1月18日に行われた「おくりびとのお葬式」にパネラーとして参加して下った浅木裕子さんが、ブログに書いてくださったので、リブログします。

 

アメブロカスタマイズとホームページ制作で、うぃーらもお世話になっている方ですが、前職介護のプロフェッショナルで、現在も介護職員初任者研修で「死に行く人の身体と心のケア」を担当していらっしゃいます。

 

受講者に医療・介護・福祉関係の方が多かったので、浅木さんの介護を教える立場からのお話で、内容がピシッとしまりました。


AD

一般社団法人ウィメンズ・ライフ・サポート協会【うぃーら】の設立記念イベント

「おくりびとのお葬式」セミナーとパネルディスカッションが終了いたしました。

満席のお客様に、北海道新聞社さま、北海道医療新聞社さまの取材もいただきました。

本当にありがとうございました。

 

最初にうぃーらの理事と専門家が前へ出て、「うぃーらは皆様と専門家をつなぐ窓口です」というご紹介をさせていただきました。

 

続いて、第1部は、「おくりびとのお葬式」というテーマ。

(株)おくりびとアカデミー社長の木村光希(こうき)さんが「僕も真剣にやりますので、皆さんも真剣に見てください」というお話のあと、納棺の儀をみせてくださいました。

(写真は受講者様からお借りしました)

 

納棺師のお父様が弟子に教えている様子を幼少のころからすぐそばでみていたそうです。

所作がとてもきれい。

 

途中で涙ぐんでいる方もいました。

 

ご遺体役の方が初めにきていた浴衣を、最後にさっと引き抜きます。

茶道などに通じる最低限必要な動きしかしない、とても厳かな雰囲気です。

そのあと、ご葬儀や納棺師の仕事について、お話があり、みな興味深く聴きました。

納棺師は葬儀会社の下請けのような形で今まで仕事をすることが多かったが、木村さんは最後までかかわりたいので、葬儀会社を作ったこと。

みんながおくりびとになって、亡くなった方をお見送りできるといい、ということ。

大事なのは「保湿」(亡くなった後できるだけ早くクリーム類を塗る)と「葬儀の見積もりをとって比較する」こと。

それ以上に大事なのは、「今相手にいう言葉が最後になるかもしれない」という気持ちで言葉をかけること。

 

休憩をはさんで、第2部は本音で語るパネルディスカッション。

「介護現場のターミナルケアと看取り」がテーマでした。

パネラーは、木村さんのほか、主任介護支援専門員の浅木裕子さんとグループホームメープルの施設長脇谷公子さん。

浅木さんは現在ホームページ作成の仕事をなさる傍ら、介護職員初任者研修で「死に行く人の身体と心のケア」を担当しています。

その視点から、介護職員は一人で抱え込まないで、チームでケアにあたれば燃え尽きることがない、健康的に生きることと環境の整備が大事、などとお話くださいました。

脇谷さんは介護現場でのターミナルケアと看取りで多くの経験をなさっています。

グループホームでは、高齢になりだんだん食べれなくなって、大木が枯れていくように自然に亡くなるケースが多く、利用者さんたちも職員もおちついて死を受け入れることができるようになってきている、というお話でした。

さらに木村さんを交えて、「尊厳とはなにか?」ということなど意見を交換したり、会場の方からの質問に答えたりしました。

 

最後に、金盛裕子さんが、お父様が生前、銀行口座を1つにまとめたり、大事なモノの保管場所を家族に教えるなど、自分の意思を具体的に伝えていたので、亡くなった後の手続きなども楽で助かった、介護のために実家へ通い、妹さんとも頻繁にあったり相談するようになりとても仲良くなった、というお話をしました。

 

「死を学ぶことによってよりよく生きる」こと。

「生きましょう!」を合図に、終了後は皆様笑顔でお帰りになりました。

 

 


AD

石狩の最低気温がマイナス16℃。

多分今冬の最低記録かも、という日の片づけ作業はいい経験になります。

 

ミドル・シニア世代の女性が安心して暮らせるための整理収納から始めるサポート

一般社団法人ウィメンズ・ライフ・サポート協会【うぃーら】は、自分にジャストフィットするモノの持ち方・暮らし方~おうちダウンサイジング~を提案しています。

 

うぃーらの整理収納アドバイザー 桑島 まゆみ でございます。

 

寒い中での作業で気を付けることは寒さ対策。

今回はすでに空き家状態でしたが、依頼主様が前日にきて暖房をしっかりつけてくださったので、屋内は寒くありませんでした。

通常1日の作業時間7時間のところを6時間にし、お昼休みは近所に移動し、しっかり温まって休むことを心がけました。

また床から寒さが上がってくるので、各自底の厚い室内履きを持参することに。

 

依頼主様にお願いしていた家の周りの道路の除排雪は終わっていました。

 

当日作業に携わったのは、私のほか整理収納アドバイザーの市民団体「片づけジョーズさん」から5名(短時間の人も含め)の計6名。

早めに集合し、おうちの中を見せてもらい、作業手順を確認。

この時に、下見の時に確認できなかった車庫の中と存在不明だった物置2か所も確認。

 

作業手順です。

①依頼主さまが使うモノ、貴重品、必要なモノに紙を貼り、できれば1部屋に移動して保管してもらう。

②萌運輸が無料引取りしてくれそうな家具や品物などに紙を貼る。

③リサイクルショップが引き取ってくれそうな品物を1部屋に集める。

④ゴミの置き場所を作る。

⑤ゴミとして処分するものは、自治体の仕分けに従って分別し、まとめる。

 

午前中、リサイクルショップの人が来て品物を見ました。

持って帰ったのは、ガス台、ラジオ、目覚まし時計、箱入りの食器など。

長い時間をかけて品定めをし、値段をつけていました。

買い取り価格は合わせて2千円。

1軒まるごとお片づけをした別のケースで、別の業者さんでも、2千円ぐらいです。

 

お酒類の在庫がたくさんあったので、2日目にお酒の引き取り業者に来てもらいました。

ワインは×。

保存状態のいいウイスキーや焼酎などを持って帰りました。

価格は1本100円。

 

買う時にはどんなに高くても、引き取るときの価格を見れば、取り置くだけ価値が下がります。

モノは使うことに存在意義があるのですね。

 

6時間かけてほぼすべてのモノの分別が終わりました。

翌日は物置と車庫を片付け、萌運輸さんに運ぶものを持ち帰ってもらって終了!ということになります。

 

 

 

 

AD

ひとりではできない大きなお仕事の時、チームの力は偉大です。

 

ミドル・シニア世代の女性が安心して暮らせるための整理収納から始めるサポート

一般社団法人ウィメンズ・ライフ・サポート協会【うぃーら】は、自分にジャストフィットするモノの持ち方・暮らし方~おうちダウンサイジング~を提案しています。

 

うぃーらの整理収納アドバイザー 桑島 まゆみ でございます。

 

うぃーらに片づけ作業のご依頼がありました。

(ネット掲載の許可はいただいていますが、個人情報に関する部分など詳細は省きます。)

 

●ご依頼主さま

道外に住む息子さんのご依頼。

ご両親が施設入居し、誰も住まなくなったご実家を片づけてほしいとのこと。

●家の概略

札幌市内、一軒家(1階2LDK、2階3部屋+納戸、車庫)

借家なので、元通りの造作に戻す必要がある。

●ご希望

1月中に終わらせる。

 

一人では無理な作業なので、整理収納アドバイザーの市民団体「片づけジョーズ」さんと一緒に作業をしました。

(私も片づけジョーズさんに籍を置いています)

片づけジョーズ(旧 ハウスキーピング北海道) ⇒ コチラ

 

●下見の結果、4名ずつ2日間で終わるという見通しで見積もりを出す。

片づけジョーズで作業できる人を見つける。

●萌運輸に無料で引き取ってもらう家具などをみてもらう。

*萌運輸は、カンボジアの直営リサイクルショップへ輸出しています。

●萌運輸のトラックを横付けするので、事前に依頼主に除排雪を頼んでもらう。

 

今冬の札幌は50年に一度の大雪。

住宅地の道路は深々と雪に埋まり、車が1台通り抜けるのがやっと。

借家でなければ、「春になって雪が解けてから作業しましょう」というのですが、1月末までという期限つきなので、除排雪を頼みました。

一年で一番厳しい時期の作業となりました。

 

~つづく~

 

今朝は6時に起きました。

寝室の暖房を微弱にしていたので、寒かったです。

 

ミドル・シニア世代の女性が安心して暮らせるための整理収納から始めるサポート

一般社団法人ウィメンズ・ライフ・サポート協会【うぃーら】は、自分にジャストフィットするモノの持ち方・暮らし方~おうちダウンサイジング~を提案しています。

 

うぃーらの整理収納アドバイザー 桑島 まゆみ でございます。

 

本日の石狩は最低気温がマイナス16℃。

20℃以下になるとダイヤモンドダストが見れることがあるので、もうちょっと。

100日連続お片づけ6日目~個人会計の整理6日目

今朝6時に起きて、何をしたか、というと。

「100日連続お片づけ」6日目、まだ個人の会計入力をしました。

一応終わったのですが、わからないことがあったので、うぃーらの税理士さんのところへ行って聞いてきました。

今までの入力の一部に間違いがあったことが判明したので、明日は、再調整します。

イラストレッスンを再開しました

以前、私の年上の友人からおしえていただいたことがあります。

「まゆみさん、歳をとると一人でいる時間が多くなるから、一人で楽しめることを早めにみつけたほうがいいわよ。

 

とのことで、色インクで描くイラストを佐々木小世里さんから習い始めました。

昨年9か月お休みしたのですが、本日からレッスンに出戻りました。

ところが会場についてびっくり。

インクは持ってきたのに、肝心の筆を忘れていました。

仕方がないので、先生にお借りして・・・

 

今日の作品はアネモネ。

寒中見舞いに使おうかしら?

同じお手本ですが、出来上がりはそれぞれ個性的。

テーブルの上は色とりどりのお花畑。

雑念を忘れ、夢中になって描く時間は、貴重です。

 

介護現場でのターミナルケアについて、介護の専門家たちが本音で語る貴重なチャンス!

1月18日(水)セミナー「おくりびとのお葬式」とパネルディスカッション「ターミナルケアと看取り」、ご参加お待ちしています。

★1/18「おくりびとのお葬式」セミナー&パネルディスカッション★

 

整理収納アドバイザー2級認定講座

受講受付中●2月26日(日)●千歳道新文化センター主催

講師 桑島 まゆみ(2級認定講師)

★1日で資格が取れる整理収納アドバイザー2級認定講座☆2/26@千歳★

整理収納一般講座

満席になりました●1月21日(土)●片づけジョーズ主催セミナー「写真まるごとお片づけ」

13時半~15時 札幌エルプラザ

講師 桑島 まゆみ(整理収納アドバイザー1級、片づけジョーズ会員)

★1/21「写真まるごとお片づけ」セミナー@札幌★

寒中お見舞い申し上げます。

今の時期が一番寒いとはいわれていますが、その通り!

 

ミドル・シニア世代の女性が安心して暮らせるための整理収納から始めるサポート

一般社団法人ウィメンズ・ライフ・サポート協会【うぃーら】は、自分にジャストフィットするモノの持ち方・暮らし方~おうちダウンサイジング~を提案しています。

 

うぃーらの整理収納アドバイザー 桑島 まゆみ でございます。

今日は4日ぶりに母のいるグループホームへ。

まず、同じ敷地内にあるサービス付き高齢者住宅へ寄り、施設長に会いました。

施設長の脇谷公子さんは、1月18日の「おくりびとのお葬式」セミナーとパネルディスカッションでパネリストをしてくださるので、進行表を持参したのです。

 

すると開口一番「Kさんが、9日に亡くなったの・・・」。

私は3日、白寿のお祝いでお顔を見に行ったとき、まだまだ大丈夫と信じていたので、びっくり。

「少しお話もできたんだけどね、ゆっくり枯れるように息を引き取りました。」

 

ここのホームでは何人もターミナルケアをしているので、事前に「そろそろお別れかも」とわかるそうです。

前日には職員がかわるがわるお部屋にいってKさんのお顔をみたり、声をかけたり。

 

夜勤の職員さんが見守る中、苦しむこともなくすーっと呼吸をしなくなったそうです。

酸素吸入も点滴も、ましてや心臓マッサージもなし。

十数年暮らしたホームの自分のお部屋で、お気に入りのものと先に亡くなった息子さんの写真に囲まれて、しずかに最期を迎えました。

白寿のお祝いに私が持っていった桜がちょうど咲いたので、ご家族がお棺にいれてくれたという話を聞き、ありがたかったです。

 

施設長を始め、職員さんたちは十数年一緒に暮らしたので、大きな喪失感があると思いますが、99才といえば天寿を全うしたともいえます。

「よかったね」と声をかけ、またホームの利用者さんたちも一緒にお別れをしたそうです。

 

今日は施設管理者さんがKさんの持ち物を片づけていました。

「ご家族が何もいらないというのですが、まゆみさん、何かいただいていきませんか?」と声をかけてくれました。

 

和裁の名手で着物が大好きだったKさん。

母のテーブルの向いの席で、いつもニコニコして声をかけてくださったKさん。

認知症もなくとてもしっかりしていました。

私が着物を着ていくと、「いいねぇ」と特にご機嫌でした。

 

形見分け、普段はいただかないのですが、今回は袋帯と半幅帯をいただきました。

帯は五重塔に山があるので、きっと京都東山ですね。

2月に京都でイベントがあるので着物と一緒に持って行って、締めようかしら。

 

2年前に亡くなった三男さんと今頃はあちらの世界で再会して喜び合っていることでしょう。

 

病院で亡くなるのが当たり前の時代から、施設で最期を迎えることも多くなりました。

生かすために全力を尽くす医療。

安らかにおだやかに最期までふつうの生活ができるようケアする介護。

日本におけるターミナルケアはまだ歴史が浅く、各施設とも試行錯誤です。

終末期になると「これ以上お世話できないので、ほかへ移ってください」という施設もあるそうです。

 

母のグループホームでは、昨年6年間に及ぶターミナルケアを受けていた方が亡くなりました。

積極的にターミナルケアに取り組み、ここ数年、看取りも日常のペースの中で粛々と行うようになりました。

 

また利用者さんたちもお棺にお花を入れたり、愛唱歌を歌ったりしてお見送りをし、自然に死を受け入れるようになったようです。

以前は死を忌み嫌っていた母も、お別れの会に顔をだすようになったそうです。

 

介護現場でのターミナルケアについて、介護の専門家たちが本音で語る貴重なチャンス!

1月18日(水)セミナー「おくりびとのお葬式」とパネルディスカッション「ターミナルケアと看取り」、ご参加お待ちしています。

★1/18「おくりびとのお葬式」セミナー&パネルディスカッション★

 

整理収納アドバイザー2級認定講座

受講受付中●2月26日(日)●千歳道新文化センター主催

講師 桑島 まゆみ(2級認定講師)

★1日で資格が取れる整理収納アドバイザー2級認定講座☆2/26@千歳★

整理収納一般講座

満席になりました●1月21日(土)●片づけジョーズ主催セミナー「写真まるごとお片づけ」

13時半~15時 札幌エルプラザ

講師 桑島 まゆみ(整理収納アドバイザー1級、片づけジョーズ会員)

★1/21「写真まるごとお片づけ」セミナー@札幌★

 

 

 

「整理収納まつり」から「お片づけでecoフェスティバル」に名前が替わった4月16日のイベント。

年末に札幌市教育委員会の後援をもらい、いよいよ準備が本格的にスタート。

 

ミドル・シニア世代の女性が安心して暮らせるための整理収納から始めるサポート

一般社団法人ウィメンズ・ライフ・サポート協会【うぃーら】は、自分にジャストフィットするモノの持ち方・暮らし方~おうちダウンサイジング~を提案しています。

「お片づけでecoフェスティバル」おいしく楽しい打ち合わせ

うぃーらの整理収納アドバイザー 桑島 まゆみ でございます。

実行委員会の打ち合わせ、昨日は手稲のまなびやカフェあけぼの分校給食室で。

今日はエルプラザで行いました。

それぞれ参加できる人が違うし、大事な会議だったので、2回やりました。

チラシやポスター作製、後援や協賛の企画書と内容、アドバイザーさん用のパネル展示やブースなど、決めることいっぱい。

あっという間の2時間。

今月末には一般の方、アドバイザーさん向けに情報を発信できると思いますので、どうぞお楽しみに。

 

まなびやカフェさんでは御年賀のお品をいただきました。

江上良子さん手作りのアイシングしたかわいいクッキー❤

 

今日集まった方たちにおすそ分け。

おいしくおいしく頂戴しました。

良子さん、来年から販売したらいいと思いますよ!

 

まなびやカフェあけぼの分校給食室 ⇒ コチラ

 

【お片づけ100日チャレンジ】4日目

なんということでしょう。

まだ個人の会計が終わっておりません。

今晩中にはなんとか終わらせてすっきり寝たいです。

法人設立記念イベント

参加受付中●1月18日(水)●一般社団法人ウィメンズ・ライフ・サポート協会【うぃーら】設立記念セミナー・パネルディスカッション

 

★1/18「おくりびとのお葬式」セミナー&パネルディスカッション★

 

整理収納アドバイザー2級認定講座

受講受付中●2月26日(日)●千歳道新文化センター主催

講師 桑島 まゆみ(2級認定講師)

★1日で資格が取れる整理収納アドバイザー2級認定講座☆2/26@千歳★

整理収納一般講座

満席になりました●1月21日(土)●片づけジョーズ主催セミナー「写真まるごとお片づけ」

13時半~15時 札幌エルプラザ

講師 桑島 まゆみ(整理収納アドバイザー1級、片づけジョーズ会員)

★1/21「写真まるごとお片づけ」セミナー@札幌★

「おうちダウンサイジング」にとりかかって2日目。

当初予定通り、昨日の会計書類整理、まだ終わっていません。

 

ミドル・シニア世代の女性が安心して暮らせるための整理収納から始めるサポート

一般社団法人ウィメンズ・ライフ・サポート協会【うぃーら】は、自分にジャストフィットするモノの持ち方・暮らし方~おうちダウンサイジング~を提案しています。

 

うぃーらの整理収納アドバイザー 桑島 まゆみ でございます。

各月テーマを決めて片づけてみる

あれこれと手を付けてもとても終わりそうにない、ということをうすうす感じます。

それで1年12か月にそれぞれのテーマを決めました。

まず1月は「紙もの整理」。

写真も含めるととても1ヶ月では終わりそうにないので、2月末までの期間でやりたいと思っています。

100日間続けるために大事なこと

●毎日少しの時間でもやること

●決まった時間にやること

でしょうか、多分。

まだ試行錯誤しているので、断言はできませんが。

 

本日は個人事業主関係の会計書類を「弥生会計」に入力中です。

ところがその弥生会計、なかなか手ごわい。

いや正確に言えば、一番の敵は我にあり(笑)。

初歩の初歩から手取り足取り教えてもらい、「わかった!」はずなのに、3か月たてばどこへやら。

苦心して作ったバックアップデータさえ復元の仕方をわすれ、さぁ、大変!

 

というわけで、なかなかスムーズにはいかないところがワタシ流。

あせらずボチボチやります。

法人設立記念イベント

参加受付中●1月18日(水)●一般社団法人ウィメンズ・ライフ・サポート協会【うぃーら】設立記念セミナー・パネルディスカッション

 

★1/18「おくりびとのお葬式」セミナー&パネルディスカッション★

 

整理収納アドバイザー2級認定講座

受講受付中●2月26日(日)●千歳道新文化センター主催

講師 桑島 まゆみ(2級認定講師)

★1日で資格が取れる整理収納アドバイザー2級認定講座☆2/26@千歳★

整理収納一般講座

受講受付中●1月21日(土)●片づけジョーズ主催セミナー「写真まるごとお片づけ」

13時半~15時 札幌エルプラザ

講師 桑島 まゆみ(整理収納アドバイザー1級、片づけジョーズ会員)

★1/21「写真まるごとお片づけ」セミナー@札幌★

ミドル・シニア世代の女性が安心して暮らせるための整理収納から始めるサポート

一般社団法人ウィメンズ・ライフ・サポート協会【うぃーら】は、自分にジャストフィットするモノの持ち方・暮らし方~おうちダウンサイジング~を提案しています。

 

うぃーらの整理収納アドバイザー 桑島 まゆみ でございます。

 

2017年1月・2月の予定です。

 

法人設立記念イベント

参加受付中●1月18日(水)●一般社団法人ウィメンズ・ライフ・サポート協会【うぃーら】設立記念セミナー・パネルディスカッション

 

★1/18「おくりびとのお葬式」セミナー&パネルディスカッション★

 

整理収納アドバイザー2級認定講座

受講受付中●2月26日(日)●千歳道新文化センター主催

講師 桑島 まゆみ(2級認定講師)

★1日で資格が取れる整理収納アドバイザー2級認定講座☆2/26@千歳★

整理収納一般講座

満席となりました●1月21日(土)●片づけジョーズ主催セミナー「写真まるごとお片づけ」

13時半~15時 札幌エルプラザ

講師 桑島 まゆみ(整理収納アドバイザー1級、片づけジョーズ会員)

★1/21「写真まるごとお片づけ」セミナー@札幌★

 

 

ミドル・シニア世代の女性が安心して暮らせるための整理収納から始めるサポート

一般社団法人ウィメンズ・ライフ・サポート協会【うぃーら】は、自分にジャストフィットするモノの持ち方・暮らし方~おうちダウンサイジング~を提案しています。

 

うぃーらの整理収納アドバイザー 桑島 まゆみ でございます。

 

●1月21日(土)13時30分~15時@札幌エルプラザ●

片づけジョーズ主催セミナー

「写真まるごと片づけ」の講師をいたします。

整理収納アドバイザーになる前から取り組んでいた写真整理について、たっぷりお話いたします。

 

 

★1/18「おくりびとのお葬式」セミナー★