綿菓子と葡萄

のんびりまったりしたのがメインです。きっとメインです。


テーマ:

夜に見てくださった方はこんばんは。朝にみてくださった方はおはようございます。お昼にみてくださった方はこんにちは。いまだ地震の余波や津波の影響を受けている環境にいらっしゃる方が大勢いること、多くの方々がもう遠いところへ行ってしまったこと、とても心苦しく哀しくおもいます。

とはいいながらも、無事な側の私は出来ることが募金や友人に安否の連絡をとる程度しか思いつかないことがとても、心苦しいです。


そんな中、友人が一つの企画を思いついてくださいました。

どうか、何か出来ないかと同じように嘆く方がいらっしゃいましたら是非参加してください。

もちろん強制ではありません。


*************************


2011年3月11日に発生した、東北地方太平洋沖地震の被災者の方々の応援をしてい
ます。

主催者は東海地方のいち学生です。何もできない、祈るしかできない自分の無力
に嘆いています。
祈るしかできないなら、せめてその輪を広げることはできないのか。願いの輪、
祈りの輪を広げることはできないのか。その思いを形にすることはできないのか


この企画は、私が導いたひとつの答えです。
応援したいと思っている方々へ。
インターネット時代である今だからこそできることがあるはずです。

あなたのwebサイト、ブログ、SNS日記、掲示板、どこでもかまいません。
この文章と一緒に、ほんの一枚、折り鶴の画像を貼りつけてください。
そしてそれを見たどなたか、気が向いたらでよろしいのです。あなたも、どうぞ
繰り返してください。
そうして輪を広げていってください。

折り紙の写メ、自作の画像、アスキーアート、種類は問いません。
ツルの数も同様に、問いません。
条件はひとつだけ。自作の折り鶴が画像に入っていればいいのです。
あなたの願いを込めた折り鶴を、インターネットに掲げてください。

また、お手数をおかけしますが、よろしければ以下のメールアドレスに、メール
タイトルを「ネット千羽鶴」にして、画像を添付して送信してくだされば、まと
めページに掲載させていただきます。
お名前(ハンドルネーム)、サイト名・サイトURL、メッセージも書いていただけれ
ば、一緒に掲載いたします。
net-senbazuru@live.jp
(主催者メールアドレス)

画像は、下のまとめページにあるメールフォーム・掲示板からも投稿できます。
http://netsenbazuru.web.fc2.com

※お送りいただいた際のメールアドレスは、決して個人的な目的での他用はいた
しません。
※公序良俗に反する画像・不謹慎な画像はご遠慮ください。
その類の画像であると判断した場合、お送りいただいても掲載しないこともあり
ます。ご了承ください。

千羽鶴を完成させましょう。

ご協力お願いします。



主催者・あかさぎ 拝


綿菓子と葡萄-11-03-14_001.jpg


ささやかなことですが、もし逆の立場ならきっと私は嬉しく思える気がします。

もし、この記事をみてそんな気持ちなどに共感していただけたなら参加してみてください。

PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード