かしのたかひとマインドマップ

神戸志民党 代表 樫野孝人のブログ


テーマ:

号泣県議問題の影響か?

昨年度の政務活動費の執行率が66.4%となり、

2年連続で8割未満となったことから

公明党から「2割削減して、月額45万円を40万円に減額する」という

提案が出ている。

 

これに対して

反対しているのは、自民党、県民連合(民進党系)、

 

慎重に議論すべきというのが共産党、

 

賛成だが慎重に議論すべきというのが維新の会。

 

私の考えは、活動量が増えるほど、

真面目に頑張っている議員は経費がかかるので

本来は必要な金額だとは思います。

この金額では足りずに自腹を切っているのが現実です。

 

が、あれだけの騒ぎを起こしたわけで、

40万円でもかなり大きな金額だと私は思うので、

反省の意味を込めて40万円でも30万円でも良いと思います。

小さな地方都市では月額1万円という地方議会もあるようですし。

 

もしくは、政務活動費は現状維持して、

(すべて領収書を開示しているので)

議員報酬を削減する方が良いかもしれませんね。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私は経営者時代もグリーン車は使ってなかったので

議員になってからも一度もグリーン車は乗ったことがありません。

 

大問題になった政務活動費。

改善されてきているとはいえ、まだグリーン車利用はOKのままです。

 

平成2611月に議長から政務活動費調査等協議会に諮問した際、

「本来、議員の自律的な判断に委ねられるべきものであり、

その妥当性については、県民の判断に委ねるべきであること

そのため、議員がグリーン車を利用した場合、政務活動費を充当することは妨げないが、

利用実績を活動報告書に明記するとともに、その報告書を議会ホームページで

公開することが適当」という答申を受けています。

 

この答申をもとに政務活動費の手引きを改正し、平成27年の新任期から適用し、

1年が経過、今後どうするかが議論されています。

 

公明党、維新、共産党は禁止。

自民党、民進党は継続。

 

私はもちろん、禁止すべきと思います。

 

県民の皆さんのご意見はどうでしょうか?

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

本会議が始まり、請願の申し出を県民の皆さんから受けています。

昨日はラッシュで、ランチを取る時間もなく

7団体の方のお話を聞きました。

 

・障害児者のゆたかな教育と生活を求める請願

・障害児者の暮らしの場の早急な整備を求める請願

・給付型奨学金制度の充実を求める請願

・35人学級、教育の無償化、教育条件の改善を求める請願

・大学生等への給付型奨学金制度創設を求める請願

・教育費負担の公私間格差をなくし、子供たちに行き届いた教育を求める私学助成の請願

・薬物乱用防止・喫煙縮小の請願

 

教育や福祉に充分予算が回ってないのを肌で感じます。

請願に来た大学4年生は700万円以上の返済契約書を

見せてくれて、「これから就職して返していかないといけないんです」

と言ってました。

 

私は全て賛成の立場ですが、

これらも本議会で議案に上がると思いますが、

各会派の賛否にご注目ください。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年最後の定例議会が始まります。

 

議案に納得がいけばサラっと終わりますが、

否決すべき議案があれば12月15日(木)の

閉会日に反対討論で登壇するかもしれません。

 

ネット中継も録画もありますから

是非ご覧ください!

 

http://www.kashino.net/index2.php

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先進的な活動を行う図書館などを表彰する「Library of the Year 2016」の最終選考会が、

11月9日に横浜市で開かれ、日本一の図書館に与えられる大賞に「ことば蔵」が選ばれました。

 

全国3千を超える公立図書館のほか、大学図書館、図書館関連のプロジェクトなどから

選ばれるそうです。

 

図書館も、教育文化支援を目的とするか、

地域コミュニティを目的とするか

それぞれの市町で考え方が違ってきており、

再整理が必要だと最近感じています。

 

受賞理由は以下です。

伊丹市立図書館本館は、蔵書の増加で手狭となったことや、中心市街地の活性化のため

移転し、平成24年7月に「ことば蔵」の愛称で開館しました。

 

「公園のような図書館」をコンセプトに、市民が自由に参加し、

やりたいことや運営について話し合える「交流フロア運営会議」を毎月第1水曜に開催。

 

市民のアイデアを取り入れることで年間200回を超えるイベントを開催し、読書だけでなく、

誰もが気軽に訪れる図書館づくりを進めてきました。

 

同賞では、「図書館において、学びや遊びに関する創造的な活動を市民と共に実践している」点を高く評価。市民スタッフが中心となって73年ぶりに復刊した「伊丹公論」では、市民自ら取材し、伊丹の歴史・文化を全国に発信しています。また、市内書店と協力した「帯ワングランプリ」、地元商店主が講師となる「まちゼミ」など地域経済との関わりも注目されました。これら斬新な市民発のイベントによる図書館サービスを展開し、従来の図書館イメージを覆したことが受賞に結びつきました。最終選考会で山崎博樹選考委員長は「審査員による現地視察で、市民と一体となった図書館であると感じ取れた。この持続可能な運営方法は全国の図書館の模範になる」と評価しました。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

日本資本主義の父と言われる渋澤栄一さんの玄孫・渋澤健さんと、

元メジャーリーガー・マック鈴木さんの

講演をお聞きしました。

 

渋澤さんは、日本は30年ごとに破壊と創造を繰り返していて、

1960年から1990年までの高度成長期は創造の30年、

1990年から2020年までは破壊の30年、

2020年から創造の30年が始まるのではないかと

おっしゃってました。

 

新たなステージに入らなければいけないのは事実。

我々が創造していく原動力になりたいものです。

 

マックさんは、野茂選手より先にメジャーに行き、

その後の道筋をつけたという意味では開拓者。

かなりの苦労があったと思いますが、

それが今の複眼思考と深みに繋がってると感じました。

 

マックさんのお父さんが言った

「野茂さんが坂本龍馬だとすると、

オマエは漂流してアメリカに流れ着き、英語を覚えて

帰ってきたジョン万次郎みたいなもんや」

には大ウケしました(笑)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

コンベンション都市を標榜していた神戸市としては

もっと頑張りたいところ。

 

福岡市長に話を聞いた時も

国際会議誘致の戦略が明確でしたからね。

東京に次ぐ第2位というのも納得。

 

この新聞記事で驚いたのは、

海外からの会議参加者のアンケートによると、

・神戸ポートタワー

・布引ハーブ園

・神戸港クルーズ

を楽しんだとのこと。

 

他に案内すべき場所があったような気がしますが・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

兵庫県では平成27年10月より、

自転車損害賠償保険等への加入が義務づけられましたが、

「保険料が高い?」「現在加入している保険でカバーできる場合がある」など、

全体像をわかりやすくしてほしいという要望を受けて、改善要望していましたが、

この度、県HPがリニュアルされました。

https://web.pref.hyogo.lg.jp/kk15/jitensyajyourei.html

いかがでしょうか?みなさん?

 

ちなみに、県HPもスマホ対応するように要望していましたが、

(今まではスマホで見ても、PC画面の縮小画面でした)

リニュアルされて見やすくなりましたので、

ご報告しますー。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

11月の県政相談

11月13日(日)15:00~16:00 @板宿商店街 出前県政相談
11月20日(日)13:00~14:00 @妙法寺駅 出前県政相談
11月27日(日)13:00~14:00 @名谷駅 出前県政相談

兵庫県議会関連

11月4日(金)平成29年度予算申し入れ
11月8日(火)~
11月10日(木)
管外調査(山口県、福岡県、鹿児島県)
社会復帰促進センター、暴力団対策調査など
11月18日(金)警察常任委員会
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

来年度の予算編成に対して、27項目を

本日、金澤副知事に申し入れし、マスコミ向けに会見しました。

 

いろいろ言いたいことは山積みですが、

特に以下5項目は強くお願いしています。

 

今後予算編成が進み、来年2月の予算特別委員会で

議論され、議会で議決に向かいます。

また、皆さんからもどんどんご意見くださいませ。

(近日中に、全会派の申入れ内容はHPに掲載されると思います)

 

1、知的障害者の雇用促進

知的障害者の雇用については、民間事業者よりもまず行政や公的関係機関が率先して雇用促進に取り組む姿勢が必要である。特に、行政や公的関係機関においては、雇用期間においても短期間でなく、職業訓練や職域開拓、さらには合理的配慮策を講じながら、継続雇用を確保すること。また、こうした行政等の工夫されている取り組み事例等について、県が広く民間事業者に示しながら雇用促進につなげていくこと。

 

2、警察官の採用費5000万円への増額

警察官の欠員が200人を超えたまま、確保の見通しは立っていない。しかし、昨今警察官の不祥事が相次いでいるので人材採用の質を落とすわけにはいかない。さらに民間企業の採用活発化の影響を受け、ますます良い人材の確保が難しくなっている。この現状を変えるために現在の一人あたり採用費15000円程度から一人あたり採用費10万円(警視庁は一人あたり採用費18万円)に増額し、⒍.5倍まで下がっている応募倍率を最低でも10倍に戻すこと。

 

3、犬・猫の譲渡会場費と不妊・避妊手術代の補助

須磨区役所の会議室を借り、初めて公の施設で10月9日猫の譲渡会が行われました。不妊・避妊手術や譲渡会など民間ボランティアの方々が自費で頑張ってくれているので、譲渡会会場代や手術費用に対して減免や補助を充実させていただきたい。

 

4 反転授業実施のために一人一台のタブレット端末導入

佐賀県武雄市で導入された一人一台のタブレット端末導入によるスマイル学習(武雄式反転授業)。従来の「学校で予習、家で復習」を「家で映像による予習、学校で学び合いによる復習」に反転させ、個々の進度に合った予習学習を実施し、理解度を高める教育形式を兵庫県でも導入すべきである。非常勤講師の増員には人的・予算的に限界があるので、早い段階でICTによる教育スタイルに舵を切っていただきたい。

 

5、福祉のまちづくりの推進の予算拡充

道路橋りょうの新設や維持修繕や河川改良の数百億円の予算に比べると、福祉のまちづくりのための予算は約4億円と非常に少ない。災害対策も重要であるが、障害者や高齢者など公共交通や街のバリアフリー化は喫緊の課題である。

その整備予算の拡充をすること。        

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。