いまだ興奮さめやらず、の湯宿だいいちのお話。

もうしばらくお付き合いください。

 

ミドル・シニア世代の女性が安心して暮らせるための整理収納から始めるサポート

一般社団法人ウィメンズ・ライフ・サポート協会【うぃーら】は、自分にジャストフィットするモノの持ち方・暮らし方~おうちダウンサイジング~を提案しています。

 

うぃーらの整理収納アドバイザー 桑島 まゆみ でございます。

 

昨夜はシマフクロウが帰った後、クロテンが遊びに来ました。

真冬になると全身真っ白になるそうですが、まだ茶色です。

同じような形ですが、真っ黒なのは野生化したミンク、というお話。

昔道東にはミンクを飼育しているところがたくさんあったのですって。

 

書き忘れていましたが、昨夜の夕食も地元のものたくさんの品ぞろえ(写真は一部です)。

朝食もどれを選んでいいか迷うほどの品数で、おいしくいただきました。

温泉は昨夜と今朝2回入りましたが、聞こえるのはお湯の流れる音だけ、という贅沢な空間でした。

 

朝は小鳥たちがお客様。

私の大好きなゴジュウカラ。

なんと、頭を下にして木から降りることができます(真ん中のグレーと白いの。)

カラフルなのは、カケスでしょうか。

 

お宿から中標津バスターミナルまで女将さんの運転で送っていただきましたが、そこで聞いた話。

20年以上まえ、正面玄関の池のコイをシマフクロウが狙うようになったそうです。

白いコイ、ついで赤いコイ、最後に黒いコイまで食べられたので、反対側に生けすを作り生きた魚を放すようにしました。

そうすると環境庁の人が来て、餌付けをしては困ると叱られたそうです。

そうこうするうちにメスと2羽で来るようになったので、環境庁も態度を変え、「よろしくおねがいします」ということになったとか。

 

川向こうの裏山に巣があり、今は5代目。

その5代目は目を悪くしているので、親の方がその巣から出て行ったそうです。

5代目に環境庁の人がメスを連れてきたのですが、最近弱ってきて、今年は見かけないとのこと。

「きっとメスのほうが年上だった」とは女将さんの説。

シマフクロウの寿命は30年ぐらいだそうです。

 

すべてのシマフクロウは足環をしていて、家系図で管理されています。

養老牛のフクロウは緑色だから、すぐわかるんですって。

さすが、絶滅危惧種です。

ちなみにエゾクロテンも絶滅危惧種に指定されているそうです。

 

もっともっとゆっくりしたかったお宿でした。

 


AD

地域サロンで主体的に活動していらっしゃる方たち、本当に熱心ですし、頭の回転も早い!

 

ミドル・シニア世代の女性が安心して暮らせるための整理収納から始めるサポート

一般社団法人ウィメンズ・ライフ・サポート協会【うぃーら】は、自分にジャストフィットするモノの持ち方・暮らし方~おうちダウンサイジング~を提案しています。

 

うぃーらの整理収納アドバイザー 桑島 まゆみ でございます。

中標津の本間玲子さんにつないでいただいたご縁、しらかば学園さまと社会福祉協議会さま。

前日のしらかば学園さまに続き、社協様のご依頼によりふれあい・いきいきサロン実践者の方たちに「介護予防と整理収納」のセミナーをいたしました。

 

 

町内には10か所あまりのサロンがあるそうで、サロンをやっていらっしゃる方や、これから始めたい方など30名弱の方に向けてお話しました。

最初の20分は整理収納の基本と、高齢者の整理収納について説明。

残りの時間で、自分の地域やサロンでの片づけに関する経験や困りごとなどをグループごとに出し合って発表していただきました。

施設入居のために引っ越しをする地域の方の手伝いをしたこと

その時に一番困ったのが、年を取ったペットの問題だったこと

義理の母親が、少しずつきれいに片づけてから亡くなって、感動したこと

子どものいない親戚の片づけをしていて、「お金がなくなったらアナタの世話になるから」と言われても死亡保険金の受取人に自分がなっていないので困まり、受取人を自分にしてもらったこと

良い品物だったので町に寄付しようとおもったが、うけとってもらえなかったこと

など。

最後に「スッキリ小唄」を全員で歌い、大変盛り上がりました。

サロンでも歌っていただけるように、歌詞カードもプレゼンントしました。

 

前日も今回も、人生経験豊富な皆様からのお話を、私もとても興味深く聴きました。

大変勉強になった2日間でした。

 

皆様、大変お世話になりまして、ありがとうございました。

中標津、またお邪魔します(できれば季節がいいころに)。

 

 

AD

中標津での講座2つを無事に終えて、郊外の養老牛温泉で1泊。

 

ミドル・シニア世代の女性が安心して暮らせるための整理収納から始めるサポート

一般社団法人ウィメンズ・ライフ・サポート協会【うぃーら】は、自分にジャストフィットするモノの持ち方・暮らし方~おうちダウンサイジング~を提案しています。

 

うぃーらの整理収納アドバイザー 桑島 まゆみ でございます。

 

せっかく中標津まできたのだから、とお迎えをお願いして養老牛温泉の湯宿だいいちで保養中。

養老牛温泉は今年開湯100年になるそうです。

 

お宿のロビーのすぐ外に生けすがあり、シマフクロウが時々餌を採りにくるそうで、とても楽しみでした。

夕方、「シマフクロウが来ました!」との案内が入り、行ってみると生けすの縁に停まった一羽がお食事中。

ほかのお客さんたちも大騒ぎで写真撮影していましたが、一段落するとさーーっと引けてしまいました。

私も食事の時間だったので、後ろ髪引かれつつ、ロビーを後にしました。

 

食後も、温泉へ行く前もロビーを通るたび、別のシマフクロウが来ていました。

そして、今こうやってブログを書いている私の、5メートル先の枝に何十分もじっと停まっています。

ほかのお客様はもうだれもいなくて、ここには私とシマフクロウだけ。

 

本当にぜいたくな、幸せな時間が流れています。

 

 

 

AD

中標津町しらかば学園は、60歳以上の町民の方が月2回ずつ集まって勉強したり、クラブ活動をしたりするところ。

今日も足元の悪い中をたくさんの方が「しるべっと」(中標津町総合文化会館)にお集まりくださいました。

 

ミドル・シニア世代の女性が安心して暮らせるための整理収納から始めるサポート

一般社団法人ウィメンズ・ライフ・サポート協会【うぃーら】は、自分にジャストフィットするモノの持ち方・暮らし方~おうちダウンサイジング~を提案しています。

 

うぃーらの整理収納アドバイザー 桑島 まゆみ でございます。

 

「しるべっと」は1千人規模の大ホールなどがある文化会館、公民館、図書館の3つの機能がある建物です。

本日はコミュニティーホールで「ポジティブ整理で身軽に生きる」をテーマに2時間弱お話をしました。

下の写真は「YES NO」クイズで皆さんに紙をあげていただいているところ。

暮しが変化すれば、当然持っているものも見直すべきですが、それをしていないと自然にモノが増えます。

「使う、使わない」で持っているものを区別すること、

自分の物差しを持つこと、

使えるけれど自分は使わないものは、有効に使ってもらえるように手放すのが大事、

処分できないものは持っていてもいいが、自分が亡くなった後の処分方法を決めておくこと

大事なことや大事なものを託す人を決めておくこと

などお話しました。

 

「私は片づけが得意です」とおっしゃる方、

「どこから手をつけていいかわからない」とおっしゃる方、

様々ですが、皆様とても熱心に聴いてくださいました。

最後に「スッキリ小唄」をうたいました。

口笛や手拍子も入り、にぎやかに締めました。

 

しらかば学園担当の職員さんには、昨日は釧路まで悪路を2時間半かけてお迎えにきていただくなど、大変お世話になりました。

ありがとうございました。

またコーディネーターの本間玲子さんにも丸1日運転手やお手伝いをしていただきました。

明日もお世話になりますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

遅めのランチは本間さんおすすめのイタリアンレストラン、オステリア・フェリーチェで。

すでに満席で、前菜がでてくるまでに1時間近くかかりました。

でも、待った甲斐あり、とてもおいしくいただきました。

 

夜は軽めに。

こちらも本間さんおすすめのお蕎麦屋さん「伊とう」で、にしんそばを注文。

身欠きにしんの大きさにびっくり!

 

明日は中標津町社会福祉協議会様でのセミナーです。


冬の旅はいろいろワケあり。

 

ミドル・シニア世代の女性が安心して暮らせるための整理収納から始めるサポート

一般社団法人ウィメンズ・ライフ・サポート協会【うぃーら】は、自分にジャストフィットするモノの持ち方・暮らし方~おうちダウンサイジング~を提案しています。

 

うぃーらの整理収納アドバイザー 桑島 まゆみ でございます。

 

北海道の東はしの中標津(なかしべつ)町からお声がかかり、12月7日、しらかば学園さま、8日社会福祉協議会様でセミナーをします。

 

数か月前に新千歳空港⇒根室中標津空港行きのチケットと中標津のホテルを予約、とても楽しみにしていました。

ところが出発前日の昨日になって、[悪天候のため天候調査が入ります」とANAからメール(事前に変更などはメールで連絡をもらうように登録しています)。

予約したのがお昼の便だったので、朝8時発の便に変更(こちらも天候調査あり)。

 

今朝は5時半にタクシーの迎えに来てもらい、JR学園都市線新琴似駅6時発の電車で新千歳空港へ。

空港では「天候状態により、新千歳まで引き返すこともあります」という条件付きでプロペラ機に乗り込みました。

ここまでは順調。

 

ところが、中標津近くで、なんとUターン。

(中標津空港へ迎えにきてくれた友達が、「上空まで来てたのに!」とメールくれました)

「除雪状態が、この機を着陸させられる状態でない」とのこと。

1時間かけて飛んで、1時間15分かけて新千歳へ戻りました。

 

中標津便は1日3便しかないので、お昼の便を再予約しましたが、飛ばず、夕方の便に期待。

新千歳空港自体も降雪のため、遅れや欠航が相次いでいました。

テレビカメラもいつでも映像が撮れるようにスタンバイ。

でも意外に込み合ってなかったので、ニュースにならなかったかも。

 

中標津空港行きのほかに、たんちょう釧路空港行きも空席待ちを入れて、私はスーパーラウンジでお昼を食べたり、仕事をしたりのんびりしごしていると。

15時にメールが来て、16時35分発の中標津行きも欠航が決まった、とのこと。

 

あらまぁ、ぐずぐずしていると今日中に中標津につかなくなっちゃう。

あわててスーパーラウンジから出て、空席待ちカウンターへ。

最終の釧路便は飛びそうということだったので、中標津でまってくれている方たちに電話。

「釧路までお迎えに行きますよ!」と言ってくださり、「自力でバスで行きます」とかなり遠慮したのですが、最終的にはお言葉に甘えることになりました。

釧路行はジェット機。

中標津往復2時間15分、新千歳空港7時間ステイのあと、新千歳からたった25分で釧路まで。

 

中標津公民館の方には、釧路空港から中標津のホテルまで雪道を2時間半、行きも入れると5時間の運転。

 

講座の前から本当にお世話になってしまいました。

明日の講座、がんばります!

 

 

 

 

 

真冬並みの寒さがちょっとゆるんだ気持ちのいい日曜日。

まなびやカフェあけぼの分校給食室の江上良子さんに誘われて白石までドライブ。

たくさんの収穫がありました。

 

ミドル・シニア世代の女性が安心して暮らせるための整理収納から始めるサポート

一般社団法人ウィメンズ・ライフ・サポート協会【うぃーら】は、自分にジャストフィットするモノの持ち方・暮らし方~おうちダウンサイジング~を提案しています。

 

うぃーらの整理収納アドバイザー、桑島 まゆみ でございます。

 

下の写真の棚、モトは何だと思いますか?

こちらも ↓

 

金曜日にまなびやカフェに行ったとき、良子さんから「日曜日にでかけるんだけど」という話を聞いて、火曜日からの道東出張の準備もまだ途中なのをほっぽり出して、お供したのは

白石区の奥まった住宅街にある雑貨屋さん。

オーナーの平田典子さんに会うのが目的、のはずが。

用件が終わった瞬間に店内をぐるぐる。

 

先ほどの写真、最初のは、着物の箪笥の引き出し。

桐で、着物が入っていたのを、塗り直して神棚に。

次の写真も箪笥の引き出しだそうです。

別のところには、底板が腐っていたのをはずした立派な棚がありました。

 

古いものをなかなか処分できない方に、箪笥の引き出しを棚として使って、思い出の品を飾るコーナーにする。

ぴったりかもしれません❤

 

店内は小物もほしいものがいっぱい。

でもついに買ったのは、

アンティークのフエルトの帽子。

かぶりやすく品がおよろしい。

作られたのは、私が産まれたころのようです

大事に使います!

 

Rose's Houseさんへ行く途中で良子さんがハナをぴくぴく。

「気になるから戻る!」とバックして戻ったところに。

 

わざと目立たなくしている??隠れ家的パン屋。

入り口も、入っていいの?というぐらい目立たず狭い。

 

中にはおいしそうな選りすぐりのパンが。

 

十勝産小麦「つきほのか」、初めて見ました。

パン、おいしかったです。

 

小春日和に絶好のドライブ&息抜きができました。

さて、今日からダッシュします(笑)。

 

 

セミナー講師のみなさま。
誰とかさんと日程が重なったとか、講座内容が被ったとか。
そういう経験はありませんか?
そろそろ狭い日本を脱出して世界へ発信しませんか?
 
大阪でもシンガポール報告会を開催します!
 
ミドル・シニア世代の女性が安心して暮らせるための整理収納から始めるサポート
一般社団法人ウィメンズ・ライフ・サポート協会【うぃーら】は、自分にジャストフィットするモノの持ち方・暮らし方~おうちダウンサイジング~を提案しています。
うぃーらの整理収納アドバイザー 桑島 まゆみ でございます。
 
12月16日に東京で開催するシンガポール報告会に、四国の方から「関西でもやらないのですか?」とのお問合せをいただきました。
「じゃぁ、行きましょうか?」というのが、萩中留美子講師と私のいつものノリ。
こんな調子でシンガポールへ行ってしまったのですから。
というわけで、2月20日に大阪でシンガポール報告会を開催いたします。
 

・・・「あなたもできる海外進出~2016年シンガポール報告会@新大阪」・・・

北海道の整理収納アドバイザー桑島まゆみと萩中留美子が、ひょんなことからシンガポールで整理収納講座を開催したのが、2014年。
それから翌年15年も行きました。
今年も行きました。
自称「空飛ぶ仕舞い姫 グローバル・プロジェクト」。

今回は延べ150名の方がセミナーを受講しました。
さらに、「この先もいける!」という手ごたえがありました。
次回開催の約束もできました。

今までのお話と、海外講座開催のノウハウをお伝えする大阪初開催です。

日程 2017年2月20日(月)10時~12時
○会場 新大阪丸ビル 本館412号室 (大阪市東淀川区東中島1丁目18番5号)
http://www.japan-life.co.jp/ access.php
○受講料 6千円
○お申込みフォーム
http://form1.fc2.com/form/?id=727819


*終了後はランチ会を予定しておりますので、 ぜひご参加ください(会場・費用は未定です)
 

久しぶりに花のお江戸へ参ります。

しかも私たち整理収納アドバイザーの聖地?ハウスキーピング協会での講座開催となります。

 

ミドル・シニア世代の女性が安心して暮らせるための整理収納から始めるサポート

一般社団法人ウィメンズ・ライフ・サポート協会【うぃーら】は、自分にジャストフィットするモノの持ち方・暮らし方~おうちダウンサイジング~を提案しています。

 

うぃーらの整理収納アドバイザー 桑島 まゆみ でございます。

 

先日開催した札幌でのシンガポール報告会、参加なさった方たちからは「シンガポール、ぜひ行きたい!」というお声が上がりました。

どんどん海外進出しましょう。

「そんなことできない」と思い込んでいるのは、自分で乗り越えられない壁を作っているようなものです。

片づけと同じですね。

みんな「やればできる子」なのです。

 

東京開催の会場などが変更になりましたので、新ためてお知らせいたします。

受講料もお安くなりましたので、参加しやすくなりましたよ。

ランチも会場のご近所の評判のいいイタリアンの個室を予約済み。

いっぱいお話しましょう。

 

・・・・【海外でセミナー講師やってみたい方へ】・・・・

北海道の整理収納アドバイザー桑島まゆみと萩中留美子が、ひょんなことからシンガポールで整理収納講座を開催したのが、2014年。
それから翌年15年も行きました。
 今年も行きました。
自称「空飛ぶ仕舞い姫 グローバル・プロジェクト」。

今回は延べ150名の方がセミナーを受講しました。
さらに、「この先もいける!」という手ごたえがありました。
 次回開催の約束もできました。

今までのお話と、海外講座開催のノウハウをお伝えする、豪華ランチ付きのセミナー、東京初開催です。

 

*開催日*12月16日(金)10時~12時
 *会場*ハウスキーピング協会3階会議室
東京都渋谷区上原3-5-2. TEL. 03-3465-3210
 *参加料*6000円(当日集めます)
 *定員*先着8名様
 *申込み締切日*12月13日
 *お申込み方法*お申込みフォームへ記入してください。

  フォーム https://ssl.form-mailer.jp/fms/00a32fde477965


*セミナー終了後近くのレストランでランチ会をいたしますので、ぜひご参加ください
カーサヴェッキア(別途ランチ代2200円ご負担ください)Bコース(前菜盛り合わせ・本日のパスタ3種の中から1種・デザート・コーヒー)

https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131811/13001836/

 


シンガポール報告会、札幌で開催いたしました。

そして12/16には東京で、さらに関西方面からも「聴きたい!」というリクエストをいただき、2/20大阪でも開催することに決定いたしました。

 

ミドル・シニア世代の女性が安心して暮らせるための整理収納から始めるサポート

一般社団法人ウィメンズ・ライフ・サポート協会【うぃーら】は、自分にジャストフィットするモノの持ち方・暮らし方~おうちダウンサイジング~を提案しています。

 

うぃーらの整理収納アドバイザー 桑島 まゆみでございます。

昨日から12月。

なんとなくあわただしい気持ちになりますが、南国でのひと時を味わっていただきたいと、「あなたもできる海外進出!整理収納講座@シンガポール報告会」を開かせていただきました。

とりあえず行ってみた、ユキちゃんに何から何までお世話になってお任せコースで楽しかった2014年。

いろいろな方に助けていただきながらも弾丸ツアーだった2015年。

毎日ほとんど仕事ばかりだったからこその充実感と次回への種まきを実感した2016年。

この3年間積み上げたもの、いいこともよくなかったこともお話しました。

そのほか、シンガポールの真実、海外駐在員のお話など。

 

セミナーの途中から出たフルコースのお料理も、とてもおいしかったです。

 

え!?とかあ~↓とかあらぁ・・・とか、いろいろありました。

うふふ♪の秘蔵写真も初公開。

でも終わってみれば、すべてよし!

次回のシンガポール行きがとっても楽しみです。

 

そう。

次回は2017年5月中旬。

昨日受講してくださった浅木さんご夫妻とぜひご一緒に行きたいです。

 

浅木さん、ドイツへも、よろしくお願いいたします。


2016年、12月になりました。

流行語大賞発表、今年は「神ってる」になりました。

 

ミドル・シニア世代の女性が安心して暮らせるための整理収納から始めるサポート

一般社団法人ウィメンズ・ライフ・サポート協会【うぃーら】は、自分にジャストフィットするモノの持ち方・暮らし方~おうちダウンサイジング~を提案しています。

 

うぃーらの整理収納アドバイザー 桑島 まゆみ でございます。

同じく整理収納アドバイザーの萩中留美子講師と一緒に、今日は「シンガポール報告会」をいたしましたが、ご報告は明日にでも。

 

今日は、いよいよ始まる年末に向けてのお話。

「大掃除はやらない!」

 

私は今年は大掃除はやらないと決意しました。

今までは、大掃除の前に大片付けがあり、大掃除は大みそかにばたばたと。

整理収納アドバイザーになってから、だんだん大片づけがなくなりました。

おおみそかにまとめて大掃除。

今年は方法を変えます。

大掃除はしません。

その代り、少しずつ毎日やります。

 

 

「冷蔵庫 奥に行くほど ミステリー」

怖いですねぇ。

冷凍庫はタイムカプセル状態になっていませんか?

年末に向かって、食料品を買い込むことも多くなります。

まずは冷蔵庫、冷凍庫から片づけましょう。

 

やり方は、床に包装紙や新聞紙を広げ、中のものを全部出します。

全部出し終わったら、冷蔵庫、冷凍庫をきれいに拭きます。

 

出した冷蔵庫・冷凍庫の食品は、賞味期限を確かめましょう。

わかりやすいところにマスキングテープを貼り、その上に賞味期限を書いておくといいですね。

ただし、一度開封したものは表示の賞味期限よりかなり早くなっています。

それそれの目安がわからなければ、検索してみましょう。

 

いつ開封したのか不明なモノは処分対象に。

 

中身を仕分けできたら、冷蔵庫・冷凍庫へ戻しましょう。

よく使うものは、手の届きやすいところへ。

あまり出番のないものは奥でもいいですが、ぎっしり詰めるのではなく、できるだけ6割ぐらい、奥にあるものも見通せるぐらいの量にします。

 

1日1か所片づけと掃除で、大掃除をしないで年末を迎えてみませんか?