1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2005-03-03

50~58日目チベット→ネパール更新!

テーマ:ネパール
旅行1日目から日付順に見れるよう、更新したものは、
一番最後にくるようになっています。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-02-12

会社を辞めて深夜特急の旅へ!

テーマ:日本
ほんの少しの決断力と、ほんの少しの非常識さえあれば、
誰だってこんな自由な旅に出れる。


アジア放浪の旅に出てみたい。
沢木耕太郎著「深夜特急」に魅せられて、
会社を辞めて、90日間の旅に出発しました。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-02-11

1日目 日本から韓国へフェリー

テーマ:日本
9:07、東京駅発、ひかり111号にて出発。
これから長い海外旅行に出発というのに、その出発点は空港ではなく、東京駅だった。
できる限り陸路に沿って旅をしたい。そのために東京駅出発となった。
14:59、小倉着。新幹線は本州を抜け九州に行ってしまったが、僕は在来線に乗り換え、再び本州に戻る。
15:30、下関着。下関からフェリーで韓国の釜山に行く。出発は18時だが、搭乗手続きは2時間前から受付している。
旅行用にチェーン付きの財布を買って持ってきたが、使いにくくてしょうがないので、
下関の駅前のダイエーに行って、普通の財布を買い直す。1日目から無駄な出費をしてしまった。
  
18:00、下関港出発。はじめて乗る国際船。
ただじゅうたんの敷かれた大部屋に他の客と混じって、毛布をかぶって寝るだけの船室。
修学旅行なのか、小学生ぐらいの子供たちがはしゃいで枕投げをやっている。
「ほんの少しの決断力と、ほんの少しの非常識さえあれば、誰だってこんな自由な旅に出れる。」
波で微妙に揺れる船の中で、メモ帳にそう走り書きして、旅行1日目の夜は終わった。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-02-11

2日目 韓国(釜山・ソウル)

テーマ:韓国
9:00、韓国・釜山港着。簡単な入国手続きを終え、韓国入国。
釜山は大都市で、地下鉄も走っているし、高層ビルも立ち並んでいる。
そして港町の雰囲気が漂っている。ふと香港に似ているなと思った。
この港町を一望できる竜頭山公園に行き、プサンタワーに登った。

それから今度は港の近くにある市場をのぞいた。魚が豊富に店に並んでいた。
豚足ならぬ「豚頭」を発見。おそるおそる写真を撮る。
そして待ちに待った昼食。市場の近くのレストランに入る。
ビビンバを頼むと、カルビスープとキムチなど6種類ぐらいのお通しのようなものが出てくる。
これで全部で4000W(約400円)。安くてうまくて腹一杯になった。

15:00、韓国の新幹線セマウル号で釜山駅出発。
とてもゆったりとした席で快適だった。
19:30、ソウル到着。韓国に留学している大学時代の後輩を訪ねる。
ずっと電話がつながらず、どうしようかと困っていたが、やっとつながり無事再会。
韓国語を流暢にしゃべる後輩を不思議な感じで見る。
大学の寮にて宿泊。
すごい大雨が降っていた。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-02-11

2日目2 韓国(釜山・ソウル)

テーマ:韓国
船からプサンの町並みを見た時、まるで香港のようだと思った。
真新しい高層マンションが何軒も建っている。
意外と都会なんだなあ。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-02-11

2日目3 韓国(釜山・ソウル)

テーマ:韓国
韓国の新幹線と呼ばれるセマウル号。
新幹線というより特急列車みたいな感じだけど、
車内アナウンスでは日本語も流れる。
セマウル号の切符も日本で購入できた。
そういったこともあり、まだ日本にいるような気もする。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-02-11

3日目 ソウル(韓国)

テーマ:韓国
後輩は午前中授業。ソウルは記録的な大雨。
テレビのニュースでは大雨情報がひっきりなしに流れていた。
僕は韓国で板門店に行きたいと思っていた。
国と国とが人為的な線によって分断されているということはどういうことなのか。
しかし大雨のため板門店ツアーは中止されているとのこと。残念だった。

次の目的地中国への船の切符の手配をした。
明日出発かその5日後になるというので、あわただしいが明日出発の船にした。
ただこの記録的な大雨で予定通り出航できるかはわからない。
昼は後輩と焼き肉をたっぷり食べ、夜は居酒屋に行き、その後ミアリを探訪した。
韓国はとにかく料理がうまくて安い。
明日は無事出航できるのだろうか。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-02-10

3日目2 ソウル(韓国)

テーマ:韓国
言葉が通じなくても海外旅行は大概どうにかなるのだが、
韓国のハングル看板にはちと困った。
何を書いてあるかがさっぱり見当がつかないのだ。
漢字文化だったんだけど漢字を書ける人は少なくなっているそうだ。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-02-10

4日目 ソウル(韓国)

テーマ:韓国
記録的な大雨も止み、予定通り中国行きの船は出航。
ソウルから電車で1時間。仁川港に到着。
韓国・仁川港から中国・天津港まで約25時間の船旅。
後輩と港で別れ、船内へ。乗客のほとんどは韓国人と中国人ばかりで、外国人旅行者は見当たらない。
なんだか急に心細くなる。
  
12:00出発予定だが、船が動き始めたのは14:30過ぎ。
デッキに出ると、夏の暑い太陽が照りつけていたものの、遮るもののない海の上で吹き寄せる風が気持ちよかった。
相部屋となった韓国人の中年紳士が、片言の英語とゼスチャーで一緒に夕食を食べようと誘ってくれた。
中年紳士は退屈なのかずっと船室でビデオを見ていた。
一方僕は、部屋にはおらずデッキに出てずっと外に出ていた。
今回の旅、二度目の国際船での船中泊。
韓国はあっという間だったが、後輩が留学している間、また行く機会もあるだろう。
明日は中国。そして北京。僕にとっては3度目の北京になる。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-02-10

5日目 北京(中国)

テーマ:中国1
船に乗ること26時間。中国、天津港に16:00到着。
入国手続きは簡単に終わり、中国入国。
船内で一緒だった韓国人の紳士が、迎えにきている車で北京まで乗せていってくれるというので、好意に甘えることにした。
友達が迎えに来ているといっていたら、現れたのは若い女性。
中国に愛人でもいるのかと思ったら、韓国語も日本語もしゃべれる通訳の人だった。
その人の話によると、この中年紳士は貿易会社の社長さんなのだそうだ。
その他にあやしげな中国人の男たち3人が一緒にいた。
  
迎えにきた車はトラック。韓国から持ってきた品を北京に運ぶためだ。
僕は荷台なのかなと思ったら、3人がけの後部座席に4人がけして僕を乗せてくれた。
通訳の人が日本語を話せるのでずっと話をしていた。
これほど流暢に韓国語も日本語も話せるのに、韓国にも日本にも行ったことはないという。
「中国の人がガイコクいくの、とってもむずかしいです。」
北京に到着したのは20:30。今からホテルを探すのは面倒なので社長さんと同じホテルに泊まることにした。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。