2016年3月9日早朝
4年前の悪石島の皆既日食のリベンジを果たすべく、インドネシアの地にいました。

日が昇る前、東の空は雲一つない快晴。金星が光っていました。
太陽が昇ってくると、近づく「その時」にドキドキそわそわ・・・

このまま晴れてて!雲、来ないで~!!
祈りながら欠けていく太陽を見つめていました。

遠くで雷鳴の音。騒ぎ出す鳥。風が涼しくなりどんどん薄暗くなっていく。


その時は来ました!



言葉では言い表せない、ものすごい体験・・・
吹き出すプロミネンスがはっきりと見えました。
双眼鏡を外すと、赤い輪郭の黒い太陽が怪しい光で輝いていました。

あたりは真っ暗。
見えるはずのない金星が再び光っています。

昔の人の驚きが容易に想像できました。

再び太陽が覗いた瞬間・・・これが噂のダイヤモンドリングだー!


皆既が終わると何事もなかったようにあたりは明るくなり、赤道直下らしい暑さが戻ってきました。

皆既日食を体験してしまった!・・・しばらく興奮が収まりませんでした。

その時の動画です。


2017年のアメリカの皆既日食、絶対また行きたい。
AD