よこたの部屋

劇団河童座代表 横田和弘氏によるコラム。

1951年 横須賀の高校生演劇部OBを中心に創立。


生まれも育ちも横須賀の生粋の横須賀っ子劇団。


そんな劇団河童座の代表 横田和弘 のブログです。


劇団ホームページ http://gekidankappaza.net/index.html


テーマ:

 昨日 高津一郎作品・劇団横濱壱座による「くらやみ坂のグッとバイ」を、観に行ってきた。

 やっと、少し整理が出来たので、高津一郎氏のことが書ける気がしてきたので、書き始めている・・・。

 

6月29日 93歳で 高津一郎氏が 旅立った。病床に臥せていたわけではなく、朝、ご家族が気づくいたときには亡くなっていたのだそうだ。

その報を聞いた時には あまりに突然なことで、まさに信じられなかった。だって、この「うらやみ坂・・・」を観た後に、その話を戸部の藍屋ですることになっていたのだから・・・。

 

高津さんは、本当にダンディーで、格好のいい人であった。とにかく、全てに対して真摯に取り組み、自分を曲げない強い人であった。それでいながら、遊び心も忘れない、僕にとってはあこがれの演劇人の一人であったのです。一徹な生き方をしていたのに、ふだんはとにかく優しい笑顔の絶えない人でした。私よりはるかにご高齢なのに、いつも私の健康のことを気遣ってくれていました。真逆な話なのですが、それほど高津さんはお元気だったし、歩き方も姿勢も、考え方も衰えない、現役人でした。

忘れられないエピソードがあります。東京の某劇団の芝居を一緒に観に行った時のことです。芝居の最中に、あの温和な高津さんが突然「ゲートルの巻き方が違う!」と 大きな声を発したのです。正直、びっくりしましたし、帰りには笑い話になってしまったのですが、高津さんには、我慢のできないことだったのでしょう。高津さんの基盤には常に戦争体験があったことは、確かなことだと思います。だから、戦時中のゲートルの巻き方一つに こだわったのだと思います。

毎年頂く年賀状には、体制の怖さ、権力の傲慢さ、現代の危機感などびっしり書き込まれていました。とにかく、戦争批判、権力批判にぶれない演劇人でした。

 

色々なことを、教えていただきました。「戯曲は、文章じゃない!怒りが書かせるんだ」の言葉は、いつも私の心に残っています。

そして、私の書くものに戦争批判、体制、マスコミ批判が多いのも、高津さんの影響が大きかった体と思っています。戦争を知らない私の作品には、まだまだだなとお叱りを受けたこともあります。

読書家の高津さんから、色々な本を進められました。色々なものも頂戴いたしました。

携帯もパソコンもお持ちでなかった、高津さんでした。いつも、きれいな字でたくさんのお手紙も いただきました。現代文明にも、真っ向から挑戦していたのかもしれません。もう何年も前のことですが、一度だけ、高津さんの病床からのお手紙の字が、普段とあまりに違うことがありました。そんな中でも、一生懸命に書いてくださったんだなと、感激したことも思い出します。

 

書き出すと、エピソードも、人柄も、思い出も止まらなくなってきてしまいました。

 

河童座の芝居は、一つ残さず観ていただきました。そして、深読みすぎるくらい、色々な感想をいただきましたし、難しすぎてもう少しまとまってから・・・など、本当に真摯に観ていただきました。

 その 高津さんがもう、観客席にいないと思うと、やりきれない思いです。

 

本来なら、昨日「くらやみ坂・・」いや、「毒薬と老嬢」についてお話をしていたはずなのに・・・・

私も 高津さんも この「毒薬と老嬢」を、モチーフとした芝居を何回もやってきていたので、楽しみにしていたのです・・・。

 

昨日の 壱座による作品は、大分高津作品に、手を加えていたようなので、あえて書きませんが・・・ラストシーンは、これが高津さんの脚色なんだと、しっかり受け止めたつもりです。生意気ではありますが、私との解釈が違ったところでもありました・・・・。

そんな話をしてみたかった・・・・・

 

ご冥福をお祈りします・・・・いつまでも天国で芝居を観続けてください。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。