いプログラムです。


でも私は是非参加したいと思っているんです。自分の人生を、自分の世界を

主体的に生き抜くためのリーダーシップを是非身につけたいと思っています。

自分をとりまく森羅万象を尊重し取り込み、自分の命を生ききるためにも、

私にとってこのプログラムは必須のものだと信じています。

これから早速課題に取り組み、限定されたチケットを手に入れたいと思います。

AD

プラレール

テーマ:

台風が迫っている今日この頃、みなさんはどのように

お過ごしでしょうか。


私は連日何種類もの会議・ミーティングなどで、ほぼ

ずっと内勤状態がつづいております。いろいろ考える

ので、すでに頭が筋肉痛を通りこえてしまっています。


オフィスを見回すと、なんか薄~いベールがかかって

いるように見えるのは寝不足のせい?


なんだか不健康だなぁ~。


こんなときはさっさと帰って、子ども達とプラレールで

遊ぶのがいいのかも。


そう、うちの子供達はプラレールにはまっています。

上の子は保育園に行くときもお気に入りの電車を

離しません。まあ分かる気もします。子どもって

電車が好きですもんね。


で、良くある光景ですが、仲良く遊んでいたなぁと

安心していると、だいたい泣き声聞こえてきます。

電車の取り合いや線路のつなぎ方での争いが

始まったんですね。結果的には、だいたい下の子が

泣かされちゃうんです。

たまには二人で協力し合ってちゃんとした線路をつくって

くれぃ という父の願いはいつ届くのやら‥


AD

奥日光ジャズフェスティバル

テーマ:

今日は奥日光ジャズフェスティバル初日です。


今日は主要なホテル内でのライブで、明日は

中禅寺湖畔の特設会場での屋外ライブがあります。


奥日光ジャズフェスティバルは毎年行われている催し

で、過去には有名プロミュージシャンが参加したことも

あります。私もそのミュージシャンと同じステージに立った

ことがあるっつーわけです。


今年は有名プロミュージシャンは来ない!?と思いますが、

地元のプロミュージシャンや私のようなアマチュアが

入り混じって、ジャズバトルを繰り広げるわけです。


私も仕事が終わったら今夜の会場のホテルにすっ飛んで

いかなければならず、仕事が手につかなくなりつつある

「今」を感じています。


はぁ~~楽しみだなぁ♪


でもその前に、ブログの更新なんかしていないで目の前の

仕事を早く片付けなければ‥。

AD

人ってすごい!

テーマ:

今日はクライアントさんとのセッションがあった。

いつも思うことだが、人ってちゃんと自分で答えを見つけることができる。

クライアントさんは自分で話をしながら、あるいは問いかけに答えながら

ごちゃごちゃになっている考えを整理していき気づきを深めていく。


コーチは、今テーマになっていることをしっかり掴み、あとはクライアントさんに

フォーカスして問いかけをする。

そのちょっとした係わりで、クライアントさんは自分の力で答えを見つけ歩き出す。


クライアントさんってすごい。

人ってすごい!




梅雨明け

テーマ:

最近、全然ブログの更新を行っていませんでした。

忙しいということを理由にしつつも、単にモノグサゆえの

サボタージュです。


さて、梅雨が明けました。梅雨明けとなると、


「いくつかの水溜りを残して、梅雨が駆け抜けてしまえば

湿った風の背中越しに、君の好きな夏が来ます」


という歌が私の頭の中をそれこそ駆け抜けていきます。


さだまさしの「ほおずき」という曲で、グレープ時代の名曲

「精霊流し」のB面に入っていたかと思います。


70年代フォーク特有の人間臭さ、ヴィジュアライズすると

ノスタルジックな絵になる歌詞、何となく感じる甘酸っぱさなどが

フルに感じられる曲です。


私にとって結構好きな部類に入る曲なので、毎年この時期に

なると頭の中でフォークギターを爪弾く音が流れるんです。


つーことで夏本番!

夏本番と言えばJAZZフェスティバル!

JAZZフェスティバル言えば「奥日光JAZZフェスティバル」


やってきましたね。今年も。

今年も私は出演しちゃうもんね。

と言っても詳細についてまだ連絡が無いので、どのホテルでの

演奏かが分からないのです。


7月23日(土)は、昼間は中禅寺湖畔での演奏?夜はどこかの

ホテルで8バンドぐらいがわかれて演奏。

そして翌24日(日)も昼間は中禅寺湖畔での演奏というのが毎年の

流れなので今年もおそらくそうでしょう。

楽しみだなぁ~。


さて久々に更新できたぞっと。

虫歯のはなし

テーマ:

先日、歯医者に行って来ました。

奥歯に装着しているブリッジが2年ほど前から、ややぐらついていたので、

思い切って歯医者の門を叩いたわけです。


電動のこぎりのようなものでブリッジを切断し、ぐらついている部分を取り出すと

既に奥歯は腐ってボロボロになっており、歯茎と同じ高さまでしか残っていませ

んでした。


手鏡でその現実を見せられた時、あまりのひどさにかなりショックを受けました。

「あ~もっと早く治療していればなぁ」と後悔しきりでした。


その後は3本も麻酔を打って、工作機械のような工具で奥歯をゴリゴリやっていま

した。神経までやられているので抜いたのだそうです。


今は神経を抜いた穴に薬をつめ、白いセメントでフタがされています。

削った歯の一部が舌の横に当たって痛く、今までみたいに饒舌!?に話せないのが

辛いです。


知り合いの話しによると、違和感を感じたらすぐに歯医者にかかった方がいいのだ

そうです。放っておいてひどくなればなるほど、治療にも時間とお金がかかるのだ

そうです。


みなさん、痛くないからといって放ってある虫歯はありませんか?

悪いことはいいません。

すぐに歯医者さんにいきましょう。

ひどくなってからでは遅いですぞ~。