1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-04-23 21:28:58

なみなみのなみなみはみな、なみなみなのだ。

テーマ:段ボールの作品たち

なみなみ。

 

なみなみなみなみ。

 

なみなみなみなみなみなみ。

 

 

 

 

毎日、

 

段ボールの断面のなみなみ模様を見ているので、

 

目をとじても、

 

なみなみがゆらゆらとまぶたの裏で動きます。

 

 

私たち

段ボールアートユニットLUNA..CLIP..(ルナクリップ)は、

 

段ボールのなみなみ模様で作品を造形するユニットなので、

 

作品制作をスタートする前は、

段ボールを細かく切ってチップを作る作業の毎日でありまして、

 

 

ひとつの作品に使う段ボールのチップは、

大きい作品だと約1万個。

 

 

チップの大きさは、大小さまざま。

 

 

これらが積み重なって、

 

作品が産声をあげるのでありまする。

 

 

 

 

もしも、

 

この世が、

 

段ボールのなみなみ模様ですべて作られていて、

 

見渡す限り、

直線と曲線の連続の風景だったとして、

 

床も天井も、

 

窓を開けたら、

 

道路も、

木も、

 

山も、

 

空も、

 

みんなみんな

なみなみで、

 

ついには、

 

宇宙も

なみなみで、

 

惑星たちが

みんなみんなみんな

 

なみなみなみなみなみなみなみなみ

 

 

なみなみなみなみなみなみ

 

やばい。

 

妄想しすぎて、

脳みそも

なみなみになってきました。

 

 

ちょっと休憩。

 

の、

 

日記タイムでありました。

 

*******************************************************************
LUNA..CLIP..のホームページでは、段ボールから生まれた作品たちが息をひそめております。

LUNA..CLIP..のfacebookページでも随時情報を更新してゆきますので、
こちらも是非覗いてみてくださいね。↓
https://www.facebook.com/LUNACLIP.web/

 

LUNA..CLIP..の、

お部屋に飾るためのちいさな作品たちは、

以下のサイトからご購入いただけます。

 

GALLERY TAGBOAT

http://ec.tagboat.com/jp/products/list.php?author_id=541&tngs_flg=1

 

絵画の測り売りサイトART Meter

http://www.art-meter.com/profile/?UserID=000629

 

ペタしてね

2018-04-18 22:41:10

LOVELESSに震えがとまらぬ夜。

テーマ:マウスでお絵描き

今日は、

 

「ラブレス(LOVELESS)」

という映画をみてきました。

 

 

うん。

 

 

あああ、

うん。

 

 

久しぶりに、

静かに心を撃ち抜かれました。

 

 

「失踪した『愛せない息子』

 その行方を追う身勝手な両親が見つけるのは、

 本当の愛か、空虚な幸せか。」

 

予告編とちらしで

この言葉を目にした時から、

 

ずっと見ようと決めていました。

 

 

結果として、

 

身勝手な両親が見つけたのはどっちだったのか。

 

 

 

こどもは、

親を選べない。

 

「産んでくれって頼んだ覚えはない」

なんて、

 

反抗期の中学生が売りことばに買いことばで親に言いそうな言葉を

もし耳にしたとしても、

 

なんか、その気持ちわからなくもないと思ってしまうのは、

私が「親」の経験がないからか?

 

 

 

子は、

生まれてくることを拒めない。

 

 

育ててもらっておきながら勝手な言い分だと言われたとしても、

それが事実だと

私は思う。

 

 

だからかなのかどうかはわからないけれど、

 

 

どんなに身勝手な親だったとしても、

こどもは全力で憎むことができない。

 

憎めないから苦しいのだ。

 

 

 

 

 

 

 

自分が身勝手な親に

ならない自信は?

 

ゼロ。

 

だからというわけだけではないけれど、

 

私と忠臣は

こどもを作らない人生を選択して今日に至る。

 

 

「産んでみたら案外親になれるもんだよ」

なんて、

周りから言われたこともある。

 

 

いちかばちかで挑戦するのは、

何事でも結構好きな方だけど、

 

 

こどもだけは

絶対に嫌だ。

 

だって、

 

 

こどもは、

親を選べない。

 

し、

 

どんなに身勝手な親でも、

こどもは親を憎めない。

 

 

 

この映画の原題は、

「Nelyubov」で、ロシア語で「嫌い」という意味らしい。

 

これに、

「ラブレス(LOVELESS)」という邦題をつけた人、

すごいと思った。

 

まさに、

 

LOVE   LESS

な映画だった。

 

 

本当の愛ってなんだ?

 

空虚な幸せに気付いたら、

その神話をどう受け入れたらよいのか?

 

 

「幸せを渇望し、愛を見失う」

 

 

チラシに綴られている文字を見ていると

背筋がぞくっとする。

 

 

いい、

映画でした。

 

*******************************************************************
LUNA..CLIP..のホームページでは、段ボールから生まれた作品たちが息をひそめております。

LUNA..CLIP..のfacebookページでも随時情報を更新してゆきますので、
こちらも是非覗いてみてくださいね。↓
https://www.facebook.com/LUNACLIP.web/

 

LUNA..CLIP..の、

お部屋に飾るためのちいさな作品たちは、

以下のサイトからご購入いただけます。

 

GALLERY TAGBOAT

http://ec.tagboat.com/jp/products/list.php?author_id=541&tngs_flg=1

 

絵画の測り売りサイトART Meter

http://www.art-meter.com/profile/?UserID=000629

 

ペタしてね

 

2018-04-13 22:48:18

「我慢」も悪くないもんだ。

テーマ:段ボールの作品たち

日本人は、

 

「我慢(がまん)」が得意だと、思う。

 

そのせいか、

「我慢」には、

なんとなくネガティブなイメージがあって、

 

「我慢」が大の苦手な私としては、

 

「がまんしなさい」

と言われるのがすごく嫌い。だった。

 

そのせいで、

 

まあ、

辛抱のない人間に育ってしまいましたが、

 

ただいま「我慢」を勉強中。

 

 

そうすると、

なかなか「我慢」も悪くないと思えてきました。

 

 

話かわって、

 

私たち段ボールアートユニットLUNA..CLIP..(ルナ クリップ)は、

 

ただいま

こつこつと作品制作中でありまして。

 

 

よーこらっしょー。

 

 

何の顔かは、

まだないしょでございますが、

 

 

色を塗った綿棒を段ボールの断面のなみなみにひとつずつはめ込んで、

 

 

作品が仕上がってゆきます。

 

 

そこで、話戻って、、、

 

 

そういえば、

 

私たちLUNA..CLIP..のアートも、

 

「我慢」の連続から生まれるなあと。

 

 

小さく切り分けた段ボールのチップをひとつずつ積み上げて、

 

一日中作ってても、

その日に進むのはわずか5cm程度の高さ。

 

 

 

私たち二人は完全分業制なので、

 

段ボールをこつこつ積んでいる忠臣も我慢の毎日。

それをずっと、あえて連絡を絶った状態で待ち続ける私も我慢の毎日。

 

 

でも、

 

その「我慢」の連続が、

完成につながるわけで、

 

 

「我慢」って、

決してネガティブな意味ばかりじゃなくて、

 

至福の時に向かうための

すごくポジティブな行為だと思いやす。

 

 

と、

ようやく近頃思えるようになりました。

 

 

「なみだに暮れたら仕合せの合図さ」

「いかりに震えたら仕合せの合図さ」

 

椎名林檎さんの

「やさいい哲学」という歌でも

こんな言葉が紡がれていますが、

 

ほんとにそうですな。

 

ええ歌、です。

 

 

明日も穏やかな一日でありますように。

 

*******************************************************************
LUNA..CLIP..のホームページでは、段ボールから生まれた作品たちが息をひそめております。

LUNA..CLIP..のfacebookページでも随時情報を更新してゆきますので、
こちらも是非覗いてみてくださいね。↓
https://www.facebook.com/LUNACLIP.web/

 

LUNA..CLIP..の、

お部屋に飾るためのちいさな作品たちは、

以下のサイトからご購入いただけます。

 

GALLERY TAGBOAT

http://ec.tagboat.com/jp/products/list.php?author_id=541&tngs_flg=1

 

絵画の測り売りサイトART Meter

http://www.art-meter.com/profile/?UserID=000629

 

 

ペタしてね

2018-04-07 23:08:28

一周まわると「キモい」も「かわいい」。

テーマ:マウスでお絵描き

抱かれたくない男、堂々一位の座を譲ることのなかった

我が師匠、出川哲朗氏の、

近頃の人気がすごいです。

 

いつぞやかの番組で、

ウッチャンが、

 

「一周まわると『気持ち悪い』も『かわいい』になるんですね」

 

と感心してましたが、

 

出川師匠自身が、

 

おそらく、

 

ずっとぶれることなく、

「お笑い」をやり続けてきた結果なのだと、

思います。

 

なんて語っている私も、

 

昔は、

 

うるさいだけでつまらん芸人だな、なんて、

嫌ってたりもしたのですが、

 

あるときから、

 

彼は私の心の師匠となりました。

 

 

「ぶれない」

 

ってすごい、と思う。

 

ということに気づかされたからなのでありまして。

 

 

出川師匠は、

 

「リアクション芸なら誰にも負けない」

という信念を貫き続け、

 

また、

 

ばかだ、きもいだ、と言われても言われても、

自分の良さを間違えなかった。

 

 

自分と違う種類の人間というのは、

輝かしく見えるもの。

 

だから、

 

ついつい

自分もそのチームに入りたくなってしまう。

 

 

例えば、

イチローみたいに、

クールでかっこよくありたいし、

 

椎名林檎みたいに、

ストイックでありたい。と、憧れてやまない。

 

たまに血迷って

出来もしないのに

深くものごとを考えてみようとしたり、

冷静さを無駄に保とうとしてみたりすると、

 

必ずや、

おかしなことになる。

 

 

そんなとき、

 

創作のパートナーである忠臣に

「出川師匠を見習って」と、言われる。

 

はじめは、

 

なんで出川だよ。

 

と、思っていたけど、

 

今はわかる。

 

 

彼は、

ぶれない。

 

 

すごい。

と、思う。

 

 

その証拠に、

 

「抱かれたくない男」は、

一周まわって、今は、人気者だ。

 

 

あ、

加えてもう一人。

 

忠臣から

見習うように言われているのは、

 

狩野英孝氏。

 

うん。

彼もぶれない。

 

リスペクト。

 

*******************************************************************
LUNA..CLIP..のホームページでは、段ボールから生まれた作品たちが息をひそめております。

LUNA..CLIP..のfacebookページでも随時情報を更新してゆきますので、
こちらも是非覗いてみてくださいね。↓
https://www.facebook.com/LUNACLIP.web/

 

LUNA..CLIP..の、

お部屋に飾るためのちいさな作品たちは、

以下のサイトからご購入いただけます。

 

GALLERY TAGBOAT

http://ec.tagboat.com/jp/products/list.php?author_id=541&tngs_flg=1

 

絵画の測り売りサイトART Meter

http://www.art-meter.com/profile/?UserID=000629

 

ペタしてね

2018-04-01 23:56:18

血と肉と、少女の性。

テーマ:マウスでお絵描き

今日は、

 

「映画の日」だったので、

夕方から映画館へ出かけました。

 

渋谷にあるちいさな映画館で、

「イメージフォーラム」というところ。

 

久しぶりに足を運びましたが、

前と変わらぬ雰囲気に、なんか安心しました。

 

相変わらずの、

整理券を配っての自由席。

 

窓口でいそいで席を選ぶのではなく、

入場してから好きな席に行けるから好き。

 

こういうちいさい映画館がどんどんなくなってゆくのは

さみしいかぎりです。

 

そういえば、

むかしむかしに、

 

「ヴァイブレータ」という映画をみて寺島しのぶさんのことが好きに

なったのもこの映画館だったし、

 

 

「いのちの食べ方」という映画は、

この手のテーマの映画特有のおしつけがましさのない爽快な作品で、

これもやっぱりこの映画館で見たな、と、懐かしく思ったり。

 

 

で、

 

今日見たのは、

 

「RAW  少女のめざめ」

という映画。

 

ベジタリアンの一家で育った少女の、

生肉を初めて口にしたことがきっかけで覚醒していく性。

 

なんとなく

この謳い文句に魅かれて見に行きましたが、

 

なんとも、

 

生臭く

悲しく

美しい

映画でした。

 

 

スクリーンに映し出される

血、血、血。

 

肉、肉、肉。

 

 

実は私、

 

日常生活においても、

 

「血」が大の苦手で、

 

指のさきっぽをちょっと切っただけで、

自分の血を見て貧血を起こした経験もあるのですが、

 

 

この作品は

しかと見届けたくて、

 

喉の奥の方から、

嫌なものがあがってくる感覚を我慢しながら

スクリーンから目を離さないようにしておりました。

 

 

 

結局、

 

何が言いたかったのか。

 

とか、

 

テーマは何だったのか。

 

とか、

 

 

そんなこと四の五の言わせない強さがある映画は、

 

結局のところ、

いい映画だと思います。

 

 

帰宅してからしばらく、

お腹をくだしまくっていた私ですが、

 

それほどまでにこの映画の衝撃が大きかったのか、

食い過ぎなのかは、

定かではありません。

 

 

 

 

映画館で、

 

脳みそも心も

血まみれになってみてふと思ったのですが、

 

 

どうして、

 

生理の血だけは、

目にしてもこんなに正気でいられるのでしょうか。

 

便器の中が血まみれになろうと、

 

お風呂場で床が血まみれになろうと、

 

気を失ったことは一度もない。

 

慣れ?

 

それとも、

赤ちゃんを作るために必要な出血ということが、

生まれながらにしてちゃんとわかっているから?

 

ふむ。

 

 

話はそれましたが、

 

こういう映画を上映してくれるちいさな映画館が、

これからもつぶれずにいてくれるといいなと願う今宵でありました。

 

おやすみなさい。

 

*******************************************************************
LUNA..CLIP..のホームページでは、段ボールから生まれた作品たちが息をひそめております。

LUNA..CLIP..のfacebookページでも随時情報を更新してゆきますので、
こちらも是非覗いてみてくださいね。↓
https://www.facebook.com/LUNACLIP.web/

 

LUNA..CLIP..の、

お部屋に飾るためのちいさな作品たちは、

以下のサイトからご購入いただけます。

 

GALLERY TAGBOAT

http://ec.tagboat.com/jp/products/list.php?author_id=541&tngs_flg=1

 

絵画の測り売りサイトART Meter

http://www.art-meter.com/profile/?UserID=000629

 

ペタしてね

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。