東京重ね煮クラブ公式サイト(ブログ)

重ね煮のこと、健康のこと、野菜のこと、手作りごはんのことなどなど。日々の暮らしがちょっと楽しくなる情報を、さまざまつづっています。
「重ね煮」の通信販売 広重の“おいしい重ね煮”公式サイトから移行しました。

東京重ね煮クラブへようこそ!

「人の身体は食べた物で出来ている」 という言葉をよく聞きます。
「ごはんを作るのってめんどくさい」 この言葉もよく聞きます。

身体のためにいい食事をしようと
野菜を買って、包丁とまな板で切って、お鍋を火にかけ料理を作る。
料理を毎日の義務だ、と思ってしたらつまらないけど、
野菜が変化するイリュージョンと思ったらとっても楽しい!

“健康のために手作りしなくちゃ”を
“楽しいから手作りしちゃお”に変えるヒントをがいっぱいある、
そんなコミュニティづくりをしています。

テーマ:
去年は20年に一度の遷宮でにぎわった、お伊勢さん。

遷宮の翌年は「おかげ年」といって、お参りするとかご利益あるとか。

いろんなご縁が重なって、初めてお伊勢さんへお参りしてきました。

時間の都合上、先に内宮へ。
この鳥居から奥がご神域です。



私は、エネルギーを感じるとか見えるとか、
さっぱりありません(^^;

でも日本の国家と国民を護ろうという存在が、
1000年以上も前からこの地にあるというのは、
歴史の重みを感じます。


ところで、お伊勢さんの参道は、結構長く歩きます。
敬虔な気持ちでお参りしたあと、
鳥居を出てからひと休み。

やっぱり欠かせない、赤福(*^^*)
夏季限定赤福氷





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




初夏の梅酵素の会でお世話になっている、埼玉県越生町の山口農園さん、
梅だけでなくお米も作っていらっしゃいます。

うれしいことに無農薬、蛙ちゃんもカマキリちゃんもいます。
そのうえ、近ごろ珍しい天日干し(*^。^*)
そりゃ、梅干しおむすびがおいしいよねーー
1412728096671.jpg

コンバインで稲刈り脱穀を一緒にしてしまえば早いのですが、
稲刈り機で刈って束ねて、手作業ではざかけ天日干しします。
これもおいしいお米のため。
お手伝いに行ってきました。

しゃがんで稲束を拾う → 立ち上がり稲束を二股に分け掛ける
これを延々繰り返し。 
軽いスクワット風エクササイズです。

稲束はそんなに重くないです。
しかし、一日この作業をすると、完璧足がぷるぷるします。


稲は他の穀物と比べて、面積当たりの収穫量が多いのです。
つまり稲を栽培できたことで、食糧確保しやすくなった、ということ。
稲が栽培できるのは、亜熱帯気候で水が豊富な地域に限定されます。
日本がその地域に入っているのは、実はとてもラッキーなこと。

お米が伝来して、栽培する技術が出来て
お日様が照って、雨が降って、いろんな条件が合ってお米が実ります。
だから秋の収穫時には神様に
「今年もおかげさまでお米ができました。ありがとうございます」
と言ってお祭りするのです。

スーパーで買って来て、炊飯器で炊くお米さん
農家さんが手間暇かけて作ってくれてるのを体感しました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


アメリカからやってきた、スピリチュアルカウンセラーのゲーリー・クイン
NPO国境なき料理団で愛あるご飯の作り手、本道佳子さん
惜しまれつつ閉店した、湯島食堂のシェフでもあります。

このお二人、数年前に長野の温泉に一緒に浸かった仲だそうな。
(混浴ではなく(^-^;)

長野在住だった本道さんに、友人から
「アメリカからヒーラーさんがやって来て、
 温泉に行きたいっていうから案内してくれる?」
という依頼があったのがきっかけですって。

湯島食堂がオープンするずっと前、
「世界中のどんな人種も、同じ食卓で同じ食事を食べたらきっと仲良くなる。
 少し昔の日本の食事を参考に、新鮮な野菜を使った食事を提供して、
 世界中の人が仲良くなるのをサポートしたい。」
という本道さんにゲーリーは、

「あなたは、将来そういう食事を出すレストランをやってますよ」
と答えた、というエピソードを教えてくれました。


ゲーリーは言いました。
「ヨシコは夢を叶えたけれど、夢を叶える前と後では全く変わっていない。
 それは、レストランを持つ前から、レストランを持っている気持ちでいるからだ。
 ヨシコにも出来たのだから、皆さんもできる。
 夢を決して失わないこと、そして、外に出て夢に向かって行動すること。
 そして、クリヤな意識を保つためには、
 身体が本当に必要な食事を食べることが必要。
 ヨシコの作るご飯を1か月くらい食べるといいね音譜


ゲーリーも絶賛の本道さんのディナー、ちょっとだけお手伝いしました。

宅急便で長野から到着のお野菜たち。
真下農園さんの有機お野菜です。
ミニトマトが果物並に甘いのです。



ズッキーニをパスタ風にアレンジ。
この器具に差し込んでぐりぐり回すと、面白いようにパスタ状態に。
生パジルをペーストにして、ジェノベーゼソースと和えます。



ずらっと並んだ8種のディナー。
全てお野菜、動物性・乳製品・小麦粉使っていません。



お腹いっぱい、でも胃もたれなし。
食べ終わるとしみじみ満足感。
ゲーリーと本道さんのトークも面白く、
身体も心もしみじみ満足なイベントでした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年惜しまれつつ閉店した湯島食堂さん


野菜がとってもおいしく美しく、
しかもその日の仕入れた野菜を見てからメニューを決めるので
メニューは行ってみるまでのお楽しみ、という
ミラクルごはんは、なかなか面白く、大好きでした。

湯島食堂のシェフ・本道佳子さんは、
今は移動する湯島食堂として、イベントやケータリングで
ミラクルごはんを提供していらっしゃいます。


8/8日(金)に、本道さんのディナーと
ハリウッド在住のスピリチュアルリーダー、ゲーリー・クインのトークの
セッションイベントがあるのです。

http://dynavision.co.jp/GaryQuinn.html#02

ご縁で、当日スタッフとして現地に行けることになりましたビックリマーク

あ、もちろん、本道さんのプロのお仕事には手出ししません、
というか出来ません。
邪魔にならないように洗い物するだけで精一杯、、、だと思います。

でもこんな機会はめったのないので楽しみ。
ゲーリーのトークも、本道さんのとの絡みも楽しみだーー
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


春に開催して好評だった、重ね煮の会in横浜、
夏バージョンで7/21日に開催しました。

自然と、食と健康に意識の高い方が集まった会でした。
きのこ・玉ねぎ・人参の「基本の重ね煮」をデモンストレーションした後、
夏野菜の重ね煮を全員で作りました。

季節がら、ナス、トマト、とうもろこしを入れます。
とうもろこしの芯は、味出しのため、一緒に入れて煮ます。




試食はそうめんをご用意。
麺つゆに重ね煮とすりおろしトマトが入っています。
トマトのすりおろしは、何といっても野菜が取れますし
おいしいのです。

ぜひ作ってみてね

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)