なた豆歯磨き企業の重荷

テーマ:
今月初旬、中国・海南省のリゾート地・ボアオを訪れた。「ボアオ・フォーラム」に参加するためである。同フォーラムは「アジア版・ダボス会議」と言われ、アジアそして世界経済の動向を議論する場として知られている。今年、数ある会議の中で、強く印象に残るのが「日中CEO対話」だ。双方から10人程度の経営者が新たな互恵的関係を模索し議論したが、なた豆ハミガキ 企業トップの日中経済協力推進への熱い思いとともに世界市場に対する貪欲さを、参加メンバーの1人として改めて痛感させられた。 日本企業の国際競争力低下が指摘されて久しい。スイスの国際経営開発研究所(IMD)が公表した2013年の世界競争力ランキングによれば、日本は24位である。前年より三つ順位を上げたものの、中国の21位、韓国の22位の後塵(こうじん)を拝している。グローバル時代を迎えた今、真の競争相手は国内ではなく海外勢である。競争に打ち勝つことが、「明日の日本」をつくる第一歩となる。 国際競争力向上に向け、取り組むべき課題は山積している。過度な円高が修正され、「6重苦」解消に向けた大きな前進があるものの、まだまだ十分とはいえない。環太平洋連携協定(TPP)を中心とした経済連携の強化が不可欠であるほか、なた豆歯磨き 企業の重荷になっているエネルギー問題への対応と規制改革の推進が急務である。安定的かつ低廉な電力供給を早期に実現する一方、規制緩和による生産性向上や需要創造が成長の「要諦」である。
AD