劇団唐組 公式情報

劇団唐組からの情報を掲載します。
詳しくはこちらにお問い合わせ下さい。

165-0034 中野区大和町4-3-9 03-3330-8118

13:00~17:00(公演期間中は11:00~14:00頃)


テーマ:
今日は。
春公演の日程などなど決まりました!!
今回の春の紅テントは、大阪、長野、そして静岡公演を行います!!


東京・大阪の一般予約開始は
3月13日
午前11時~午後7時
03-3330-8118

大阪公演をご希望の方は090-8168-5353TRASH2 さんまでお願いします。
です。お電話ドシッドシお待ちしています!!!
優先予約は、前日の3月12日、同時間です。ハガキをお手元にご用意してお電話ください。

※長野、静岡公演の前売が決まり次第アップします。

唐組第57回公演
改訂の巻「秘密の花園」
日暮里はキャバレーの多い町です。
日暮里は、鶯谷の先にあり、主に、乗り換えに使われる駅であることも知っています。
でも、日暮里駅の前に、一本の、うるしの木があることは忘れてました。

作=唐十郎
演出=久保井研+唐十郎

[役者陣] 久保井研/辻孝彦/藤井由紀/赤松由美/気田睦/岡田悟一/土屋真衣 他

[開演時間] 毎夕7時(6時30分開場)

[入場料]  前売券3,500円  当日券3,600円

     学生券3,000円(劇団でのみ販売)当日受付で学生証をご提示下さい。
※入場整理券(前売券と引き換え)及び当日券は、
午後2時より受付にて発行致します。
※ 独立した幼児以外の幼児は入場をご遠慮下さい。

[唐組事務所] 〒165-0034
      東京都中野区大和町4-3-9
      Tel/Fax 03-3330-8118

[公演場所・公演日程]

大阪=南天満公園(地下鉄谷町線「天満橋」駅より10分、堺筋線「北浜」駅より12分、
JR東西線「大阪天満宮」駅より10分)
4月29日(金)30日(土)5月1日(日)

東京=新宿・花園神社(「新宿」駅・地下鉄「新宿三丁目」駅下車)
5月7日(土)8日(日)/13日(金)14日(土)15日(日)
6月10日(金)11日(土)12日(日)

長野=長野市城山公園 ふれあい広場
5月20日(金)21日(土)22日(日)

東京=雑司ヶ谷・鬼子母神(「池袋」駅・都電荒川線「鬼子母神前」駅・副都心線「雑司が谷」駅下車)
5月28日(土)29日(日)/6月3日(金)4日(土)5日(日)

静岡=駿府城公園 富士見広場
6月18日(土)19日(日)

[前売り開始] 3月13日(日)

[チケット取り扱い]

唐組      Tel 03-3330-8118
チケットぴあ  Tel 0570-02ー9999

イープラス  http://eplus.jp/karagumi/

シバイエンジン
東京用
大阪、長野、静岡用
[問い合わせ] 唐組 Tel 03-3330-8118





[物語]

日暮里にあるひしゃげたアパート。そこに暮らす夫婦の元に、アキヨシは通っている。キャバレーホステスの一葉(いちよ)とポン引きの夫、大貫。アキヨシは毎月の給料を二人のところへ届けているのだ。託児所で火事を出し、その負債から水商売に身を落とした夫婦ははばかることなくアキヨシの給料を期待している。

 アキヨシは一葉にプラトニックな思いをいだいていた。夫の大貫も金のためか、そんなアキヨシの割込みを容認。奇妙な三角関係は二年続いている。

一葉はアキヨシにあるおとぎ話をよく語り聞かせた。それは生まれる前の港で、契りをかわしたというメルヘンである。
「きっと一緒だよ、向うに着いてもきっとね」と。

その一方で一葉は、かじかから執拗な求婚を受けていた。町中の女たちが自分のモノと信じて疑わないかじかは殿の威を持ってすれば女という女は自分になびくと豪語する。しかもかじかに無理やりはめられた婚約指輪はまじないがかかったかの様に一葉の薬指から抜けないのだ。

 そんな中、アキヨシが告げる一葉への衝撃の告白。姉の双葉(もろは)もそこにあらわれ……

日暮里の森の中、また秘めたる廃園の扉が開く!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

唐組さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。