劇団唐組 公式情報

劇団唐組からの情報を掲載します。
詳しくはこちらにお問い合わせ下さい。

165-0034 中野区大和町4-3-9 03-3330-8118

13:00~17:00(公演期間中は11:00~14:00頃)


テーマ:
唐組・第58回公演
  『夜壺』
作=唐十郎
演出=久保井研+唐十郎

 マヌカンの手に触れるとき、
 君は訪ねる人形の都へ



【物語】
 白く艶やかなマヌカンの手が、清掃車に飲み込まれる。
 その寸前、清掃車に手を突っ込みかけた織江。そしてマヌカンの手を救った、清掃局員・有霧。入院した有霧の病室を見舞った織江から贈られたのは、まっさらの、ガラスの溲瓶であった・・・・・・。

 不況にあえぐ奈田マヌカン。織江は自分の作ったマネキンに「ヴェロニカ」、「ゼルヴェンティーナ」と名付け、愛情を注いでいた。しかしその工場には、大手靴屋からの買収話が持ち上がっている。ホストクラブ〈ヒアシンス〉でNo.1に成り上がった奈田所長の弟・禮次郎は、この買収話を進めようと、一日一体、人形を捨てにやってくるのであったーーー。
 奈田マヌカンを諦めきれない織江は、苦肉の策で大手靴屋にアプローチする。その情熱に打たれた有霧は、友人・英とともに織江を手助けする。二人にも、勤めた店が倒産した過去があるのだ。
 織江のマネキンの名前の由来となった、ホフマン「黄金の壺」。
 織江が贈った溲瓶の謎が解けるこの夜、奈田マヌカンは人形の都へとうつろっていく。
 奈田兄弟がマザーと慕った人形たちが、ここで起こる全てを見ていた。

 西暦二〇〇〇年。ミレニアムで騒然とする世に唐十郎が挑んだ人形幻想劇。一六年の時を経て、眠りを覚ましたマヌカンたちが再び動きだす!!


【役者陣】

久保井研
辻孝彦
藤井由紀
赤松由美
気田睦
岡田悟一
南智章
清水航平
福本雄樹
小林耕平
河井裕一朗
福原由加里

奥山ばらば
丸山正吾


【開演時間】毎夕7時(6時30分開場)

【入場料】 前売券3,500円 当日券3,600円
学生券3,000円(劇団でのみ販売)当日受付で学生証をご提示下さい。


【公演場所・公演日程】 ※週によって公演曜日が異なりますのでご注意下さいませ。

(JR「御茶ノ水」駅より徒歩10分、東京メトロ半蔵門線/都営三田線「神保町」駅より徒歩6分)
2016年10月8日(土)9日(日)/14日(金)15日(土)16日(日)/22日(土)23日(日)

(「池袋」駅・都電荒川線「鬼子母神前」駅・副都心線「雑司ヶ谷」駅下車)
2016年29日(土)30日(日)/11月4日(金)5日(土)6日(日)

チケット取扱所
・唐組 ☎︎ 03-3330-8118
チケットぴあ☎︎ 0570-02-9999(Pコード:453-726)
イープラス (パソコン&携帯)
シバイエンジン 




[唐組事務所] 〒165-0034 東京都中野区大和町4-3-9
Tel/Fax 03-3330-8118


唐組さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。