日本唐揚協会会長の日常

/唐揚げを愛して止まない会長の日常をお届けします


テーマ:
投稿写真

奇跡の日、29(ニク)の日にフライDAYに 唐コン が、大盛況のうちに幕を閉じることができました。


参加者の皆さん、手伝ってくれたスタッフの皆さん、そして目黒雅叙園さん、本当に感謝です。


そんな大イベントが終わった次の日にも関わらず、安久は今日もバリバリにロケに行ってカメラの前で唐揚げ食べていました(笑)


で、それが終わってボサっとしてたら一気に疲れ果ててしまいました。一気にまとめて襲ってきた感じなので、今日は早く寝ることにしよう…


いつもありがとう


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
投稿写真

【オモシロガリズム】(名詞)
面白がる気持ち、またそれを人生における主と考える思想、主義


やすひさは、自分を突詰て行くと3つ残りました。
そのうちの一つが[面白いコトを考えること]です。

ただ、この面白いというのは二つの側面があります。
一つは自分が面白い。
もう一つはみんなが面白い。

やすひさはこの[面白いコトを考えること]が好きなコトなのは間違いありませんが、正直みんなが面白いかどうかは二の次です。

   自分がが面白いかどうか

ここに尽きる訳です。
でもですね、多分やすひさが面白いと思うコトは絶対みんなが面白いと思うわけですよ(根拠無し)

で、更に気付いたことがあって、やすひさは面白いと思うことがどの様な状況でも出来るということです。

どんなにどうでもいいモノでも面白いところを見つけられるし、どんな厳しい状況でも面白さを見出せるんです。

先日、平和戦略会議で小川参謀長と話していて気がついたんですが、

・面白がること
・その面白さを伝えること

この2点が、やすひさが 好きなコト で且つ できるコト です。

例えば【唐揚げ】ですけど、好きで感動してノリで始めてってスタートした日本唐揚協会も、こうしたら面白れえなぁって名前決めたり、検定したり、キャンペーンガールやアイドル認定したり(笑)大企業から応援されてたらマジ?!ってなる(笑)そしてこれって面白くない?って笑いつつ話しながら一緒に面白がる。

本来唐揚げなんて面白くもなんとも無いじゃないですか(笑)
そんな何でもない唐揚げみたいなものでも、こうしたら面白い、こうしたら興味深い、こうしたら凄い、って面白がれる。

自分を振り返ると、この【面白がるコト】が根っこの部分で自分の主軸であった気がするんですね。

で、思い出したんですけど、自分で起業してから今年19年目なんですけど、起業当時の企業理念というか、キャッチコピーというかは、

   面白さと快適さを提供する企業

だったんですね。
時間が経つにつれて面白要素が減っていって、より大きなお金を求めて快適さばかりを提供することに頭が傾いていったんですけど、それだけだと苦しくなって破綻へ突き進んだり、日本唐揚協会みたいに面白いコトを会社の外に作ってみたり、そうやってバランスをとっていたのかな?って過去の行動を鑑みたりしています。
まあ、外で作ろうが内で作ろうが面白ければ良いんですけどね。

ということで、今改めて

   オモシロガリズムを身に宿した変な企業が有っても良いんじゃないか?

   やすひさの根っこの根っこのその根っこを存分に活かした、面白がることに真摯な法人が有っても良いんじゃ無いか?

面白企業はいっぱい(でも無いけど、まあ少し)ありますけど、同じラインのオモシロガリズムは感じないので良い気がします。

やすひさが考えるに他社さんとやすひさチームの決定的な違いは、今ある一見普通に見える普通の企業様を、面白がって面白さを広げちゃえるってところだと思うんですよね。

無理もしないし、逆張りもしないで、面白がる。

競合他社は居ない気がするので、後は世の中に求められるかどうかですね(笑)

ウチの会社、ちょっと方向転換してみようかな。
※日本唐揚協会じゃないですよ^^

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)