1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
August 15, 2017

ビーチ

テーマ:バリ島暮らし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たまに朝に行くジンバランビーチに昼に行ってみたら、外国人でごった返していてびっくりしました。

 

 チビッコ部門の波乗りの大会が開催されていて、サーフィンスクールも行われてました。

 

 ヨーロッパの国々からやって来て、炎天下の下ビキニ姿でビールを飲むお姉ちゃんたちに、「そんなことしてたら、シミだらけになりますよ、、、」と思いつつ、さっさと帰ろうとしてたら、子供におっぱいを含ませたまま物売りをしてるおばちゃんに、「友達が欲しいの?」と、英語で訊かれ(そこにはオージーとヨーロピアンしかおらずアジア人の観光客が一人で戸惑っていると思ったのでしょう)、久しぶりに外国人として扱われたなと思ったのでした。

 

 「おばちゃん、私は観光客じゃなくてこっちに住んでんだよ」なんて流暢な言葉で言ったら、がっかりさせてしまうかと思い、中途半端な笑顔を返して帰って来ました。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
July 22, 2017

日本

テーマ:ブログ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先日、5年ぶりに日本に行ってきました。

 

 日本の空港に着陸する前に、機内で税関申告書類と、外国人は外国人用出入国カードを記入するわけですが、日本人か外国人かは客室乗務員が見た目で判断して用紙が配られます。

 

 今回は私と子供たちの3人で行ったのですが、上の子には用紙が配られず、私と下の子だけに、出入国カードが配られました。

 

 5年ぶりに会った同級生にも、「顔が外人みたいになってるよ」と言われました。

 

 

 昨日も、スーパーの手芸品売り場で、「測り売りのファスナーってないのかしら?」とジャワ語で話す女性が近くにいて、初めは店員に訊いてるのだろうなと思っていたものの、周りを見ても誰もいないので、「あぁ、この人、私に話しかけてるんだな、、、。私、ジャワ人だと思われてるんだな、、、。」と思いました。

 

 

 写真家のアラーキーが、「暑い国に住むか、寒い国に住むかで(つまりどんな場所で生活しているかによって)、人の顔は変わってくる」と言ってましたが、 「私はすっかり東南アジア顔になってるんだな」と思いました。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
June 19, 2017

新作

テーマ:ペインティング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
June 14, 2017

インドネシア発音

テーマ:バリ島暮らし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昔、日本人が007の主人公ジェームス・ボンドを、思いっきり「ド」と発音するのを聞いて、レノさんが爆笑してたことがありましたが、同じ事柄を指す言葉でも、その人の生まれ育った国によって、その国訛りになってしまうものです。

 

 

 例えば、タクシーに乗った時など私が行き先を告げても、一度で分かってもらえることが少なく、子供に言ってもらうと、一発で通じます。

 

 先日、久しぶりにお店に行った際、セントロにピザを買いに行かされたのですが、前回行ったときは従業員の英語がよくわからず、メニューを指さしてのオーダーでしたが、今回は初めから子供に、「〇〇の〇〇サイズを〇〇生地で」と、インドネシア発音でオーダーしてもらったらスムーズに事が運びました。

 

 

 

 

 以前、KFCで、自分が持参してきた水筒に水を入れてくれと、自国の言葉でお願いして断られてる中国人観光客を見かけたことがありますが、バリは観光王国なので、いろんな言語が通じるし、わけわかんない要求をしてくるお客さんにも、対応が寛容だなと思います。

 

 その中国人はしつこく粘っていたら、結局、無料でスタッフ用の飲み水を入れてもらっていたので。

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
May 29, 2017

絵画教室

テーマ:バリ島暮らし

 

 

 

 

 レノさんは、たまにチビッコ絵画教室的なものをやっていて、これはこのチビッコたちの親御さんがフェイスブックに投稿してくれた画像です。

 

 丁度一年ぐらい前のもので、この日は上の子の卒業式の日で、私が卒業式の会場に子供を送る途中でバイクのタイヤがパンクして、レノさんを呼んで、バイクを直して、「これからどうすんの?」という話になって、「俺は、子供たちと絵を描く約束をしてるから」と言っていたので、凄くよく覚えています。

 

 後になって、「それで、子供たちと何の絵を描いたの?」と訊いたら、「たまご。」と言ってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 明らかにイルカと波の大きさのバランスがおかしいこの絵、お店に顔を出すたび、「自分でもバランスがおかしいなって分かってるだろうに、なんで直さないんだろう?まぁ、暑いから面倒くさいんだろうな」と思ってました。

 

 でも、先日これを購入した方がいたそうで、レノさん自身も、「他にもっと良い絵あるのに、なんでこれ選ぶんだろう?」と思ったそうですが、購入したお客さんは、欲しい絵を安く手に入れて最高に喜んでいたそうで、「世の中、なにがあるか分かんないね」と思いました。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
May 29, 2017

新作

テーマ:ペインティング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
May 23, 2017

火と中学生

テーマ:バリ島暮らし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先日、下の子(中一)の誕生日でした。

 

 もう、友達呼んで誕生日会って年でもないし、何か欲しいものはあるか訊くと「お金でいい」とのことだったので、お金をあげて、貯金するなり、欲しいものを買うなりして終わるはずでした。

 

 ところが、誕生日の前日に、「明日は友達を呼んでトウモロコシを焼きたい」と言い出し、「じゃアヤムバカールもする?」ということになりました。

 

 アヤムバカールは、準備や後片付けの手間を考えると、買った方が断然安いし、楽なのですが、火は人をコーフンさせると言うし、火遊びがしたいのだろうなと、その時点で気付いてはいました。

 

 

 土曜日の放課後、私が大急ぎで鶏肉を煮てる間に(アヤムバカールは骨付きの鶏肉をスパイスと一緒に煮てから焼く料理です)、学校の友達4人が来ました。

 

 3時ぐらいには火をつけると言い出し、私は陰で見守ることにしました。

 

 

 もう本当にびっくりしたのですが、なんと炭にティッシュを乗せて(ティッシュって物凄いスピードで燃えます)、そこに油を注いで、火をつけたらしく、ペットボトルに入った油に火が引火して大きな炎があがり、「火事!」だの「水持ってきて」だの、声変わり時期の野太い声がそこら中に響き渡り大騒ぎになりました。

 

 幸い、近くにホースがついてる水道があったので、火はすぐに鎮火されたのですが、何かを焼く前から、こんなことになるとは、またしてもバカ過ぎて涙が出るぜと思いました。

 

 私はてっきり、そういうことに長けてる子がいて、仕切ってくれるのかとばかり思っていたのですが、「そうだよな、体はデカいけど、この前まで小学生だったんだもんな」と、全部任せたのを反省しました。

 

「揚げちゃえば?」という声もあったのですが、結局私が、チキンもトウモロコシもガスコンロで焼きました。

 

 

 今回あの子たちは、「炭を起こすのは難しい」ってことは分かったんじゃないかなと思います。

 

 

 YOUTUBEに炭の起こし方の動画が結構あって、それを見せて予習させれば良かったなと、今さらながら思います。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
May 01, 2017

母国語

テーマ:バリ島暮らし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 近所に一人暮らしのおばさんがいて、たまに娘が一歳ぐらいの息子(そのおばさんにとっては孫)を連れて泊まりに来ます。

 

 息子は丁度歩けるようになった時期で、娘とその子は朝の散歩をする際、我が家の前を通ります。

 

 こちらにはそういう親子が結構いるのですが、お母さんは息子に英語で話しかけており、道路に居る犬たちにも英語を使います。

 

 お父さんもお母さんもインドネシア人で、インドネシアで生まれて、インドネシアで育っているのに、英語を使うのです。

 

 なぜそんなことをするのか突き詰めて考えると、「将来、良い仕事に就いてほしい」という思いからなのだろうなと思いますが、「そんな風に育てられた子にとって、母国語って何語になるんだろう?」と最近思います。

 

 

 そのお母さんは、うちの前にいる野良犬に「What's up jiro」と話しかけていて、「うーん、その犬はジローじゃないんだけどね」と思いながら聞いてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
April 19, 2017

新作

テーマ:ペインティング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
April 19, 2017

老い

テーマ:バリ島暮らし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先日、久しぶりに店に行ったのですが、私も古くから知っているレノさんの友達が来ていて、「最近海行ってる?」と訊かれました。

 

 子供たちがクタの小学校に通っていたので、子供が小学生の頃は、送り迎えのついでにビーチに行ったりしましたが、卒業してからは必要最低限のことでしか外出しなくなりました。

 

 私にそう訊いて来た彼も、ビーチで仕事をしているものの、海に入っても一時間ぐらいで上がるし、後は殆ど寝てると言ってました。

 

 レノさんも、昔は、チャングー行って波が良くなかったら、逆側のスランガンに行ってみるとか、平気でしてたのに、今ではクタビーチに行くことさえ億劫になってしまって、、、。 

 

 バリに引っ越して来たばかりの頃、子供が高熱を出しているにもかかわらず、レノさんがビーチに波をチェックしに行ったときは、「こいつアホか?」と思ったものです。

 

 「あの頃の波乗りに対する情熱は何処に行ったんだよ?」って感じですが、20代の頃の元気が、40代になっても残ってたら気持ち悪いし、だんだん元気がなくなっていくのは、人として当たり前のことなのだろうなと思います。

 

 というか、長く知ってる人とそういう話をして、「年を取ってきて、動くのが面倒になっているのは、私だけじゃなくて、みんななんだな」と、ちょっと安心しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。