人生について、生きる事について深く語り合う事が好きで
少しづつでも心から繋がれる人達と出会えている事が幸せだと思っています♪
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Thu, February 23, 2017 08:28:22

新ブログ

テーマ:ただのつぶやき

 

いやはや、久しぶりのブログ更新ですよ。最後の記事からもう1年以上経ってますね。

他の方の記事見には来てたけど自分では書いてませんでした。読み逃げごめん!

 

私も南アフリカに移ってきてから早6年で、タロットの出版を終えて、心理学修士号も無事修め、今は永住権申請中なのでそろそろこちらで本格的にセラピストとしてのお仕事を始めるんで、新たにホームページを設立し、ブログもそちらですることにしました。

南アフリカに住んでいるあいだはやっぱり日本中心の活動にはならないわけだからホームページはすべて英語で。ブログはホームページの一環としてありますが、そっちはバイリンガル。ホリスティックセラピストとして心、体、精神の健康のためにいろいろと書いていくつもりですよ。

 

よろしければ見に来てくださいね。

 

https://www.kashiopia.com/blog/

 

同じ内容をFB、ツイッター、グーグルプラス、リンクドインにもアップ中。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ただのつぶやき」 の記事
Sun, December 20, 2015 07:59:30

マインドフル

テーマ:こんな事考えてたり想ってたり
太極拳はれっきとした武道。
じーちゃんばーちゃん達が朝公園でやっているようなやつは1960年代の中国で「健康体操」として太極拳の表面的なものをおさらいし改造しただけのもの。

でもまぁああいうじーちゃんばーちゃん的太極拳するにも
強い体幹と柔軟性と姿勢の良さがないと上手くはできない。
だから太極拳の最初の数年は基礎的に身体を作るという意味では武道であろうと健康体操であろうと同じね。
(ちなみに体幹の強さ、柔軟性と姿勢の良さ、この三つが中国拳法の準備体操と日本のラジオ体操の共通点という事は面白い。ラジオ体操だってそれなりに体が作られて無いときちんとしたフォームでできない。すごいよね、先人の知恵だよ。科学だよ。)


ここ数年武道的太極拳をやってきた。
幾つかの型を学び動きは綺麗にできるようになったけど格闘技的応用となると一筋縄ではいかない。
だから2016年からは応用に力を入れていきたいと思ってる。

先輩からは「型をするときにそれぞれの動きがどういう役割を持つのかシミュレーションしながらしろ。マインドフルな練習でしか上達の道は無い」と言われた。

そりゃそうだ。
身体に叩き込み
意識に叩き込まないと上達するわけないもんな。

でもマインドフルの状態にメンタル保つってキツイ。
太極拳の場合身体を動かしながら
型の正確さはいうまでもなく、身体中の関節の繋がり、息継ぎ、気の流れを意識しつつ、自分の前に架空の相手が攻撃してきている事を想像しながら一つ一つの動きがどういう攻防の意味を持つのかを考える。
すごい大変。

。。。っていうか、こんなにたくさんの事いっぺんに出来ないから。
このマインドトレーニングって身体のトレーニングよりもキツイと思うんだけど??

でもこうしてマインドフルな状態を意識する事によって
いつか極めるべき行動が無意識に繰り出されるようになって自分の一部となる(はずだ)。



学ぶって芸術だな。



$カバラ タロット作家の折衷的随筆集










AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
Wed, December 16, 2015 08:17:06

下手の横好き

テーマ:ただのつぶやき

小学生のときから今でも使ってるもの ブログネタ:小学生のときから今でも使ってるもの 参加中


ピアノを弾く事が好き。
それこそ下手の横好きってやつだけど。

16歳の時にアメリカ渡って
まだ言葉が全然できない頃ホームステイ先にあったピアノが唯一の友達だった。
ピアノに罪は無いが拘束下にある被害者が、加害者と時間や場所を共有することによって、加害者に好意や共感、さらには信頼や結束の感情まで抱くようになるストックホルムシンドローム的なものだった感じがする。 
あの頃がなかったらそこまでピアノを弾く事が好きになる事は無かったかもしれない。

下手だから弾きたくなくなる時もあるけどそれでも好きで
一旦練習始めると数時間があっという間に過ぎててびっくりする事もある。
でも才能無いから
追いかけても報われない片思い的な
傷つくのをわかってても別れられない愛憎劇的な関係。

楽譜はクラッシックからポップまでいろいろある。
最近はネットでも有料無料様々あるから嬉しいね。
小学生の時に入手したハノンとチェルニーのピアノ練習帳も大切にしてある。
いままで日本からアメリカ、ノルウェー、そして日本へと戻りいまはまた南アフリカという人生で
一緒に世界一周したものは30年の付き合いがあるこの2冊だけだ。
(このブログネタみるまで考えた事もなかったや。。。)

$カバラ タロット作家の折衷的随筆集

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
Tue, December 15, 2015 07:52:39

動物園とサファリ

テーマ:海外へ。海外で。

1番かわいいと思う動物 ブログネタ:1番かわいいと思う動物 参加中


南アフリカでは野生のライオン、サイ、バッファロー、きりん、象などがそこらへんでウロウロ
。。。してない。

ボツワナやジンバブエでの国境越えた辺りの人の手の入っていない地域では野生のライオンやハイエナから喰われたとおぼしき南アへの不法入国者と思われる人間の残骸が転がっている場合があるそうだけど。

でも南アフリカでは野生動物に遭遇するなんてありえないから。
そんなのは特別保護されたサファリ地域だけ。

サファリは素敵だ。
野生動物に遭遇できるなんて人生でもそうそう体験できるもんじゃない。

私のもっぱらのお気に入りはきりん。

初めてのサファリ経験でライオンや豹のいないエリアで車降りて休憩していたら
一頭のきりんがぼんやり歩いてた。
ちょうど50メートルほど先にいた私を見つけて
頭を傾げボ~ッと凝視してきた。
逃げるわけでも襲ってくるわけでもなく、ただ立ち尽くしてぼ~~~~っと。

ライオンの群れがきりんを襲おうとしたところも見た事あるけどそんな瞬間は珍しく
基本的に体が大きいから襲われる事も少ないきりんはそれほど警戒心を持たない動物らしく
彼らはいつみてもぼ~っとしている。

嗚呼、一緒にボ~ッとしたくなる。。。癒


この間ステップサン(継息子)から
「動物園の動物飼えるとしたら何がいい~?」と聞かれたので
すぐさま「きりん!」と答えた。

そしたら
「違う違う、動物園の動物」と返された。

いやいや、私の文化からみたらきりんも象もライオンも立派な動物園の動物よ?
保護地区とはいえ野生のきりんや象やライオン見れる方が珍しいから。
と言ったら絶句してた。

彼にとったらサファリ系動物は大自然にいる事が当たり前で動物園で見るもんじゃないらしい。

さぁて、本当は何が当たり前の事なんだろうね。
動物園の動物も本来すべてが野生のはずなんだし。




$カバラ タロット作家の折衷的随筆集
いいね!した人  |  リブログ(0)
Sun, December 13, 2015 08:30:26

食べ方

テーマ:海外へ。海外で。

これだけはNGだという恋人の条件 ブログネタ:これだけはNGだという恋人の条件 参加中


私個人の視点からみた人間付き合いにおいての絶対のタブーは食べ方のマナー。

一般的にアジア人って食べる時に音たてるでしょう、
くちゃくちゃズルズル。

学生時代にシンガポールからきた中国系の男の子は
食べる時に音を立て口も閉じないのでヨーロッパからの他の留学生から食事ボイコットされてた。
「食欲が無くなるだけでなくて気持ち悪くなってくる」って言われて。
確かに、テーブル挟んで向こう側で半分ゲロになってるもの見ながら、またはそれを連想させるような音を聞きながらじゃ何も食べられない。

日本にいた時「深夜食堂」というドラマを見てた。
漫画原作で、漫画の方も好きなんだけど
ドラマではとにかくみんな音を立てて食べてる。
くちゃくちゃはなくてもズルズルと。
麺でなくてもご飯でもおかずでも何もかも吸い込んで食べてる。
あの食べ方って日本においては「美味しそうに食べてる❤️」と思われるマナーなんだっけ??
日本人として恥ずかしくて外国人には見せられないドラマだな。。。と思った。

美味しそうに食べる事は大事。
通常ズルズルと音を立て食べる事が日本でのマナーだというなら
たとえ欧米では非常識と思われても
それはそれでいい。
日本にいて日本人といるなら問題ない。

私とダーリンは愛し合ってはいるけれど
例えば私がズルズル食べるような人だったら一緒にいられなかったと話しをした事がある。

「性格人間性外見よりも大切なものなの?」と聞く人もいるかもしれない。

食べ方やマナーは文化と価値観の違いに関係しているから、
「そんな食べ方の違いだけで。。。」という程度では済まされない。

欧米社会でズルズルくちゃくちゃ食べる人間は知識も教養も無い非常識人だと思われる。
人間にとって食べる事は楽しみで人と美味しいものを美味しいねと言って食べる事は醍醐味である。
そんな大切な瞬間を気分を害するストレスの元となる非常識人といたら良い人間関係なんて築けない。

その上もしも私が日本的アジア的文化をプッシュしてズルズルとすする食べ方をしていたら(ありがたくもそうであった事はない。アメリカに行った当時から「あなたは日本人なのに食べ方がきれいなのね」と言われた事覚えてるから)
それは自分の住んでいる文化的価値観をないがしろにし
相手を尊重していない事になる。
気配りができていない事になる。

敬意を持つ事もできず気配りも出来ないなら性格性質も違っていたろう。
周囲を観察する能力も無いという事になって知性も疑いたくなる。

だから「私」という人間がまったく違う人間として彼の目には映る事になっていただろう。



女癖が悪いだとかギャンブル狂だとか。。まぁ恋人にしたく無い条件なんてゴマンとあるとは思うけど
どんなに癖があっても愛しちゃったら惚れたモン負けだと思うんだよね。

でも食べ方の汚い人なら100年の恋もいっぺんで冷める自信大有りだな。

$カバラ タロット作家の折衷的随筆集
























いいね!した人  |  リブログ(0)
Sat, December 12, 2015 07:40:48

世界で起こっていること

テーマ:こんな事考えてたり想ってたり
ノルウェーから日本へと移ったのは丁度10年前。
移ると決めてから2ヶ月後には成田空港にいた。

その間に知り合った友達がいる。
たった一ヶ月程度だったけれどほとんど毎日お話をするほど仲が良くなった。
10歳下で当時はまだ学生だったけれどしっかりしてて賢くて優しい人。
その後は数えるほどしか会ってないしあとはフェースブックでの交流だけだったのに
未だにお互いつながりを感じてる。
私が南アに移ってきてから最近ようやくネット環境が整ってスカイプができるようになったのでチャットもできるようになった。

彼女は彼氏が出来たことなかったはずなんだけど
ついこの間フェースブックで結婚していることが判った。

まぁ、普通に「おいおいおいいつそうなったんだよ!?」という反応になってしまったよ。

彼女自身はノルウェーで生まれ育っているけれどご両親は移民で
お父さんがシリア人のムスリム教徒、お母さんがカトリックのキプロス人。
素晴らしい人生の哲学を持った親の元、彼女は子供の頃から矛盾なくイスラム教とキリスト教両方の教えのもとに育った。
だから今世界で繰り広げられているイスラム対キリスト教的欧米の対立は彼女にとってとても理解しがたいこと。

実際、イスラム教とキリスト教の原点は一緒だから対立している方がオカシイんだけれどね。

でもイスラム教徒の行動で受け入れがたいものがあることだって確か。
ヨーロッパのムスリムの人達はそれこそ結婚式の時に出会いました的なお見合いを家族から求められる人も多い。
そういう場合は結婚相手をムスリム系の国からつてを辿って探し出し結婚させる。
そうすると残りの親族もヨーロッパへ簡単に移住できちゃったりするから。
正直言って私はその考え方には反対なので
私のお友達もそういう経緯でのお見合い結婚だったのかどうか分からなくて簡単には聞けなかった。

思い切って聞いてみたら
もう15年も知っている間柄で
シリアに行くと必ず会うとても信頼出来るお友達だったのだそうだ。

人としても異性としても愛しているし
それにシリアでは数年前に始まった内戦のせいで
彼の人生は根本からひっくり返ってしまい
今はレバノンで暮らしているから
いっそのこと結婚して、ノルウェーにおいでよ!という経緯らしい。
お互いに「自分にとっての正しい人」と出会うことを信じ二人ともそれまでまったく男女関係の経験なく結ばれた。


お見合い結婚とは一転してなんとも心の洗われる話である。
やっぱり聞いてみて良かった。。。



自分にとって近い人の近い人がシリアの内戦の真っ只中にいたなんて壮絶な事実がある。
あんまり他人事じゃないんだな。

世界は広くて小さい。
もっと大きな事柄に目を向けて生きないとな、と喝をもらった。


ちなみに彼女は飛び級で生化学の修士号を楽々と習得してしまったような才女なのだけれど
稼げる生化学者として仕事するよりも
学生の時にバイトして生きがいを感じたソーシャルワーカーとして仕事している。
お金のために働くんじゃなくて、生きがいのために働きたいの!といって虐待を受けたりしている子供達の面倒をみている。
本当に素敵な人。

$カバラ タロット作家の折衷的随筆集









いいね!した人  |  リブログ(0)
Fri, December 11, 2015 08:07:40

きゅっとプリッと

テーマ:ブログネタ

健康のためにやっていること ブログネタ:健康のためにやっていること 参加中


今年8月中旬から9月中旬にかけてマレーシア、シンガポールそしてイギリスと旅行をした。
その間普段は1日1食半程度にきちんと食べあとは骨ブロスと搾りたてジュースを日課としている私が
旅行期間を(勝手に)「うまいもの食い倒しツアー」と名付け
朝はホテルの朝食をがっつり、昼も夜も毎食ディナー並みに食べたところ(まぁよくも胃がもったもんだ)
帰ってきてジャパニーズオバチャン体系並みにお尻が垂れていることに気がついた。
(あん時に食べたものだけのせいじゃないだろうけど)

気のせいと思おうとしたが(悪あがき)
どうしても入らない短パンやズボンの数々
買い替えるよりも痩せた方が手っ取り早い。。。いや、そもそも、こんな体系の自分なんて信じられない。。。
と、自己嫌悪で泣きたくなりながらシェイプアップすることに決めた。

元来狩猟民族だから皮下脂肪を溜めてもBMI30ぐらいまで健康でいられる欧米人と比べ
元来農耕民族で皮下脂肪を溜めにくいためBMI23ぐらいで健康に害が出はじめる日本人では
増えてもいい脂肪量が限られてる。

もともと私は細くはない。
筋肉質で下半身はがっちりしてる。
だから日本人にしてはBMIが高い。
。。。だから、5キロ増えたらまず健康面でアウトである。
2キロ増えただけでも体調の違いは判る。
美容面では明らかにもうダメダメの状態になる。

お腹は以前ズンバして締まったままだぼつかないから油断してたよ。
あああ チェック怠ってたお尻が。。。。
これをどうにかしないと、というわけで
下半身にはこれが良い、というスクアットを始めた。

30日スクアットチャレンジってのがあって
最初は50回から初めて最終的には250できるようにすれば一ヶ月後にはきゅっと引き締まったプリップリのお尻の出来上がりらしい。
私は初日にやり方を間違って十回程度で腿の全面にひどい筋肉痛を引き起こす結果になってしまったのだけれど
コツが分かったら数日で慣れて50ぐらい軽々と出来るようになった。
100ぐらいはプッシュできると思ったので

スクアット100回
プランク30秒
足上げ10回
腹筋30回
水泳30分/1キロ
ストレッチ30分
。。。というプログラムを3日間続け1日休むというローテを組んだ。
スクアット100以上する度胸はないので未だに30日チャレンジ達成にはなっていないのだけど、たった3週間で履けなかったズボンが履けるようになりオバチャン的お尻の扁平さが軽減された。

いまも続けてるので改善プロセス継続中。

運動で痩せる時は脂肪に蓄積された老廃物と毒素もデトックスされるから本当に美容と健康に良いんだよ。

お尻の違いをちゃちゃっと極端図解❤️
(私がモデルというわけではない)



$カバラ タロット作家の折衷的随筆集
















いいね!した人  |  リブログ(0)
Thu, December 10, 2015 13:20:35

オルゴナイト/ Orgonites

テーマ:アート 
オルゴナイトってのは金属片と水晶をレジンで固めた対電磁波装置
レジンという有機物質は凝固する際に収縮する性質があるので
その圧力で金属や水晶が反応を起こして体に危害を与える電磁波を吸収してくれるのだって。
(まだはっきりと体に良い波長を出してくれるかどうかはまだ実証されてないみたいだけど)。

今日本で流行っているでしょう、レジンクラフト
モノづくり大好きな私が放っておけるワケないんですよ。
というわけで数ヶ月前からハマってます、レジン。

でも単にキレイなものを作るには単調すぎるというか意義が見出せなくて
これもまた巷で流行っているオルゴナイトを作り始め
そして今まで見たことない
「アクセ感覚で身に付けるオルゴナイト」を研究し始めた。

オルゴナイトって普通ちょっと大きくて持ち運びするようなもんじゃなくてオブジェみたいになってるからさ。
ペンダントだとか携帯電話を持つ手にアクセとしてつけておけるならいいじゃん、と思って。

粘土でプロトタイプ作ってシリコンで型とってレジン固めて磨いてアクセとして加工する。
。。。結構手間がかかるんだよね、これがまた。
面白いけどねっっっ!!


下記はリングとブレスレット
虹色もといチャクラカラーの作用も相まって
オルゴナイト兼カラーセラピーグッズ

今はまだ修士論文で忙しいので
時間ある時にちょこちょこ作って溜めてって
自分のサロンを開く際にはお店に一緒に置こうと思ってる。

チャクラブレスレットとリング


装着時


These are orgonites that I made from scratch.
Orgonites are protective devices that absorb harmful electromagnetic energy.
While most orgonites are large and not portable, the ones I make can be worn as jewelry.
The photos show a ring and a bracelet.
Currently my orgonites are not on sale but eventually they will be one of products when I open my own business.

$カバラ タロット作家の折衷的随筆集

いいね!した人  |  リブログ(0)
Wed, December 09, 2015 07:05:05

食べて飲んで痩せる

テーマ:ブログネタ

ノンカロリー飲料って飲む? ブログネタ:ノンカロリー飲料って飲む? 参加中
本文はここから



このブログネタの発案者さんはダイエットしようと思ってノンカロリー飲料を飲むことにしたんですって。
怖いというか無知な発想だな。。。
だって
砂糖自体あんまり体に良くないけど
合成甘味料の方がずっと怖いじゃん。

というわけで、ノンカロリー飲料などは毒を飲むという思い込みがあるので手をつけたことありません。

ネタの発案者さん「だって味のついてるやつ飲みたいじゃん」とも仰ってますが
本気なの!?と思ってぞっとした。
ジャンクでケミカルな日本の味に慣れた人なんだな。。。と思っちゃう。

ノルウェーから日本に移る時
「日本にはおいしいものが沢山あるんだよね~~」
「飲み物なんかいろんな種類があるんだよね~~」と、ワクワクしてきた。
でも実際、健康的においしいものは多くないことがわかった。

日本には確かにおいしいものが沢山ある。
日本食は美味である。
あるけれど
同時にジャンクな味のものもたくさんある。

コンビニも冷凍食品もインスタント食品も便利だけど、味がヘンなものが圧倒的に多い。
味のついている飲み物は薬品の味がする。
調味料もお菓子もなんであんな化学的な味になってるんだろう。。。
「この製品に含まれている原材料がまともな食品なのって限られてる」と思ったことがよくあった。

そしてもっともナチュラルな普通に食品であるものがやたら高かったりするんだ。

。。。ホンモノだから。。。?

膨大な人口を支えるためためには人工的な物質を食べていかないとダメということなのかな。

だったら悲しい。






っていうか。。。

体重減らしたいなら運動しようよ!?




不健康な食生活しても痩せるとか
何かを摂取してれば痩せるって考え、全然分かんないって

$カバラ タロット作家の折衷的随筆集

いいね!した人  |  リブログ(0)
Tue, December 08, 2015 06:20:55

助けたい症候群

テーマ:こんな事考えてたり想ってたり
自分の事はあんまり好きじゃないなぁ。。。

。。。と言ってしまうと
「なんで~そんなそんな必要ないじゃん」だとか「そんなに恵まれているのに」だとか挙げ句の果てには「他の人に失礼だと思う」。。といいった返答を(ありがたくも)もらうのであまり言いたくない。
褒め言葉が聞きたくて言うんじゃないし。
コンプレックス的なマジで重い本音、他人に聞いてもらいたいわけじゃないし(ここで暴露してるけど)。

誠実で人に対して愛を持って接することができれば人間としてそれ以上必要なことはないさ~
。。。と、本気で思って人にそれを伝えることはできるけど
自分が誠実で愛情いっぱいの人間かどうかなんてそこにこそ自信が持てないから
つい「何かに秀でている自分」を目指してしまう。
。。。結局、特に何かに秀でているワケもなく人間的にも特技的にも私ってダメだ。。。orz  。。。となるんだけど。


でもね
自分のしたことが誰かのためになったんだと感じる時に自分の存在価値を認めることができる。
人の役に立つことは生きがいだと思える。


今日はこんなことがあった
フェースブックを開けたら1年以上連絡を取り合ってない友達が珍しくオンラインだったから声を掛けた。
そうしたら今日は2年前に亡くなった彼女のお父さんの誕生日で
フェースブックでのお父さんとの過去のやりとりを見ながら悲しくなって孤独を感じていたところだったんだそうだ。
そんな時に私から連絡があってすごく嬉しく思ったんだそうな。
ああ、これはちゃんとお父さんそばにいるんだな、と思ったよ。いや、感じたよ。
悲しい気持ちもわかるけど、お父さんはちゃんとそばにいて、あなたの声を聞いて必要な時に必要な人を送ってくれたんだよ、と会話した。
そんな事を考えた事なかったから救われたと彼女は言っていた。

彼女が悲しんでいる時に私が連絡を取ったのは偶然といえば偶然なのかもしれない。
この世を肉体的に去っても魂があるのかどうかなんか証明できない。

でも私は彼女のお父さんは私をミディエーターとして娘に愛を伝えたかったんだと、信じてる。



人の役に立つことで喜びを感じる反面
そんな気持ちは自信のない自分を満たすための「助けたい症候群」の表れなのかしら。。と、恐怖を感じる。
誰かを助ける事で自分が救われた気になっているんだったら。。。すごい嫌だ。
そこは気を付きなきゃいけない。


。。。でもねぇ、
もし私に自信が欠けていなかったらものすごい驕った人間になってたんじゃないの??とも思うんだ。
もし私が自分大好き人間で自信満々だったら
他人の役に立ちたいと思ったかな?
この世で自分の居場所を見つける努力をするようになったかな?
自分磨きしようといろいろ頑張ってきたかな?

。。。できなかった気がするんだよね。。。


だから
自信の無い自分に対して自信を持っちゃっていいのかも!!
私への救いは無いのかもしれないけど、だからこそいいのかも!!
。。。みたいな支離滅裂な結論にたどり着く。


$カバラ タロット作家の折衷的随筆集


いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。