前編に引き続き、オペラ『魔笛』の謎について

仙台出身のソプラノ歌手・菅英三子さんが話します。

 

「このオペラで、

モーツァルトは人間の成長を描いていると思います。

最初の頃は、曲の難しさや動きを覚えることで精一杯でしたが

途中からは、オペラの内容が伝わるようにと意識しました。

今は、その段階も過ぎて

モーツァルトの音楽が表現しているものを、自由に感じてほしいと

想いながら夜の女王を演じています」

 

 

「前半は母親としての思いを込めて、

後半は復讐に燃える怒りを歌っているのですが

モーツァルトはなぜか、きれいで明るい音形にしています。

このアリアは水晶のように透き通った、鋭いイメージで

人間の感情を超えているような気がします。

美しさの極みを詰め込んだ、

純粋な想いを表現しているように思うんです」

 

鈴を転がすような美しい声で歌う

コロラトゥーラ・ソプラノ。

年齢とともに音域は下がるものだそうですが

菅さんは「不思議と下がらないんです(笑)。

生徒に『もっとこう、楽にね』と教えているうちに

前より楽に高音が出るようになっているくらい。

キャリアを重ねても発見があるのは、うれしいですね」と

チャーミングな笑顔を見せます。

 

菅さんがプラハでデビューしたのは1991年。

「日本人は私一人という状況でしたが

プラハの方たちはすごく気を遣ってくれて

おすすめの舞台やお店を教えてくれたりしました。

目線も近く、気さくな人が多かったですね。

事務のスタッフも、『あなたが初めての演目だから

今日は客席で観るわ』と言ってくれたり

仲間意識がすごくある歌劇場でした」

 

今はキャストもスタッフも入れ替わっているようですが

その温かい雰囲気は、

舞台からも感じ取れるのではないでしょうか。

 

「オペラの楽しみ方は一つじゃないと思います。

モーツァルトの様々なハテナをご自身で解決してもいいし

人の声ってこんなになるんだ、と感じるだけでもいい。

キャラクターも個性的で、色々な感情を託すことができます」

オペラは初めて、という方は

この機会にぜひ観てみてくださいね。

 

◆プラハ国立歌劇場

モーツァルト『魔笛』

 

2016年10月16日(日) 15:00~

東京エレクトロンホール宮城

S席15,000円、A席13,000円、B席11,000円

※C席9,000円はソールドアウト

問合せ/河北チケットセンター TEL:022-211-1189

(平日10:00~14:00)

AD

こんにちは。

 

みなさん、オペラはお好きですか?

即座に「ええ、大好きです」という方はかなりの通。

「すごい声で歌ったりする舞台でしょ?」という方は

そう、ご名答です。

 

その「すごい声の歌手」に仙台出身の方が

いらっしゃるのは、ご存知でしょうか。

菅英三子(すが・えみこ)さん。

東京藝術大学で声楽を教えていらっしゃる

プロのソプラノ歌手です。

 

 

菅さんの当たり役と言われているのが

モーツァルトのオペラ「魔笛」の夜の女王。

とんでもない高さの音で跳躍するアリアは

一度聴いたら忘れられないインパクト。

クラシックになじみのない方でも、

聴いてみたら「ああ、あれか!」と思うはずです。

 

オペラで、一つの役を何度も演じるのは

日本では珍しいのですが

菅さんはプラハ国立歌劇場でデビューして以来、

夜の女王をなんと30回も(!)演じてこられたそうです。

 

★オペラ「魔笛」とは?

異国の王子タミーノは、夜の女王の娘パミーナを救うため

「魔法の笛」を授けてもらって

道化師パパゲーノとともに神官ザラストロのもとへ。

ところが、ザラストロは

「夜の女王こそ世界征服をたくらむ悪者」と言い

パミーナを保護していたと話すのです。

 

お互いに一目惚れした王子と娘は結ばれるのか?

夜の女王は本当に悪なのか?

道化師パパゲーノが現場を引っ掻き回し、

事態はさらにややこしくなるのですが…。

 

モーツァルトが晩年に描いた、コミカルで不思議なおとぎ話。

それが「魔笛」です。

 

 

夜の女王と神官ザラストロの立場が

前半と後半ですっかり逆になるのですが

「オペラ『魔笛』はつじつまの合わないことも多くて

あちこちに数々のハテナがあるんですが(笑)

途中で善悪が変わるのが、一番のハテナ」と菅さん。

 

さて、この謎を菅さんはどう捉えているのでしょうか?

後編に続きます!

AD

Kappo11月号、発売です!

テーマ:

こんにちは。

10月5日はKappo11月号の発売日です!

 

今回の巻頭特集は、「絶景の宿、極上の温泉」です。

Part.1では、この秋行ってみたい東北の名湯・秘湯をピックアップ。

露天からの眺めが良い一軒宿や、

温泉パワーを感じるお風呂など

豊かな自然に包まれた各地の温泉は迫力もたっぷり。

Part.2では、岩手の宮古、花巻、山形の戸沢村にオープンした

個性的な宿をご紹介しています。

まもなく紅葉シーズンを迎え、東北各地が錦秋に染まる季節。

秋風を感じる露天風呂、風情のある宿で

のんびり過ごすのもいいですね。

「今行きたい 大人の秋宿」では

おすすめプランも掲載していますので、

この機会にぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

そして、第2特集は「秋の仙台ランチ手帖」。

自家栽培の秋野菜に、彩り鮮やかなはらこ飯、

これから旬を迎える牡蠣など

里山や海の恵みがたっぷりの、とっておきランチがいっぱい!

ドライブがてら、ちょっと足を延ばしてみるのもおすすめです。

この他にも

先日、宮城のお酒が好成績を収めた

「SAKE COMPETITION」のレポート、

登米の芸術祭、仙台市博物館といった、

いま注目のアート&イベントの情報、

宮城の紅葉スポット、東北各地のおでかけイベントなど

気になる記事がもりだくさん!

 

宮城県内の書店・コンビニエンスストア、

岩手・山形・福島の一部書店、首都圏の一部書店で販売中!

通販をご希望の方は、アマゾンもしくは

マチモール(無料会員登録が必要です)からどうぞ。

AD
こんにちは。副編です。

先日に引き続き、
10月にある日本酒イベントのご紹介です。

その名も…「純米酒BOWL(ボウル)」!



飲食店と蔵元がタッグを組み、
料理とお酒のマリアージュを愉しむイベントが
今年はなんと屋外に飛び出します。

金龍、蒼天伝、田林、日輪田といった
地元のお酒はもちろん、全国のお酒と
仙台を中心とした飲食店が
この日のためだけのスペシャルコラボを実施。

一期一会なマリアージュに出会えますよ!

純米酒ボウル スピンオフ
10月10日(月・祝)11:00~18:30
元鍛冶丁公園(国分町交番となり)
前売券500円/当日券1000円
(オリジナル酒器付)


当日ふらりと行ってもOKですが、
お得な前売り券はこちらのお店で買えるので
チェックしてみてくださいね。
こんにちは。副編です。
Kappoでは度々、宮城の日本酒を特集してきましたが
左党には見逃せないイベントをご紹介します。

その名も
「松島湾 SAKE PARTY CRUISE」!

松島湾を優雅にクルーズしながら
宮城のお酒を楽しみましょう、という
なかなかにゴージャスなイベントです。

このクルーズには宮城各地の10蔵が参加!
作り手たちの熱い想いを直に感じられるうえに、
ライトアップされた松島の島々を眺めつつ
お食事&サンセットクルーズも…なんて
贅沢かつ忘れられないひとときになりそうです。




「松島湾 SAKE PARTY CRUISE」

2016年10月22日 (土) 16:00~18:30
※マリンゲート塩釜より出航

料金/1階席(レギュラーシート+軽食付)6,000円
2階席(テーブルシート+ビュッフェ付)13,000円
3階席(ソファーシート+お料理・サービス付)20,000円

問合せ/はくさん
TEL/ 022-288-6152

詳しくはこちらの専用サイトからどうぞ!