自民党員で
安倍政治に反対する者がいる。
 
ということを鵜のみにして
選挙で
「自民党」
とか「自民党所属議員」に
投票すれば、
 
結果は、
一番嫌いだと言った
安倍晋三を推薦したことになる。




選挙権のある人は
この矛盾を
しっかり受け止めて欲しい。



あなたが
脱原発の河野太郎を
当選させても
河野太郎は
総裁の安倍晋三のいうことに
逆らえない。

結果、脱原発は不可能となり
河野太郎は
年間5千万円ももらえる
報酬(税金搾取)を得るというメリットで
喜びます。
 

言い替えると
安倍晋三の政策が強行されることになる。
選挙した意味がありませんね。


私たちは
もっと政党政治
しっかりと考えて行こうではありませんか。


政党政治とは
所詮、政党の代表の考えだけが
政策になる、ということを
認識してください。


中には
河野太郎のように
国民受けする言葉を
発する者がいるが
それは、一種の詐欺選挙なのです。


安倍晋三自民党が
評判悪い時、
安倍の政策に反対する者を
立候補させて
自民党員を当選させれば
当選者が自民党員ですから
自民党政治の継続であり
安倍晋三が総裁のままなら
当選後も
安倍政治になります。



何でもあり、なんですね。
選挙は
あなたを簡単に騙します。


極論、安倍に反対する自民党員だ、と
大見得を切った人、要注意人物です。
安倍晋三の意向で
反対票を自民党票にさせる
姑息な手法です。


当選の後は
自民党総裁が安倍晋三ですから
党の方針に従います、とか
党議拘束で、
安倍総裁が決めたことに
政党人として身動きできなくなるのです。



党員ですから
当たり前のことです。



自民党が生まれ変わるかと思いきや
総裁が安倍ならば
強権の安倍晋三内閣が続くのですね。


これが政党政治です。


地元の立候補者の個人の話を聞いて
個人に投票しても
政党としての縛りが国会にある以上
個人の力は
無いが等しいのです。


だから
政権政党を明確に変えるしか
政治を変えることができません。



政治家の詐欺は
もう始まっています。

安倍の悪口を言う自民党員、
安倍の政策を変えていくという自民党員、
彼らは、皆詐欺師です

反安倍感情を逆手にとって
見掛けの騙し作戦です。
 

安倍の政治に反対するならば
自民党籍を離れる議員こそ
信頼されるべきです。
それが
正解です。

私は
このために少数多党制になっても
それがいいと思います。

大政党は
個人の考えを押しつぶしてしまうもので
良いことはありません。

ただ大政党の争いは
多数決がわかりやすくなるという利点だけで
それは
国民の利益に直結しないと言えます。
権力者のご都合主義です。


多党制には
選挙制度を中選挙区に変えなければなりません。
庶民の考えは
千差万別なのですから
広い意見の受け皿が必要です。


選挙制度から見える政治を
よく考えて投票しましょう。





2016.4.13-3<進>

AD

コメント(4)