Karintou Another Side

『ヒョンビン考』 気が向いたときに不定期更新



テーマ:

 

 

 

積雪量、20cmくらいかな?大したことなくて良かった~。

 

西日本側が降ってるのかしら?

 

雪になれてない方面の方々~!足元に気を付けてくださいね\(゜□゜)/

 

 

 

さぶいので(寒いので)たまには家に籠ってのんびりしてはいかがかな?

 

そんなあなたに音楽のプレゼント。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚

 

PCの方、自動再生ストップしてね(;^_^A

 

 

 

最近発見したカート・ヒューゴ・シュナイダー (Kurt Hugo Schneider)

 

有名なアーティストの曲を独自にアレンジしてyoutubeにUPしてる方なんだけど

 

これがまた凄かった!

 

ほぼ週一回のペースでUPしていて、アレンジも動画の出来もすんばらしい~ヾ(@°▽°@)ノ

 

本家よりも良いかも!と評価されてるほど。

 

ゲストボーカルを迎えてのバンド演奏も良いけど、KHSのピアノ伴奏の時もメロディがとてもきれい。

 

 

 

↓こちら 本家 エド・シーラン(久々のニューアルバム発売!)

 

 

 

エド・シーラン、やっぱ好きな声だわ~^^

 

って聞いてた時に偶然発見したこちらのカバーバージョン

 

 

 

好きだ・・・このアレンジ~^^ アイルランド音楽によく使われるヴァイオリンなのかな?

 

ボーカリストも良いね^^ (マリオはペンタトニックスつながりで二度目まして^^)

 

 

 

もう一つ、これはパフォーマンスが面白い^^ セルカ棒を効果的に使ってる

 

 

 

(本家はアニメ映画「Sing」の挿入歌のようなのでMVはありません)

 

 

 

才能あるアーティストが沢山出てくるね。あー世界は広いわ~(^ε^)♪

 

 

 

 

あ~アメアイが放送されなくて寂しいよ~~~~!(ノ_-。)

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

あっちもこっちも舞台挨拶続きで、こういうチャンスは滅多にないかも・・・

 

 

今ソウルに行くと一粒で二度おいしい!! (注:私が)

 

 

一石二鳥!!(注:私が)

 

 

でも無理よねガーン(注:私だから)

 

 

無理と決めつけている?(注:私が?)

 

 

 

滝汗

 

 

 

今日も文章だらけ~

 

 

「ザ・キング」

 

 

[OSEN =地ミンギョン記者]リュジュンヨルがまた一度成長した。「ザ・キング」の中の彼の姿は、今まで見せたリュジュンヨルとは全く違う姿だった。

 

映画「ザ・キング」(監督ハン・ジェリム)でギャングに扮しリュジュンヨルは野良犬波2引数チェヅイル役を引き受けた。検査がされたパク・テス(チョ・インソン分)の故郷の友人であるチェ・ズイルは、太守に続い責任を負いあらゆる良くないことを処理してくれる補助者であり、定着のような人物である。 

 

リュジュンヨルは劇中分量がそれほど多くないにもかかわらず、印象的な演技を披露し、その存在感を確実に表わした。今回の映画では、彼はこれまで彼が引き受けたキャラクターでは見られなかった冷暗所姿を見せてくれて風変わりな魅力を発散した。

ギャングキャラクターらしく、複数のアクションシーンを撮影した彼は最初のアクション演技にもかかわらず、かなり素敵なアクション演技を見せる。黒スーツを着て、さまざまなアクションを繰り広げる彼の姿は、ファンの心を捕らえるのに十分である。


全羅道木浦出身のチェ・ズイルは、映画を通して全羅道方言を駆使する。リュジュンヨルがマスコミ示唆会を通じて、「実際に全羅道方言を家庭で使っている方がおられ、大人の助けをたくさん受けた」と明らかにしたように、彼の方言演技も自然に消化して、一部の懸念を払拭させた。


劇中故郷の友人であるチョ・インソンとのブロマンスも目を引く。実際の年齢差がかなりある二人だが、映画の中では、その差が感じられないほどの優れたケミストリーを誇る。チョ・インソンとリュジュンヨルが描き出す粘着性がある友情と男たちの濃い義理は「ザ・キング」の観戦ポイントの一つだ。

 

このようにリュジュンヨルはそうそうたる俳優たちの間でもクルリジない演技力で自分だけのキャラクターを構築した。毎作品ごとに発展した演技を見せてくれて、自分だけのスペクトルを広げていくリュジュンヨルが次の作品では、また、どのような演技変身に観客を楽しませてくれるか、今から期待される。

 

=============================

 

 

 

共助、ザ・キング 共に CINE21の評論家による評価が出ました滝汗 

 

 

クリックしてみたい?

 

 

ほんとに?あせる

 

 

んじゃどうぞ・・・ガーン → コチラ

(web翻訳かけられる方はかけてみて~。かけなくても星の数はわかるけどガーン

 

 

がびーん。想像通りなのが怖い

 

 

 

 

もちろんソウルには行けません(注:私は)

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

マスコミ関係者、試写会を見た一般の方・・・それぞれのレビューが沢山上がってきてるねあんぐりピスケ

 

評価が気になるのは、私だけでは無いはず・・・

 

って事で、韓国内記事の中から、気になったものをいつくかピックアップしてみた。

 

今回ものすごく文字数が多いよ~ お覚悟をショックなうさぎ

 

(真夜中に文字数多いのはキツかろう)

 

自動翻訳機をかけっぱなしの文章&文字が小さいので、少々読みづらいかも・・・

 

一応、記事間に一休み画像挿入しました(笑) 記事の記者の所属と画像出所は一緒ではありません。

 

あ、辛口レビューも載せてますへへへあんぐりうさぎ  ではいってみよ~

 

 

*感想に引きずられて、映画の印象が決定づけられる方は読まない方が良いかも!

 

 

 

 

 

 

韓国と北朝鮮が理念はもちろん、軍事的に対峙している韓国で、南北問題は、常に大衆の興味との接続を建てることができる、非常に良い映画的素材だ。しかし、韓国で描かれた、南北問題の素材の映画がほとんど南北のの悲劇分断史に焦点を合わせて重く話を展開していくという点は物足りなさの対象ではないことがなかった。

 

その意味で、1月18日封切りを控えたヒョンビン、ユ・ヘジン主演の「共助」は、南北問題を「バーディームービー」(Buddy Movie)と呼ばれる大衆に優しいジャンルで解放出すという点で注目する必要がある。韓国刑事ユ・ヘジンと北朝鮮刑事ヒョンビンが繰り広げる史上初南北の刑事たちの協力捜査を素材にした「共助」は、悲劇的な分断史に焦点を合わせて重く話を展開する代わりに、二つの異なる刑事がタイトル通り「共助」していく様子をコミカルさとアクションを介して大衆的にアクセスする。

 

映画「共助」の開始は、北朝鮮軍の特殊部隊の将校リム鉄嶺(ヒョンビン)が次期性(キム・ジュヒョク分)に裏切られる姿で開始する。収容所で妻を失った北朝鮮特殊部隊将校のキム・ジュヒョクは、北朝鮮への復讐のために、北朝鮮が製作した100ドルの偽造紙幣銅板である「スーパーノート」を奪取して韓国に逃避し、この過程でヒョンビンはキム・ジュヒョクの行動を阻止しようとする。

 

全く重く始めた映画は、ヒョン・ビンがキム・ジュヒョクをとるために韓国に派遣され、雰囲気が一変する。北朝鮮刑事ヒョンビンの捜査パートナーとして、韓国の生計型犯罪ガンジンテ(ユ・ヘジン分)が付くようになって、彼にヒョンビンの捜査を無条件に妨害するように任務が落ちて二人の男が別のミッションを与えられたのである。

この時点から、「共助」は、ユ・ヘジンが生み出すコミカルさとヒョンビンが織り成す真剣なアクションの調和が見事に混ぜ合わせ始めている。これ以上の説明が必要ないユ・ヘジンのしらじらしいコミック演技に粗くひげがまばらに私の姿に、北朝鮮の特殊部隊出身のダウン節度演じるヒョンビンの相性は期待以上に素晴らしい。

 

「バーディームービー」の真の楽しみは全く異なる性格の二人のパートナーになってどうのこうのし相乗効果を生み出すことにある。その意味で、「共助」は、北朝鮮刑事ヒョンビンと韓国刑事ユ・ヘジンというその出身だけ確実にスタイルが分かれるしかない二人が繰り広げる騒動で自然に笑いの要素を作成していく。

 

ここでヒョンビンが広がり出す派手なアクションシーンも逃すこと惜しい見どころだ。梨泰院の狭い坂道で車を踏み台にしジャンプ下り追撃戦を繰り広げるヒョンビンと李東輝のアクションシーンをはじめ、トンネルから橋の上つながるきらびやかなカチェ支柱との銃撃戦など、全体的にコミカルな雰囲気が強い映画にもかかわらず、アクション神比重やレベルの両方上級ある。さらにコミックのキャラクターであるユ・ヘジンさえもヒョンビンとは明確にスタイルが分かれるどたばたアクションに「無双」を披露し、アクションさえも笑いの一部として引き込むコミック本能を披露する。

 

ただし残念な点であれば、映画の前半部で特に光を放っていたコミックとアクションの絶妙な「共助」が少しずつずれる姿を見せるということだ。ヒョンビンとユ・ヘジンのコンビプレーは光らが、これらがメインの悪役であるキム・ジュヒョクを追撃していく過程が少しお粗末し、後半部に行くほど編集がぷつんと途切れる感じがすることは、物足りなさを残す。悪役演技に強い誇りを見せたキム・ジュヒョクの演技も序盤は強烈なカリスマを見えるが、後ろに行くほど魅力が落ちる。

 

それでも「共助」は、商業映画、特に普及しているにアピールしやすいバディ映画の魅力を十分に露出する。エンディングクレジットで、今回は、韓国刑事的なユ・ヘジンが北朝鮮に協力捜査をいきヒョンビンと再会する映像が入るように対照的な二つのキャラクターをあまりにもよく構築しておいたおかげで、興行かどうかに応じて、北朝鮮や中国を背景にした続編やシリーズ物として企画も確実に方向が決まっている。

 

何よりも「協力」が持つ最大の意義は、これまで行き過ぎと思うほど重く硬直雰囲気で、主に描かれてきた南北関係の話をこのように十分にお互いの相違を理解しながらも、大衆的な感じで取り出すことができるという先例を残したものである。互いに異なるが、敵対せずに「共助」をしながら、お互いを理解すること。「共助」は、大衆商業映画だけでなく、南北関係を描いた映画としても、これまでの南北素材映画や他の更にされた姿を明らかに示している。1月18日に公開。

/ウォンホソン記者

 

 

 

 


【課題デイリーキム・ジヨン記者]俳優ヒョンビンとユ・ヘジン、キム・ジュヒョクまで主役三人体制である「共助」。さまざまなジャンルを演じてきたこれらのだったのでした作品で会うことができるということ自体で映画の興味を呼び起こした。

 

映画「空調」(監督キム・ソンフン)は、韓国で隠れた北朝鮮の犯罪組織のリーダー次期性(キム・ジュヒョク分)をとるために、南北の最初協力捜査が開始され、任務を完遂しなければなら特殊部隊北朝鮮刑事リム鉄嶺(ヒョンビン)と任務を防がなければならする生計型韓国刑事ガンジンテ(ユ・ヘジン分)の予測不可能チームプレーを描いた。

 

リム鉄嶺刑事は、国を裏切った次期性のため、愛する妻を失って仲間も失った。彼は次期性を復讐するために韓国に派遣されて姿を消した彼の追跡のために、最小限の手がかりに追跡していく。リム鉄嶺は、すべての部分が愚直である。彼は熟練した敏捷性と果敢な行動力で特殊精鋭部隊出身らしい面貌を発散する。 

 

ガンジンテ刑事は目の前で犯人を逃した対価として停職処分を受ける。彼は今回の南北最初空調捜査に参加する復帰はもちろん、1階級特進までとさせてくれるという刑事チーム長の提案を受け入れる。彼は15年を刑事人生に生きてきたが、どこかには粗末で極めて平凡である。似て隣のおじさんのような感じである。一方リム鉄嶺刑事はすべての部分が愚直で、熟練した敏捷性と果敢な行動力で特殊精鋭部隊出身らしい面貌を発散する。 

 

映画のタイトルのように空調が目標他リム鉄嶺とガンジンテ。これらはお互いの情報を得るために努力して、自分の情報は共有したくない苦労する。ついにリム鉄嶺とガンジンテは、異なる目的の合意を導出し、助け合いながら、真の合同捜査を行う。 

 

前作で登場したユ・ヘジンのコミック演技は今回の映画を見る前に彼の演技を推察させた。予告映像も「コミックジャンル」が相当部分であることを暗示しているようだった。しかし、予想を覆す。ユ・ヘジンは、軽くてユーモラスな姿を見せてくれるが終始笑いをプレゼントするわけではない。慎重な姿を現わすヒョンビンと映画がルーズになるほど投げるユ・ヘジンのアドリブは、キャラクターの調和を成した

 

ランニングタイム125分の間休む暇もなく、アクションが降り注ぐ。カチェ支柱、銃撃、格闘、ワイヤーアクションなどのアクションの集合体と言っても過言ではない。ヒョンビンはこれを黙って消化したし、彼が過去に演じたロマンス物の男性主人公のイメージはなくなってしまった久しい。ヒョンビンのアクションは、場所を選ばず、ソウル都心、高架道路、橋の上、火力発電所など様々な場所での緊張を置くことができないようにする。

 

ヒョンビンは去る2013年、軍除隊後に映画「ラッフル」(監督イ・ジェギュ)、ドラマ「ハイド守る、私」(脚本キム・ジウン、演出ジョヨウングァン)に大衆の前に出た大きな成功できず、物足りなさをかもし出した。しかし、今回の「共助」に傍点を撮るように見える。寡黙ながらもどことなくやさしい感じは別名「ツンデレ」の感じを醸し出し、多くの女性の観客をひきつけると予想される。

 

キム・ジュヒョクは、以前のKBS2「1泊2日」でホ当たりの姿を明らかに出したのとは180度違う姿を見せた。彼は犯罪組織のリーダーの役割らしくインパクトのあるアクションを実行した。また、キム・ジュヒョクは演技人生の最初の悪役を引き受けた。しかし、彼の非常に不謹慎な姿は、まるで本来の姿のように自然に表現した。

助演李東輝も初めて姿で大衆の前に立った。彼はどのジャンルでも似たようなキャラクターを消化して惜しい反応を見せた。しかし、「空調」で披露イ・ドンフィの演技は決して軽くないヒョンビンと匹敵する水準級のアクションを消化した。彼の演技は、今後繰り広げられる無限の可能性を推察させた。 

 

韓国アクションジャンルはハリウッド映画に比べてやや物足りなさを醸し出し出す坪は現在通じないようだ。それ「共助」が見せた映画を見た人なら誰でも共感ある。アクションを愛する観客が両手を広げて歓迎する映画「共助」は来る18日封切り。 

 

 

 

 

 

【韓国スポーツ経済ヤン・ジウォン]  映画「共助」の中ヒョンビンのアクションは、漸次佳境であり、ユ・ヘジンのコクが加わったコミック演技は劇の潤滑剤の役割をした。しかし、通俗的な設定が物足りなさを残した。

「共助」は、韓国で隠れた北朝鮮の犯罪組織をつかむために、南北の最初の協力捜査が開始され、任務を完遂しなければなら特殊部隊北朝鮮刑事リム鉄嶺(ヒョンビン)と任務を防がなければならする生計型韓国刑事ガンジンテ(ユ・ヘジン)チームプレーを描いた映画だ。

北朝鮮刑事に扮しヒョンビンはスクリーンで棚を飛んで通った。節制とカリスマあふれるアクションで見る人々を圧倒した。これまで有毒映画の中で、これといった成績を出せないヒョンビンの覚悟が感じられる部分であった。

 

ユ・ヘジンは、ぱらぱらと私はヒョンビンを心強く支えてくれる役割に忠実だった。絶対科していないコミック演技がカギ。チャンネを醸し出す人間味あふれる刑事であり、最もに完全に扮しガンジンテに共感と没入度を高めた。

キム・ジュヒョクも冷血悪役を安定になり消化した。褐色の肌との中間笑顔で強い意欲を持った北朝鮮将校出身悪人次期性役に渾然一体した演技を見せてくれた。

 

チャン・ヨンナム、イムユンア二人の女優の呼吸も非の打ち所がなかった。チャン・ヨンナムはそっけようでも、夫ガンジンテと娘を誰よりも愛する主婦で映画に自然に浸透した。ジンテの失業妻の妹を演じたイムユンアも存分にコミカルで若々しい姿で風変わりな魅力を誇示した。

俳優たちの熱演だけに素材も斬新な「共助」だ。既存映画化されたことのない韓国刑事と北朝鮮刑事の合同捜査エクショングクは、観客の興味を引くことに十分な要素だ。銃撃シーン、戦いの神、トンネルカチェ支柱などが派手なアクションは、125分のランニングタイムの間、観客の期待に応えた。

 

キム・ソンフン監督の人間味が滲み出た演出も目立った。共通と見つけることができない二南北の刑事が誤解を解いて、お互いに心から心を開く過程を韓国的な情緒によく解きほぐした。

「海雲台」「国際市場」「ヒマラヤ」を製作したJKフィルム特有のヒューマンドラマ的な面も調べることができる。命を失った妻と同僚の胸の中に抱いて生きるリム鉄嶺と成功してもいい夫であり、最もなって波する強震状態の姿が代表的な例。通俗的な韓国映画の典型的な姿でもある。

また、過度に愛国心を強調する設定が映画の没入度を落とした。大韓民国を守ろうとする二刑事の熱い愛国心、教訓に依存した代謝とエンディングが代表的な例だ。

旧正月連休期間の年齢層に関係なく、家族全員が無難に見ることができる映画であることは間違いない。ランニングタイム125分。18日に公開。

 

 

 

 

「彫刻美男'俳優ヒョンビンは一つの宿題がある。言葉を変えて一つの「ジンクス」と表現してもそうだ。ドラマ<シークレットガーデン>で空前のヒットを記録した後、2011年、海兵隊に入隊し、2012年除隊したが、まだそれ以来大衆の脳裏に残る作品を一つの釘残したからである。

除隊するやいなや、選択したイ・ジェギュ監督の2014年の映画「ラッフル>で、彼は貞操に分解朝鮮王朝どんな王再現していなかった致命的な背筋で観客の目を丸くしようにした。しかし、興行成績は、全国合計400だけ釘されている観客を呼び込むのにとどまった。以後ヒョンビンは2015年SBSドラマ「ジキルハイド、私>で二重人格の男主人公で登場した。しかし、10%にならない視聴率で物足りなさを飲み込んだ。さらに、その当時MBCでは、似たような多重人格を扱った知性主演の<キルミ、ヒルミ>が興行成功を収めヒョンビンの物足りなさはより一層大きかった。

 

切歯腐心したヒョンビンは、今年二本の映画に相次いで登場する。犯罪捜査のコードを共有した映画<空調>と<屋>である。両方の映画の中でヒョンビンは相反した魅力を披露し、今年をどうしても自分の年にする準備を終えた。

その中の最初の作品「共助」が公開された。北朝鮮最大の犯罪組織によって握られた偽造紙幣銅版が韓国に越えて行こう犯罪組織首長次期性(キム・ジュヒョク)の検挙意志と私的な復讐の間で葛藤する刑事である鉄嶺が韓国に降りてきて、韓国刑事と協力しての話だ。序盤の両方の予想と先入観(?)を破って、北朝鮮の刑事である鉄嶺にヒョンビン、韓国刑事ガンジンテにユ・ヘジンがキャスティングされて話題になった。

 

結論から言えば、俳優ヒョンビンの名誉回復はまだ待たなければならないかもしれない。今回もヒョンビンは体を惜しまなかった。デビュー後初めて北朝鮮なまりを身につけ、映画を通して駆使して復讐と怒りでいっぱい沈んだ北朝鮮刑事の姿を表現した。そして、映画を通して銃アクションはもちろん、都心を疾走する活劇、カチェ支柱、特殊要員を彷彿とさせる潜入アクションなどのアクションの教科書を示す。

が緩い西と製作陣のキャラクター設定がヒョンビンの足首をつかむ。映画は、偽造紙幣犯人を捕まえるために刑事を派遣することを目的として、北朝鮮が突然ハイレベル会談を提案する設定を集めてきた。韓国システムの深刻な脅威になるかわからない北朝鮮刑事の存在をわっぱ韓国刑事の一人に任せて、国家情報院は、粗末な監視をするという設定自体が尖鋭な安全保障環境に現実認識が十分な観客を説得するかは未知数だ。

 

そして映画は、今までの2人刑事物がそうであるよう互いに信じられずに戦うだけだった二人がお互いの事情を理解して調和している典型的な構成を示している。韓国刑事が、北朝鮮の刑事を理解し、北朝鮮刑事が韓国刑事をフォローしていることは、他の可能性ではなく、認定とチュクウンジシムに依存する。

ヒョンビンは<屋>を通っては愚直な北朝鮮刑事と180度異なる洗練された詐欺師を演じる予定だ。<見た>さえも作品自体が沈没した場合、ヒョンビンの名誉回復のチャンスはまた離れて逃げるしかない。しかし、どうしようもだろうか。されると思われる作品をよく選んで演技することも演技自体に集中することほど重要なことだから。

<ハギョンホン記者>

 

 

 

 

以下は一般の方のレビュー無気力ピスケ  何人かのレビューを集めてみました・・・

 

 

見物しました。北朝鮮の刑事の設定についてはよく分からないが 
韓国刑事の設定は、ユ俳優がよく表されてくれたと見られて 
いくつかの惜しい面映画スパイで見たユ俳優のアクションが欠場かと聞きました。
ヒョンビンアクションは派手すぎて..笑笑アクションシーンは合計がよく合わせたかのように 
見せてよ。
南北刑事共助とが後半部には本当に空調が行われる感じです..
よく見..私はどうしても韓国映画がよく合うようです。
面白く見た^^

 

 

南北の最初の空調捜査として期待した話はあまりにも無難で平凡ですね
ヒョンビンさんのアクション割合は、思ったより本当に多かった苦労したと思います
時々中間に並べられる部分が二度あった音楽も粘着性のものガトダン思いました
それでも観客の方々の期待はかなり高いようで100だけ超えないかと推測してみます〜

 

 

映画は期待していただろより少し残念な点もあり、粗末な点もあるが
個人的にはヒョンビンとユ・ヘジンと俳優が好きよくできたらと思います。
最も惜しかっドンゴトはアクションシーンなのにアクションの合計が、既存の出てきた韓国映画ではなく、以下の洗練されました。 もう少し気書いたらよかったのに残念ですね!
キム・ジュヒョクの演技は賞賛するだけです。ユナの姿も少ない分量だが、可愛かったです。

 

 

空調事前評少しので、これ映画がたくさん落ち?...ご心配があった
私は2時間以上全く退屈しないように、よく見ました。むしろマスターよりも私は大丈夫に見ました。
ヒョンビンのガオアクションはあまり好きではないが(ブルース・リーやドニー・イェンもなく可能なアクションがないから..)、ところではあるが、退屈しないようにユ・ヘジンが..
ところで、この映画の隠されたコミックダークホースは、ユナです。ユナ出てくるほとんどすべての方が笑わせた。最初にユ・ヘジン夫人なんのように軽く騙さユナから、ユ・ヘジンがヒョンビンだと思って真剣に暗い側であるシーン。
元のユナは、君は僕の運命のようにコミック性より正極性のよりふさわしいと思うが、
この映画は、光白水ユナのおどけ姿面白い。
2時間を超える時間上昇私は全く退屈しないように有望よく見ました。試写会の表は、試写会真相泥棒たちに盗まれたが、それでも招待してくださったイクムスタッフさんたち感謝の気持ち伝えます。^ ^ 
(重量つかんで明らか裏金詐欺水よりも退屈しないようにユクェヒ見ている現代時代物も大丈夫なようです。演出の重みはそれほど重くないように軽くは抜いて..)

 

比較的ヒョンビンに高評価のブロガーさん(イズさん)

 

だれが見てもハンサムなヒョンビンが南側で、有害陣が北のようであるが... 事実は韓国刑事が有害陣で、ヒョンビンが北朝鮮刑事だ...  今回映画の最大の長所は緊張感あふれるヒョンビンのエックションシンとそれを解いてくれる有害陣のコミックシンが絶妙によく似合う点ではないかと思う。 やはり柔らかくなった特有のユーモア感覚は間違いなく輝いて。 ヒョンビンは....... とてもかっこよく出ることではなさ?

内容もフレッシュである。 南と北の共助捜査だと... 南北関係が良ければ十分にあり得る(?) 素材でもあって...するが...

 

この映画の短所も確かに見える。 映画がエンディングをあまり引きずる。 ぴったりどの線で切ってくれたらたかったが。。 そのように終了には監督様がとても惜しかったのか悪役生命を延長させてくれるのに..... それがミスであったということだ。 あまり垂れてしまってむしろちょっと惜しかった。 かえってそれは別個で監督版で入れたらもっと良かったのに。。 

そして少女時代ユンアは今回映画を通じて始めてスクリーンにデビューした。 私は知らなかったがそうであると言う。 もうドラマで悪くない演技を初公開したのないか? しかし映画では徹底的に助演から始めるという点は誉めてくれたい。 そしてキャラクターが活発で可愛い人物なのでよく似合う役目であった。

 

[映画'共助'ネモッどおり評点]
キャスティング: ★★★★-ヒョンビンはあくまでかっこよくなろうとするか? 名不虚伝柔らかくなった! ユンアはグィヨブ。。
ストーリー: ★★★-垂れるのではなかったら、別に4個をズォッウルテンデ。。
興行性: ★★★★-うーん。。 'ダッキング'がちょっとかかったりするが。。 二人が一緒によくできるという前提条件の下に大丈夫な成績を出さないか?

 

 

====================

 

 

娯楽映画でファミリー層向け・・・って印象のレビューが多いのかな? 

 

予告から受ける印象そのままの内容みたいね。今ままでの出演作とは毛色が違うのは確かだ。

 

敵役のキム・ジュヒョクssiと、マスコット的存在のユナの評価が高い^^ 

 

イ・ドンフィ(応答せよ1988)とヒョンビンの絡みも面白いのかな?こちらも楽しみつながるうさぎ

 

ジュヒョクssi(応答せよ1988)は悪役は初めてとか。で、しっかり評価されてる。主役二人はどうだろう?

 

ヘジンさんは安定のコミック演技で人間味あふれるキャラ

 

ヒョンビンも硬派で言葉少なくかっこいい(正祖っぽいよね~)

 

これは今までの役柄からそれほど冒険してないように思う。アクションしか評価されてないし汗

 

予告編からは想像できない隠し玉があれば良かったんだけどね~(見てないのに過去形汗ミアネ)

 

ギャップ萌えしたい私としては、ヒョンビンの

 

不真面目でチャラいけど頭が良くてアクションもカッコいい(長い・・・そして少女漫画の定番(笑))

 

南の刑事ってキャラも見てみたかったな。

 

 

評論家がどんなレビューを書いても

 

結局のところ、ヒットの要因は見た人がどれだけ口コミで広げてくるかだ気合いピスケ

 

 

 

あ、エンドクレジットまでしっかり見たほうがよさそうなのよね。

 

ジャッキーチェン映画みたいにNG集があると面白いのにカナヘイきらきら

 

 

 

 

 

画像が沢山上がってくるけど追いついてませんてへぺろうさぎ

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

小ネタ連投です

 

 

さっき知った衝撃のタイトルガーン

 

 

 

 

こ・こ・こ・恋のスケッチだぁぁぁ? はぁぁぁぁ? 何のドラマかと思ったぜぇ?

 

 

しかし、これは酷い・・・内容が変わっとる。このドラマ、家族の絆がメインテーマなんすけど。

 

DVDBOX発売と共にタイトルが変わるのが常?

 

初放送の時はほぼ原題なのよね。DVD発売と共に余計なものがくっついてくる。

 

 

ジキルとハイドに恋した私 → 原題 ハイド・ジキル、私

 

 

とかねチーン (お久しブリ大根)

 

 

 

応答せよ1988

 

花より青春3

 

運勢ロマンス

 

と見てまいりまして

 

ひとり祭り第4弾音譜(第1弾チャ・スンウォン第2弾チョ・ジョンソク第3弾ト・ミンジュン)を

 

開催したいと思いつつ、二の足を踏んでいる私なのです(病状の自覚あり経過観察中)

 

 

ブログ検索をかけてみたものの

 

リュ・ジュンヨル君 オンリーのブロガーさんて・・・いないのよね~~~無気力ピスケ 

 

誰か~作って~てへぺろうさぎ ジュンヨルペンさんが増えることをこっそり祈る。

 

 

 

 

横顔に弱しあんぐりうさぎ

 

 

 

かなり弱しチーン

 

 

 

 

「ザ・キング」は「共助」と同時公開なのであった汗

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

이소라 - 별/  イ・ソラ-星

 

 

なんつう綺麗な曲笑い泣き  PCの方は左にあるブログパーツの自動再生を停止してお聞きください

 

出だしはシンディローパーのトゥルーカラーズかと思ったけどね滝汗

 

 

 

 

 

イカーン・・・

 

 

オホホ・・・滝汗

 

 

曲を検索してくれるアプリって便利よね~

 

 

運勢ロマンスのOSTではなく 2004年発売のイ・ソラさんの6枚目のアルバムに収録されてる曲ですってグッド!

 

 

 

먼 하늘 별빛처럼 고요히 시간 속에서 빛나는 너
오늘도 말 한마디 못한 채 안녕 혼자서 되뇌인다

 

나 아무리 원해도 넌 도무지 닿을 수 없이
갈수록 멀어지는 알 수 없는 나의 별

 

움켜진 틈 사이로 흐르는 너는 모래처럼 스르륵
비슬거리는 이마음은 마른 잎 되어 구른다

 

나 이렇게 너를 원해도 너에게 닿을 수 없어
갈수록 멀어지는 알 수 없는 나의 별

 

오늘도 말 한마디 못한 채 니 옆에 떠 있는 날 기억해
기늘게 솟아오는 눈썹달 이렇게 여윈 나를 기억해

 

 

以下、自動翻訳機の翻訳をそのまま載せますミアネ (雰囲気が伝わればよいのだが・・・)

 

 

 

遠い空星明かりのように物静かに時間の中で輝くお前
今日も一言できなかったままこんにちは(さようなら)一人でくどくどと繰り返す

 

私いくら望んでもお前はまったく触れることができなく
ますます遠くなるわからない私の星

 

しっかり握られたひまの間で流れるお前は砂のようにとろりと
よろける額音は乾いた葉になって転がる

 

私こんなにお前がほしくてもお前に触れることができなくて
ますます遠くなるわからない私の星

 

今日も一言できなかったままお前そばに浮かんでいる日憶えて
ギヌルなの湧いて来るヌンソブダルこんなに痩せた私を憶えて

 

 

*눈썹달ヌンソブダルって眉月(まゆづき)の事みたい

眉月:陰暦八月三日の月。夕空にほっそりと眉の形に輝き出る

月が満ちても細い三日月の私を覚えていてって事かしら?雰囲気で読み取る(笑) 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。