かしのたかひとマインドマップ

神戸志民党 代表 樫野孝人のブログ


テーマ:

遅くなりましたが、先日のインド友好訪問団時の経済セミナーの報告をします。

 

兵庫県とグジャラートとの経済交流を一層促進するため、ひょうご・神戸ビジネスセミナーを開催。

シャルマ委員長より、グジャラート州の経済・投資環境についてのプレゼンテーションが行われ、

次に井戸知事から「ひょうご・神戸の経済を支える産業の魅力」についてのプレゼンテーション、

ビジネスミッション参加の7企業から自社製品・サービス等のPRが行われた。

会議終了後には、ネットワーキングランチを実施し、率直な意見交換やネットワークづくりを各々が行った。

 

(グジャラード州は最良なパートーナー)

日印関係が良好な中、グジャラード州はインド建国の父マハトマ・ガンディーやモディ首相の出身州という政治的背景、

首都デリーと商都ムンバイの間に位置し、国内最長の海岸線を有することから港湾業が発達し、

デリー・ムンバイ間産業大動脈構想の対象地域の37%が同州に属しているという立地的背景、

6000万人の人口、工業生産額がインド全体の13%、輸出額はインド全体の22%を占めるなど州力の強さなど、

兵庫県がパートナーとするには最良の相手だと思われる。

 

 

(インド国内におけるグジャラード州の産業力)

グジャラード州側の説明では、主要11産業はソーダ灰(インド生産量の91%)、ダイヤモンド(80%)、塩(66%)、

プラスチック(65%)、石油化学製品(62%)、粗精油(53%)、医薬(35 %),化学製品(30%)、ガラス製品(29%)、天然ガス(24%)、繊維(19%)。

 

 

グジャラード州側は、インフラ(軽量素材技術、高速鉄道、ビル)、繊維・アパレル(スポーツ、シートベルト)、化学製品、

製薬など多岐に渡る分野に「将来を見越して投資をしてほしい」というスタンスで、各国が投資を競っている。

 

一方、兵庫県にとってどういうメリットが考えられるかというと、年々国民所得が上昇しているとはいえ、

まだ2015年で1600ドル程度なので、BtoCビジネスは20〜30年先にならないと「儲からない」と思われる。

 

今注力すべきは、BtoBビジネスで、インドの公共事業と獲りにいく(獲ることが出来る体力のある)大企業が

グジャラード州との関係値を活かし、連携を深めるべきだと思う。

そういう意味では今回の訪問団に含まれていた神戸製鋼が諸処の事情で欠席したのは残念だった。

 

(提案)

上記のことを踏まえ、私が提案するのは「港湾貨物」の取り扱いである。

インドの主要港湾のコンテナ取扱量は1位ジャワハルラル・ネルー港が450万TEU(神戸港は280万TEU)と断トツだが、

容量飽和が近いという現状を受け、グジャラード州にあるムンドラ港が2015年290万TEUと取引実績を伸ばしている。

 

このムンドラ港はインドの新興財閥アダニ・グループが手がけた完全民営(コンセッション契約)の港湾で、

開発規模が大きく拡張が容易。現在MSCグループと合弁で第4ターミナルを建設中であり、

完成後は取扱能力660万TEUになるという。

 

神戸市はグジャラート州にある同じく民営のピバハブ港と昨年から取引開始したが、2015年取扱量70万TEU。

神戸港の再成長計画としてムンドラ港との取引を早急に進めるべきではないだろうか。

 

そのために政治的アプローチはもちろんだが、ムンドラ港はコンセッションによる民間経営のため、

神戸港もコンセッション契約による半民営化を進め、場合によってはアダニ・グループに出資を仰ぎ、

今後爆発的に伸びるインドからの貨物を戦略的に獲得することを検討すべきと思われる。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

山梨県甲府市に来ています。

 

山梨学院大学の江藤教授の話や

山梨の議員に議会運営についてお話を聞くと

地域によってかなり違いがあることをあらためて認識しました。

 

山梨県議会の会派構成は

自民党     24名

チームやまなし  7名

リベラルやまなし 5名(民進系)

公明党      1名

共産党      1名

 

「チームやまなし」は、いろんな政党の議員や無所属議員を

含む超党派の会派で、第二会派となっているそうです。

 

また、超党派の県議や市議で「山梨の未来を考える」来山会という

ゆるやかな組織?があり、36名もの議員が一緒に活動しているとのこと。

 

そういえば、兵庫県の旧民主党会派「ひょうご県民連合」も

11名のうち5名が民進党を離党し、無所属のまま「旧民主会派」に

所属し、民進6名+無所属5名で会派を構成しているのと似ているのかもしれません。

ただ、県民連合は、議案は「基本的に賛成」の与党の立場をとっているので

「是々非々」では無いのですが。

 

近いうちに、民進所属議員も「希望」か「立憲民主」のどちらかに

籍を移すと思われます。

そうなると、県民連合は「希望+立民+無所属」の会派になるのか?

それとも、さすがに政策が違うので分裂するのか?

要注目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「JKビジネス」という青少年の健全育成を阻害するおそれのある

営業形態や、青少年のインターネット利用状況の変化に伴い、だまされたり脅されたりして青少年が自身の裸の画像をメール等で

送らせられる「児童ポルノ自画撮り被害」の増加をはじめとする

性犯罪被害の増加や、フィルタリング利用率の低下が

顕在化しています。

 

こうした状況の中、兵庫県は青少年愛護条例の改正を検討しており、このたび、改正骨子案がまとまりましたので、皆さんからのご意見を

募集しています。

 

https://web.pref.hyogo.lg.jp/kk16/seishonenpabucome.html

 

たくさんのご意見お待ちしています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

どれも大事な事業です。

 

できるなら全部やるにこしたことはないです。

 

ただ、財源は限られています。

特に財政が国内ワースト1〜2位の兵庫県。

「やること」「力を入れること」の選別しないと

未来にツケを残します。

 

決算審査をしていると、その姿や考えが

見えてきます。(以下は前年度比較)

 

私立学校経常費補助         ー900万円(減少)

私立高校授業料補助         1300万円(増加)

老人医療費助成          ー9300万円(減少)

母子家庭医療助成         ー7800万円(減少)

山地防災・土砂災害対策事業  26億 400万円(増加)

地域の元気臨時交付金    ー16億7200万円(減少) 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本県議会を代表して副議長を団長とする

「兵庫県議会インド・グジャラート州友好訪問団」のひとりとして、

知事を代表とする代表団やビジネスミッション団等とともに、

デリー及びグジャラート州を訪問し、州政府や州議会との

交流協議や、日本に関心のある学生との交流活動を行ってきます。

 

会派の政務活動費を使った海外視察が

「遊びに行ってるんじゃないの?」という

批判を受けることもありますが、

今回は議会を代表した友好訪問。

 

私は初参加なので、まだ評価は出来ませんが、

行程を見る限り、まぁまぁハードな感じはします(笑)。

 

現地の水がダメらしく、野菜サラダも食べない方がいいとか、

ペットボトルを24本持っていけ、とか

いろいろアドバイスを受けていますが、

下記の行程で行ってきます!

 

そうそう、台風でちゃんと飛行機が飛ぶのだろうか?も

心配です。

 

10 月29 日(日)  大阪国際空港発(成田経由)/デリー着
10 月30 日(月)  インド政府関係者との意見交換
            在インド日本国大使との面談
            JICA インド事務所長との面談 
            企業訪問
            デリー兵庫県人会との交流会
10 月31 日(火)  デリー発/アーメダバード着
            日本情報・学習センターでの交流活動
            在ムンバイ日本国総領事との面談
            グジャラート印日友好協会会長との面談
            淡路人形浄瑠璃ワークショップ開催
11 月1 日(水)   ひょうご神戸経済セミナー開催
            グジャラート州政府との交流協議
11 月2日(木)   DMIC(デリー・ムンバイ間産業大動脈構想)

            鉄道計画等視察
            グジャラート州議会との交流協議
            アーメダバード発(デリー経由)
11 月3日(金)   大阪国際空港着

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

嵐のような選挙が台風を伴って終わりました。

 

小選挙区の投票率は53.6%。兵庫県内の投票率は48.62%。

市長選の投票率は47.58%、西区補欠選挙の投票率は47.11%。

 

全国平均より5%~6%ほど低い結果でした。

 

今年は、港島の不正補助金問題や

新長田のアニメストリート問題、

市議が政務活動費の不正使用で4人も辞職し、

連日マスコミで大騒動となり、

6人の市議補欠選挙が行われたにかかわらず、

神戸市民の政治への関心は全国平均より低かったのは

とても残念です。

 

6人の補選のうち、5人が自民党市議の政務活動費の

不正使用による辞職ですが(一人は逝去)、

それでも自民党候補が4人選ばれるというのは

多くの市民は「このままで良い」という

メッセージなんでしょうか?

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

県議会にて決算の審議。

 

例えば、50議案あって、そのうち2つに反対だとすると

どういう態度を取るか?

 

48議案賛成だから、全体感として「賛成」でいいのでは?

いや、2議案の重さによる。2つが重要案件なら

議案数の問題ではなく「反対すべき」?

 

兵庫県議会は自民党が過半数の議席を握っているので

自民党が賛成すれば結果は全て賛成となる。

 

当局側に緊張感も何も生まれない。

自民党さえ事前に根回ししておけばいいのだから。

 

そして50年以上、兵庫県議会において

議案の「否決」は無い。

 

自民党が「否決」という伝家の宝刀を

「時々」抜けば、

兵庫県政はもっと良くなる。

 

結果は一緒だからと、少数会派が、「右にならえ」で賛成すると、

記録上も雰囲気も満場一致で、「次への課題」も見えてこないし、

公に「課題を顕在化」できない。

 

だから、議会での少数会派・議員の役割として、

「50議案のうち、ひとつだけ反対」でも、

私は「反対」するべきだと思っている。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今朝の神戸新聞に、ラグビー元日本代表監督の平尾さんの

「人を叱る時の4箇条」が紹介されていた。

 

人格を責めない、あとから必ずフォローする、

人と比べない、長くはやらない。

 

相手を思い、次の成長に繋げようという気持ちが

感じられる。

 

私は、これに「感情的にならない」を加えている。

それが「叱る」と「怒る」の違いだと思う。

 

感情的になる場合、ほとんどが

「憂さ晴らし」や「相手を負かす」ことが中心になっている。

 

「頭ごなしに怒鳴る」なんて、絶対やってはいけないこと。

人間は感情の生き物なので、腹が立つこともあるけれど、

いつも気をつけようとは思っている。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

野党がバタバタしているから、

なんとなく自民党優勢の速報が流れている。

 

が、今日の神戸新聞の記事。

・憲法に基づく臨時国会召集を3ヶ月も拒否した揚げ句、

ようやく開いたかと思えば審議もせずに解散。

 

・森友・加計問題の追求逃れの思惑は明らか。

 

・南スーダン国連平和維持活動の日報隠し。

 

・いわゆる「共謀罪」法の強行成立。

 

加えて、

・度重なる議員の不祥事や失言

 

・まともな答弁が出来なかった大臣

 

・大義なき「今なら負けない解散」

 

「政治の安定」を自公は訴えているが、

上記を見ると、政治は安定していたのだろうか?と疑問に思う。

 

北朝鮮情勢など不安要素は、自公しか対処できないのだろうか?

民主党の失敗は、「脱官僚」を意識しすぎて、

何でも自分たちでやろうとしすぎたからであって、

優秀な官僚のシナリオを吟味し、政治的に意思決定する、

つまり「うまく官僚を使いこなす」ことができれば

「政治は安定」し、かつ改革を断行できるのではないだろうか。

 

言葉やキャッチフレーズに惑わされないで、

ここまでに起きた「現実」を見て、

「本質」を見失わないようにしていかなければ。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

よなよなエールで有名なヤッホーブルーイングの

社長の話を聞く機会がありました。

 

長野の会社でも新卒の若者が

「就職したい!」と集まってくるそうです。

 

中にはアルコールを飲めない学生もいるらしいのです。

 

就職希望の学生が共通して言う志望理由は

「なんだか面白そう」。

 

そうですよね。

地方にあっても、その会社が利益を出して成長していて、

面白そうであれば、若い人は集まってくると思います。

 

地方の中小企業に人が集まらない、というのは

その会社の成長が止まっていて、

魅力が薄れてきてるからなんですよね。

 

農林水産業でよく聞く「後継者不足」。

これも原因は同じだと思います。

 

結局はトップ次第。

県のお金で集合パンフレットを作成し、説明会をしても

未来の見えない企業や産業に若い人は集まりせん。

 

本質的にやらなければいけないのは、

産業構造の改革や、企業が再成長するための

後押し、良い人材が入社すると本当に会社は変わるということを

どれだけ社長に本気で考えてもらうか、だと思います。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。