現実を見たら?

テーマ:

知り合いのAさんは、とっくに子育てが終わって子供が出ていってからは毎日が「暇」とか「退屈」「1日が長い」「つまらない」と嘆いている。

同じく知り合いのBさんは、「1日が早い!」「すぐ終わってしまう!」「もっと時間が欲しい」と言っている。

 

趣味がない人とある人の違いでした。

 

子供や自分以外の人間を趣味にしたり依存したりすると、それを失った時に何も一人で楽しめない人間になってしまうんだなぁ。

 

趣味があってほんとよかった・・・

 

☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜

 

さて、タイトルの本題だが、

私は、私のことをよく知らない人にたまに言われる。

「現実を見たら?」と。

 

でもさぁ見る必要ってある?

ってか一般人のいう現実ってなんなの?

結婚して子供を産んで家庭を持ってちゃんとしたところに就職すること???

常に人と同じじゃないとダメなの?

 

わたしはフリーランスで不安定ではあるが一応ニートではないし、自分で食っていけるだけは稼いでるし、家族も子供も作ってないし、誰にも迷惑かけてないつもり。

責任持たなきゃいけないのは自分自身のみで、自分の面倒を自分で見れるなら好きに生きりゃいい、って自分の親もいってんのよ。

 

誰にも迷惑かけてないとおもんですけど。

ちゃんと現実をみて生きてるつもりですけど・・・???

 

でも、迷惑をかけるとしたら死ぬときかな。

パートナーも子供もいないから天涯孤独。

孤独死はほぼ確定。

そうすると家族でない誰かが私の死体処理をするわけで、一応特殊清掃代は残しとくけど、それはほんと迷惑かけます!

死期が迫るのを感じたら、なるべく掃除に手間がかからないようにオムツ履いたりブルーシートの上で生活するつもり。

でも突然死したらすいませんww

 

とにかく!

私は独身で子供もいないんだから好きに生きたっていいじゃない!

 

そりゃあ、子供もいて結婚もしてるくせに「やりたいことしたい」とか言ってる人はちょっとわがままじゃない? 欲しがりかよ。と思いますが。

家族も子供も自由も、全て手に入れたいとか言ってるのはわがまま。

私は「自由に生きるために」独身のリスクを背負ってるんです。

自由を手に入れるために家族(責任)を持たない選択をしたことをまず考えて欲しい。

 

ズバリ、

守るものがない人間だから、「自由」という言葉を口にすることを許されると思っている。

 

例えるならそれは、ビーガン(超菜食主義)の人だけが「動物が食べるために殺されるのはかわいそう」と言っていいのと同じで、牛や豚食ってる動物愛護が、どこかの国で食われている、ただ自分たちの国が食わないってだけで「かわいそう」とか「ひどい」とかいう権利はないと思ってる。

口にしたいなら、一切の肉は口にせず、その国の環境と習慣を知った上で言うべき。

その国で生まれ育って入ればなおよし。

他国の人間が、他国の食文化について「正しい」「間違い」を主張することが大きなお世話だと思ってます。

ただの先進国特有の偽善者って感じ。

 

まぁわたしも偽善者ですがね。

肉食うけど、精肉にされるところは見たくないんで。

でも食うから「かわいそう」とか「ひどい」なんて言わないよ。

※でもやっぱり活け造りはひどいと思うw

 

そんな感じです。←どんな感じw

 

なんか憤懣感情が食文化にスイッチしちゃったけど、

とにかく、同じ立場もしくは矛盾が一切ない状態に立ってこそ言って欲しいというか、自分の価値観だけで人のやることなすことに「おかしい」とか「間違ってる」とか決めつけて欲しくない、ってことです。

 

いろんな人がいてこそ・・・だと思ってます。

 

 

AD