久しぶりに気が向いたので、ブログを更新したいと思います。

新しい職場に行きだして、2週間が経ちました。正直、初めは「コレはキツイな。ずっと続けられるかな?」という不安はありましたが、案外慣れてきました(キツイ事はキツイですが)。

大まかな1日の流れとしては、13時前に本部に出勤、15~16時くらいまで本部で勤務して、その後支部へ移動、22時に仕事終了して、それから掃除と残務処理して、最終的に退社するのが23時30分過ぎ・・・。家に帰り着くのはたいてい日が変わってます。

以前から勤めている人の話によると、とにかくあんまりいろんな事を教えてくれない。自分で訊いたり、見て学んだりしないといけないみたい・・・。
案外服装とかはアバルトなんだけど、変に細かいこだわっている部分があったりして、それができてないと厳しくいわれるらしい・・・。

逆に言えば、ソコんとこさえきっちりしていれば、いけるらしいけどね。

ただ、それになじめる人となじめない人がいるらしく、やめていく人も少なくないらしい。

ボクの場合は前者で、少しずつなじんでいってる気がする・・・。

まあ、何とかなりそうです・・・。

それはともかく、一日の終わりに業務日報を打って、メールで送らなければいけないんだけど、今のところその場面で、VAIO T11が活躍してます。
$スマフォを中心とした趣味の情報をお届け!Showのブログ

また、歳は喰ってるけど新人なので(笑)、ちょっとまだ会社のネットワークを使わせてもらうのは憚られるので、ネット接続はarcでテザリングして、自前でやってます。そのために先日、FOMAプランからXiプランにプラン変更し、大手振って定額でテザできるようにしてきました。

あと、仕事中にメモする必要があるんだけど、あとで定型フォームにそれを打ち込まないといけないので、メモ自体もそれに合わせた定型の表に書き込みたい。

となると、普通のコピー用紙にそれを印刷したものをメモに使いたいわけだが、そのニーズにあうのものが何かないかと探したところ、バンナイズさんの「A4コピー用紙のためのメモノート」がピッタリ!
$スマフォを中心とした趣味の情報をお届け!Showのブログ

コレ、マジイイです。
普通のメモ帳を差し込むものは数あれど、コピー用紙をメモ帳にできるものって、他にないのでは?市販のメモ帳では、印刷は難しいし、あとシステム手帳なんかだと、用紙が特殊で印刷しにくいのと共に、いつでもどこでも紙が手に入らない・・・。

そういう意味でも便利!
まあ、記録的にメモを残していくという用途には向かないけど、一時的にメモをしておいて、済んだら処分・・・って使い方なら、ホントにピッタリです。

んなわけで、今の仕事へ向けていろいろ準備した事が、うまいこと役立っているので、そんな意味でも楽しいです・・・。

まあ、1日の半分近く仕事しているので、平日は正直キツイですが、土日がキッチリ休めている(先々はわかんないけど)ので今のところはいいかなと。

とりあえず、近況報告おわり・・・
AD
昨日、新しいお仕事の初出勤でした。

外でフルタイムで働くのが久しぶりだったのもあって、かなり疲れました・・・ (^_^;)

昨日は初めてだったので、本格的な仕事は特にしていませんが、仕事の内容自体は慣れた仕事なので、新しい職場の形が身体に馴染めば、何とかなりそう・・・。

ただ、勤務時間が13時から最終23時過ぎになり、家に帰り着くのがだいたい0時くらい・・・。
なので、昨日は帰宅してPCさえ開けずに、早々にベッドへ直行です。

かろうじて、朝がゆっくりなのが救いですが、今までのように時間的ゆとりは全くなくなりそうな気がします。

まあ週休2日なので(会社自体は週休1日だけど、どちらか好きな方を選べる)、何とか体力はもちそうですが、かなりハードです・・・。

そんなわけで当ブログ、毎日更新を2年半ほど続けてきましたが、ボチボチ限界がきてます。毎日更新できない可能性が高いです。

今後もいろいろ趣味の話題を発信していきたいとは思っていますので閉鎖はしませんが、不定期になると思います。

ですので、こんなつたないブログですが、「読むよ~♪」という方は下記ツイッターIDをフォローしておいてくださいませ・・・。
更新したら、ツィートしますので。

今後とも当ブログをよろしくお願いいたします。

Twitter ID:GlassHeartsShow
AD

ATOK Passport導入してみた。

テーマ:
$スマフォを中心とした趣味の情報をお届け!Showのブログ

ずいぶん前から気にはなっていたんだが、VAIO T11を買ったことだし、ATOK Passportを導入してみることにした。

今や日本を代表する日本語入力といっても過言でないATOK。使っている方は少なくないはず。
MS-IMEにしても、Google日本語入力にしても無料とはいえ、変換効率は今一つ。やはり変換効率はATOKが一番!

そんなATOKを複数の端末で、いつも最新の状態で、同じ環境で使いたい!という欲張りな人たちのワガママに答えてくれた商品がATOK Passport。WINDOWSでもMACでもAndroidでも、月額300円でとにかく最大10台まで、最新のバージョンで同じ環境で使えるという・・・。

ATOK自身は、MS-Officeと違ってライセンス認証は必要ないので、基本的に複数のPCに入れられる(道義的にはよくないが)。とはいえ、MAC版は別に買わないといけないし、Android版は当然・・・。

まあAndroid版は一度買えば、無料でアップデートできるが、PC用は年に1回くらい出る新しいバージョンを買うのと比較すると、月300円×12ヶ月=3,600円は絶対的に安い!

なお、Windows/Mac版は30日間、Android版は15日間、無料で試用できる。
ちなみに、せっかちのボクは、試用期間を無視して、いきなり使用契約しちゃいましたが、何か?(笑)
30日後とかにまたゴゾゴゾやるの面倒だし・・・。

試用版のダウンロードはコチラから。

ところが、導入までが少しわかりにくかったので、簡単に説明しておくと・・・

①まず、上記ダウンロードサイトから、自分の端末に必要な試用版をダウンロードする。
ダウンロードは、メールアドレスの登録だけで簡単にできる。
$スマフォを中心とした趣味の情報をお届け!Showのブログ

②ダウンロード後、ATOKをインストールする。

③試用期間終了までに(終了後でも問題ない)、Just My ShopにてJust MyShop への入会とクレジットカードの登録をする。

④登録したアドレスに、「Just MyShop 契約完了&ユーザー登録完了(定額利用サービス)」というメールが来るので、その中に記載されている[シリアルナンバー] 、[オンライン登録キー] をATOKに登録する。

これを各端末ごとに行うことによって、ATOKが制限なく使用できるようになる。

ただ、これだけでは実は各端末ごとの同期は行うことができない!
「ATOK Sync」で無料領域の登録を行わないとダメ。


これに気がつくのに、少し時間がかかった。

⑤PC版は、スタートメニュー内の「Justオンラインアップデート」を行う。
すると、この中に「ATOK Sync」をインストールする項目があるはずなので、それにチェックを入れて(この際に必要なアップデートはやっちゃいましょー)、インストール。

このとき、Just ID(登録メールアドレスまたはUser ID)とパスワードを要求されるので、準備を!

⑥画面下の「ATOKメニュー」をクリック→「ATOK Sync」→「初期設定」で初期設定を行う。
この際にも、Just ID(登録メールアドレスまたはUser ID)とパスワードを要求される。

$スマフォを中心とした趣味の情報をお届け!Showのブログ

これではじめて同期できるようになる。

なお、Androidの方は、
ATOK Passportのアイコンをクリック→「ATOKの設定を変更する」→「辞書・定型文・Myコレ」→「ATOK Sync」→「有効にする」をチェック→Just ID(登録メールアドレスまたはUser ID)とパスワードを入力→「今すぐ更新」
で同期がかかる。

意外にこの辺りの手順が、HPの方に記載されていないので、導入される方は参考にしてください。

注意点としては、契約情報の確認のため、最低でも14日間に1度インターネット接続が必要だということ。
非接続状態が長時間続くと、一時的にATOKを利用できなくなる場合があるらしい。しかし、再度インターネット接続すると、使用できるようになるからご安心を・・・。

あと、自分が解約しない限り、契約は自動更新され、クレジットカードから引き落とされるが、不要になったら契約はいつでも解除できる。

ATOKユーザーで、複数台の端末を使い分けている人なら、絶対このATOK Passportはオトク!
AD
最近のAndroidスマフォはmicroHDMI出力端子をもつものが増え、その気になれば液晶テレビ等の大画面でスマフォからの映像出力を楽しめるようになってきた。

しかし、iPhone、iPadではそれができず、不満に思っていた人も少なくないはず・・・。

この日本トランステクノロジーの「HDMI AV アダプター マイクロ for iPad/iPhone」は、そういった不満を解消してくれるアダプター。

ちなみに、この日本トランステクノロジー、以前当ブログでも取り上げた、超小型カメラ・チョビカムなど、個性的な製品を製作販売する会社。オンラインショップを見る限り、かなり自由な感じがする会社。
スマフォを中心とした趣味の情報をお届け!Showのブログ

同社によると、世界最小最軽量クラスのサイズだという。
横 31.4mm×縦 41.3mm×厚さ9mm 重量約 9gなら、確かに気軽に持ち運べる!

スマフォを中心とした趣味の情報をお届け!Showのブログ

この「HDMI AV アダプター マイクロ for iPad/iPhone」、高画質なHDMI出力方式なので、iPad&iPhoneの中に入っている、写真のスライドショーや動画などの映像も綺麗なまま、大型のHDテレビに出力できるという。
テレビとの接続方法も、アダプターをiPad&iPhoneに挿し、別売りのHDMIケーブルでテレビのHDMI端子に接続するだけ!

スマフォを中心とした趣味の情報をお届け!Showのブログ

スマフォを中心とした趣味の情報をお届け!Showのブログ

また、iPad&iPhoneの画面に映っているものをそのままテレビに映し出す「ミラーリング」出力に対応。操作画面やアプリの画面を映し出す事が出来るので、ゲームをテレビに映して楽しんだり、iPad&iPhoneを使ってプレゼンテーションをする時等に役立ちます。

スマフォを中心とした趣味の情報をお届け!Showのブログ

スマフォを中心とした趣味の情報をお届け!Showのブログ

ただし上記のように、HDMI出力対応機種とミラーリング対応機種は微妙に違うので要注意!

製品仕様は下記の通り

サイズ 約 横 31.4mm×縦 41.3mm×厚さ9mm
重量 約 9g
HDMI出力解像度 最大1080pのHD画質(動画は最大720p)
電源 iPad、iPhoneより給電
搭載端子 30ピンDockコネクタ(オス)、HDMI出力端子
HDMI出力
対応機種 iPad/ iPad2/ iPad 3rd、iPhone4/ 4S、iPod touch 4th
ミラーリング出力
対応機種 iPad2/ iPad 3rd、iPhone4S
対応OS iOS 5.1.1動作確認済み
付属品 アダプター本体、端子カバー、説明書(保証書付)

お値段の方は、同社オンラインショップで4,980円。
若干お高いが、iPhone、iPadユーザーなら一つもっておいてもいい商品。
昨日は、一昨日から来徳している東京のお友達K氏とともに、朝からコール徳島店さんにお邪魔して、いつもの仲間たちとまったりとした時間を過ごしたりしてました。

その中で一番の企画は、Google+のハングアウトを利用して、コールさんの閉店のお店の中で、今回来られない人とともにオンライン・オフ会をやろうという・・・。

「Google+のハングアウトって何?」って方もいると思うので、簡単に説明すると、要はGoogleが提供するテレビ電話みたいなもの。パソコンにマイクとカメラ(ヘッドセットとPCのインカメラでOK!)を使って、オンラインで最大10人とまで、相手の顔を見ながら話ができるというもの。

最近はAndroidを持っている方も増えたので、Googleアカウントをお持ちの方も多いはず。Googleアカウントがあれば、気軽にできるのもマル。

やり方はいたって簡単。

下はGoogle+の画面。
右上の「ハングアウト開始」をクリック。
スマフォを中心とした趣味の情報をお届け!Showのブログ

ハングアウトオンエアのウインドウ内の「OK」をクリック。
ちなみに初めての時は、ハングアウト用のプラグインがインストールされる。
スマフォを中心とした趣味の情報をお届け!Showのブログ

で、話をしたい人を「招待」して、ハングアウト開始!
スマフォを中心とした趣味の情報をお届け!Showのブログ

これは、昨日のオンライン・オフ会(よく考えたら、オンなのかオフなのか、よくわからりませんね、笑)の様子。

VAIO ZのHDMI出力からBRAVIAの大画面に写している。
映っているのは、今回来れなかった県外の仲間。
スマフォを中心とした趣味の情報をお届け!Showのブログ

メインの画面の下には、参加者の映像が表示されている。映像をクリックすると、その人の画像が、メイン画面に表示されるようになる。

スマフォを中心とした趣味の情報をお届け!Showのブログ

これは、コールさんの店頭での参加者の様子をメイン画面に映した様子。
スマフォを中心とした趣味の情報をお届け!Showのブログ

こんな感じで数時間、ホントにたわいもない会話をしたり、いろんなネタ見せをしたりで、イイオッちゃんたちが「ヒャーヒャー」いいながら楽しんだ。

実はこの前日の金曜日にも同じ事をやって、そのときはボクはコールさんの方には行けなくて、自宅の方から参加したんだけど、けっこう普通に会話できるし、PCのインカメラでも向こうの様子もよくわかる(もちろんカメラの解像度にもよるが)。

ただできるなら、マイク付きのヘッドセットを使った方が、音声をクリアに聞けるし、クリアに送れるようだ。それと映像を相手に見せたくない場合は、音声のみにもできる。

あと昨日は結局、コールさんにいたメンバーはそれぞれにAndroidスマフォをそれぞれに取り出し、スマフォでいろんなものを映したりして、お祭り状態だった。

その場合、スピーカーからの音声を他の人のマイクが拾って、ハウリングを起こしてしまうので、メインのマイク以外はオフにするようにしてくださいね。

まあ、10人まで参加できるので、我々のようにオンライン・オフ会するのもよし、遠距離恋愛の人は無料のテレビ電話として使うのもよし(ちなみに、昨日、一昨日の感じではSkypeより安定してるし、映像、音質ともいい感じでした)、いろんな活用法が考えられそうでおもしろいですよ、コレ!