今年の梅雨は雨が降らず、作物にも水不足の影響を及ぼしているようですね。

 ですが、今週後半には雨模様という天気予報ですので

 豪雨にはならず、少しずつ草木にうるおいが欲しいものです。

 

 雨の季節が始まりますが、気圧の変化も追い打ちとなって
 自律神経のバランスが乱れ、様々な不調が現れやすい時期でもあります。

 梅雨の時期は、“水はけのよい身体づくり”が健康管理のポイントです。

 良質な水分をしっかりと摂りながら、不要な水分はきちんと出しましょう。
 そして、体の冷えに注意することも大事な時季です。

 ビタミン、ミネラル、酵素といった基礎栄養を十分とって
 適度な運動も忘れないように。
 

 湿度が高いと、だるくなったり、むくみやすかったりしませんか?
 余分な水分が体に溜ると、そういった症状が出やすくなります。

 そこで意識していただきたいのが、カリウム。ミネラルのひとつです。

 カリウム大事です!!

 下半身やせ&足やせには、カリウムです!

 カリウムは尿量を増やし、体の中の余分な水分を排出します。
 尿量が増えることで体温が上がり、冷え性も改善されます。

 ナトリウムとカリウムは、常にペアになって働くブラザーミネラルです。
 (カルシウムとマグネシウムも!)

 カリウムの働きってたくさんあります。

  ・筋肉をつくる
  ・たるみを防ぐ
  ・体の柔軟性を保つ
    ・疲労回復
    ・血圧が上がらないように調整する
      ・ホルモン分泌を促す
      ・血中の不純物を排出する
  ・脳に酸素を送る
  ・お通じを促す

  ・・・・などが代表的です。



  では、カリウムが不足すると・・・・。

  ・だるい・疲れやすい・頭痛
  ・感染にかかりやすく風邪などひきやすい
  ・夏ばてしやすい・ストレスに弱くなる
  ・便秘・痔・腹部のハリ、ガスがたまる
  ・アレルギー症状が出やすくなる・口が渇く
  ・むくみ・心臓発作を起こす確率が高くなる
  ・血圧上昇・貧血・月経困難・難産
  ・内臓下垂・視力低下
  ・呼吸困難・排尿困難
  ・けいれん・歯槽膿漏・筋肉がたるむ
  ・手足がしびれる・手足がつる、けいれんする
  ・関節炎
  ・子どもの発育の遅れ
  ・腹痛・肌が乾燥する
  ・肌の弾力がなくなり、たるむ
  ・にきびができやすい
  ・不眠・居眠り・神経質、神経過敏
  ・学習能力低下・ひん脈、不整脈、動悸

    ・・・などまだまだあるんですが、キリがないので。


  カリウム豊富な食品のひとつに、
 ひじき、わかめ、こんぶなどの海草類があります。
  

 ケルプは海草ですので、ヨウ素も豊富です。
  
 乙女のトキメキオーシャンケルプ
 http://www.yoshika-andou.com/html/kelp.html

 

 乙女のトキメキタンポポ茶ショーキT1 星おすすめです

 たんぽぽ茶「ショウキT-1」は無農薬タンポポの葉から抽出された「T-1エキス」に、
 アリエキス、ハトムギ、緑茶を配合したハトムギ茶風味の健康茶です。

 

 医学博士の邵輝(ショウキ)先生が開発・研究のもと製品化されました。

 1包中タンポポの葉生薬換算で1kg以上使用。
 赤ちゃんからご年配のかたまで 犬猫ちゃんにも安心して与えることができるノンカフェイン。

  http://www.karmo.net/product/342

  ショウキT-1はレトルトパウチに入っているので、煮出したり、
 煎じたりする手間もなく、開封後そのままお飲み頂けます。

 

 わんちゃんたちの肺水腫にたくさんご愛用いただいて好結果がでていますビックリマーク

 わが家のモモも先天性心疾患で肺水腫にもなりましたが、赤ちゃん過ぎて
 利尿剤が処方できないといわれ、このショーキT1を一日1~2包がんばって飲ませて
 肺水腫は治癒した経緯があります。

 

 水分補給に!
 抗ストレス作用&血液浄化作用
 乙女のトキメキホーリーバジルティ
 http://www.karmo.net/product/304

 

 ただいま、薬膳を習いに行っておりまして、10数年前にも学んでいたのですが

 復習かねて今年から学びに行ってます。しかし、漢字だらけで覚えられませんアセアセ

 

 梅雨の薬膳の中で、 【理氣=氣の流れを良くすること】:香りのあるハーブ、スパイスを

 摂ることも 梅雨の養生になります。

 またバジルには発汗作用、免疫を正常化する作用などもリーフ

 
 
 “水はけのよい身体づくり”が健康管理のポイントと
 冒頭でお伝えしましたが、もう一点、犬猫さんは脱水も気になります。
 水をこまめに飲んでる子は大丈夫かもしれませんが、それでも
 お家でのエアコンも脱水のひとつです。
 
 水分不足になると、血液の流れが悪くなり、
 循環器系の不調など、起こりやすくなるといわれています。
   
 水分不足かどうかは、まず舌をみてください。

 舌の苔があんまりない状態になっていると
 水分不足の可能性が高いです。
 逆に苔がたくさんついている場合は水分代謝が滞っている証拠です。
 
 舌苔が少ない、舌が赤いと感じたときは水分補給のサインです。
 (日ごろ観察したことがないかたは、一度見てあげてくださいね)

 歯型が舌の縁についていませんか?
 カラダに余分な水分がたまっている証ですね。

 舌の真ん中が白くないですか?
 胃腸が冷えている、気や血の不足、冷え性などに多いようです。

 ・・・

 上質な水といえば、ご存知の方も多いACMπウォーター。
 わが家も15年ほど愛用してます。

 πウォーター浄水器 レンタル取次店です

 http://www.karmo.net/product/384

 

imagekarmobana2.gif  http://www.karmo.net/

 

★27日(火)第四火曜日は勉強会のためお休みいただきます。

 

 

 

この子たちって、お口のまわりがいつも黄色だったのですが

アズミラメガペットディリー(総合ビタミンミネラル)とBコンプレックスの色です

 

 

AD

5月も半ばをすぎ、もうすぐやってくるあの季節。

私は梅雨が苦手で、最愛のモモが亡くなったのも

大阪で計測史上初めて早い梅雨入りをしたという5月26日でしたえーん

 

梅雨になり湿度が高いと、水分代謝が滞りがちになります。
 「むくみ」にお困りの方も多いのではないでしょうか?

そこで、日頃注意したいのが「カリウム」を不足させないようにすること。

カリウムは利尿作用を持ち、体の中の増えた塩分(ナトリウム)を
汗や尿として出してくれるありがたいミネラルです。

 海藻類や、ホウレンソウ、明日葉、モロヘイヤ、ニラ、
 そして、最近スーパーに並び始めたスイカにも豊富ですよ。
 是非、旬の食材で美味しく健康管理してくださいね。

 

前回のブログ記事、ファスティングのことをもう少し詳しく追記します。

「解毒(デトックス)」とは、体内に溜まった有害物質を体外に排出して、
栄養素を有効に利用し、スムーズな代謝を行える身体にすることです。

人間、動物はもともと、このデトックス機能が備わっています。
たとえば、肝臓で有害物質を無毒化したり、腎臓で血液を濾過したり、
発汗や尿、便などと一緒に必要のないものを排出する仕組みがあります。
 
ですが、一昔前にくらべ、私たちの身の回りにはありとあらゆる
有害物質が取り巻くようになり、これらの蓄積が原因と考えられる様々な
不調が現れるようになりました。

近年「デトックス」という言葉が巷にあふれるようになったのも、
人間、動物が本来持つ解毒システムでは追いつかないところまで
来ているからではないでしょうか。

 ・食品添加物、加工食品の増大
 ・遺伝子組み換え食品
 ・トランス脂肪酸
 ・水銀、鉛などの有害ミネラル汚染
 ・環境ホルモン
 ・放射性物質
 ・農薬や化学肥料の多用
 ・薬剤 
 ・電磁波
 ・排気ガスに代表される 大気汚染 など

たとえば、有害ミネラルのアルミニウム。
歯の詰め物「アマルガム」、胃薬、透析(これには驚きました!!)
アルミホイル、アルミ鍋など。
アルミニウムはアルツハイマーと関連する
脳のなかの記憶を司る「海馬」を攻撃するようです。
 
 
現代の日本に住んでいる以上、有害物質の摂取を完全にとめることはできません。

アトピーなどのアレルギー疾患や生活習慣病の罹患率は
年々増大傾向にあり、これは、たまった有害物質をスムーズに
排出できないことからなる代謝異常が一つの要因となっています。

また、有害物質の蓄積は肉体的な病を引き起こすだけでなく、
倦怠感やイライラといった精神面まで様々な
不調の原因にもなっていると考えられています。

 

そして、前回記載の

※水しか飲まない断食は、毒素が一気に放出され肝臓の負担が増しますので

解毒をスムーズに行う栄養素を含んだ専用ドリンクをおすすめです。

 

毒素を追い出す最も有効な手段の【ファスティング】(断食)についてです。

体に入った有害物質は主に脂肪組織に蓄積するのですが、
ファスティング中に食べ物から栄養をとれなくなると、体脂肪を
燃焼させてエネルギーを得ようとします。

このとき、同時に脂肪組織に溜まっていた有害物質が
遊離して血流にのり、体外への排出が促進されます。

脂肪を燃焼させ、脂肪内に取り込まれた有害ミネラルやダイオキシンを体外に排出させます。

加えて、食べることを休むことで胃や腸、すい臓、肝臓、腎臓といった内臓を休ませることができ、

疲弊を回復させ、カラダ本来の解毒機能をも活性化することにもつながります。


このように、栄養素の吸収を妨げる有害な物質を体外に排出し、
正常な代謝をとり戻すことが私たちのカラダを細胞から元気にする一歩となるのでしょう。

有害物質が食べ物を通じて体内に入ってくるケースが多い以上、
「食べること」と「解毒すること」はセットで考える必要があると思います。

つまり、定期的に「食べること」を休み、リセットして「追い出す」アプローチを
実践することが大切です。

食べれば食べるほど、腸はどんどん忙しくなります。
こうして腸でエネルギーを使い過ぎると、吸収した栄養素を有効利用したり、
不要な脂肪を燃やすためのエネルギーが不足してしまい、
解毒や排泄にもパワーを発揮できなくなります。

ファスティングによって腸に休息を与えると、
代謝にエネルギーをたっぷり使えるので、体が本来の働きを取り戻す

リセット効果や不要物が排泄されるデトックス効果が期待できます。

ファスティングは、必要最小限のカロリーと豊富なビタミン・ミネラル・酵素を
補う健康法で、水だけで過ごす「絶食」や、ひたすら食べない「拒食」とは違います。


ファスティング期間は、75種類の野菜や果物、酵素を
含んだ「ファスティングジュース」を食事に置き換えて飲み、腸に休息を与えます。

 

ラーメン 焼肉 ピザ おにぎり カレー お弁当 ステーキ パスタ チョコカップケーキ 鍋 たこ焼き

今日は忙しすぎて一日何も食べていないので、なんか上記のイラストで我慢してますゲッソリ

だけど、下記のジュースは飲みましたニコニコ
 
75種類の野菜・果物を3年半発酵、熟成
本気で”ファスティング”の結果を出したい方に

 【 ファスティングプレミアム 】
 http://www.karmo.net/product/420

 代謝を高めるマグネシウム、脂肪燃焼のL-カルニチン
 肌にハリ(美容サプリで大人気)のMSM、
 むくみ解消のカリウムもしっかり補給できます。

 よくある酵素ジュースは熱を加えていたり
 発酵年数が短かったり、無農薬でなかったり、砂糖類多かったり・・・
 【 ファスティングプレミアム 】は
 正しく、効果的に”ファスティング”を行えます。

 朝または夜だけの半日ファスティング、
 週末だけの1日間、3日間、6日間のファスティングがあります。

 ファスティングのガイドブックをご参考いただき
 無理のないペースで健康な心身を感じてみてください!

 
私事ですが、昨年、6日間ファスティングを行いました。

今は週に一回ファスティングと、朝だけファスティングは継続中です。

6日間行った時は、同じようにまわりの人達も6日間行ってもらいましたが

みな同じように言ってたことは

 

 幸せホルモン出っ放し!体重・体脂肪とも減少!
 頭がクリアになり、カラダも軽く
 若い頃のように疲労を感じない!
 五感が研ぎ澄まされる!ほうれい線消えちゃった!など
 素晴らしく良いことだらけでした。

【 ファスティングプレミアム 】
 http://www.karmo.net/product/420

 

imagekarmobana2.gif  http://www.karmo.net/

 

23日(火)は勉強会のためお休みいただきます。

ご注文確認、メールでのお問い合せ、配送業務につきましては
24日(水)より順次対応させていただきますので、よろしくお願いいたします

 
 

 

AD

first do no harmという言葉は、2000年以上も前に古代ギリシアの医師であり、
「医学の父」とよばれたヒポクラテス(紀元前460年頃~370年頃)が医学に

従事するものの心得として述べたものです。

 

「神聖病」と呼ばれていたてんかんを、「神の病気」ではなく

「脳の病気」であるとし、「断食」により治療したとする記述があります。

 

聖書の「マタイによる福音書」では、
てんかんを「断食」により治療せよという記述があります。
 

 

「主よ。私の息子をあわれんでください。てんかんで、たいへん苦しんでおります。

何度も何度も火の中に落ちたり、水の中に落ちたりいたします。
そして、イエスがその子をおしかりになると、悪霊は彼から出て行き、その子はその時から直った。

『ただし、この種のものは、祈りと断食によらなければ出て行きません。』」 

(新約聖書 マタイの福音書1715,18 ,21節)

 

「人々は、さまざまの病気と痛みに苦しむ病人、悪霊につかれた人、てんかん持ちや、

中風の者などをみな、みもとに連れて来た。イエスは彼らをお直しになった。」

(新約聖書 マタイの福音書 4 24節)

 

「断食はメスを使わない手術である」 フランスのことわざ

 

「断食で治らない病気は、他のどんな治療でも治らない」 ドイツのことわざ

 

「すべての薬で一番よいのは休息と断食だ」 ベンジャミン・フランクリン()

 

キリストは弟子たちに、「病気は祈りと断食で治しなさい」と、

釈迦も病気は断食で治すべきであると弟子たちに伝えられたそうです。

 

食べない=空腹時に、私たちの遺伝子は体の壊れた部分の修復をおこなうように

プログラムされているようです。

 

imagekarmobana2.gif  http://www.karmo.net/

23日(火)は勉強会のためお休みいただきます。

ご注文確認、メールでのお問い合せ、配送業務につきましては
24日(水)より順次対応させていただきますので、よろしくお願いいたします

AD

メリルストリープが主演・製作した「 誤診」 

原題 「…firstdo no harm(何よりも害を成すなかれ)」という映画をご存知でしょうか。

 

ある日、突然の発作を引き起こした幼い息子。

家族の穏やかな日々が一転するところから物語は始まります。

 

息子は、てんかんの発作を繰り返し病院に運ばれます。

しかし、薬漬けの治療が続き日ごとに症状が悪化します。

そして後遺症のリスクの高い手術を医師からすすめられます。

 

苦しむ息子を何とかしてやりたい。母親は知人のすすめで図書館に通います。

息子を思う母の強い願いが、断食と食事療法による完治例を発見し、

ジョン・ホプキンス大学のフォアマン博士の指導のもと

三か月後にはついに病気を治すことができたというお話です。

 

この治療法は、リビング・ストン博士が最初に提唱した理論で、何十年も前から

多動症やてんかん治療に効果があることが知られています。

 

絶食をすると体内に蓄積されている脂肪を燃焼しエネルギーにしますが

その時、ケトンという物質が生成されます。

ビックリマーク最近流行かしらないですが炭水化物抜いてケトンはでませんよ。

このケトンには活動を鎮静させたり、脳のα派の発生を促すようです。

 

また脂肪の燃焼とともに病んだ細胞に蓄積した毒物が体から取り除かれます。

脂肪組織に蓄積されやすい化学物質、重金属、薬物などの有害物質までも!!

 

絶食によって細胞に蓄積した老廃物が排出されるだけでなく

神経の伝達もスムーズになり、頭が冴えわたるようになります。

 

 

この映画では栄養学を支持し、薬に対しての反発が強調されているかもしれません。

 

ですが、この映画ができる前に、米ではすでに1960年代から「現代病の原因は代謝異常にあり、

それを解決することが大切だ」と主張するリチャード・カニン、ライナス・ポーリング。

 

てんかんの治療にマグネシウムやビタミンB6を用いたカール・ファイファー、

自閉症の改善にビタミンB群やCを用いたバーナード・リムナンド、

栄養+食事療法で数万人の病気を治癒させたというアデル・デービス・・・

 

医療の現場で分子整合医学は大きな成果をあげることができたのですが、

残念ながら、日本は分子整合医学の理論をとりいれた医療機関は、

個人開業医を除き、皆無に等しいようです。

 

 

※水しか飲まない断食は、毒素が一気に放出され肝臓の負担が増しますので

解毒をスムーズに行う栄養素を含んだ専用ドリンクをおすすめです。

※てんかんの症状がある場合、断食また、ケトン食療法の開始時は、
医師の指示を仰いでください。

 

 

あと少し続きます

imagekarmobana2.gif  http://www.karmo.net/

 

23日(火)は勉強会のためお休みいただきます。

ご注文確認、メールでのお問い合せ、配送業務につきましては
24日(水)より順次対応させていただきますので、よろしくお願いいたします

紫外線の多い時季。

わたしたち人間も日焼け止め、サングラスなどで、この紫外線からカラダを守っていますが

犬猫さんたちには気をつけられていますでしょうか。

もっとも紫外線の影響をうけやすいのは「目」 目

夏が終わるころ、「あれ?なんだか目が白っぽく見える」なんてことにならないように

また初期の白内障もこれ以上進行しないように、この時季のケアが大切だと思います。

 

目の水晶体の老化の原因は活性酸素が大いに関係します。    

紫外線も活性酸素=フリーラジカルを生み出します。 

そして、今ご覧いただいているパソコンのモニターから発生する青色光も 

紫外線と同じように目病を誘発する原因となっています。

 

有害なフリーラジカルに対抗するため、活性酸素を無害化する 

強力な抗酸化力が必要です。    

 

強力な抗酸化力を持つのが、カロチノイドの仲間であるルテイン、 

ゼアキサンチン、ビタミンC、ビタミンEなどです。 

 

ですが、栄養素というのは、命に関わるところから先に使われます。 

目が見えなくなると苦痛や不自由さを感じるでしょうが、命に別状はありませんよね。

たとえば、ビタミンCも十分なビタミンCを摂らなくては、目まで回りません。



●ビタミンC   http://www.karmo.net/product/26   
※ローズヒップ 天然のビタミンC   http://www.karmo.net/product/93      

●ビルベリー   http://www.karmo.net/product/3
  
●タウリン    http://www.karmo.net/product/220
  
●ビタミンBコンプレックス     http://www.karmo.net/product/31     
  
●DHA・EPA   http://www.karmo.net/product/29    http://www.karmo.net/product/249     
    

●ハッピービュー - Happy View - ※犬専用  http://www.karmo.net/product/285  
※犬専用のため残念ながら猫にはおすすめしません。   

 
●クリスタルモイスト 目の栄養素がびっしりキラキラ
 http://www.karmo.net/product/258  

 

ピンクハート乙女のトキメキピンクハート乙女のトキメキピンクハート乙女のトキメキピンクハート

 

【白内障とヨーグルト】のお話です。

結論から先に書きます。

いま現在「身体のために」ヨーグルトを食べていて目にトラブルがある場合は、

念のため、しばらく食べるのを止めるか、回数を減らしてみてはいかがでしょうか?

http://kobe-haricure.net/book/b92.htm#ヨーグルト


ヨーグルトを常食すると、白内障のリスクが高くなるということが

健康問題に詳しい人の間では言われています。

ネットで調べた範囲では、実際にどれくらいの量を食べればリスクが高まるのか、

動物実験データがあまりに大量だったため分かりませんでした。

1970年、リヒターとデュークが科学雑誌「サイエンス」に、

「ヨーグルトを与えたラットがすべて白内障になった」という論文を発表しています。
 
実験の最初の目的は、ヨーグルトの栄養価値を検討するものでしたが、

結果は意外な方向に進みました。


そこで改めて、ヨーグルトの影響を調べるための実験が行われたのです。

すると、若いときからヨーグルトを与えられたラットは2~3ヶ月で、

大人になってから与えられたラットも4~6ヶ月で、

すべてのラットが白内障になったというショッキングな結果がでました。
 
簡単に説明すると、乳糖が分解されるとグルコースとガラクトースになります。

 

このガラクトースを処理する酵素・ガラクトキナーゼがないために、

ガラクトースが血流に乗って目の水晶体に集まり、白内障を起こしてしまったのです。


今まで、ご相談メールなどで、わたしが与えないほうがいいのでは?と

お伝えさせてもらってたのは、

カルシウムとの関連性からでした。カルシウムの吸収が妨げられるのです。


1983年のコシェの研究でも、乳糖がカルシウムの吸収を妨げる、

つまり乳糖が体からカルシウムを奪ってしまうことをつきとめています。
 

 

 

imagekarmobana2.gif  http://www.karmo.net/