東京へ出張中の飛行機の中です。

1人の時間は、たくさん頭の中で考え事をしてしまいます。

ここ最近、ある悩みがありずっと葛藤して…

久しぶりにめちゃくちゃ悩みました。

私が知った事実を皆さんにお伝えすることで何がどう変わるのか。

私には想像できません。

それでも…

これまで「足が抜ける症状」「カックン病」「ローリング病」などというもので困っている方が全国にたくさんいるということ。

そして、多くの方が周りに理解されず、苦しい思いをしていること。

この症状のせいで引退を余儀無くされた人。

そんな本気で悩んで困ってる全国各地のランナーの方々から、からだドックには連絡があります。

そんな方々の力になりたいと思い、出張も始めました。

何が良いのかわかりません。

やってみないとわかりません。

だから、

私は海外の論文まで調べてみてわかったことを、

思い切って皆さんにお伝えしたいと思います。

ただ、私は医者ではないのでもちろん診断はできません。

足が抜ける症状ってなんなのかということを、
様々な方面から考えられることをお伝えするだけです。

海外の論文に似たような症状のことが書いてあったので、それをお伝えするだけです。

ただ、これを読んだ後に悲観的になる方も中にはいるかもしれません。

絶望的に感じる方もいるかもしれません。

反対に、見えない敵が見えることで先が見えるように感じる方もいると思います。

これを読んでいるあなたがこの事実を知るのと知らないのとでは、どっちがいいか正直私には想像できません。

だからずっと悩んでいました。

でも、1つだけ確かなことがあることに気づきました。

それは、

私の周りには改善している方がいる事実。

だから、諦めずに希望を持ってください。

そして、このブログのことを周りの人に伝えてください。

海外の論文のリンク先も載せておきます。

監督やコーチに見せてください。

それだけでも、この症状で悩んでる方々を理解してもらえるかもしれません。

決して精神論では片付けられない問題だということを理解してもらえるかもしれません。

もちろん精神的な部分がゼロとはいいません。走れなくなってから精神的に落ち込んで症状がひどくなっている方々もいます。

でも、なんの理由もなく、精神的な問題だから気合いで頑張れと言われる辛さを少しでも軽減できるのではないでしょうか。

今回のブログのメインはそこにあります。

理解してもらえる人が増えますように。

そして、決して治らない症状ではないということを伝えていきたいと思います。







私の悩みは、あるランナーの一言から始まりました。

その一言からいろいろと調べていくうちに見えてきたこと。

それは…

足が抜ける症状に似た症状が海外では


runner's dystonia


という名前で呼ばれているということ。

職業性(周期性)ジストニアまたはフォーカルジストニアという言われ方もあるそうです。

これは、特定の職業の人で、同じ動きを繰り返す人に起こる症状。

ピアニスト、ギタリストなどの音楽家。

ゴルファーのイップスや野球のイップスもそうかもしれません。

声帯をよく使う歌手にも起こるとのこと(コブクロもなっていたみたいです)。

これらは、どういう症状なのでしょうか?

例えば、
ピアニストで考えてみると、指を酷使し続け、より効率的にもっと早くもっと早く指を動かそうとすることで、脳内の指を使う領域が過剰に活動してしまう。

効率的に動かそうとすると聞くと、良いように聞こえますよね。

でもこの職業性ジストニアの場合、脳が間違った方法をとってしまうのです。

少し難しいですね。

どういうことかというと…

例えば、薬指と小指を使う頻度が多かった場合、何回も薬指小指薬指小指と連打すると、どんどんその間隔が短くなり、

そんなにたくさん交互に使うならずっと力を入れてた方が楽だろ!と脳は誤判断してしまうわけです。

その結果、本当は繰り返して薬指小指を交互に使わなければいけないところ、持続的に薬指と小指に力が入ってしまう状態になる。
勝手に指が曲がってしまうんですね。

生理学的に考えると、脳内の特定の場所が過剰に活動してしまった状態…脱分極の時間的加重になるのかな?

それが持続的に起こり続ける。

多分…

詳しい方がいたら教えて欲しいです。

うーん…

もっと簡単に言いたいけど…力不足ですみません…。

おそらく足が抜ける症状で困っている選手の中には、ハムストリングスの力が抜けず膝が伸びないという方が多いと思います。

走る時は、股関節の屈曲伸展と膝関節の屈曲伸展、足関節の底屈背屈が繰り返し繰り返し起こります。

この繰り返しの動作のどこかがおかしくなってるんだと思います。

例えば、
ハムストリングスが働きすぎて、その反対の大腿四頭筋が使えずに膝が伸びなくなる。

前脛骨筋が働きすぎて、その反対の下腿三頭筋が使えずに足首が背屈位で固定されてしまう。

などなど。

心当たりがある方が多いと思います。

では、海外ではどのような治療がされているでしょうか?

The small existing literature suggests treatment is challenging and may include medications, physical therapy, bracing, or botulinum toxin injections. ”


引用:

とあるように、内服治療、physical therapy、装具、ボツリヌス注射がメインで、まだまだ海外でも試行錯誤中らしいです。
そのほかにDBSなどの外科的治療もありますが、
内服治療やボツリヌス注射含め全て副作用が考えられます。

ですので、まずは、physical therapyから始めてみることがいいかと思います。

では、physical therapyって何でしょう?

physical…理学
therapy…療法

そうです。

理学療法なんです。

だから、からだドック代表の西山が理学療法士なので理学療法士の知識を活かした、身体のメンテナンスも有効なのだと確信しました。

そして、脳内のイメージと実際の身体とのギャップというところも、ほぼ間違いないかと思いました。

足が抜ける症状ってなんなのか分からずに不安だった方が、これを見て良くなる方法があるんだよということが少しでも伝わればと思います。

ジストニアと言われると、何か大変な病気ではないのかと思ってしまう方もいるかと思います。

そこが1番気になっていたところ。

これまでジストニアだか足が抜ける症状だかカックン病だかローリング病だか得体の知れない症状と戦ってきた西山個人の考えは…

身体の使い方を1から見直して、

必要な筋肉を鍛え直して、

頭の中のイメージを書き換えて、

きちんと練習量を調整して、

治したい気持ちがあれば、それだけで改善している人がいる!

その事実があるだけで希望が持てるのではないでしょうか?

そう!オリンピックに向けて頑張ろう!


からだドックに来ている方で、少しずつ改善している方からのメールが来たので、最後にその言葉を載せたいと思います。(もちろん本人からの承諾済みです)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
西山さま

こんにちは。
先日は長い時間ありがとうございました。
色々教えて頂け、あっという間の時間でした。

あれから少し走ってみたところ、
またまた嬉しい変化が沢山感じられました。

ツイスト走法、教えて頂いたように背骨を軸に回すイメージで走ってみると
今までと全く違いました。
ブレが少なくなって視線が動かなくなりました。
ずいぶん楽に感じ、走り方を変える以前のピッチで走れるようになりました。今までガシガシ着地していたのが少し滑らかになったようにも思います。
今までいかに体を揺さぶって走っていたかがよくわかりました。
(ツイスト走法はそうなのかと思ってたのですが)
さらに、カックン症になってからは全くわからなかった体の中心が
いっときですが、さぐれる感覚ありました。
その時は左の腰が前にでて固定された感じでした。
今まで、左が後ろに下がってブレていたからだと解釈しているのですが、、、。
一瞬ですが左右バランスよく走れたことはとても嬉しいです。
少しずつでもこの時間が長くなればいいなあと思っています。

ほか、
歩いていて気づいたのですが。
今までは、脚を出す時に骨盤を動かしておしりの外側を使って脚を出していたようですが、
腸腰筋を使って脚をだして歩くようしてみると、
着地の落ち込みがなくなり重心が少し上に上がった感じがしました。
ひざ下が前に伸びるようにも思います。
先生の少し以前のblogの、筋の作用転換ということでしょうか?
読んだ時は理解できなかったのですが
頭に残っていたのか、歩いていてふと思い出しました。
ということは、
よく聞く、走る際に骨盤を動かすイメージというのは
本当はちょっとちがうのでしょうか?動かすイメージは大腿骨?
先日、最後に質問させて頂いたことにもつながりますか。

歩き方を意識してから
走ってみると、歩くときほど筋肉の感覚はつかめませんが
太ももを使いすぎていたように感じました。それもかっくん病に繋がるのですね。

長々とわかりにくい文章ですみません。
色々変化があり嬉しくて書いてしまいました。

勝手な解釈ですので
間違えている部分がありましたら訂正をお願いできますでしょうか。
少しずつ、わからなかった事がわかったり、繋がったり、気づいたりできるようになりました。

教えて頂いたように、
走る前に筋トレしたり、いつも調子が悪くなる地点を避けたりも
試してみました。
前回よりまた違和感が減ったように思います。まだ固まっていく感じもあるのですが、、、。
思い切って再度お伺いしてほんとに良かったです。
長時間色々お話くださりありがとうございました。

サロマ湖100㌔マラソンは
走り込みができていないのでどうなるかわかりませんが
楽しんできたいと思います。
これからの変化を楽しみにしています。

またどうぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2回目の施術後の感想です。

4年間ずっと悩まれてて、いろいろな病院を巡り巡ってからだドックに辿り着いたとのことです。

文中にも出て来ましたが、

「楽しんでいきたい」

というのが西山の一番の願いです。

西山自身は走るの嫌いなんですが…笑

足が抜ける症状がどんなのか想像でしかわかりませんが、そのせいで、走るのが楽しくなくなってしまってる方々がほとんどです。

だから、少しでもあなたの笑顔の助けになるのであれば、どこへでも飛んでいき、なんでもお伝えしたいと思っています。

私がからだドックを初めた時からの想い。

『“その”笑顔の為のからだドック』

{08803C9F-95C6-4A3A-8F5A-F8A7375C845E}


以下に参考になる情報を載せておきます。

ジストニアで検索をかけると、もしかすると近くに治療をしている場所があるかもしれません。

少しでも早く多くの方へ届きますように。

からだドック代表 理学療法士 西山祐二朗


📞090-9400-1092

ーーーーーーーーーーーー

runner's dystoniaの走り方

海外の論文(妥当性や信憑性の確認まではできていません)
http://m.neurology.org/content/86/16_Supplement/P1.043





AD
足が抜ける。ローリング病。カックン病。

治らない症状。選手生命終わり。

何十年も苦しんでる人がいる。

そんな本気で悩んでいる方のお手伝いができるのは、ものすごく幸せなこと。

こんな西山でも人のお役に立てるんだと安心する。

あっ…そんな私のことは置いといて…

今回は、鳥取からお越しで、からだドック2回目の施術。

本当に皆さん遠くからお越しいただきありがとうございます!

1回目の施術後の感想を聞いていくと、

「力が入るようになってる」

「トラックでも完璧では無いけど違和感少なく走れてる」

「どこがどう変わったかはわからないけど、良くなってる」

少しでも改善に近づいてよかったです。

遠方から来ていただく方は、時間もお金もかかるので、その分しっかりと結果を出さないといけないプレッシャーとの戦い。

意外と嫌いじゃないみたい。笑

プレッシャーに弱い西山だと思っていたけど、それは大人数の前に立つことがダメなだけで、一対一だとなんてことない。

まさにマンツーマンのからだドックは天職です。

また私の話になってしまった…。

戻します。

私がこの「足が抜けるという症状」を施術する上で大切にしていること。

それは、

「どこが良くなってるかわからないけど、なんか変わってきてる。」

という言葉が本人から出てくること。

身体を触る仕事の方がこの言葉の本質を知ると、今よりももっと身体を診るのが楽しくなります。

キーワードは、感覚、脳、統合、意識、無意識、筋、皮膚。

是非考えてみてくださいね。

何十年も苦しんでいた選手でも、改善していくということは、私のこれまでの多くの経験からくる、1つの仮説がこの症状に対してマッチしてきているということ。

それに加えて多くの選手の身体を診る機会があるので、どんどん精度や感度が高くなってきているのもありますね。

この症状については書きたいこと、伝えたいことが多すぎてブログでは伝えきれないので、西山は下記執筆活動中です。
{1380F486-44EE-49F4-BEB0-33E8D6E3E5CD}

少しでも多くの方に届けばいいなぁと思ってます。

明日の東京出張の際に、途中までですが、試し刷りをしたものがあるので、お渡ししますね!

お楽しみに!

何よりも今までメールでのやり取りしかできていなかった方にお会いできるので楽しみしかありません!

本が出来次第、ネットから注文出来るようにしますので、もうしばらくお待ちください。

AD
全国で足が抜ける症状でお悩みの皆さんにお知らせです!

2017年5月または6月から関西と関東へ出張することが決まりました!
{1E639B16-B570-4F40-AA46-E3BC899F9C66}


関西、関東方面の方から連絡を頂く方が多くなって来たことと、
遠いから治療できないということであれば、その物理的な距離を無くそうかと思っています!

少しでも多くの足が抜ける症状、カックン病、ローリング病でお困りのランナーの方の為になるのであればと考えてます。

もし、施術場所などの情報がありましたら、ご連絡頂けると助かります。

また、治療を見学したい治療者、トレーナーやコーチ、監督がいましたら、その時の選手に聞いてみて見学が大丈夫な場合に限り見学も承ります。

ということで、

全国のランナーの皆さん!と治療者の皆さん!

関西と関東で足が抜ける症状の改善プログラムに参加してみませんか?

出張依頼は、Line@またはメール、電話で受け付けていますので、お気軽にご相談ください!


info@karada-dock.com

090-9400-1092

からだドック代表 西山祐二朗

AD
本当にこの瞬間が1番の宝物です!

私が得意としてる、「足が抜ける症状」

この喜びを1人でも多くの方に、届けたくて。

1度からだドックに来ただけでも結果が出る人は出るんです。

それくらい、感覚と身体の統合って大切なこと。

本当に悩んでいる方ばかりで、全国から来られるので、私が身体を診れるのは1度きりのチャンス。

そう思って身体を診る。

だって交通費だけでもバカにならないですもん。
九州はもちろん、徳島、鳥取、長野、神奈川、静岡、大阪…頻繁に来れる距離ではないんです。

その1度きりというプレッシャーが、西山の知識と技術をまた一段上へUPさせてくれる。

本当にありがとうございます!

それでは、今回の感動の声をどうぞ!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
先日マラソンで、残り10キロまでは抜けずに走れ、昨年より練習してないのに関わらず、11分自己ベスト更新しました。2時間45分ぐらいですが…走ってる途中はずっと、先生の治療のことが頭に浮かび、感謝の気持ちと、足は抜けてないという、嬉しさが込み上げました。
マラソン終えて練習は落としていますが、少しづつ感覚が変わってきています。

本当に治療に行かしていただきよかったと思います。
まだまだ改善していけるように頑張りたいです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

また頑張ろうと思いました!

足が抜ける症状は、少しずつですが良くなることが証明されてきました!

だから、1度でいいので、ご相談ください!
足が抜ける症状で困っている長距離陸上選手を初めて診てから3年目。

本日、自信から確信に変わりました。


某有名選手のお言葉をお借りしました。笑

ローリング病やカックン病という名前もある足が抜けるという不思議な症状。

特に、今日は足をぶん回して走ってしまうような感覚に悩まされている選手に向けて。

頭の中の感覚ではぶん回していても、実際に第三者から見ると全然そんなことはない。

だから理解してもらえないんですよね。

今日この記事に辿り着いた方は、ラッキーです。

おそらく今日お話することは多くの方に共通することではないかなと思います。

文章でどこまで伝えきれるかわかりませんが、頑張ってみます。

まず最初に知っておいて欲しいことがあります。

それは、

あなたが感じてる感覚は、身体で起こってることの数倍となって感じているということ。

例えば、私が治療中によく試すのが、
仰向けに目を閉じて寝てもらって私がスネの辺りを触ります。

そして、数mm単位で内股になるような感覚を入力すると、患者さんはグググッと内股にされてる感覚になります。

実際に目を開けて足を見てもらうと、全然変わっていない足の位置に皆さん驚かれます。

この「数mmの刺激」が物凄く大切になってきます。

今回は、私が刺激を与えてますが、この刺激は自分自身で見ず知らずの間に与えているかもしれないのです。

それを前提にお話ししていきます。

抜ける足が右足という設定です。

まず、走っている時に右足をまっすぐ出しているはずなのに、右膝が外に向いてしまったり、接地する時は、爪先が内側向いていたり外向いていたり。

症状は人によっていろいろですが、外にぶん回しているような感覚や、足先が外に蹴ってしまう感じになってしまう人が多いようです。

その後、接地の時に棒のように突っ張った感覚になることもある。

ぶん回して右足を振り出して、接地すると棒のように突っ張る感じがする。

これを解説していきます。

右足を出す時に、外にぶん回しているという状況。

外にぶん回すということを考えると、皆さん膝下がグリングリン回ってる気がすると言われますが、膝関節は、基本的には、屈曲伸展の動きしか出ないのでそんなにグリングリン動いているわけではないんです。

では、どこが動いているのか?

それは、

右の股関節。

股関節は、骨盤と大腿骨の関係性で成り立ってます。

そして、足がまっすぐかどうかは、
骨盤の向きと大腿骨の向きで判断されていそうです。
これは人によって程度が違うので、一人一人診てからでないと細かくはわかりませんが…。

大まかに言うと、

膝(大腿骨)がまっすぐあるかどうかは、

上半身に対して大腿骨がどこにあるかではなく、

環境に対して大腿骨がどこにあるかではなく、

骨盤に対して大腿骨がどこにあるかだということ。

だから、

骨盤が左向きにある時は、右足が開いて(股が開いてるように)感じ、
骨盤が右向きにある時は、右足は閉じてる(股を閉じてる)ように感じます。

ここで注意してほしいことがあります。

骨盤の動きが数mmだとしても、脳では大きく動いてるように感じてしまうということです。

ということは、その周囲の筋力のバランスが悪くなっていて、骨盤が左向きに少しでもなる要因が隠されていたのであれば、右足が開いて感じるはずです。
そのまま、接地するときに骨盤が右向きになる要因があれば右足が閉じているように感じるはずです。

この繰り返し。

右足を出すときに開いて、

右足を接地する時に閉じて。

この感覚が、ローリング病。

骨盤と大腿骨の関係性の問題。

多くのランナーは、この関係性が崩れています。

その関係性を整えることができれば、身体は軽くなります。

これは、自分1人で出来るものではありません。
早めに、

メールでも大丈夫です。

info@karada-dock.com

早めに対処していくほうが、改善していきやすいです。

わからないことがあったら、早めにご連絡お待ちしてます!

あっ!

まだ残ってましたね。

接地する時に、足が棒になって突っ張った感じになる症状。

突っ張るという感覚が、膝が伸びきって感じるものだけではないということがヒントになります。

想像してみてください。

階段を登っていて、最後の一段がまだあると思っていたのに、もう階段は終わっていた時のこと。

スカッとなりますよね。

でもスカッとなるだけではなく、その後は、思った以上の床からの反力を強く感じるはずです。

極端に言うとあんな感じ。

別の例で考えると、

何も知らない状態で後ろから大声で叫ばれるのと、

知った状態で目の前で叫ばれるのとでは、聞こえ方が違う。

これは、脳が前もって、入力される感覚を予測してる為に起こる現象。

だから、知っていることと知らないこととでは、同じ現象が起こったとしても感じ方が変わってくるんです。

知らなければ知らないほど、自分の予測と身体の反応にギャップが生まれる。

自分の感覚では、足がグリングリン外に膝が向いて走ってるのに、実際はまっすぐ膝がでてる状況のギャップ。

そのギャップが、どんどん脳内に蓄積されていってしまう。

だから、突っ張ってるのは、そう感じてはいるけど、実際に突っ張っているかと言うとそうではない選手も多いんです。

今日は鳥取県からお越しくださいました。

少しでも遠く県外のランナーの方々へ伝わりますように!

からだドック代表 西山祐二朗