RAVEN MAN'S COMPANY Web-log

カラス男商会と蜥蜴堂のもはや漫画ブログ。週1~2日を目安に不定期更新中。

Message from RAVEN MAN


アニメ・漫画大好きな文系男子が責任者の架空総合商社・カラス男商会。


責任者も実在するのか、果たして架空の存在なのか?


ここは、虚構と現実の入り混じったブログです。


●カラス男による挨拶および注意事項:はじめまして!【カラス男】
  ​ここを読んで、「苦手だ~!」​という方は、回れ右!を強く推奨します。

「​大丈夫やで!」「​むしろ、一緒に語りたい!」という方のみ、下へスクロールして、

お立ち寄りください。ゆっくり、語り合いましょう!


●リンクに関するお知らせ:バナーできました【カラス男】


                  リンク【カラス男+蜥蜴堂】  (2012.10.18更新)


****************************

【Massage from tokagedoh


●蜥蜴堂による挨拶および注意事項:はじめまして!【蜥蜴堂】


読んだうえで、お進みください▼


● images ● pixivのログや二次創作のイラスト こちら  (最終 2013.7.1更新)



● 日記や漫画 ●


【一頁台北】ほぼ映画の感想の実録



★シリーズ【院生days】 (2012.2.23 最終更新)  


$RAVEN MAN'S COMPANY Web-log-image用【院生days】  

 ↓4巻に収録予定:

  ・「神谷夏音的思考(冊子)」 「カラス男の誕生日(2.12)」

  ・「カラス男の恩返し(幕間話)」


  ◆3巻までの目次ページは こちら

●OFFLINE● 参加イベント・新刊情報・通信販売など こちら  (2012.11.4 最終更新) 


 $RAVEN MAN'S COMPANY Web-log-石川透アンソロジー企画

参加させていただいています。よろしくお願いします!


●Mailform● お問い合わせはこちら からも受け付けています。


web拍手 by FC2 押したら管理人たちが元気になります。


$RAVEN MAN'S COMPANY Web-log-314_125【RMC】WCRブログ用バナー ←ポチっと投票お願いします。


※本ブログにある漫画は、実在する団体や機関、人物等とは一切、関係がありません。また、特定の団体や機関、人物等を誹謗・中傷するものではございません。

※pixivおよびこのブログより、蜥蜴堂が描いたイラストの無断転載(コピー・貼り付け含む)することは、禁止します。絶対にしないでください!なお、蜥蜴堂の描いたイラストは本家の原作者およびそれに相当する団体などとは一切、関係がありません。ご注意を!


▲Back to Sight Top ▲ サイトのトップへ戻る


テーマ:
自分的今年の漢字 ブログネタ:自分的今年の漢字 参加中
本文はここから






前回の更新から9か月近く、経ちました。とにかく、忙しすぎて、更新できませんでした。


仕事のほうは、急募を引き受けたせいで勤務校が増え、一週間に受け持つコマ数が倍近くに達しておりました。教える教科もA校が英語(文法・ライティング)、B校が世界史Aと英語(リーディング)という形で、テンテコマイの有様だった・・・。

今年、初めて受け持った世界史Aは、ヨーロッパ・アメリカ・中東はよしとして、東アジアの漢字圏が、本当に苦手なまま、引き受けてしまい、凹む9か月でしたよ。大学院でスペインの歴史をやっていた、つまり、西洋のことを専攻に選んだのは、アルファベットとカタカナに強かったことが大きかったのです。逆に、漢字表記は苦手でして、東アジア分野の各数の多い漢字(国民党トップの蔣介石の「蔣」からしてダメ)、日本語の特殊な訓の読み方とか、教える側なのに、情けないくらいに間違えてました。


プライベートでは、報告致しますが、入籍しました。妻のほうが仕事が遅いうえに日によって帰宅時間が違うため、だいたい、平日は僕が先に帰宅し、自炊して夕飯を食べています。余裕があれば、もう一人分くらい食事を用意して冷蔵庫に入れておくのですが、妻は夜遅いと食べるのを面倒くさがることもあり、結局、作った翌日の朝ごはんにまわることもあります。

ところで、引っ越したにもかかわらず、妙に僕ら夫婦は所帯じみている感じです。新婚といえばそうなのでしょうが、学生時代から、僕が妻の下宿に泊まることもあり、しかも妻は一足先に働き始めていたこともあって、あんまり、生活リズムが変わらないように思います。

あと、主に食事は僕、衣類は妻の担当になっています(味覚感覚の違いによる合意)。


というわけで、今年は仕事とプライベートの面で「新」でした。
AD
いいね!(12)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今週でした。博士号、取りました。



執筆中、研究室の空調が壊れて、極寒で意識が飛びそうだったり、学園祭に先輩が出るせいで、睡眠不足の頭でイライラしながら見に行ったり、ぶっちゃけ、死にそうでした…。



式典自体は、リクルートスーツの上にローブ、博士帽を被って出席。何回か、このブログでも書いてる姿です。



僕の大学院では、基本的に学位被授与者はどんな格好で式典に出てもよいので、振り袖に袴の女性、リクルートスーツのみ、紋付き袴、韓服、いろんな人がいました。


フォークロアやってる人は、楽しいんじゃないかというくらいに。

この大学院には、マスターから休学含めて6年近くいたんです、実は。その間に、人の助けを借りて実家の問題を処理し、復学後は引っ越して論文を書きながら非常勤を引き継ぎ、いろいろありました。

春からは、婚約者のいる今の隣町に引っ越し、一緒に暮らし始める予定です。幸いなのか、行っている学校で、英語の非常勤に加え、地歴のほうも教えることになり、何とか、二人で生きていくくらいはできる見通しは立ちました。まあ、収入は婚約者のほうが上なので、僕はヒモ状態で、主に家のことを担当することになりそうですが、彼女と頑張っていきます。
AD
いいね!(28)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

卒業にまつわる淡い思い出 ブログネタ:卒業にまつわる淡い思い出 参加中
本文はここから






淡い思い出、淡い思い出…。そうですね、高校の卒業式の翌日が志望していた私立大学の後期入試の日だったので、式典の後、片思いしていた後輩に告白したかったんですが、受験地に出発する時間が迫っていたこともあり、告白できないまま、駅に向かい、新幹線にとび乗ったことでしょうか。

もめ事ばかりしていた高校の前半でしたが、後半は自分なりに真面目に勉強し、部活にも入り直して3年まで通しました。その後輩は、そのサークルで知り合った女の子で、先輩にも物おじしないで伊意見を言い、その割に天然で抜けたところのある、なかなか、不思議で憎めないキャラクターでした。筋を通すところのある人で、顔は凛とした雰囲気で、部員からは慕われていた。つまり、僕の好きなタイプだったんです。

どうせ卒業するなら、式典の後に言ってしまおうと思っていたところ、僕と同級の男子といい感じだった場面に遭遇!不良だったわりに繊細だったようで、ヒビの入ったままのハートを携え、僕は自転車で駅に向かいました。


その後、僕は入学した関西の大学でサークルに入り、女性とも何人か付き合い、それなりに楽しい日々を過ごしていました。成人する前後の年、他大学との交流イベントでその後輩と再開し、紆余曲折を経て付き合うことに…はならなくて、現在に至っています。

思い返せば、青すぎる時代でしたよ、本当に。
AD
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。