不妊治療ではAMHや年齢で「緊急度」がはかられます。

卵子は毎月1000個づつ減っていくと言われていますので、

残り数が気になります。

そういう訳で

体外受精はもともとの卵管に障害があって妊娠しないかたのための治療から

緊急度によっての治療に変化してきました。


各病院の考え方の違いが、治療法の違いとなり

検査法、培養法、移植法に工夫がこらされ、患者様の身体にあう方法を模索されています。

「貴方の身体に合う治療」は血液検査で予想をたて、統計的考え方でなされます。


  ある病院Aではどの患者さまにも同じ治療がなされています。


  べつの病院Bでは患者様の血液検査数値で治療法が選択されます。


どちらを選べば妊娠可能性が高いのでしょう。そういう選択を患者様ご自身でしなければならない時代に、SEKIMURA鍼灸院では身体を拝見しながらお答え出来るようにしています。


緊急度の高い体外受精をするとしても

これまでの生活と変わらないのであれば、老化に従っていくしかありません。


身体を手に入れるためには、

「緊急度の低い」体作りをしなければなりません。


じつは
緊急度と予防が両立出来るのが「鍼灸治療」のいいところだとおもいます。

その2につづきます
AD