Karintou Another Side

『ヒョンビン考』 気が向いたときに不定期更新



テーマ:
 
藤井さん、一体何年ご無沙汰なのさーって調べたら
 
 
な・なんと!10年ぶりの富山!
 
私の記憶が確かなら・・・いや、間違いないはず
 
前回は射水市新湊中央文化会館(現:高周波文化ホール)←かなりローカルな場所
 
この時といえば・・・衝撃の光景を思い出す汗
 
ローカル色満載の観客席で
 
周りにじいちゃんばーちゃんが沢山いてチーン(ちなみにART ROCKツアーでした)
 
コンサート真っ只中、MCの途中にステージにスタスタと歩み寄るおばちゃんがいてチーンチーン
 
富山名物、新湊かまぼこをフミヤに直に手渡しチーンチーンチーン 
 
(この時、フミヤに中身を尋ねられ、かまぼこだと答えて会話もしてたおばちゃん)
 
警備員さんに連れられて席に戻っていったガーン(←この辺りあまりの衝撃で記憶がうろ覚え)
 
うーん汗多分、フミヤは笑ってくれてたと思う。失笑ともいうがね・・・
 
10年間も来なかったのは、絶対あれが原因だと密かに思っていたのだがね・・・
 
 
それがな、なんとビックリマーク 一年の間に二度も来てくれるって笑い泣き
 
 
 
 
 
しかもF-BLOODのライヴだ~ラブラブ 
 
 
このままコメント欄閉じっぱなしのブログになりそうだな・・・(-"-;A どうも踏ん切りがつかない・・・
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
 
 侘しく燦爛な神-鬼(トッケビ)  
 
わびしく さんらんな シン-トッケビ  燦爛(さんらん):光り輝くさま。また、華やかで美しいさま。
 
シン・・・トッケビが人間だった頃の本当の名:キム・シン
 
 
只今神ってる私は、何のためらいも 躊躇もなく
 
 
さくっと、鬼<トッケビ>韓国監督版(監督版初ブルーレイ)をポチりましたとさ。
 
 
Daumカフェでコメント出したのわたしだよ~~~ん(;^_^A
 
 
え?いちいち報告せんでもええて?
 
 
ほほほ、んじゃまた!
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
 
 
 
違った・・・(* ̄Oノ ̄*)
 
 
 
 
 
鬼<トッケビ> Mnet 一話先行放送
 
 
 
 
 
 
 
 
このシーン ( ̄m ̄〃)ぷぷっ 大好きだ~笑い泣き
 
 
 
ブログ再開した際には、私目線で思う存分書かせていただきますおねがい 
 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 
ヘッダーを一時的に変えました。鬼と死神のこのカッコよさ・・・やばし滝汗 
 
 
息抜きが息抜きじゃなくなっておる今日この頃
 
 
ここ数日我慢しきれずに、毎夜字幕なしの動画を見つつあらすじサイトさんのお世話になっておりまする
 
 
わびしく燦爛な神-鬼(トッケビ)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
結果、二話で完堕ちチーン
 
 
 
 
 
 
 
↑既にポチッた汗
 
 
 
 
 
↑Blu-rayをポチるのも時間の問題汗 (yes24の注文が上手くいくかが問題だ)
 
 
 
 
この道はぁぁぁぁ~~~
 
 
 
いつか来た道ぃぃぃぃ~~~~
 
 
 
ああ~そおだよ~をぉぉぉぉ~~~~
 
 
 
 
 
 
 
 
堕ちパターンが一緒滝汗
 
 
 
まだちょっと余裕ぶっこいてます汗
 
 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 
いけました
 
 
韓国時代劇 音譜
 
 
日本の時代劇でも、一話完結のもの(例えば遠山の金さん(中村梅之助版)や、伝七捕物帳(←)
 
素浪人 月影兵庫(近衛十四郎版 古っ)などは大好きでよく見てたんだけど
 
続きもので50話近くある時代劇は、NHK大河ドラマすら見たことのない(独眼竜政宗は例外)
 
この私が((((((ノ゚⊿゚)ノ いけました・・・
 
 
<六龍が飛ぶ>  詳細→ポニーキャニオン 公式サイト 
朝鮮王朝建国の為に立ち上がった″6人の英雄″の物語を描く韓国時代劇の最高傑作!
 
 
注:今回ネタバレはあんまりしてない・・・サスペンスでもないからまあ大丈夫と思うけど(;^_^A 気になる方は読まないでね
 
 
イ・サン(もちろんドラマのね)とか、チャングムとか今まで拒絶反応が出ていて(ファンの方ミアネ)
 
いっさい手を出さずにきたのだけれど、時代劇面白い!ヽ(*'0'*)ツ
 
ちなみに24話完結の「夜警日誌」は見たんだった(忘れてる汗)「奇皇后」も録画してて結局見ないとふんで削除した私汗
「太陽抱く月」は何のかんの言って未視聴(これも一気見コース)
 
 
「六龍が飛ぶ」は、物語や登場人物すべてが史実に基づいたものではなく
 
フィクション・架空の登場人物が含まれてる、フィクション時代劇で
 
それが私にとってどストライクだったのか、50話通して挫折することも
 
飽きることもなく最後まで完走する事が出来た。
 
 
六龍(6名の主要キャラ)のうち3名が実在の人物で3名が架空の人物
 
しかし、あたかも全員が実在の人物のように、物語も実際に起こった出来事のように
 
史実の中に見事にフィクションが織り込まれていた。
 
6名の中でも主役格はイ・バンウォン(演者ユ・アイン)なのだけど
 
主役といえば正義の味方っぽいイメージがあった日本時代劇頭の私は
 
後半部、バンウォンのダークサイドへの堕ちっぷりが最初見ていて心が痛んだけれど
 
徐々にそれでいいような気がして(笑)これもすべてユ・アインの迫力ある演技の賜物だと思った。
 
 
エンターテイメント性も高くて、殺陣や剣劇シーンもカッコいいо(ж>▽<)y ☆
 
ワイヤーアクションはちょっとやり過ぎ感があったけど(個人的感想)
 
全キャラ通じて好きだったのがこちらの↓三剣士音譜
 
 
ムヒュル・・・最初からお気に入り最後までお気に入り。49話は鳥肌もんだぜ。
 
 
 
 
チョク・サグァン・・・ムヒュルの次にお気に入り 女優さん存在感ある!
 
 
 
ハンく~~~ん!基(笑) バンジ~~~!・・・影のある役がお似合いよ≧(´▽`)≦
 
 
 
兎に角ね、登場人物が多いのよ。どっちかというと群像劇に近いかも
 
だけどそれぞれのストーリーもしっかりしていて、キャラが全員印象深くて心理描写も見事だった。
 
 
ああアワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ もう一人追加!
 
ヨンギュヒョ~~~ン! オロロ~~~ン(T_T)
 
 
 
 
 
このドラマは先に放送されていた「根の深い木」というドラマの前日譚として描かれてるんだけど
 
架空の人物であるムヒュルが、この二つのドラマの共通人物(主要格)として出てくるんだな。
 
架空の人物を共通させるのは、作家さんが脚本力があるってことの証明だろう。
 
ちなみに根の深い木のムヒュルはチョ・ジヌンssi(笑)
 
 
 
時間ができれば、六龍よりも面白いと噂の「根の深い木」をレンタルしてきて見たいなヾ(@°▽°@)ノ
 
 
六龍が飛ぶは↓で近々放送予定。CSレギュラー局と、BSフジだから見られる人多いのでは?
 
と思って急遽レビュー書きました(まだ書き足りないけど(笑)いつもね・・・)
 
 
2/1(水)9:30~毎週(月)~(金) LaLaTV サイトはコチラ
 
2/14(火) 14:59~16:00 毎週(月)~(木) BSフジ サイトはコチラ
 
注:この放送では、韓国オリジナル版が50話に対して
 
日本でのテレビ放送版として65話に分割されて放送されます
 
 
 
 
 
 
 
 
クンも共助も、トッケビ(猛烈に見たい!)も青い海の伝説も気になるけれど
 
わたくし、ちょいとブログを休ませていただきます。色々と、かなり詰まり気味(何が(笑))
 
皆さまのブログへも「いいね」ボタンだけで失礼させていただきます(´_`。)
 
 
日本列島大寒波に覆われていますが、みんな外出する時は気を付けてね!
 
インフルも風邪にも注意してね~~~!
 
んじゃ!また!ウインク
 
 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。