GREENSのブログ

京王線明大前駅より徒歩3分!!ジャイロトニックのセッションスペース『GREENS』のブログです♪


『GREENS』のホームページこちらをクリック 合格





こんにちはラブラブ


ブログに遊びに来て頂きありがとうございますビックリマーク


『GREENS』ではジャイロトニックというエクササイズを提供しています♪


京王線明大前駅より徒歩3分スポーツの便利な場所で通いやすいアップ


セッション料金やエクササイズについて詳しくご覧になりたい方は、


ホームページをご覧くださいませニコニコ





NEW !
テーマ:
これもセッションしながら思った事。

体が疲れる前に脳が疲れている、のだと思う。

エクササイズをしていると、ゆっくり動けばしっかりコントロールして動かすという指令がちゃんと筋肉に伝わる。

けれど、動きが早くなったり負荷が増えたりすると、途端に脳からの指令が筋肉に届かなくなる。

これって、筋肉がないと言うよりも、脳がパニックして指令を送れなくなるからだ。スピードや負荷に慣れて指令が届くようになれば、ちゃんとコントロール出来る。

持続力に関しては筋肉量の問題だと思うけれど、脳からの指令を筋肉が遂行出来ないって事は、どのみち脳か体が疲れてますね。

そして、調子が悪くなっていく時のパターンを考えてみると、忙しかったり考え事ばかりしていると、脳から筋肉に指令を送る余裕がない。だから、雑な動きになって調子が悪くなるのじゃないかと思う。

だから、疲れって体が感じる前に既に脳みそで始まっているんじゃないかしら?

脳みそが疲れた時にちゃんとキャッチ出来れば体の調子はあまり崩れないんじゃないかな?

そして現代を考えてみると、テレビや携帯電話や広告やチラシや本を読んでいる時だって、どんどん脳は情報処理に疲れていく。

色々知る事はいいけれど、いらない情報まで入れて脳を疲れさせていませんか?

体の調子が悪いのは、脳の疲れから来ているかもしれません。

京王線明大前GREENSでは、ジャイロキネシスとジャイロトニックというエクササイズを提供しています。

今日、クライアントさんに、マシンに委ねて動いて下さいね〜と言ったら、「アホになる感じでやってます」と言ってました 笑。

たくさん脳を酷使する現代は、「アホになる」って、すごーい大事な事なのかもしれませんね♡

昔、世界のナベアツの3の倍数でアホになるって言う芸が流行りましたねー 笑。意味わかんないけど私も好きだったなぁ。求めてた人が多かったのかも?なんて思い出しました ぷぷぷ。

マシン、重力、リズム、呼吸、トレーナーのサポートに身を委ねて動くジャイロトニックの動きは、脳に良い刺激を与えているのではないかな??と思います。

脳が一つのパターンにハマった時にジャイロトニックをすると、別のパターンの刺激を入れられた感じになります。

是非どうぞ☆
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
苦手な動きは、その人にとって重要なポイントである事は間違いない。

動かし方が良く分からないから気持ち良くない。気持ち良くないからその動きを避ける事でさらに分からなくなって、嫌いになる。

これって、嫌いなものに対する反応なんだなぁって思って。

好きな事だけして生きていこうと良く言われていて、それはそうだとしても、やはり嫌いな事を蔑ろにしていい事にはならないと思う。

ちゃんと出来る上で好みじゃないのか、良く分からなくて苦手だから嫌いなのかは全然違う。

体は、苦手な動きがスムースに出来るようになった時には確実に良い方へ変わっている。

そして、大抵の方は嫌いな動きを紐解いて分かるようになって来ると、その動きが嫌いじゃなくなります 笑。逆に一番好きになるパターンもある!

きっと嫌いなものも同じじゃないかな?

そんな風に、今日のセッションをしながら考えたのでした。

京王線明大前GREENSでは、ジャイロキネシスとジャイロトニックというエクササイズを提供しています。

幸せに生きるために必要なヒントがたくさん詰まっています。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
行動する事が大事の様に言われるけれど、全ての人にとってそうではないと思っている。

何故なら私は、感情を抑制したまま動き回り続けて、結果的に怪我に至った経験があるから。

怪我をしてから何年か経った時、自分が焦りから闇雲に動こうとしているのかもしれないと感じて、行動しようとする事をやめてみた。

それはそれは、すごく苦しかった。

たくさんの罪悪感や不安や恐怖や焦燥感や自己否定の感情が湧き出て来た。
それと共に不思議と、自信や幸福感や満足感や感謝も生まれていった。

それらは全部、自分が感じない様にしていた感情だった。良さそうに思われる感情でさえ、上には上がいるんだから自信を持っちゃいけないとか、悲しい人がいるのに楽しんじゃいけないとか、そんな風に禁止していた事に気付いた。

感じてはいけない(自分が決めてるだけだけど)感情が出てくるのに耐えきれなくて、私は何かをしなければいられなかったのだと思う。

行動しようしようとするのをやめた最初の時期は、周りの人に、もっと外に出ていった方が良いとか、行動しないと変わらないとか、言われた事もあった。

けれど、それらの言葉はその時の私にはとっても逆効果に感じられた。

ついこの間やっと、私は自分の感情について、本当の意味で全てにOKを出せていなかったんだなぁと気付いた時、行動しても無駄な場合がある理由がはっきりと分かった。

もしかしたら全く無駄ではなかったのかもしれないけれど、どんな自分の感情にもバツをつけない、本当の意味でジャッジしない 大切さが分かってから、どんなに行動しても満たされることはなかった満足感や安心感を、前とは比べものにならない程感じる様になった。

だって、どんなに醜い感情を感じても、自分の人生にはプラスにしか働かない事が分かったから。(感情を感じた後は、冷静に現実を見ます^^)

まずはどんな自分の感情も一度受け止めたら、その後行動するもしないも好きで良いのだと思った。

人は絶対に(絶対と言う言葉があまり好きではない私だけど、ここは言っとく)、自分が良いと思うものに向かって進む様になっている。

でも、その「良い」を勘違いしている事がある。感情をちゃんと感じなければ、自分にとって本当に「良い」選択は出来ないのだと思う。



京王線明大前GREENSでは、ジャイロキネシスとジャイロトニックというエクササイズを提供しています。

まずは自分の動きのクセをジャッジせずに見る事が出来ると、感情をジャッジしないという事はより容易くなるのではないかしら?

体の事の方が分かりやすいのは、ちゃんと見える形があるからですねおねがい

小説を読んでいたら、小説風な淡々とした文章になってしまった。こんなのもたまにはいっか!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。