アメブロ連続投稿100日チャレンジⅢ*34日目。

ようやく三分の一。

 

おうちダウンサイジング【うぃーら】の整理収納アドバイザー 桑島 まゆみ でございます。

いよいよ夏休み。

みなさん、いろいろな計画を立てていることでしょうね。

 

私は・・・受験生のように研修三昧の日々になりそうです。

こちらの研修に参加しています。

7月から10月まで、5日間連続2週間が一区切りの3回、合計30日、120時間です。

 

消費生活リーダー研修とは、北海道独自の事業で、消費生活の基礎知識の習得や、消費者活動における実践的な研修を行うことを目的としています(募集要項より抜粋)。

今までは面倒くさそうと考えるのも学ぶのも避けていた、暮らしのさまざまな問題点。

たとえば、電気の自由化も「よくわからないけど、今はまぁいいか」とかね。

先日うけた「老後のお金」のセミナーで「先延ばしにすると手遅れになることがある」と学びました。

ということで、今回は私自身のスキルアップのため受講することにしました。

 

私が一番遠いかと思いきや、小樽、千歳はもとより、北見、紋別からの方も。

北見や紋別の方は2週間ホテル住まいだそうです。

各地方の消費者協会などに所属し、相談事業をしている現役の方も。

 

私はほとんど未知の世界のうえ、久々の長時間の座学。

いつもは教えるほうなのですが、今回は聴く側。

初日、2日目は「消費者問題、消費者政策」について。

いつのまにか夢の世界へワープしてしまいます。

睡眠学習法というのがあればいいなぁ。

 

AD

アメブロ100日連続投稿チャレンジⅢ*33日目。

 

おうちダウンサイジング【うぃーら】の整理収納アドバイザー 桑島 まゆみ でございます。

 

私たちは毎日「選択」をしています。

 

私は老眼鏡をかけています。

先日突然鼻アテが外れてしまい、とりあえず近所のメガネ屋さんで応急処置。

その後メガネを買ったM眼鏡店の本店の近くを通りかかった時に寄って、ちゃんと直してもらいました。

その時に「メガネの弦が壊れています」と言われました。

 

私がこのメガネを選んだポイントは「軽量」だったのですが、それが災いして細い金属部分に亀裂が入ってしまったのです。

でも「ふだんの使用には差障りありません」とのこと。

 

帰宅して、メガネの大先輩である夫に相談したら、「直せるんだったら修理しておいた方が安全だよ」とのアドバイス。

たしかに。

時間がたってしまい、「部品がないので、修理できません」と言われ、悔しい思いをしたことが・・・

 

それで、私が実際に買ったM眼鏡店へ持っていきました。

するとメーカーへ連絡をとってくれて、「修理できます。」とのこと。

選択肢は3つ。

・亀裂をつなげる(8千円)

・片方だけ新しい弦にする(1万2千円)

・ただいまキャンペーン中で、「片方の弦の値段で2本の弦を替えることができる」(1万2千円)

 

この「キャンペーン」というのが怪しいのですが、私が買ったものより壊れにくいようなマイナーモデルチェンジをしたようです。

ということは、「すぐ壊れる」というクレームが多かった??

 

8千円と1万2千円・・・かなり迷いました。

その時に使う奥の手は、担当者に「アナタならどうしますか?」と聞くこと。

 

担当者は「私でしたら、2本とも取り替えます」。

 

ということで2本の弦とも新しいものにしました。

普段は「使えるものは最後まで使い切る」のが信条。

でもお気に入りのモノで、毎日使い、頻繁に着けはずしするので、弦に負担がかかりやすいことを考慮しました。

 

「選ぶ」というのもなかなか大変な作業ですね。

 

 

AD

アメブロ100日連続投稿チャレンジⅢ*32日目。

 

おうちダウンサイジング【うぃーら】の整理収納アドバイザー 桑島 まゆみ でございます。

 

ポケモンGOの流行について考えてみます。

先週から日本での配信が始まったそうですね。

北海道の、人口6万の小さなわが町でも、スマホ片手に道をうろうろしている人を見かけます。

子ども同士、大人と子ども、あるいは単独で。

ポケモンGOがなぜ流行るか

整理収納講座では、本来の目的である「必要」という以外にモノを持ってしまう理由がいろいろあります。

ポケモンGOは、なんでこんなに全世界的なブームになっているのでしょうか?

と言っても、私はスマホも持っていないし、ゲームもやりませんので、娘たちからの情報が主ですが。

(1)「みんな」がやっている

テレビやネットなどマスコミ系のニュースで取り上げられること=無料で話題にしてもらえる、というメーカーさんにとってはこれ以上の宣伝効果はありません。

いつの間にか「世界中みんながやっている」⇒「楽しそう」⇒「みんながハマる」⇒「面白そう」⇒「自分もやってみたい」

という構図ができあがります。

しかも今までのゲームは、ターゲット層がある程度絞られていました。

性別、年代別、など。

どうやらポケモンGOは性別も年代も国も乗り越えられる操作性と面白さをもっているようなので、「みんな」となってしまいます。

「世界中」もかなり怪しいのですが、「やっていない地域」は話題にならないので、スルーされてしまいます。

しかも「事故やけがに注意」と言われること自体がゲームの宣伝にもなってしまう恐れがあります。

 

(2)ダウンロードが無料

ニンゲン、「無料」には弱いです。

どんなもんかわからないものにはなかなか手が出ません。

でもタダなら、ちょっと使ってみようか、という気になります。

・・でも、タダほど怖いものはない、ということを実体験している方も多いと思いますがね。

もちろんポケモンGOも、アイテムなど手に入れるのにこの先「課金」というシステムがついております。

(3)いつでもどこでもできる

場所と時間を選ばない、というのは大きな魅力です。

下手をすると一日中やってしまう危険性もありますね。

 

(4)リアルの場所がバーチャルに変わる

普段何気なく見ている景色の中にゲームが入り込んでくる。

しかも今自分がいる場所で、というのが人気の一つかもしれません。

 

(5)スマホゲームなので、目に見える蓄積がない

以前はゲームをするときには、ゲームを買ってくる必要がありました。

デジタルゲームならば、データ保存しておかなければいけません。

今回は多分クラウドに保存でしょうか、どんなにゲームをやりこんでも部屋の中がいっぱいになることがありません。

 

(6)ニンゲンの深層心理をついている

このゲームは「集める」をメインにしていますが、もともとニンゲンは集めるのが大好き。

そもそも食料を得るために集める作業は命がけだったはず。

そのご先祖様の血が騒ぐのかもしれません。

 

(6)ひょっとして??

実は某組織の壮大な計画「人間コントロール」だったりして!?

 

実際に先日ドイツで起こった銃撃事件はどうやら「マックの特別割引」というガセネタを流してターゲットを呼び寄せた、ということが伝えられています。

このポケモンGOを操作して「特殊なアイテムがあるから」と一部の人、あるいは不特定多数の人を呼び集める、あるいは指示を出すことだって、不可能ではありません。

 

 

このブームがいつまで続くのでしょうか?

 

またゲームによるマイナスのことがどんな形ででてくるのか、

ドキドキしながら見守ることにします。

 

 

 

AD

アメブロ100日連続投稿チャレンジⅢ*31日目。

 

おうちダウンサイジング【うぃーら】の整理収納アドバイザー 桑島 まゆみ でございます。

 

昨日は株式会社日本レーベンさま主催の「高齢者が日本を支える」シリーズ第14回目。

「ポジティブ整理で身軽に生きる。~幸運と金運、健康運に恵まれる方法~」セミナー講師を務めました。

日本レーベンさまにお呼びいただくのは昨年に続き2回目。

同じテーマでお話をいたしました。

でもこの1年間のさまざまな経験を積み重ね、内容はかなりアップグレード。

ポジティブ整理とは

片づけというのは、「後片付け」という、いままでやってきたことの事後処理のようなネガティブなイメージがあります。

でも実は前へ進むための、そしてよーいドンで加速するための強力なツールでもあります。

 

ミドル・シニア世代にとっては、早めに片づけることで、見えてくる問題点をクリアできます。

心配事を1つでも減らし、安心してすごせることが目的のひとつです。

 

今回は今までの自分の行動を見直し、今日からできる仕掛けをいくつか提案しました。

 

たくさんの方が興味を!

日本レーベン様の担当の方によりますと、「高齢者が日本を支える」シリーズを毎回開催していますが、今回はポスターを掲示しただけで、定員が埋まったそうです。

というわけで、当日は50名の受講者がありました。

片づけに興味を持つ方が、まだまだたくさんいらっしゃることがわかりました。

講座の様子

 

 

皆様、とても熱心に最後まで聞いてくださいました。

最後は定番の「スッキリ小唄」の大合唱。

シニア世代にはおなじみの「お座敷小唄」の替え歌です。

皆様、歌詞に「ある!ある!」とうなずきながら、にこにこ(あるいはニヤリ)として歌っていました。

 

これからも楽しくお片付けができるといいですね。

 

アメブロ100日連続投稿Ⅲ*30日目、本日2回目の投稿です。

 

おうちダウンサイジング【うぃーら】の整理収納アドバイザー 桑島 まゆみ でございます。

 

私の大好きなケーキやさん、「手作り菓子工房こむぎ」。

いつもオーナーパティシエ江上良子さんの愛情た~ぷりのケーキと気さくなお人柄、で大人気。

下の写真は、娘のための特注バースデーケーキ。

いちごがこれでもかこれでもかって乗っています。

年末の、いちごが一番高い時期なのに、惜しみなくふんだんに。

その良子さんが、お仕事をパワーアップ、合同会社を作りました。

そしてコミュニティーカフェを開くために、クラウドファウンディングを始めました。

 

ステキ女性がステキ女性を応援するために、そして自分たちの夢の実現のために、一つ一つを積み上げていく力、すごいなーー!!

と感心しながら傍観しているだけじゃなく、私も微力ながら協力したいと思っています。

アメブロ100日連続投稿Ⅲ*30日目。

 

おうちダウンサイジング【うぃーら】の整理収納アドバイザー 桑島 まゆみ でございます。

 

高齢の親をかかえる娘と嫁の会では月1回、おしゃべり交流会や勉強会などを開いています。

 

高齢の親や自分の老後を考えると一番気になるのがお金のこと。

大事なことだけれど、あまり大ぴらに心配しているとはいえない。

でも「老後破産」とか、「下流老人」とか言われているし・・・

というわけで、今回は「老後のお金」について、ファイナンシャル・プランナーの小林布起子さんを講師にお招きしました。

日本経済と世界のことなどのマクロのお話から、親子でお金の話をすることの重要性、私たち自身の老後資金の準備など、幅広く教えていただきました。

せっかく大事にしている虎の子の財産も、サギでだまされたりするケースも多発しているそうです。

また、私たちの世代は、年金だけに頼るのは危険、手持ちの自己資金を減らさない方法など、お話は尽きませんでした。

 

また次回、ぜひ続きを伺いたいと思います。

 

小林先生、本当にありがとうございました。

アメブロ100日連続投稿チャレンジⅢ*29日目。

中だるみしがちな時期(←経験あり)。

 

おうちダウンサイジング【うぃーら】の整理収納アドバイザー 桑島 まゆみ でございます。

家族が増える

6月初め、長女にベビーが生まれました。

女の子。

そして私もばぁばとなりました。

娘たちは関東在住。

こちらへ里帰り出産なので、避暑をかねてもうしばらくいます。

昨日はベビーカーで百合が原公園に公園デビュー。

デビューした本人はほとんど寝ていましたが。

 

先日、母のいる老人施設へ連れて行ったら

人生の大先輩たちから大人気。

みんなに「めんこいねー」と言っていただきました。

本人、緊張しています。

ライフステージの変更とモノの増え方

生まれて一か月がたちますが、あかちゃんの育ち方にもモノの増え方にも興味津々な毎日です。

これから少しずつレポートしていきますので、どうぞお楽しみに。

 

ちなみに、公園の写真のベビーカーはリサイクルショップで買いました。

買った翌日、娘の友達から「新品同様のベビーカーあるんだけど、使わない?」と連絡がきました。

そのベビーカーはタイヤが3輪で、東京のおしゃれなママたちの愛用品だそうです。

さて、あなたならどうしますか?

 

 

 

アメブロ100日連続投稿チャレンジⅢ*28日目。

 

おうちダウンサイジング【うぃーら】の整理収納アドバイザー 桑島 まゆみ でございます。

 

今日はモノの選び方についてお話します。

ニンゲンはモノを選ぶとき、「ひとつしかない」場合と「たくさんの中から選ぶ」のとでは、心理状態やモノに対する思い入れがずいぶん違ってくるようです。

 

私の最近の経験から。

以前から気になっていた自宅の洗面所のごみ箱。

洗面所ではそれほど大きなゴミは出ないのに、大きなオープンスタイルだったのです。

できればふたが片手で簡単に開け閉めできる小型のものに替えたい、と考えました。

 

近所のホームセンターではちょうど適当と思われるゴミ箱が1つありました。

でも、もう少し使いやすそうなものがないかなとその場では買いませんでした。

 

無印へ行きました。

欲しい大きさのモノがありません。

 

おしゃれ家具屋さんに行きました。

展示品の入れ替え中でしたが、「どうぞどうぞ!」とロープの中へ入れてくれました。

さまざまな形や色、機能、大きさのものがありました。

そこでちょうどいい大きさのを見つけました。

色も数種類あるうちからオフホワイトを選びました。

 

よかった、よかった、と帰宅。

翌日近所のホームセンターで。

最初に見たのが、私が買ったのと同じ、ということに気が付きました。

 

展示品、在庫品が一つだけなら選べない、比較できないので、かなり心が惹かれていても買わないことがおおいです。

いろいろ選択肢があって、その中でのお気に入りを選ぶ。

たとえ同じものでも、「選んで買った」という気持ちが大事なんだな、と改めて感じました。

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

【うぃーら】ご縁つなぎ

テーマ:

アメブロ100日連続投稿チャレンジⅢ*27日目。

 

おうちダウンサイジング【うぃーら】の整理収納アドバイザー 桑島 まゆみ でございます。

 

一般社団法人ウィメンズ・ライフ・サポート協会うぃーらが生まれて2か月になります。

ちょっとずつ、ちょっとずつですが、歩み始めました。

 

私がこんな団体を作りたいの、と話したら、すぐに手を挙げて一緒に立ち上げてくださった友人たち。

 

その友人たちに紹介してもらった方たちのおかげですてきなホームページができ、こちらのアメブロもカスタマイズしていただきました。

★作成 美女子のためのWEBデザインさまWEBデザインbeeさま

作成後のフォローも完璧です。

 

ホームページを見て、専門家会員にご協力してくださると決めてくださった女性士業の方たち。

(改めてご紹介します)

 

たくさんのご縁に結ばれて、ここまで来ました。

このご縁をまた新たな出会いのきっかけになり、必要としている方のお役にたちたい。

そんな想いがうぃーらの「ご縁むすび」。

 

そして昨日荷物が届きました。

 

段ボールを開けて、中を見えるようにしておいたら

夫が「一般社団で何かお祝いするの?」

と内祝いの品物と間違えて大笑い。

 

A4用紙を2か所で折ってA5にしています。

 

中は

 

事業内容の説明をやわらかく。

どなたにも手に取ってもらいやすいパンフレットに仕上がりました。

 

デザイン担当はにじいろネットワークのようこさん。

にじいろねっとワークさん

にじいろネットワークさん~女性の目線で「人の役に立つ」よろこびを分かち合い、情報を共有するネットワーク~

私たちと同じ趣旨の団体さんです。

 

ようこさんには以前萌運輸さんのチラシづくりもお願いしましたが、予想以上のすばらしい仕上がり。

それでうぃーらの分もお願いしました。

 

今回は500部発注。

皆様のご縁がつながるように、一生懸命配ります。

 

今日もお読みいただきありがとうございました。

 

 

アメブロ100日連続投稿チャレンジⅢ*26日目。

 

おうちダウンサイジング【うぃーら】の整理収納アドバイザー 桑島 まゆみ でございます。

 

春先からラブコールを送っていた講師の先生のセミナーがついに実現します。

 

講師はファイナンシャルプランナーの小林布起子先生。

「高齢の親をかかえる娘と嫁の会」の勉強会で、テーマは「老後のお金の話」。

 

高齢の親をかかえる娘と嫁の会は、高齢の親を持つ子ども世代があらかじめさまざまな知識やネットワークをもつことで将来に備えることができるのではないか、という目的で2年前に立ち上げました。

10数名のメンバーがほとんど全員高齢の親、また祖父母を持っています。

それぞれの状況に応じて支援する側になったり支援を受ける側(当事者)になったりします。

ざっくばらんに個人的なこともたくさんお話します。

もちろんそこで交わされた個人情報はほかではお話しない、というお約束。

どなたでもどうぞのオープンではなく、限定会員のみのクローズドの会になっています。

勉強会とおしゃべり交流会(時に飲み会)を交互に開催。

そこで勉強したことをもっとほかの人にも知ってもらいたい、シェアしたい、もっと勉強したいという場合は、一般の方向けにオープンセミナーをすることもあります。

 

今回の小林先生のテーマ「老後のお金」について。

事前に「真実を知ったら落ち込む人がいるかもしれません」との先生。

パンドラの箱をあけるような・・・怖いもの見たさ?

勉強会、楽しみです。

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました。