かしのたかひとマインドマップ

神戸志民党 代表 樫野孝人のブログ


テーマ:

NPO・NGO関係者の方はよくご存知だと思いますが、

川北秀人さんに神戸に来てもらい、

「地域の変化にどう応えるか

 ー 小規模多機能自治と行政・NPOに求められる進化」

というテーマで講演してもらうことになりました!

 

2月1日(水)18時30分から三宮国際会館にて。

参加費は無料。詳細は追ってご連絡しますが、

席数に限りがあるので、

お申し込みはお早めに

info@kashino.net まで。

 

川北秀人氏プロフィール

1964年大阪生まれ。87年に(株)リクルートに入社し、

広報や国際採用などを担当して91年退社。

 

その後、国際青年交流NGOの日本代表や国会議員の政策担当秘書などを務め、

94年にIIHOE設立。市民団体のマネジメントや、

企業の社会責任(CSR)への取り組みを支援するとともに、

NPO・市民団体と行政との協働の基盤づくりを進め、

毎年約60の自治体で、職員や市民との合同研修を担当。

 

地域自治組織の先進地・島根県雲南市の地域自主組織制度を立ち上げ当初から

支援し、雲南市から地域自治組織を学ぶ「雲南ゼミ」設立を呼びかけ、

全国の自治体が住民自治のあり方を学んでいる。

 

【主な役職】 IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所] 代表者 兼 「ソシオ・マネジメント」編集発行人 (般社)ジャパン・オンパク 理事(2010年より) (公財)日本自然保護協会 評議員(02年より) (特)自然体験活動推進協議会(CONE) 監事(05年より) (公社)チャンス・フォー・チルドレン 理事(14年より) など 【著書など】 『ソシオ・マネジメント』(不定期刊) 創刊号「社会に挑む5つの原則、組織を育てる12のチカラ」(14年) 第2号「社会事業家100人インタビュー(前編)」(15年) 第3号「小規模多機能自治~総働で人『交』密度を高める」(16年)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017年1月22日(日)「第四回地域政党サミット in 小金井市」を

下記の通り開催致します。

●日時:2017年1月22日(日) 13:30~16:00

●場所:小金井市商工会館「2Fホール」 東京都小金井市前原町3-33-25

●参加費:1,000円

●定員:90名

●主催
地域政党サミット(地域政党連絡協議会)
担当政党:リベラル保守の会・自由を守る会

●お問い合わせ・お申し込み
担当:百瀬 090-6190-2001
freedom.ea1121@gmail.com
FAX: 03-5678-4707

 

第1部 基調講演
地域政党サミット顧問 北川正恭氏(早稲田大学名誉教授 元三重県知事)
~地域政党が進めるマニュフェスト改革~

第2部 講演
琉球大学教授 島袋純氏
~沖縄から見る地域主義と地域政党の展望~

第3部 各党事例報告
~ドンとヌエと闘う議会運営のポイントとコツ~

第4部 パネルディスカッション
~各地の事例を踏まえて~
登壇者:北川正恭顧問、島袋純教授、渡辺大三小金井市議会議員、百瀬和浩小金井市議会議員
司会:上田令子東京都議会議員

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

明けましておめでとうございます。

 

今年も恒例の新年行事を娘と一緒に

頑張りました。

 

今年は難しかったです(笑)。

 

本年もどうぞ、よろしくお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

年末に怪我をしたおかげで?

車の運転もできず、あまりアクティブに動けなかったので、

今年の振り返りに時間をかけ、

じっくり来年のことを考えることが出来ました。

 

今年はきっと、大転換の年でもあり、

新しいステージへのリセットの年だったのかもしれませんね。

 

今年も本当にたくさんの人に支えていただきました。

心からお礼申し上げます。

人の縁に感謝、そして多くの繋がった方々にも感謝。

 

来年がみなさんにとって、

素晴らしい一年になるように、

そして一緒に喜びを分かち合える一年になるように

お祈り申し上げます!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
毎年、仕事の目標5個、プライベートの目標5個、計10個、100点満点の目標を年初に立て、年末に自己採点しています。

今年は仕事15点、プライベート30点の計45点と低レベルに終わりそうです(^_^;)。

無理な目標を立て過ぎたかなぁとも
思いますが、懲りずに来年も果敢に挑戦していきたいと思います。

まずは健康第一で頑張ります(^^)。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

第334回定例県議会において、

議員と職員の給与アップ議案に自民・公明・民進系が賛成、

維新・共産・丸尾議員・樫野が反対したが賛成多数で可決されました。

 

私の反対討論の内容は以下の通り。

 

「私は、民間で事業をしている時、出来るだけ社員の給料を上げたいと

思っていました。出来れば業界内で最高の給与を出せるようになりたいと

社員にも話していました。

 

それは社員の頑張りのおかげで得た利益であり、

その報酬が次の仕事のやりがいやモチベーションにも繋がり、

さらに良い仕事をしてくれるからです。

 

ただ、業績の悪い時、リーマンショックのような社会環境に変化が起こった時は

率直に現状を話し、状況が回復するまでは辛抱してもらうことを説明していました。

 

さて、この度の議員ならびに職員の給与アップの議案ですが、

3つの理由で反対です。

 

ひとつは兵庫県の財政状況です。いくつかの指標で国内最下位にあり、

財政再建道半ばというのは共通認識のはずです。

毎年50億円の人件費を増やす余力は無いと思います。

 

ふたつめは、歳入見込みです。

既に今年度の法人業績に陰りが見え始め、法人税収もかなり落ち込むことが

予想されています。先行きも非常に不透明なわけです。

 

3つめは、県民の理解です。99%は中小企業と言われる中、

官民給与の比較対象になっていない50人未満の中小企業で働く人々にまで

景気は回復していません。

 

そんな中、今年2月臨時議会、2月定例議会に続き、本年3度目の給料アップは

到底理解の得られるものでありません。

 

人事委員会の給与制度の総合的見直しの勧告を見送った団体が

平成26年度は都道府県で岩手県、秋田県、群馬県、京都府、熊本県の5団体。

政令市でも仙台市、大阪市、広島市、福岡市など20団体中18団体あります。

 

平成27年度は給与引き上げの勧告を大阪府が見送っています。

国会でも人事院勧告を見送ったことは過去に何度もあります。

 

本県も財政状況、社会環境や先行き、県民意識も踏まえ、本議案に反対致します。」

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

号泣県議問題の影響か?

昨年度の政務活動費の執行率が66.4%となり、

2年連続で8割未満となったことから

公明党から「2割削減して、月額45万円を40万円に減額する」という

提案が出ている。

 

これに対して

反対しているのは、自民党、県民連合(民進党系)、

 

慎重に議論すべきというのが共産党、

 

賛成だが慎重に議論すべきというのが維新の会。

 

私の考えは、活動量が増えるほど、

真面目に頑張っている議員は経費がかかるので

本来は必要な金額だとは思います。

この金額では足りずに自腹を切っているのが現実です。

 

が、あれだけの騒ぎを起こしたわけで、

40万円でもかなり大きな金額だと私は思うので、

反省の意味を込めて40万円でも30万円でも良いと思います。

小さな地方都市では月額1万円という地方議会もあるようですし。

 

もしくは、政務活動費は現状維持して、

(すべて領収書を開示しているので)

議員報酬を削減する方が良いかもしれませんね。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

私は経営者時代もグリーン車は使ってなかったので

議員になってからも一度もグリーン車は乗ったことがありません。

 

大問題になった政務活動費。

改善されてきているとはいえ、まだグリーン車利用はOKのままです。

 

平成2611月に議長から政務活動費調査等協議会に諮問した際、

「本来、議員の自律的な判断に委ねられるべきものであり、

その妥当性については、県民の判断に委ねるべきであること

そのため、議員がグリーン車を利用した場合、政務活動費を充当することは妨げないが、

利用実績を活動報告書に明記するとともに、その報告書を議会ホームページで

公開することが適当」という答申を受けています。

 

この答申をもとに政務活動費の手引きを改正し、平成27年の新任期から適用し、

1年が経過、今後どうするかが議論されています。

 

公明党、維新、共産党は禁止。

自民党、民進党は継続。

 

私はもちろん、禁止すべきと思います。

 

県民の皆さんのご意見はどうでしょうか?

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

本会議が始まり、請願の申し出を県民の皆さんから受けています。

昨日はラッシュで、ランチを取る時間もなく

7団体の方のお話を聞きました。

 

・障害児者のゆたかな教育と生活を求める請願

・障害児者の暮らしの場の早急な整備を求める請願

・給付型奨学金制度の充実を求める請願

・35人学級、教育の無償化、教育条件の改善を求める請願

・大学生等への給付型奨学金制度創設を求める請願

・教育費負担の公私間格差をなくし、子供たちに行き届いた教育を求める私学助成の請願

・薬物乱用防止・喫煙縮小の請願

 

教育や福祉に充分予算が回ってないのを肌で感じます。

請願に来た大学4年生は700万円以上の返済契約書を

見せてくれて、「これから就職して返していかないといけないんです」

と言ってました。

 

私は全て賛成の立場ですが、

これらも本議会で議案に上がると思いますが、

各会派の賛否にご注目ください。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年最後の定例議会が始まります。

 

議案に納得がいけばサラっと終わりますが、

否決すべき議案があれば12月15日(木)の

閉会日に反対討論で登壇するかもしれません。

 

ネット中継も録画もありますから

是非ご覧ください!

 

http://www.kashino.net/index2.php

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。