裏加点について

テーマ:

個別の記事に入る前に裏加点について説明した方が今後の記事の理解がより深まると思われるので裏加点について説明して行きたいと思います。

 

採点について詳しくない一般視聴者は、音程・安定性・表現力・リズム・ビブラート&ロングトーン(V&L)の5要素の点の合計点がそのまま得点になっていると考えがちです。


JOYSOUNDの分析採点シリーズがそのような採点方式を採用しているので勘違いしても無理からぬことです。

 

よく、番組でも「音程100%でなくても100点が出るんだ」のような発言が聞かれますが、これは上記のような勘違いから来る発言だと思われます。

 

精密採点DX-Gでは音程・安定性・表現力・リズム・V&Lの表に出てくる5つの値と隠れ加点である裏加点によって点数が計算されます。

 

つまり、音程+安定性+表現力+リズム+V&L+裏加点の6要素の合計です。

 

表に出てくる5つの値(5値)全て100点を取っても恐らく100点にはなりません。実際にはリズム100を取る事は非常に難しく、過去誰も500/500を達成した者はいないと思われます。


筆者の個人的に抱いているイメージは5値を仮に全て満点だとすると99点ほど与えられ、そこに裏加点が2.5~3点満点で採点された合計点が実際の点数として出てくると思われます。100点を超えた場合は全て100点です(精密採点DX-Gでは素点99.901を超えれば全て100点)。

 

それでは、実際に裏加点の違いが明瞭なチャート例を見て行きましょう!

 

 

上の画像のHELLO(良音)は音95安97表97リ99VL95 計483です。

 

下の画像のふじの山は音96安97表94リ99VL97 計483と表チャートの合計は483と同じ値です。

 

どちらもリズム99で、配点の高い音程が1%ふじの山が良い分、ふじの山の方が少し点が高く出てもおかしくありませんが、HELLOの素点100点に対してふじの山の素点は97.423点です。

 

5値(音程・安定性・表現力・リズム・V&L)だけで点数が決まるのならどちらもほぼ同じ点数が出てくるはずですが、結果は2.577点もの大差がついています。

 

これが裏加点の差です。

 

このふじの山は店マイク(BMB)で歌唱し、HELLOはイコライザーと呼ばれる裏加点が最大限に取れる機械(CM2000と併用時)を使って歌っています。

 

筆者がふじの山を歌唱した時点では、裏加点の低さに自信を持っており、裏加点が入りにくい店マイクで歌うとほとんど裏加点をもらえてないと思われます。

 

カラオケバトルで使われるマイクは現在3代目で、初代のマイクはチャート合計485で100点が出るほど比較的裏加点の入りやすいマイクだったのですが、現在のマイクは裏加点で苦戦する出場者が目立っていて明らかに初代マイクに比べると裏加点が渋いように見受けられます。

 

裏加点を取るにはどうすれば良いのか?


精密採点DXで100点を多く取る点数最優先で取り組んでいるスコアラーと呼ばれる方々でも裏加点に苦労したりします。


裏加点を確実に確保するためにスコアラーの方はイコライザーを使用しているケースがありますが、イコライザーを使用してもなお裏加点で苦戦するというケースもTwitter上でよく見られます。


筆者は裏加点に非常に苦労していましたが、イコライザーを使用するとHELLOのようにコンスタントに裏が最大限入るようになりました。


カラオケバトルに出場するのでなければ、イコライザー使用は非常に大きな武器になりますが、カラオケバトルではもちろん使用できません。

 

故にカラバト出場者は裏加点をいかに取るかで頭を悩ましていると思われます。


最近は表チャートをしっかり取ってくる出場者も多くなり、初代カラバトマイクなら100点にも届いただろうになぁと思われる出場者も複数います。

 

イコライザーを使用した実感から言うと、マイクによって最大限に与えられる裏加点は違うという事があります。


CM2000にイコライザーを使用すると音程95%の484で素点100が狙え、95%483で素点100が出たりします。


しかし、他のマイクで歌うとCM2000+イコライザーほど裏加点が入らず、488で何とか素点100に届いたりしもします。

 

初代カラバトマイクはCM2000+イコライザーの裏MAXに近い裏加点が入る可能性があり(CM2000で裏を最大限取れるような人が歌った場合)、現在のマイクは0.3点ほど裏が渋くなっている可能性があり、今後の調査でより明確になってくると思われます。

 

裏加点が入る限度はマイクによって違うという仮説が正しいのであれば、マイクなりの裏加点を最大限に取る方法を確立した方が有利です。


カラバト初代マイクだと堀優衣ちゃんが圧倒的な裏加点力を示し、チャート合計484で100点を取れる力を示していました。


現在のマイクだと宮本美季さんが裏加点が非常に入る印象です。点数操作がされていないと仮定すれば宮本さんの歌い方にヒントがあるのかもしれません。

AD