森友事件、加計事件を

見て、

安倍総理と安倍昭恵夫人の行動を

批判ができない人って、

いるんですね、。

 

でもこの方は

野党に対してはとても厳しく批判するんですよ。

厳しく批判するんですよ。

 

ま、その方のお考えですから

仕方のないことですが・・・・。

 

 

そして正義という文字を振りかざす人っていますね。

 

しかし、正義って、何が正義なのでしょう。

・・・と思うのですよ。

 

正義とは------------

1・ 人の道にかなっていて正しいこと。

2 ・正しい意義。また、正しい解釈。

 

森友事件の安倍昭恵夫人、

安倍総理の対応は

正義でしょうか?

 

財務局の行動も正義と言えませんね。

 

安倍総理も安倍昭恵夫人も

皆、権力者です。

 

肩書きが権力の象徴です。

 

 

この事件を読売、産経は

こぞって批判を避けてきました。

 

しかし、

日本の正義を思うなら

権力者に甘く、が

一番してはいけないことです。

 

 

なぜ、憲法があるのか、、、の

根本は、

権力者の暴走を防止するためにあるのです。

 

 

権力者を甘く、歓迎しては

国民のためになりません。

 

 

誰でも、そう。

安倍晋三以外でも

権力を持つと

権力行使の美酒に酔いしれて

羽目を外してしまうのです。

 

絶対するな、と言っても

人間は身勝手なもんです。

 

私も権力者になれば

安倍と同じことをしてしまうことは

想像できます。

 

それほど、権力とは

人間の本質を変えてしまう魔力があります。

 

だからジャーナリストは

権力者がいいことをしても

褒めないのです。

「当然の事、」と言ってのけていいのです。

 

 

しかし、

権力の暴走が見えたら

また、弱者が抑え込まれてきたら

正面から権力に立ち向かうのが

マスコミであり、ジャーナリストなのです。

 

 

マスコミが権力者に阿(おもね)たら、

それは正義じゃありません。

 

 

日本の正義、正義をってはいけません。

正義を正義としてるならば

権力者に立ち向かって

少数意見の代弁に努めてこそ

マスコミの価値があるのです。

 

 

ジャーナリズムが正常化し、日本の正義が復活してきたら

安倍晋三はこういうでしょう。

「どうして総理である僕ちゃんを褒めてくれないのか!」

と。

 

総理大臣は褒められたら

独裁です。

 

総理が褒められることを期待しているならば

馬鹿の上を行く大馬鹿者です。

大虚け者ですね。

 

 

安倍総理は

常に褒められたいと、ドヤ顔をしますね。

幼児性そのものですね。

赤ん坊ですね。

 

日本に正義が失せつつある今、

甘い世論があるから

総理大臣が機能しないのでしょう。

 

2017.4.20<進>

AD

コメント(4)