本日は空晴なり

空晴の日々~稽古場・制作・お知らせなど、ここを見れば空晴の動きが手に取るようにわかる…ハズ!
アメーバブログにお引っ越ししました!!2016年以前のブログへはプロフィールページをご覧ください!


テーマ:
古谷ちさです。

 「近況日記」と言いつつ、なかなか近況報告せず 更新しないまま2ヶ月以上、私に至ってはそれ以上に空いてしまいすみませんでした!

ただ今 25日、26日に行われる
ファミリーミュージカル
「さよなら、五月ーさよなら、サツキー」
の猛烈稽古中です炎!!
 
{EF951285-01C4-4B09-B5B1-3C5A7B257579}
昨年に続き、空晴メンバーがミュージカルに挑戦しております!!!
ミュージカルなので踊ります!歌います!!
 
 
{7EC73E42-D8F2-4BAE-BF9E-DCF9A92A664B}
 
今回のゲストは浪曲師の春野恵子さん!
Piperの川下大洋さん!
南河内万歳一座の福重友さん!
そして、今年も音楽を担当してくださる赤犬のクスミヒデオさん!
 
今回はまたまた魅力的なゲストの方々と共演させていただくことになりました!
お一人お一人全然違った魅力をお持ちなので、なんといいますか、
というのでしょうか・・・!
皆さんお芝居の中だけでなく、稽古のアドバイスや、オーディションに合格したキャストの方々へのスキンシップ、さらには舞台セットの位置どりなどサポートしてくださいます。ありがとうございます・・・!アセアセ
 
 
{5C9BDBBC-69D9-412A-BBAB-4E31565C3159}
今回のクスミヒデオさん音楽も素晴らしいものばかり・・・!
楽曲も1ジャンルだけでなく、様々なジャンル・国の楽曲が多数!!
曲だけのカラオケバージョンをじっくり聴いると、こんな楽器も使っているんだ!と聴くたびに発見があり、細部まできめ細やかに作られている1曲1曲に元吹奏楽部の私はゾクゾクします音符

 

 

{8192A976-1B4D-4F70-8DAC-DF6D02B4C349}
そして今回も振り付け斉藤千秋さん!
曲にばっちりマッチした振り付けで、バリバリかっこよく!時にはとってもキュートに!!
今回オーディションに合格した子供たちの年齢層が去年より低く、ちっちゃい子たちがたくさんいるのですが、その子たちについているダンスがこれはもうたまらないぐらい可愛いのです・・・!
その魅惑のキュートダンスがついたときに周りの共演者から口々に「かわいぃぃ・・」という声が漏れるぐらいなので相当な破壊力ですよ雷
 
そんなキュートな子供たちは超やんちゃ盛り。いろんなところを走り回りますうずまき
そんな時、前回のファミリーミュージカルで共演した、お姉さんお兄さんになった子供たちがまとめてくれるのです・・・!!
去年までおっとりしていたあの子やあの子もしっかりお姉さんお兄さんになっている姿を見るとこちらは親心(?)が芽生えて感動の嵐です・・・タラー!!
もちろん今回はじめましてのオーディションメンバーの方もたくさんいらっしゃいます!
皆さん個性豊かで本当に素敵なんです。そしてみんななかよし・・・!
 
みんなで力を合わせて稽古に取り組んでいる今回のお話は、もちろん岡部座長 作・演出!
読み合わせの時から、子供たちはクスクス。大人たちは自分に思い返してグサッと来たり、救われたり。子供も大人も同じ楽しみ方・違う楽しみ方ができるお話だと思います!
「もし私もこのお話のように・・・」と考えながら稽古に臨んでいると、様々な気持ちがあふれてきます。そのシーンも稽古を重ねるにつれ1歩ずつ前へ前へと進んでいく感じが分かり、本番どのようなシーンになるのかとても楽しみです!
上瀧さん、こっきーさん、コマ、私・古谷が、なんと大勢の中でそれぞれ全然違う役割を担ってしているのも魅力ですよ!!
お伝えしたいところなのですが、これは見てからのお楽しみにぜひ取っておいていただければと思いますキラキラ
 
 
今年も千里金蘭大学の学生さんもサポートしてくれ、主催のメイシアターのスタッフさんにもたくさんお世話になっております。そして公演スタッフの方々。
平本さん、なんちゃんも!
このメンバーで一つのミュージカルを創り上げております。
今年のミュージカルも、いつもの空晴とは違った大所帯です!
ぜひお見逃しなくキラキラ
 
本番は25日、26日です!
詳細はコチラ!
お待ちしております!!
 
=========
 
そしてそして!!来月には空晴イベントを開催します!!!
その名も!
ルンルン音楽会ルンルン」!!!
 
{0494F4DD-8132-4F61-AF81-0D2AF91D59A0}
今年は空晴10周年!!キラキラ
この空晴の10年間を音楽で振り返っていきますルンルン
 
ゲストは空晴の公演に多数出演いただいている太田清伸さん!
そして!13回公演から楽曲提供をしていただいてる金佑龍さんにもご出演いただき、
なんと特別LIVEをお願いしております!!
 
詳しい詳細はコチラ!
チケットのご予約も始まっております!お申込みお待ちしております!!
 
 
 
3月、4月 空晴とともに春を過ごしましょう!チューリップ赤
お待ちしております!!

 

AD
いいね!した人

テーマ:
岡部尚子  作・演出
上瀧昇一郎 小池裕之 古谷ちさ 駒野侃 出演
 
メイシアター/千里金蘭大学 共同事業
ファミリーミュージカル
「さよなら、五月
ーさよなら、サツキー」
 
 
 
{3E7D5B2D-D37C-4406-A984-5F5650C07165}

 
 空晴メンバーがまたまたミュージカルに!
今回はPiperの川下大洋さん、浪曲師の春野恵子さん、南河内万歳一座の福重友さん、そして昨年と同じく音楽も担当してくださるクスミヒデオさんも出演されます!
振り付けの担当は今回も斉藤千秋さん
オーディションに合格したみなさん、千里金蘭大学の学生さんと共に創り上げていきます!
メイシアター改修前の最後の公演です。

どうぞお楽しみに!
 
ゲスト出演者:
川下大洋(Piper)
春野恵子
福重友(南河内万歳一座)
クスミヒデオ(赤犬)
 
音楽:クスミヒデオ(赤犬)
振付:斉藤千秋
 
場所: 吹田市文化会館メイシアター 中ホール
日時:3月25日(土) 18:00開演
3月26日(日) 13:00/17:00開演
(※30分前より開場いたします)

料金: 大人 前売2,200円 当日2,400円
子ども(3歳~中学生)前売1,200円 当日1,400円
 
詳細はコチラ

 
 
AD
いいね!した人

テーマ:
駒野侃です。
日記①の続きをお送りさせて頂きます!
 
 
さて、今回空晴からは僕が出演させて頂きました。
先述の通り、新人としては岡部座長の本・演出を
1つでも多く経験する事が大きな糧になると思っています。
稽古が始まってからというもの、演出席には岡部座長、
その隣には上瀧さん始め、劇団の先輩方が
ずっと芝居を見ていて下さいました。

役者個人として、本をどれだけ読解して、
与えて頂いた役をどれだけ本の中よりも魅力的に
演じることができるのかを考え、
日々の稽古に挑みました。
しかし、毎回、自分の読解力の無さ
想像力の無さを痛感し帰宅するの繰り返しで
そこの修正に時間を掛けていては、
ある表現において、
自分はこっちの方が面白いと思う
こっちの方が効果的だと思う
といった提案ができないではないか、
と焦ってばかりの日々でした。

結局は、先輩方に頂いたアドバイスで
別の方法にチャレンジするきっかけを頂けたり、
別の表現をしているつもりでも
客観的に見れば、前回と何も変えられていなかったりで、
反省するばかりです。
今回の稽古で僕は何回、岡部さんから
「やりすぎ」と言われるくらい
何かを思いっきり提案できたかを振り返っても
目を瞑りたくなる結果で、
頭ではいくら考えていても、最終的にそれを
思い切り表に出せず終いでは、何も前に進まないと
改めて痛感しています。

もっともっと作品にとって効果的な表現を
自分が真っ先に発見して、開発して、
演出家を楽しませるような提案を
どんどん打ち出して行けるように
日々の生活からアンテナを張って
そして、お芝居を沢山観て、その他の芸術にも
沢山触れて、自分自身の中身を
豊かにしていきたいと思います。
そこでインプットしたものを、
思いっきりアウトプットし、
それが例え真似事だったとしても
いつかは自分の物にしてやるんだと
そういう気概を忘れずに精進したいです。

今回頂いた役は
「マッキー」と皆から呼ばれる
荒牧という
男子大学生でした。
いわゆるシスコンな男で、
姉のできちゃった婚を家族の中で
唯一知らされていなかったことを最終的に知る
という流れでした。

僕自身、2人の姉がいて、
それを知った共演者の方々から
「本当にシスコンなの?あて書きだもんね。」
と、よく言われました。
どうでしょう、シスコンと言われればもしかしたら
そうなのかもしれないと思う事は今までにもありました。
小さい頃、姉に体力的にも頭脳的にも全く敵わなかった時の
ライバル心というか対抗意識はけっこう強かったと思います。
特に運動面では姉二人とも何かで表彰されたりしていて、
その度に「侃は運動音痴だからな」と言われ、
悔しがっていました。
悔しがったところで
何か凄い記録を作ったりも出来なかったので
家族の中では未だに僕が一番運動音痴なままです。
じゃあ、何で対抗できるのかと考えたその時は
勉強くらいでした。
しかし、また残念なことに姉の方が賢いので
それでも敵わず、、、。
理系科目で良い点数を取って、姉に見せ付けると
「だからあんたは理屈ばっか捏ねるんだよ。」
と一蹴されました。
「あんたが一番ややこしい。」
は、台詞でも言われますが、
実際に言われた事もあります(^_^;)
「あんたみたいな男は世の中で一番モテない。」
と言われ続け、モテようと努力してきました。
思えば、モテようと努力するきっかけの言葉が
姉の言葉なら、ほぼ確定的にシスコンですね。

劇中、マッキーが姉の美鈴と喧嘩をします。
前半はダンスの相手になってくれないことが理由で
いじけるのですが、後に美鈴が妊娠していると発覚し、
今度はできちゃった婚についての、
姉との見解や価値観の違いにギクシャクします。
色んな言葉や態度にイラっとしたり、させたり、
ただ、その中で忘れてはならないのは
「マッキーは美鈴が大好き、家族が大好きだ」
ということだと僕は思います。
一見してみると、当然のことのように思えるのですが、
当然だからこそ忘れがちで、
それは表層的に芝居を組み立てていればいるほど
簡単に忘れてしまうものだと思っています。
なぜ怒るのか、なぜ悲しむのか、
なぜ照れくさくなる瞬間があるのかなどなど
その「なぜ」を考えたとき、様々な原因が立ち並ぶ
その根っこを全て支えることができる土台は
常に、先述のマッキーの思い・想いなのだと思います。

もちろん劇中は目の前で色んな人が
色んな事情を抱えて登場してきて
それぞれのストーリーを展開していき
それに影響される場面が多くありますが、
ある一瞬のきっかけで、マッキーの心の中が
美鈴のことで一杯になる、
一杯にできるマッキーが凄いと思います。
一瞬で美鈴を一番重大な事柄として、
心に存在させることのできるそのパワーが
誰よりも強いからこそ、オモイをカタチにすることが
難しくて、溢れ出てしまったオモイが時として
刃物みたいなカタチで相手に当たってしまい、
これまでにも「ややこしい」事態を
招いてきたのだろうと思います。
マッキーがそのオモイをカタチにする術を
劇中でマスターしたわけではありませんが、
どんなカタチであっても受け取ってくれてきた
美鈴という大きな存在を再確認したことにより、
ちょっとは別のカタチでオモイを伝えてみようかな
と思ったのではないでしょうか。

またまた素敵な役に出逢わせて頂けたこと、

本当に嬉しく思います。


そしてそして、なんと!!!
ラボラトリー最終講座日に、受講生の方々から
サプライズプレゼントを空晴劇団員一人一人に
頂きました
ラブレタープレゼント!!キラキラ

奇麗なお花と、
個人個人へのメセージ入りのお菓子ボックスです!!
観光大使だなんて、、、照れますね(・∀・)ニヤニヤ

本当に素敵なお人柄の方々ばかりで、
素晴らしい日々を送らせて頂いた事に感謝しかありません。
この素敵なご縁に感謝を込めて・・・
 
 
パシャっ

伊丹アイホール演劇ラボラトリー
空晴プロジェクト「ボクらのサンキュウ」
に関わって下さった全ての方々、
当公演にご来場・ご声援下さった全ての方々へ
深く深く御礼申し上げ、
今回の日記は締めくくらせて頂きます。
お読み頂き有り難うございます。
 
AD
いいね!した人

テーマ:
駒野侃です。
 
伊丹アイホール演劇ラボラトリー
空晴プロジェクト「ボクらのサンキュウ」
公演全日程、講座全日程無事に終了しました!
ご来場、ご声援本当に有り難うございました!
 
さて、6月からスタートした演劇ラボラトリーも
もう終わってしまいました、、、。
とてつもなく早かった印象です。
間に空晴の本公演があったので余計に、
ということもあるかと思います。
本当に沢山、面白いことが起こる現場なので、
全員でお腹を抱えて笑った講座日は多数に上ります爆  笑
笑いの絶えない日々だっただけに、
終わってしまった今は寂しいです。
 
このような現場に参加させて下さった、
山口館長を始めとするアイホールのスタッフさん、
役を書いて下さった岡部座長へ、
まずはここで感謝申し上げます。
役者として、芝居が出来る場を与えてもらえることは
何にも代え難い幸せなことだと思います。
そして、空晴新人としては、
岡部座長の本・演出に触れた経験が少ない分、
今回は貴重な経験であり、これからの空晴作品に
もっともっと貢献する為の糧にしたいと思っています。
 
更にこの現場を盛り上げて下さったのは、劇団員の先輩方です!
 
 
皆さん、各々のスケジュールを合わせて下さり、
ほとんど毎回現場に駆け付けて下さっていました。
本番では舞台裏にてサポートをして下さり、
大きな事故や、怪我なども未然に防いで下さいました。
 
 
楽屋に戻れば先輩方の顔が見られる!
という安心感がそこにはありましたハートふきだしハートふきだし
有り難うございました!!
 
そして今回も素敵なスタッフさんに恵まれました!
ある講座日の1日を使い、チラシの撮影を行いました。
カメラマンに三道洋介さんをお迎えし、撮影して頂きました。
撮影中は空気を作り
役者の表情を引き出すための言葉を頻りに掛けて下さって、
笑い声もどんどん大きくなる現場作りをして下さいましたカメラ
 
その写真がデザイナーの笹田憲孝さんの手に掛かり・・・
 
ドドーン!!!
image
 
こんなにも素敵なチラシが出来上がりました!
「これは観たくなるって思わせるチラシですね〜」
という声が沢山舞いました!
思えば撮影の時期はまだ芝居の稽古をしていなかったので、
チラシ撮影からグッと心がアツくなっていった印象です♪
 
 
舞台監督の永易健介さん
(以下、ゲバオさんと呼ばせて頂きます)と
音響の谷口大輔さんとのスリーショットを・・・
 
パシャっ
(左・永易さん/中央・谷口さん)
 
ゲバオさんとは以前僕が南河内万歳一座さんの「ジャングル」に
出演させて頂いた時以来のご一緒です!
依然変わらぬクールさと、
いくつ目があるのだろうと思うくらいの視野の広さ、
スピード感溢れる仕事中の背中をまた見ることができて、
嬉しかったですラブ
南河内万歳一座さん「滅裂博士」東京公演を直前に控える中、
今回駆け付けて下さいました!
 
小屋入りしてからのある日、
 
岡部さん「コマが使ってる小道具の雑誌、35歳くらいの男の人が読む物って、大ちゃん(谷口さん)が。」
谷口さん「若い子はあんまりかと。」
岡部さん「コマの私物?」
駒野  「はい。」
谷口さん「ふふ。(笑)」
駒野  「OCEANSはこの一冊しか読んだことないですよ!」
谷口さん「ふふ。(笑)」
駒野  「いや、読みますよ、ね?結構かわいいの載ってますよ、ね?ほら、ね?僕とか似合いますよ、ね??」
岡部さん「なんで上瀧さんにしか同意求めへんねん。」
上瀧さん「はは。(笑)」
谷口さん「ふ。(笑)」
 
なんて場面がありました。
そんな雑誌を読んだり、
こたつでのんびりしたりする学生達の憩いの場である
パルテノンという部屋と、
その学生会館の外の道でお芝居は行われます。
小屋入り後の稽古で、
初めて客席から観ることのできるタイミングがあったのですが、
その時、稽古場に無かった、ある音の存在に気付きました。
部屋の中のシーンから、外のシーンへ変わった瞬間、
外界音が劇場に響き渡ってきたのです。
プロの方からすれば当然すぎるくらいのことなのでしょうが、
屋内と屋外の差別化がハッキリすることで、
より具現化された世界が
そこに広がっていく様を目の当たりにし、
感激しました。
 
内と外の差別化は照明でも行って下さいました。
照明の葛西健一さんとのツーショットを・・・
 
パシャっ
 
おや?スリーショットですね。
さっきよりお顔青めのゲバオさんもカメラ
 
葛西さんの明かりでは、
ダンスシーンの素敵な明かりが印象深いです。
また、普段から常にこの和らかい微笑みを浮かべてらして、
仕込み・バラしなどもとてつもない速さでこなしつつ、
常に微笑んでらっしゃるというお人柄にも惚れ惚れしました恋の矢
作業時間以外では、
ジャケットを羽織り、その上からロングコート、
とダンディなスタイルで格好いい姿も見られましたグラサン
 
 
そしてそして、
 
この素敵な舞台美術
もう一枚
もう一枚
 
 
を、手掛けて下さった西本卓也さんとのツーショットを・・・
 
 
先に述べますが、ちゃんと2枚撮って頂きました。
どっちが良い悪いとかは、ちょっと分からなくなってきたので、
僕の好きな西本さんはこっち!という意味で
こっちの写真を載せさせて下さい!
敬意を込めて!
 
それでは・・・
 
 
 
パシャっ
 
素敵です。
見事すぎます。
繰り返しますが、ちゃんと2枚撮って頂いた内の1枚です。
まぶたを閉じてらっしゃる事を
内密にしてたわけではありませんよ!
 
それにしても、素晴らしい学生会館がアイホールに建ちました。
建物の続きを想像させる、
屋根や壁がトラスバトンから吊るされているのが
個人的に好きな点でした。
そして、役者の想像力も試されるシースルーの壁ですね!
ほぼ全役者が、
1回は突き抜けて芝居をしてしまうのがシースルー壁です。
それは、手や足だけでなく、
目線も突き抜けたら異空間の始まりです。
しかも、多面客席で様々な視点から見られてしまう
この舞台でしたが、それは、
様々なやり方で見せる側からすれば
大きな味方になってくれるわけで、
シースルー壁に始まり、高低差、奥行きのあるセットに
味方してもらえた点が多数ありました。
 
 
役者の手で作った美術も、セットの仲間に加えて頂いてます!
 
パルテノン内の掲示板
 
追い出されパーティーの立て看板
 
こういった美術や道具を考えるときは、
その場に住んでいる登場人物達のことを、
ああだろうか、こうだろうか、
とよく考えるきっかけになります。
映像の現場では、今でこそ演出部が
置き道具や食べものなどを考えて、
部屋をレイアウトしたりしますが、
昔は役者に全部やらせた現場もあって、
そうでないと味わえない楽しさもそこにはあった、
という話を聞いた事があります。
瞬きしたら何でも用意してもらえている環境に
慣れすぎてしまえば、考える事を忘れてしまう、
と改めて感じました。
 
 
そういった場面で
「倉庫にこんなんあるで!あんなんもあったで!」
と、声を掛けて下さるアイホールの木原さんとの
ツーショットを・・・
 
パシャっ
 
今回の企画の制作進行を全面的に務めて下さいました。
いつも明るく接して下さって、
その笑顔で現場を明るくして下さいます(^^)
僕の顔の肉がほんの少し落ちたことに
一番に気付いて下さったのも木原さんです。
「いや、落ちてないだろ」
の声が多数でしたが、木原さんは味方して下さいました。
よ、、、ね、、、?
様々なお仕事等でお疲れの中、
それでも笑顔で現場に来て下さる木原さんの背中に
学ぶべきものがありました。
 
 
ある時は、参加可能なメンバーで箕面の瀧安寺に
公演成就祈願へ行きました。
 
 
 
お陰さまで、ラボラトリースタート当初から
誰一人欠ける事無く、最後まで一緒に1つの作品を
創り上げることができました!
有り難うございました!
 
 
申し訳ございませんが、書きたい事を詰め込もうとすると
このページの文字数制限を超えてしまうので
続きは、日記②にてお送りさせて頂きます。
お手数お掛けします。
ここまでお読み頂き有り難うございます。
 
 
いいね!した人

テーマ:

岡部尚子 作・出演

小池裕之 出演

能×現代演劇#002
「心は清経」  


「夢みる女篇」作:岡部尚子
「さまよう男篇」作:林慎一郎

演出:林慎一郎


場所:山本能楽堂
日時:2017年2月5日(日)13:00

        2月6日(月)19:00


料金:一般前売2500円 
   一般当日3000円

詳細はコチラ

いいね!した人

テーマ:

上瀧 昇一郎

兵庫県立ピッコロ劇団 第57回公演
ピッコロシアタープロデュース
「歌うシャイロック」 出演



兵庫公演

場所:神戸アートビレッジセンター
日時:2017年2月24日(金)~3月6日(月)全12ステージ
料金:一般3500円  大学生・専門学校生2500円  高校生以下2000円

詳細はコチラ

いいね!した人

テーマ:

門松 あけましておめでとうございます 門松

 

去年空晴本公演は

1月に「せんたくの日和」三都市目の福岡公演を大雪の中終え、

8月9月に「ここも誰かの旅先」を南河内万歳一座の河野洋一郎さんをゲストにお迎えして好評の内に終えることが出来ました。ありがとうございます!

 

更に吹田メイシアターのファミリーミュージカルで初のミュージカ作品に挑戦。

小中高校のワークショップにも10数校に行ってきました。

そして伊丹アイホールの演劇ラボラトリー空晴プロジェクトもスタート。

 

本公演で作品を創るだけではない劇団活動の機会をたくさんいただきました。

その分多くの方にも出会うことが出来ました。

 

2017年 今年は空晴にとっても節目。

2007年の旗揚げから10年。

劇団創立10周年です!

 

本公演は10月11月に一度のみ…ですがっ

なんと、劇団初の二本立てに挑戦しますっ

公演場所も、大阪東京以外に、二都市を予定しております。

まもなくお知らせしますのでお待ちくださいませ。

 

そして、1月には去年6月からスタートした

アイホール演劇ラボラトリー空晴プロジェクト

「ボクらのサンキュウ」作・演出岡部尚子

駒野侃出演 が上演されます!

ボクのサンキュウの大幅改定バージョン。

詳細はコチラ

 

3月には去年に引き続き

メイシアターファミリーミュージカルが上演されます!

こちらも作・演出は岡部が担当。

上瀧・小池・古谷・駒野が出演します!

詳細はもう少しお待ちくださいませ

 

さぁ10年目の空晴。

大切なものはそのまま抱えて、新しいことにも挑戦して。

またたくさんの方に出会えることを楽しみにしています。

 

今年もよろしくお願いいたします!

いいね!した人

テーマ:

空晴ブログが 

アメーバブログにお引越ししてきました

 

新ブログでも

稽古場の日記劇団からのお知らせ外部出演情報・劇団員の近況報告日記

などなどお届けしていきますので、覗いてください!

 

下矢印2017年以前のブログもご覧いただけます!!下矢印

http://yaplog.jp/karappare/

 

新ブログアメーバもどうぞよろしくお願いいたします!!

 

いいね!した人

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。