からだからみる育児★0歳からはじめるからだ教育

東京ーバンコク を中心に0歳からのからだ教育を実践中のフィジカルナビゲーター・こつばんママのブログ

0歳からのからだ教育を提唱しているスタジオピボットのこつばんママ・原田です。
「からだからみる育児」を拡げるべく、東京~バンコク(タイ国)をはじめ、
各地の幼・保育園での「足裏測定」や「ママのためのからだ塾」など開催中です。

★主な監修本★
「産後ママの心と体をケアする本」 日東書院刊行 ※一部監修(2011年)
「“健康寿命をのばす” 股関節セラピー」監修 ブルーロタースパブリッシング刊行(2013年)
「骨盤底筋マジック」辰巳ムック刊行 ※一部監修(2013年)
「いくつになっても歩ける「股関節調整」監修 ブルーロタースパブリッシング刊行 監修(2014年)
「ゆるめて楽に股関節」執筆(2015年~2016年 各地方新聞に連載)
「リンパを整えてキレイになる やさしいストレッチ」 成美堂出版刊行 監修(2016年)★新刊!
http://www.studiopivot.com/seminar/vimeo.limph.html


■0歳からはじめるからだ教育(東京・バンコク)■
★東京・目黒区★
スタジオピボット本部で行っています。
・こどもの関節力診断
・発々こどものからだ塾
 http: //studiopivot.seesaa.net/category/12734643-1.html

★タイ・バンコク★

・親子足裏・靴減り診断
 http: //studiopivot.seesaa.net/article/431204525.html
・ファミリーからだコンサルティング(バンコクのみで実施)
 http: //studiopivot.seesaa.net/article/431348509.html

講演会のご依頼について
幼稚園・小学校・中学校などの公共機関での講演会も受け付けております。
詳細はフォームよりお問い合わせをお願い致します。
フォームにご希望など詳細をご記入の上、お問い合わせくださいませ。
宜しくお願い致します。
http://www.studiopivot.com/contact.html

テーマ:
本家ブログにもアップ
前回お知らせしたMYLOHAS記事の続編!



Vol.1と続けて読むと納得の対談。
身体の核なる部分は全てに通じるなぁーと納得。




靴と下着、フィッティングの極意は「からだ」から。
自分の体感覚有りき。
商品に振り回されず、自分に合うのはこれ!と感じられる能力が大事。
「どのブランドがいいですか?」には、回答出来ない。
どんな時に、どんな感覚で、どう自分を表現したいのか?

ユニクロのブラトップも
シバリスのランジェリーも

靴流通センターの靴も
マノロブラニクの靴も

「意識」がどこにあるか?で、決まる。

それを心地よいと感じるかどうか?
そして、それをどう表現したいのか?

全ては、自分がどうありたいか?で決まるんじゃないかな。

ファッション性と機能性
どっちも「私の感覚」。
ワクワクすることが根っこ。
機能性重視でワクワクできる時もあるし
ファッション性重視でワクワクできる時もあるけど
やっぱり両方の満足があるのがいいな。
だから、どっちも譲れない。

ユニクロもシバリスも必要な理由はそれ。

ワクワクを最大限に感じれる「からだ作り」を伝えたい♡
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

タイで配信中のフリーペーパー、nico-laboの連載も24回目の原稿を出し終えました。

ここで、ちょっと一息・・・お休みします。

その代わり・・・と言っては何ですが、この24回分の記事を基に、小冊子を作成中です。

「発々こどものからだ塾」の塾生ママのため、教科書として配布予定。

今後は販売の方向も考えています♪

 

昨日はいつも幼稚園コンサルデイ

その中で、「おねしょ」の話が多く聞こえてきました。

幼稚園や保育園は、夏にお泊まり保育があるところが多いため、

この時期になると、先生方と「おねしょ対策」なるお話をすることがとても多いです。

なので、、ちょっとnico labo過去記事をちょいと加筆修正した「おねしょ」記事です。

参考にどうぞ♪

 

案外多く寄せられる質問のひとつに「おねしょ」があります。そのうち改善しますよ、と言われる症状の一つ。

膀胱の働きは自律神経がコントロールしています。

 幼児期は、この自律神経の発達段階。約6歳くらいまでの間に8割くらいの成長が整うと言われています。


 

 

 つまり、6歳くらいまでの間に、おねしょがなくならない=自律神経のコントロールがうまくいっていない、という事でもあるのです。

 この自律神経は、私たちの体(内臓機能や内分泌、ホルモンなど)を正常に保つために機能している神経です。

 おねしょが続くお子さんは、寝ていても交感神経が優位になってしまう状態が考えられます。その原因は様々。我が家の例で言えば、娘が4歳の頃、引越しをして、寝る部屋などの環境が大きく変わり、落ち着かず、よく前のお家に帰りたい、と言い寝入っていました。その頃、立て続けにおねしょが続き、寝る前に頭や目が休まるように目の温湿布やマッサージをし、副交感神経へ導いたことで、おねしょは数日で治まりました。

 その他の原因には、幼稚園行事が続くことで、緊張がなかなか抜けないというもの。これは本当に多く、比較的男の子の方が多いと感じます。これは、発達が女の子の方が早めであることから、日中の処理も早くストレスが経過しやすいのかもしれません。また、寝る前の絵本の読み聞かせが、原因になることも。

 もし、おねしょが気になる場合は、自律神経の切り替えがうまくできているかどうかを観察しましょう。

また、これも「こどものからだラボ」での経験から、女の子より、男の子の方が多いみたいです。保護者からの相談も圧倒的に男の子ママから。

 

元来、男の子方が、「リラックス」とか「切り替え」が苦手なのでしょうか?

女の子は幾つになっても、おしゃべり大好き、女子会好き。

甘いもの、デザートは別腹で、リラックスをいつでもできる。

そんなイメージ。

 

リラックスに導く方法ってたくさんあるのだけれど、お子さんによって違うのです。

大人でも、「アロマでリラックス」できない人がいますし、

甘いものが苦手であれば、デザートと女子会は苦痛でしかない。

 

こうやって心と体を学んで、出産、育児を通し、

「からだから見る育児」を提唱しているけれど・・・幼少期の体調、めっちゃひどかったです。

その幼少期の「芽」が、成人して、子宮内膜症となり、それを完治するプロセスに。

その中にはいろんなメッセージがありました。

誰のせいでもないなぁ、と。

「自分で自分の体に責任を持つ」

そのベースを娘に教育できれば、それでいいな、と。

 

いつも講演会でこのおねしょの話や、娘が便や尿の状態から、

自分で食べるものをコントロールするお話をしています。

「手間」がかかるんです。

でも、その「手間」が育児なのかなぁ、、、と。

我が家のモットーは生き抜く力を身につける、です。

自分の体調、自分で知ってるのが一番強みになる。

体の重い日はパフォーマンス上がりにくい、

体が軽いと、頭の中もサクサク、行動的。

そんな体験を6歳までにどのくらい染み込ませてあげられるかなぁ、とやってきた6年間。

7歳に一歩ずつ近く娘との対話、とても楽しいです。

 

夏至から始まる色々なこと。

おねしょに悩んでいる人に届くといいなぁ・・・

 

【追記】

そうそう。講演会で話していること、もう一つ。

恩師の宮川さんがよく「お母さんが厳しいとおねしょは治らない」といっていました。

実際、、、中学生までおねしょしていた〜という話を聞いた時に、お母さんがとても厳しい「ルール」を持っているお家でした。

その「ルール」がダメなのではなくて、おねしょの原因は「切り替えができない」からなのです。

我が家の娘のように「もっと優しく怒って」とか、叱っている最中に、ブルゾンちえみの真似をしたりするような性格の子は、厳しくしてもスルーします。

細かいことによく気づいたり、人のことが気になったり、自分のことをちゃんと表現できない、など、本心と実際の行動にギャップがある性格のお子さんは、割と怒られると切り替えできずに、体の強張りが強くなって、交感神経優位のまま夜を迎えてしまうようです。

6歳すぎると、「自我」も強くなりますから、「お母さんのためにいい子でいた方がいいや、怒らないし」と考える性格のお子さんは、お母さんが厳しくなくても、結果的に自分で自分をぎゅっと心の縛りを作るので、切り替えが苦手になってきます。

怒ったあと、どんな反応するのか?

どんな回避をしているのか?

それも、おねしょの改善につながります!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

STUDiO PiVOT代表の夫・平山の記事がMYLOHASに掲載中です!

ウェブマガジンは、SNSでシェアしやすいですね。

https://www.mylohas.net/2017/06/062702vol1_1.html

 

 

取材が本当にテンポよく進んでいて、話が尽きない・・・

中継したくなっちゃうようなお話でした。

この記事に出てくる「坐骨」と「背中」は、意識次第。

こんなケアをするだけで、服の着こなしも変わります★

 

坐骨を作るエクサ

https://vimeo.com/149955242

 

背中を作るエクサ

https://vimeo.com/168009067

 

ぜひ、おためしくださいね♩

月の満ち欠けに合わせて配信中のメールマガジン、次は8日(満月前)配信です〜
内容は、「梅雨が始まるよ」。
梅雨時のだるさの「予防」と「改善」お楽しみに!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「ヨガはやったことがないです。」

「体が硬いけど大丈夫ですか?」

 

結構、この質問が多いですが、全部大丈夫です。

 

「ヨガであってヨガでない」

 

「体の取り扱い説明書を作る感じ」

 

と、私が感じるヒロコ先生のコンディショニングクラス。

そこに、足裏診断を交えることで、より理論的に体を捉えることができます。

 

「なんとなくだるい」

「運動をしろって言われたけど、何からしていいかわからない」

「自分にあった運動がなんだかわからない」

 

こんな疑問も解決です。

 

自分自身の立ち位置を知ること。

それが、自己肯定感につながる。

 

自分を大切にする、ってわかるようでわかりにくい。

自分を甘やかすことではありません。

よく頑張った自分にご褒美をあげることでもない。

 

ただ、その自分の状態を把握すること。

 

鳥瞰的に自分を見ることって案外難しい。

 

私、こつばんママが「足裏診断」から

 

そして、ヒロコ先生が「動作」から

 

あなたのその「今の状態を見ることができるように」

ナビゲートします。

 

答えのある世界ではありません。

答えは自分の中にしかない。

 

何歳からでも始められる、

でも、早ければ、早い方がいい。

 

まずは、自分の立ち位置を見ること。

それを理解すること

 

そこから、はじめてみませんか?

 

 

ヒロコ先生もブログ記事に書いておりますが・・・

 

 

 

コンディショニングクラス(ヒロコヨガ)

毎月1〜2回の定期開催

2017年6月15日(木)11:00〜12:30
2017年7月13日(木)11:00〜12:30


費用:7560円(税込)

お申し込みはフォーム(↔クリックしてください)よりお願いいたします。

 

本家ブログにも書いたのですが、このクラスはヨガであってヨガでない。

コンディショニングクラス。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

スタジオの胡蝶蘭、また咲きました。

なんと3回目です♪

一昨年の7月にやってきて、2年目の夏を迎えようとしています。

ただただ、冬にもほっこり陽に当たっているだけなのに

とってもしなやかに元気です。

夫のイトコに胡蝶蘭の育て方を聞いて、その通りにやっているだけ。

本当にうっとり美しいのです。

花が生きる「可能性」を最大限に使えるのは、ある意味「脳」を

持たないからか?なんて感じます。

植物は「振動」をキャッチしているとも。。。

細胞は振動のレベルで反応すると言われてもいますね。

 

私たち人間は、この振動を感じていても、見て見ない振り。

現実起こっていることに振り回されがち。

私自身、静かな時間が減ってしまうと、この振動の存在を忘れ、全身がガチガチに。。。

そして、イライラして、言わなくていいことも言ってしまう。

「口から生まれたのか!」と幼児期から言われるくらいのおしゃべり。

そんな中、静かな時間がなくなると、喋ってしまうのだろう、ともようやくこの歳になって気づくという・・・

 

昨日、ヒロコ先生(https://www.mindbodyarts-shshu.com/

が配信したメルマガの中にこんな一文が・・・(引用許可得ております)

 

”私たちが、脳は10%しか使われない・・。と言われたのには、こんな背景があります。
「脳を構成するもののうち、10%しか【神経細胞】がないから。」

 

エーーーー!!

ですよね?

 

でも、残りの90%は、「環境」とも言えるので、関わろうと思ったら関われる、と、ヒロコ先生。

この文章は、ブルース・リプトン博士の動画からの引用だとのこと。

 

【私たちはいつも同じ(神経回路の)パターン・癖の中で生きているから】

 

とヒロコ先生が言っています。

このメルマガには、これを裏付ける他の文章も書かれていて、

とても読み応えのある内容でした。

ここ最近感じることの中で、この私たちの眼の前に起こっている「現象」と「受け取り方」について思うことが続いています。

その一つには、娘の小学校入学があります。

想定外、といろんな人に言っているのですが・・・

実は、想定内でもあった、ということ。

「何かが起こる」は想定内のこの1ヶ月。

でも、その実際の娘の様子が、こうゆう出方だったか!というもの。

 

私の中にある一つの「パターン・思い込み」が、娘のことを理解するのに、

時間をかけてしまっている、、、そんな気がしていたのです。

 

古いパターンや思い込み。

 

これは、実際に行動でも現れるもの。

 

歩き方の癖

立ち方の癖

 

カバンを持つ手の癖など・・・

 

日常生活のちょっとした「癖」が、そのパターンを作っている。

 

一歩手を伸ばし、俯瞰してみる。

 

この古いパターンは常に上がってくるもの。
そうそう、これは古かったんだ、と思えるその瞬間を、
動作の中で得られると、めっちゃテンション上がります(笑
あーこれこれ、これだった!

そう言って次のステージに動く。

やっぱり、ヒロコ先生のコンディショニングクラスで得ていること、
それは、私自身の古いパターンを知る、そして、新しいパターンを取り入れる。

これなんだなぁ、、、と実感したメルマガでした。

この古いパターンを切り替えて、早く施術のご予約を再開せねば・・・
皆さまより、メールやメッセージを頂いておりますが、
もうしばらく、お待ちくださいませ★

ヒロコ先生のコンディショニングクラス、このパターンの解放というテーマでも
参加いただけると思います。
次回は5/16、まだ空席あります♪

 

 

募集中の講座
★脳と心と体を緩めるコンディショニングクラス★
講師:井上浩子

http://studiopivot.seesaa.net/article/448521604.html

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。