施術をしてもらった次の日の今日ですが、次の日はつらいかもねーと言われました。なんだろなーと思ってましたが、びっくりするくらい午前中は一度おきてから昼まで寝る寝る(笑)午後にはすっきり身体が楽になりました。いやはや、すごい⤴⤴


さて、なぜその方に逢いに主さんのサロンに行ったのか。
理由は実は自分、この10年で6回手術台に上がる経験をしてまして。さすがに6回目の時は麻酔科医も絶句するほど。
事故やら怪我やら病気やら。友人にはお前の右側に袋を持って命を吸いとってるやつがいるにちがいない!と言われたほどのアンラッキー具合でしたね~。

その中での一番の怪我が右肩と右肘。
また面白い事にその時はカニ鍋セットがあたり、自販機の数字が四回連続あたり、スクラッチがあたり、ちょいとした事件に巻き込まれたり。
そして最後。スノーボードを滑りに行った時、真後ろからものすごいスピードで高校生が突っ込んできて青空を拝めるくらい吹っ飛びました。記憶がきれてますが、気がつけば、あー空が青いなんて思ってたり。
意外に身体が動くもので。たぶんアドレナリンも出ていたからでしょうか。もともと痛みを感じない方だったので、動けるやーと思いながら立ち上がり、ぶつかってきた高校生に説教をしていました(笑)
痛くないから何事もなく帰りましたが・・・。


次の日、右肩から指先までドラえもん(笑)おまけに息をすると右の肋骨に激痛。ヤバイ、こりゃ折れてるなと。
ふと自分が受けた衝撃の凄さにびびりつつ、ま、ま、まさかと思いかぶっていたヘルメットをみると後ろがへこんでる💦💦
ヘルメットもゲレンデを滑る時はしないのですが、一緒に滑りに行った人に言われその日はヘルメットを着用。命救われました💨ヘルメットがなければ今はお空の上でしたね。


とりあえず病院にかかり肋骨は骨折、肩は上がらなくなってしまったので専門の病院に行くと。そく手術決定!ベッドあきしだい入院。骨削ったりなんだりの手術を終えてリハビリしてでなんとか退院。

しかーしそれでは終わらないのが自分。今度は右の薬指と小指が動かず。事故の衝撃で右肘も打っていたようで。尺骨神経がやられて手術!癒着が激しく中はぐちゃぐちゃ。なんとか神経移行をしましたが、やっぱり後遺症は残るもので。薬・小指の感覚がなくなり、指もうまく動かせず。おかげで箸は左の方がうまくなるくらい(笑)
今度こそはと思って二年後、また癒着にて右肘手術。そして肩もうまく上がらないくらいになってしまい。さすがに自分も笑えない事態に💦よく生きてるなーと鳥肌がたつほどでした。


リハビリはしましたがやはり神経損傷。結果的に指はうまく動かず、握れず。仕事にも支障をきたすほどにもなり、生活でもペットボトルの蓋をあけられないほど。
意地になりやっていましたが、やはりできないものはできず。
動かない事の不便さと、事故にあった事の後悔ばかりがしこりとなり自分の中に残る結果になってしまいました。
「あきらめ」それしかなかったですね。
AD