みかんが生まれた

テーマ:

この4月8日に、とうとう娘が出産した!


陣痛は4月5日夜中から始まり、しばらく微弱なまま続いていたが、


4月7日、仕事をしている私のスマホに何度も我慢できないとメールがあり、


仕事終了後、ダッシュで家に帰って病院に連れて行った。


すでに子宮口が5センチ開いていたと言うが、


それからが長かったこと・・・


陣痛が10分間隔から、徐々に間隔が短くなるのだが、


なかなか子宮口が開かず、


それに苦しむ娘と


陣痛がおこる度に腰をさすったりしている私。


仕事あけで、それでなくても最近の忙しさで体が参っていた私は


うとうとしながら腰をさする。


日が変わって、8日の2時過ぎに分娩室に入り、


52分に出産した!


3100kgちょっとの元気な男の子です。



娘との約束で、出産の様子をビデオで撮りながら、


大阪にいる旦那さんにメールと写真を送りながらの、


意外と大変な出産立会いだったw


自分が子供たちを生んだ時もこんなだったのかな?


とか思いながら・・・。



それから毎日病院に通っていますよ。。


胎児の時に「みかん」という仮の名前をつけていたので、


生まれてからはずーっと「みかん」と呼んでいました。(わざとw)


すると「みかんじゃない!」と娘。


名前を教えてもらっても「みかん」を連発。


女の子だったら「みかん」がよかったかなw



5月末に大阪に戻ることが決まっているので、


それまで「みかん」を楽しもうw


別れを想像すると今から辛いかも。。








AD