*オンラインでCDをご購入いただけます*

なかたかおりオンラインショップ
http://nakatakaori.thebase.in

クローバー次のライブはこちらクローバー

四つ葉2016/12/11(日)
ロビーコンサート

場所:門真市民プラザ
入場無料
詳細未定



ご予約・お問合わせは「iro.0.oto@gmail.com」までメッセージをお願いします!
Facebookページからもご予約いただけます。
https://www.facebook.com/kaorinakatasinging



*WEBsiteを開設しました*
こちらも是非チェックしてみてください。
http://kaorinakatasinging.jimdo.com/


*Facebookページが出来ました*
Facebookをされてる方は是非「いいね!」をお願いします。
URL:https://www.facebook.com/kaorinakatasinging


  • 22 Jan
    • 本をめくるように 〜展開の速さ〜

      夜中にもここにいるけど、朝早くにもここにいるニャンコ。外飼いの猫ちゃんのタイムスケジュールってどんな感じなのかな?ノルウェージャンフォレストキャットって北欧の国の名前のつく猫ちゃんだから、きっと寒くないんだろうね。この世で起こる出来事は、この世に生まれてくる前に、全て自分で決めて来ているといいます。一つ一つの学びや試練は、その時々に現れる方々にも、仲間、悪役、チョイ役、イジリ役、通り過ぎ役、などの様々なお役割をお願いし、このタイミングで貴方の前に現れると約束していると。試練を出来事として経験し、そこから気付きを得て学びへと繋がる。それをいくつも何度も繰り返して学び取る事こそ、この世に生まれてくる意味でもあるんですよね。ちょっと細かい事は端折りますが、つくづくそうなんだなぁとかんじるんです。そして、2016年のソレはかなり強烈で、時が経つのが速く感じたのもそのせいなんでしょう。通常、生まれる前に用意して来たシナリオは、一枚一枚めくるように経験を積んで行くんだと思うのですけど、2016年の私は、突風が吹いたかのように、パラパラパラパラパラパラパラパラパラパラ〜〜と一気に何十、何百ページとめくられたような、そんなかんじでした。だからね、特に後半は、地に足が着いていない感覚があったのです。魂が抜けていきそうな感覚が。身体も不調が続きました。鼻喉が絶不調。むせるし息吸えないし話せない歌えない。そんな中でも、この世に生きる意味が大晦日に腑に落ちて、今年から少しずつカタチにして行こうと思えました。地に足を着ける、グラウンディングをする。今目に見えるモノを大事にする。暮らしを大事にする。身体を大事にする。出来ない事は人に頼る。自分を一つに統合する。地球と繋がる。天地を繋ぐ。そんな風に思っています。 今まで、そこまで思った事はないかもなぁ。思ったか思ってないかさえ記憶にもないくらい。自分に集中すると決めてから、一気に変換が起こって、グワァーっとなったからこそ思えたんだろうな。これさえも私が生まれる前に用意して来たものならば…どんだけまとめ下手なん?と思ってしまう(笑)一気に行き過ぎやと思うわーいやいや、私が避けて来た事が原因で、第二案、第三案…と予め用意されていた代案の中の「要領悪いやぁつ」を引き当てただけなのでしょう。コレじゃなきゃ私は気付かないし動かない。そういうタイプになっちゃってたのよね。この世で生きていくうちに。でも確実に「観え方」は変わって来ていて、そのおかげで私に必要なのは何かもわかった。と思う。全部、自分の為に用意しているとかんじます。自分を磨き上げる為に必要なんだなぁって。出来る出来ないじゃなく、やるしかないのよね。自分を信頼して。先ずは心を開いて自分と繋がる事、だ。と言いながら頭はまだボンヤリしてます先日のヒーリングの後からもう眠くて眠くて。。なかたかおり Facebookページhttps://www.facebook.com/kaorinakatasinging/なかたかおり1stアルバム「feign」ダイジェスト本当の私に還る自分のために聴く音楽。意識を変えて美しい世界に。

      NEW!

      1
      テーマ:
  • 21 Jan
    • 開く 〜繋がる〜

      お空に天使の羽根がでも良く観ると猫ちゃんもいる先日、ヒーリングをしていただき、胸の支えを取ってもらいました。じっくりと時間をかけて、老舗のおでん屋さんみたいにジンワリジンワリとしゅませるように(どういう事や)ハートを開いていただきました。とはいえ、ちょっと開いた程度なんですよ。それでもとっても楽になりました。ということは、これまでどれだけ詰まってたんだろう?と思うとゾッとします良く今日まで生きてくれてたなって。あー、まだまだ全然だな。完全には開いてないな。ガッカリ…ではなく、それがわかっているという事が嬉しい。多分、その先の姿を掴んでいて、それがわかるからこそ、まだ遠いのか近いのかがわかるんだと思うんです。そして、何となくかんじる。自分の中の女性性と男性性が一つに繋がれば、大きく変わるんだろうなぁって。先ずは私が私と繋がる事が何よりも重要なんだなぁって。アレもその為、コレもその為、なるほど全部その為かって。かんじるんです。可能性と信頼に触れた時、人は希望を抱くのかもしれない。かんじられる事が、希望に繋がるのかもしれない。先ずは何より自分ですね。なかたかおり Facebookページhttps://www.facebook.com/kaorinakatasinging/なかたかおり1stアルバム「feign」ダイジェスト本当の私に還る自分のために聴く音楽。意識を変えて美しい世界に。

      3
      テーマ:
  • 20 Jan
    • あ…という事 〜直感が観えるまで〜

      お洒落カフェで注文したフレイバーティ。リーフ入りのポットからカップへ注ぐ時、テーブルの上にお茶を盛大に撒き散らしましたポットの形状とリーフのタッグにやられた瞬間的にかんじたことや、何かの気付きは、その瞬間には具体的に「何なのか」とは観えて来ない事がある。でもその瞬間をかんじたところから、それが何なのかの宝探しが始まるんだよね。ムカつく!が繰り返されるかもしれない。でもいずれ、あ、前にもコレあったな…。に変わるかもしれない。こういった事って、気付いた瞬間から、ちゃんと「腑に落ちる」まで何度も繰り返し、チャレンジタイムのように似た出来事が訪れる。繰り返し繰り返し、何度も体験し実践して、少しずつその出来事に対して感じる気持ちが軽くなるのを体験し、それを味わい尽くしたところで漸く「腑に落ちる」。そうしてやっと、あの時の直感を、自分で観る事が出来るようになる。たった一回「あ…」と思ったくらいでは、私たちは簡単に忘れてしまう。だから、ちゃんと自分のモノに出来るように、それは繰り返されるようになっている。自分の目の前に立ちはだかる壁は、越えられるものしかない、と良く言われます。今より少し頑張ることで必ず越えられると。越える事から逃げると別の壁が現れるけど、せっかく進んできた道のりを、知らぬ間に引き戻される事もある。そして、次に同じ壁が現れても、前より登りにくいモノにパワーアップしてくる。一番の近道は、目の前の事を一つ一つ、丁寧に謙虚にこなして行く事なんよね。全ては自分で用意して来た事なのだから、自分を信頼してこなして行く事が、近道であり、自分を愛する事でもある。より多くの「あ…」を得るためには、真摯に謙虚に良く観る事。自分の内も外も。それをやれるのは自分しかいないからね。なかたかおり Facebookページhttps://www.facebook.com/kaorinakatasinging/なかたかおり1stアルバム「feign」ダイジェスト本当の私に還る自分のために聴く音楽。意識を変えて美しい世界に。

      2
      テーマ:
  • 19 Jan
    • 足先はどこへ 〜自分で決めるという事〜

      私たちが送る人生が道を進んでいくようなものなのだとしたらきっとその道はここからここまでと道幅が決められたようなあからさまな道ではないのだろうね広い空間の中に自分が幅を決めてどちらに向いて歩くかも自分の決めてるようなかんじなんじゃないかな無限の可能性を持って生まれてまだ幅なんて意識していない赤子が環境や経験から照準が定まり始めいつしかこれこそが我が道と創り上げていくものを人生と捉える元は広い空間だったのだから少し視野を広く持って眺めればそっちの方向に行くといずれ道が狭くなって苦しくなるって事が見えるよねたけど完全にトンネル仕立ての道をこさえてしまうともうコレしかないって自分の未来を決めつける結果になるよね自分がそちらへ足先を向けているという事をね少し意識する必要があるんだなとかんじる視野を広く持ってね進行方向さえ一方ではないんだってねそういう事を意識する必要があるんだなとかんじるんだよね全部自分で決めてるからねこの人生というのは間違いは一つもないけれど苦しみがあまりにも辛いとかんじるのなら今とは違う視点に自分を置かなきゃ景色は変わらないじゃぁどうする?というのさえ自分で決めてるからね人生面白いなかたかおり Facebookページhttps://www.facebook.com/kaorinakatasinging/なかたかおり1stアルバム「feign」ダイジェスト本当の私に還る自分のために聴く音楽。意識を変えて美しい世界に。

      3
      テーマ:
  • 17 Jan
    • 嬉しいこと 〜変容の2017年の始まり〜

      我かくありなん。猫のように生きよ2017年入ってから、様々な素敵なお話を耳にします。それが嬉しい。ただただ嬉しいその経験は恐らく、起きた瞬間は苦しかったり辛かったりなどの、何かしらの痛みが伴ったかもしれないけれど、それを甘んじて受けるという覚悟がそこにあって、同じ出来事でもその意味がとても深く、目の輝きが全く違ってとても澄んでいるのです。美しいなぁとかんじるんです。まだ数多くある段階の中の一段階に過ぎないかもしれないけれど、越えていける姿と美しさが、私を幸せにさせるのだろうね。自分が輝く事で周りが幸せになるんだという事を、私の目の前で見せてくださる。有り難や有り難や2016年、心と身体のバランスに急激な変化があった為に、私はピョン吉とヒロシ状態らしい。私が輝く事で人を幸せに出来ると信じて、更に更に自分を整えていこう。サポートしていただける人がいるって、本当に有り難いよ。私も出来る範囲でサポートさせていただきたい。ありがとうございますなかたかおり Facebookページhttps://www.facebook.com/kaorinakatasinging/なかたかおり1stアルバム「feign」ダイジェスト本当の私に還る自分のために聴く音楽。意識を変えて美しい世界に。

      4
      テーマ:
  • 15 Jan
    • 直感に従う 〜伊勢神宮へ〜

      本当にここは天国かと思ったよ真上は真っ青周りを厚い雲がグルリと囲ってただただ神聖な空間伊勢神宮へお参りに行ってきました。お参りへ行くと決めると、もうそこからがスタートになります。道中、色々な想いが巡ります。導かれるように、心の奥深くにある想いが掘り起こされ、数々の感謝や気付きが沸き起こります。車窓から見える壮大な景色は、己のちっぽけさを思い知らせる力があります。ちっぽけな世界のちっぽけな存在というのではなく、壮大な世界の中にちっぽけながらも存在しているという事を教えてくれます。視点をどこに置くのか、壮大な世界を壮大と認めずちっぽけに生きるのか、壮大な世界にちっぽけながらも最大限の力を発揮しながら壮大に生きるのか。ただただそこに在り続け、何百何千年という時を重ねて太く高く育った木々からも、大きな成果を出す事ではなく、小さな積み重ねによって得られる成果の尊さを教えられます。自分がここに在る事、その幸せを深くかんじられる。お参りの為に向かう先への道中というのは、そんな風に自分の心を整える時間だとかんじます。だからこそ神様の前でお参りする際には、ただただ感謝をお伝えするのでしょう。ありがとうございますと言える事にさへ感謝するのでしょう。私は特に、伊勢神宮へのお参りは特別な気持ちになります。自分という「神」の存在を教えてくれた場所だから。雪は止んでたけど風が凄くて。行こう行こうと思いながら、予定を二転三転させ先延ばしにしていた伊勢神宮へのお参り。今日も本当は、少しお寝坊をしてしまったので、別の日に行こうと一瞬思ったのです。でも、行きたいと思ってたのに、お寝坊程度の理由で先延ばしにするような、そんな緩い意思なの?と自問したらそうじゃなかった。遅くなっても良いから、とにかくお参りへ行こうと30分くらいで用意しました。早かった。先ず氏神様へ。ご挨拶と伊勢神宮へお参りへ行くとのご報告をしてから出発。充分に明るいうちにお参り出来、雪に降られる事もなく、心穏やかなお参りでした。やはり、直感に背いてはいけませんね。行って良かった。そして、私が行くべき日は今日だったなと、お参りを終えて深くかんじます。二転三転させた時は、そうすべき神がかりな出来事が起こりましたし、決行した今日は、先のような気付きをそれはそれは深くかんじさせていただきました。私にとっての大切なあるモノと繋がりたい時、どうすれば繋がれるのかもわかったし。なんとも言えない安心感。良いお参りでした。私のためのお導きに、心から感謝です。ありがとうございます。なかたかおり Facebookページhttps://www.facebook.com/kaorinakatasinging/なかたかおり1stアルバム「feign」ダイジェスト本当の私に還る自分のために聴く音楽。意識を変えて美しい世界に。

      4
      テーマ:
  • 14 Jan
    • 出来事から観えるもの 〜他人事か我が事か 視点の違い〜

      2017年デリ初め。美味しいランチをいただいてきましたデリキッチン菜https://facebook.com/kitchensai/http://r.gnavi.co.jp/b4sa2y6f0000/目の前で起こる出来事。人との関わりや仕事などの取り組み。その中には、感情に大きく影響を与えるような事が沢山あって、私たちはいつも心を揺り動かされます。嬉しかったりたのしかったりもそうですが、悔しかったり腹が立ったり、イライラしたりつまらなかったり、ネガティヴな想いを掻き立てる事の方が、今の世の中は多いのかもしれません。そんな出来事を、自分はどの視点から眺めているのか意識した事はありますか?こういう時に必要な見方ってこういう事かな?と私なりに思うことを書いてみます。ほら美味しそうデリキッチン菜さんの「菜々ランチ」です。先の写真の野菜ボールとデザートドリンクまで付いて1,500円このランチの内容は、3種の手作り酵素ドレッシングが楽しめるサラダボール、メインのお料理が2種とお惣菜が4種、雑穀米とお味噌汁、じゃばらルイボスティ。デザートとドリンクがついています。沢山のお料理が、私用として盛りつけられ、トレイに乗せて提供されます。私は、そんなお料理の全体を見て「美味しそう」とトキメいて幸せな気分になって心弾みます。そして、いただきますと言った後、何から食べようかなぁ?コレ食べてみようって、先ず最初のお料理に口を付けます。美味しい!!そして次のお料理に箸を伸ばして口を付けます。わぁ、これも美味しい!!お惣菜は、味が被らないように配慮してくださっていて、だからといってお互いを邪魔するような強い味のものでもありません。一つ一つが優しいお味。この時いただいたランチのメインは、お肉が「野菜たっぷり青椒肉絲」お魚が「おネギたっぷり鯖のオイル煮」でした。青椒肉絲は、しっかりながらも優しい味付けの中に、五香粉の風味が利かせてあって、鼻から抜ける香りまで美味しいお味でした。鯖のオイル煮は、とにかく大量のおネギ(南農園さんのおネギ)を惜しみなく使っていて、オイル煮ならではの旨味の引き出しの他に、おネギの甘みや旨味が爆発的に引き出され、おネギだけでご飯がススム感動のお味でした。そしてね、青椒肉絲を食べて、口の中にほのかに残った五香粉の風味と共に鯖のオイル煮をおネギを纏わせて食べると、それはそれで五香粉が良い働きをして新たな美味しさに変わるんです。口の中でマリアージュするんですね身体が喜ぶ優しいお味。しっかり味のするものにも優しさがあります。デリキッチン菜さんのご飯は愛情たっぷりのご飯ですから食レポが長くなりましたけど、では、必要な見方についてを書いてみます。ランチのお惣菜やメインなどのお料理は、自分に課せられた課題や出来事と捉えてください。そして、私たちが本来置くべき視点は、このランチのトレイを眺める客の視点です。正に、俯瞰で観る状態が必要な視点。例えば、「腹立つわ!何であの人あんなんなんよ!」とお怒りモードだとします。その時の自分の視点は、ほうれん草とツナとまみれている状態。隣に人参のマヨマスタード和えがあるなんて見えないし、メインが何とかもわからない。ほうれん草とツナしか見ていない状態です。ご飯やお味噌汁、お茶でお口直し出来るの事すら知らない。少し視点が上がれば、ほうれん草とツナの和えものと人参のマヨマスタード和えの2つが観えてきます。この2つなら、味に親和性があるので連続して口にいれても美味しいだろう事が想像出来、「応用」という可能性を知る事が出来ます。もう少し視点を上げるとオムレツや大根、お茶も目に入ります。オムレツは、使用している具材やベースの味によっては親和性はあっても一度口直しが必要かもしれません。大根の炊いたんは、確実にそのもので味わった方が美味しいので口直しは必須。これだけ観えれば、お茶を飲めば次に箸を進められる事がわかります。そして、もっと視点を上げるとお肉のメイン、ご飯やお味噌汁が目に入ります。さすがにメインとなると、他のお惣菜に比べてもボリュームがあるし味もしっかりしてる。自分に与えるインパクトも強烈です。せっかく上げた視点が、これまでのお惣菜を忘れてお肉のメインに没頭し、玉ねぎや人参、豚肉にまみれて、さっきよりも重たい環境の中に沈んでしまう可能性もあります。ダメダメ、這い上がれ!そう言えばご飯があったと思い出し、口にご飯を運ぶ事で口直しに。お肉のメインに溺れずに済みました。お味噌汁を流し込んで、温かく深い味わいにホッと一息。そしてさらに視点を上げると、向こうにはお魚のメインもあります。やはり存在感は抜群。お味もしっかりとしています。お肉のメインで、その素材に溺れそうになった経験から、少し警戒心を抱きながら箸を伸ばしてみます。美味しい…。ご飯やお味噌汁でリセット出来る事を知っているので、バランス良く口に運びながら味わいます。ここまで来ると余裕が出てきますね。お惣菜にも箸を伸ばし、お肉のメインに戻ったりしながら食べてると、あれ?何か新しい味わいがある。何だこれ?あ、お肉のメインの五香粉の香りと、お魚のメインのおネギの風味がマリアージュして、新たな美味しさが生まれてるんだ!存在感のあるメイン同士、交わる事などあり得ないという思い込みを撃ち壊す瞬間です。わぁと感動しながら食べ進め、気が付けば全てを自分の中に収めています。そんな一連の流れを、これを食べる人は上から眺めている訳です。視野を広く確保している訳です。それぞれのお惣菜(問題)を、我が事として捉え、何が有るのかを全て把握し、一つ一つ味わいながら、味を変えたりしながら、順番を考えたり、新たな組合せをしてみたり、楽しみながら全てを自分の中に落とし込む。私のものはコレだけ、と捉えられる事と、私のものはどこまで??と見えない事と、どちらが楽かはわかると思います。全体がわかっていると、美味しかったらもっと食べたい!ってなるかもしれません。自分のペースでどれだけプラスするかさえも決められるのです。そんな風に、今自分が抱えている「問題」と思われるものを、どんな視点で捉えているのかを見直してみると良いかもしれません。素材の中にまみれているうちは調理段階で他人事。出来上がりの全体を見て知って初めて我が事になります。問題と思われていたものも、このランチの例に取れば、美味しいお料理の一つ。問題ではなく、幸せをかんじられる喜びの一つです。俯瞰で観る事で、自分を楽にもしてあげられる。そんな風にかんじるのですがいかがでしょうか?普段の生活の中にも、コレってこういう事かな?と置き換えられる学びが沢山溢れています。それが観えて来ないとしたら、素材の中にまみれている可能性があるかもしれない。お料理をいただくカスタマーの視点で、それぞれの問題を味わって楽しんで自分のものにしていきたいですね。なかたかおり Facebookページhttps://www.facebook.com/kaorinakatasinging/なかたかおり1stアルバム「feign」ダイジェスト本当の私に還る自分のために聴く音楽。意識を変えて美しい世界に。

      2
      テーマ:
    • 自分を磨く方法 〜座学以外の感覚を掴むパワフルな実践〜

      プーニャ自分を磨く為に、私もいくつかのセミナーに参加した事があります。セッションとかワークショップとか。心理学を学びに行ったりもしましたしね。そういえば終了式ってどうなったのかな?終了証書貰ってない。まぁ無くてもいいや座学で頭から心にアプローチをする、その中にワークの時間があるので、ある意味実技も含まれているのですけれども、だけど基本は、外から入れ込むものですよね。「手放し」のテーマであったにしても、何故手放しが必要かという教えを入れてからになります。何故そんな風に学びに行くかというと、殆どの動機は集約されると思うのですが、現状、苦しみがあるが故に少しでも楽になりたかったり、自分を解放したかったり、本当の自分に還りたかったり、純粋に本来の自分の輝きを取り戻すための行動なのかな?と思います。コレってきっと、ここで私が「アレがいいよ」「コレはどう」と言うまでもなく、自分でちゃんと見付けてやってみよう、と行動してるんだと思うんです。なので、そこにプラスしてオススメしたいパワフルな実技を書いてみようかと。それは…水浴びです。朝、起き抜けに水を浴びるんです。いわゆる「禊(みそぎ)」ですね。私もオススメされて、昨年の7月の終わり頃から、1日2日は休んだりしながらも、今日までほぼ毎日続けています。何故オススメなのか。スピリチュアル的な意味とか、禊の本来の意味とか色々とあるのだろうとは思いますが、私のかんじるところを書いてみます。浴びればわかるんですけど、今なんか特に、水が冷たいんですよ。そしたらね、フィアァオィ゛ッッッ(((((`ཀ´|||||;;))))とかなんとか、よくわからない音が口から漏れます。冷たいっ!!つっっ!!冷たいッッッ!!つって。その間ね、思考ぶっ飛びますから。考えるとか無理になります。水の冷たさに全部持ってかれて「今」の冷たさにフォーカスさせられます。私たちが普段、何に苦しむかって、自分が「問題」と捉えた事に対して、ウジウジとあれやこれやの理由を付けては、フルで思考を巡らせる事に起因します。考えず直感のままに、自分がかんじたことに耳を傾ける。なんて言葉は良く耳にしますけれど、常に常に考えている私たちが「考えていない状態」って知ってますか?わからなくないですか?水浴びてください。フィウォワッッッ!!!(@_@)ってなったその瞬間。冷たさが考える事をぶっ飛ばしてくれてますから。とっても頭がクリアになりますから。それが考えていない状態。実技でちゃんと体験出来るのです。パワフルでしょ?(笑)そして身体って凄くて、水浴びしたその瞬間、その直後は、確かに冷たいし寒いような気がするんですけど、その後ジワジワジワジワと身体の内側から温かくなってきます。エネルギーが湧いてくるような感覚を味わえます。自分の中に漲るエネルギーが湧く感覚も、この水浴びで体験出来るの。パワフルでしょ?(笑)昨今の自分磨きには、もちろん刺激もあって学びもあって、とても有効なものが確かに多いのですけれど、そろそろ頭に詰め込むことから、自分の中から溢れさせるアウトプットの実践を、意識して行う時期だと思うのです。そして、それらを日頃から気軽に疑似体験出来れば、感覚を知っていれば身につくのも早まるんじゃないかとかんじるのです。どんなに取り繕おうにも、水が冷たい事は否定出来ないのですが、大丈夫、やれる、落ち着け、自分を貫け、ブレるな、信じろ、などの自分の芯を鍛える感覚も体験出来ます。水浴びそのものが、考えずにかんじる実践なのです。と、この頃かんじるのです。とても現実に則しているなぁと。だからオススメしたい。この時期は気温も低いし水温も低いから、始めるには辛い時期なのですけどもね夏くらいから始めた方が、少しずつ慣れてきます。(夏でも起き抜けの水は冷たくかんじますよ。)やり方は色々ですが、基本はシャワーを使います。凄い方はいきなり頭から水を浴びるそうです。私はまだヘナチョコなもんで、先ずは足先からスネ、太ももを。そしてお尻から脇腹にかけてから首胸頭の順に浴びています。時間も人それぞれ。最初は速攻終わって数十秒とかでしたが、今は1〜2分くらいかな?私はかなり短いです。長い人は長いみたい。凄い信じるか信じないかはあなた次第ですが、私はかなり効果があるとかんじます。こんな感じでやってても、続けてるとやらないと気持ち悪くなってくるんです。生温い実践ではなく、本気になったらこれくらいは全然問題なくこなせます。ぜひ一度、一度お試しくださいませ。なかたかおり Facebookページhttps://www.facebook.com/kaorinakatasinging/なかたかおり1stアルバム「feign」ダイジェスト本当の私に還る自分のために聴く音楽。意識を変えて美しい世界に。

      4
      テーマ:
  • 13 Jan
    • 2017年を輝かせる 〜本当の自分と宇宙に委ねる〜

      猫って面白いよね。そこが丁度いいんだもんね。寒空の下、吹きさらしのその柵の中段がね。私は、特に何が見える訳でも聞こえ訳でもなく、感覚で「こうだと思う」とかんじるのですが、この一年を輝かせるのに大切なのはやはり、自分に従うという事。本当の自分に、そして宇宙に委ねるという事なんだと強くかんじました。最近、神がかり、引きが強い、などの言葉を、身近な人からよく聞きます。その人たちの共通点というと、「観念してる」という事。自分に争わない直感を信じる欲で動かない素直になる勇気を出す向き合う流れに任せるそんな動きをしているのです。そして、きちんと手放して来てる。ちょっとやそっとの手放しじゃないよ。ソレ手放すの?!?!っていうものも手放してるの。流れに任せたり、委ねたりするのには、執着を手放すのが必須なのだけれど、一番大切だと思っていたものに対して、無意識に寄せていた執着を完全に手放すと決意してるのよね。そんな人たちは引きが強く、神がかり的な事を引き寄せています。面白い。もう、決めたら直ぐに現実になるから、この一年を輝かせたいのであれば、自分の執着を手放す事をオススメします。もちろん、起こる全ては学びなので無理はしないで良いけれど、自分と向き合い、エゴと向き合い、痛みを味わい越えていく事は、誰もが試練として用意している事なんです。ならば…。自分はどうだ?本当の自分に還りたいか?無理のない自分で在りたいか?と、自分はこうだという答えを引き出して、そして実行してみたら良いと思います。怒りを筆頭としたネガティヴな想いの向こう側にある本当の自分の想い。抱き締め、温め、愛してあげられるのはたった一人。自分しかいないのだ、と心に置きながらね。なかたかおり Facebookページhttps://www.facebook.com/kaorinakatasinging/なかたかおり1stアルバム「feign」ダイジェスト本当の私に還る自分のために聴く音楽。意識を変えて美しい世界に。

      2
      テーマ:
    • 魂が進む道 〜とある流れ〜

      圧倒的な美しさに息を呑みました。ここに生かされているという事を改めてかんじます。有難い事です。何…とは詳しく書けないのですが、自分の気付きや心の変化、環境や状況、関わりの変化。それらを得るのに辿って来た道のりが、とある流れに合致しているような気がします。そうなのかな…?っていう。そうなのかな?まぁいいや。深く考えないでかんじていこう。私は私で、自分の魂が喜ぶ選択で生きていく。愛に基づく生き方をしていく。幸せなあなたを観るのが本当に幸せだ。ありがとう。なかたかおり Facebookページhttps://www.facebook.com/kaorinakatasinging/なかたかおり1stアルバム「feign」ダイジェスト本当の私に還る自分のために聴く音楽。意識を変えて美しい世界に。

      3
      テーマ:
    • 真実とは 〜自分とは違う価値観について〜

      夜中の散歩中なのかな。寒い夜のお迎えは嬉しかったけど暖かくしてね自分とは違う価値観を押し付けられるというのは、あまり気持ちの良いものではありません。それを語る時の相手というのは、迷いなくストレートに語り、万が一にもこちらが「自分はそうは思わない」とでも言おうものなら、更に熱量を増して畳み掛けるように語り出す事もしばしば。何故その方の思う想いに向けた言葉を、一層迷いなく熱く厚く湧き出るように語るのか。それは、それがその方の中の真実だから。私たちは、自分が経験したというところから、学びの段階を深めて想いに変換します。上っ面でなく、それが本当であるという熱量で語るには、その経験や学びが必須なのです。なのでそこから導かれたその価値観は、その方にとっての唯一の真実なのですね。この世の真実はたった一つです。この世の主である自分がかんじるものが、たった一つの真実です。世界はそれぞれが所有していますので、私の世界の真実は私がかんじるものであり、あの人の世界の真実はあの人のかんじるものなのです。今夜(昨日)は2017年最初の満月だったそうなもしも誰かが、自分とは違う価値観を主張して来た時には、「これがこの方の今の真実なんだな」と受け止めて(又は受け流し)あげるのが良いよね。「私はそうは思わない!」と真っ向勝負する必要なんてないもの。始めから気付くのはなかなか難しく、知らぬ間に対抗してしまってる事もあるけれど、途中でもその「真実」に気付けたなら、そこからは矛を収められる心を整えておく事が大事なんだとかんじます。価値観は違って当然です。先の記載で「今の」としたのは、固定的なものではなく流動的なものだから。変わりゆく価値観を示された時に、柔軟な心を整えてその想いを慮る振る舞いを心掛けておけば、何事に於いても心の在り方として活かす事が出来るはずです。間違っても相手の挑発には乗らない事。自分を下げてまで対応する必要はありません。コミュニケーションの目的が争う事にならないように自分の芯を強く持つ事も、柔軟な心を整える事に必ずリンクします。相手の中の真実を認められる自分でありましょう。なかたかおり Facebookページhttps://www.facebook.com/kaorinakatasinging/なかたかおり1stアルバム「feign」ダイジェスト本当の私に還る自分のために聴く音楽。意識を変えて美しい世界に。

      3
      テーマ:
  • 12 Jan
    • 多様性と言いながら 〜女性らしいを否定する風潮〜

      愛情表現の1つの「顔を寄せる」という行動はどう言う心理からこの行動に結びつくのだろうね。息遣いが感じられる所、口元や目などからは、その人の魂の熱をかんじられたりするのだろうか。誰か知ってる?私、キレイになりたいなぁと思って、内観して心を磨くのと同時に、外見から中身へのアプローチもしています。より女性らしく、自分を磨こうって思っているんです。そんな中、少し前からかんじていた違和感があって、例えばつい最近。吉田沙保里さんを取り上げた記事の中の「私だって普通の女の子なの!」という言葉に対して、「女性らしさという幻想に縛られてかわいそうに」「こうした偏った取り上げ方をするから女性というもののイメージを作っていくんだ」みたいな事を書いてる人がいたんですね。もうハテナがいっぱいです。霊長類最強の女性が口にする「女の子」という、筆者のイメージする女性像からの乖離が面白いと思って、そしてやっぱり吉田沙保里さんはとても乙女な心を持ってらっしゃるので、その可愛らしい一面を伝えたくて内容をまとめたのかもしれませんが、もうそろそろ、その内容をどう受け取るかを「自分の責任」で決める時代なのだと腹をくくる必要が有るんだと認めた方がいいですよね。そして、その人が「普通の女の子」という考え方がある事そのものを否定したり、勝手に憐れんだりなど大きなお世話も良いところで、その人基準の「普通」があって、その人基準の「女の子」があるだけの話なのだから、その人の価値観なのだからそれは「そうなのね」でいい話。もしもその価値観を誰かに強要していたのなら話は別だけどね。キレイになりたいと思った私にも、私が思う「女性らしさ」があって、それを目指して磨こうと思っています。「私、女性らしくなりたいんです。」と今、私が言ったとして、「女性らしくよりも貴方らしくでいいのよ!」とか言われたら悲しくなりますもんね。自分らしさの中に「女性らしさ」の要素が必要だと私は思っているのだから。私が今かんじている事を否定しないで!とかんじるかもしれない。ここにイチゴがあるとして、それをフレッシュなままで食べるのか、練乳を掛けるのか、ケーキにするのか、ジャムにするのか、ドリンクにするのか、イチゴポッキーなのか、同じイチゴでも様々なカタチを楽しめる訳ですが、イチゴの持ち味によって向き不向きがあるけれど、それでも元はイチゴである事には変わりない。どんなイチゴであっても良いじゃない。男女の均等を求める声なんかも私には違和感です。絶対無理だと言うのが私の考え。無理矢理平均値に我々を揃えようとしないでくれ!と思ってしまいます。平等っていうのは、不平等のものを上手く扱う事であって、1つの基準に寄せていく事ではないよ。男女平等を盾に、「女性らしさ」を否定しないで欲しい。男性らしくても、女性らしくても、そうでなくても、どれでも良いのならば、「女性らしい」と考える事も良いとしてこそ平等でしょう。多様性ってそう言う事でしょう。もっと俯瞰で物事を見ないと、近視眼的な考え方では余計な歪みを生むよなぁ。って、先の吉田沙保里さんの記事を見ながら思っていました。かなり狭い範囲の一部を切り取った想いですけれど。どの「性」に貴方がいても良い。ならば、私の「女性らしさ」を求める「性」も良いと認めてくれたら嬉しいよ。(ま、認められなくとも良いけれどね(笑))※少し追記何が発信されていても「自分はどうなのか」で判断するのがとても大切です。今ある女性雑誌には、私のかんじる「女性らしさ」はどこにもありません。テレビで放送されるトレンド発信にもありません。何を以て「女性らしい」とするのかは、自分で観てかんじて決めています。自分で観てかんじて決めている、という部分は、男性女性関係なく、誰もが本当はみんなそうなんじゃない?と思うんです。自分の中で決めている事と違うものに揺らがない自分を養う。性が特別ではなく、何にでも言える事ですね。なかたかおり Facebookページhttps://www.facebook.com/kaorinakatasinging/なかたかおり1stアルバム「feign」ダイジェスト本当の私に還る自分のために聴く音楽。意識を変えて美しい世界に。

      4
      テーマ:
  • 11 Jan
    • 無意識のコントロール 〜その質問、答えを入れる器は何個ありますか?〜

      「今、商店街に銀シャリが来てるよ。」と言われて足を踏み入れたらホンマかいな?!というくらい人気のかんじられない雰囲気しかなかったけどホンマやった。元気にコーナーの締めセリフを録ってらっしゃいました。私のアチャーな過去の暴露。結婚してた時の失敗談やねんけど、聴くぅ?(大木こだま・ひびきの感じで)何か、とても関心のある事があって、でも一応元夫に許可取らなアカンな、と思って訊ねた時の話。「○○があって、やりたいねんけどいいかな?」なんて事無い質問です。ですが、元夫から返ってきた答えは、「香織、それってさぁ、「いいよ」って答えしか自分の中で用意してないやん。「いいよ」って言うしか無いやんオレ。」「いいよ」って答えしか自分の中で用意してないやん…やん…やん…やん…や…(フェードアウト)色々捉え方はあると思います。元夫ちっさいなぁ!と思う人もあると思います。やりたい言うてんねんからやらせたらえぇやん!って思う人もあると思います。でもこの時の私はホンマやと思ったのです。私は自分の都合の良い結果にコントロールしたいという想いだけでこの質問を投げかけていました。あなた、我慢してね、と。そんなコントロールに屈せず、この時これを言った元夫、「神」です。確かに器の小さな答えかもしれないけれど、コレを言わせたのは紛れもなく私。素直に「いいよ」を言わせてあげられる信頼を築けていなかったのですから。それに、本当にやりたいのなら「やります」と言い切ればいいものを、元夫の許可という後盾を求めた時点で自分軸じゃないしね、だからこそこの時に私は、このセリフを聴いておく必要があったと深くかんじます。風に大人気の私(ボサボサ)。それをキッカケに、人様の質問の性質に目が(耳が?)いくようになりました。すると、素敵だなと思う人や気持ち良く会話を進められる人は、質問に対する答えを1つに定めていないんです。ちゃんと、どんな答えがきても「なるほど」と受け止めるんです。受け止めるとは、自分の考え方を改めるとは意味が違います。「あなたはそうなのですね」と知ると言う事です。(もちろん、気付きや発見があった時には考え方を改められます。)それを知って、そういう事か…と納得する事が出来ました。だからと言って、すぐに自分が質問の仕方を変えられるはずもなく、しばらく(もしかしたら今も)悩み、やってもーたを繰り返しながら自分に落とし込みをしました。その結果、多様性を認める事の意味を理解出来たのです。前記事の面白いなぁ〜彼氏いらんの?〜陰陽・表裏〜必ず受け取るもの〜に書いている内容に思い至るようになったきっかけは、この元夫の言葉。自分が望む「ただ1つの答えしか受け付けない」という頑なさ、視野の狭さ、そして、「ダメと言われるかもしれないけれどいいよと言って欲しい」という、ネガティヴな想いが起因するエゴ、弱さ、価値観や固定観念の存在に気付く事になったのです。きっと、様々な事を理解した上で同じ質問をしたのであれば、元夫も心から「いいよ」と言っていたはずです。本当の信頼や愛というのは、上っ面のものではなくとても深いのです。結婚は自分に見合った人が相手になりますから、彼は彼で必要な学びがあって、私とそのやり取りをしたのですけれどね。相手の言葉は自分が引き出した言葉であり、相手への言葉は自分への言葉だと知り、そこから学び取る心持ちである事が大切で、感謝に至るまでとことん向き合い味わい尽くす覚悟を持つことが必須になる。陰陽・表裏〜必ず受け取るもの〜両極にゆらゆら揺れながら、整理整頓された後にフラットな想いに辿り着きます。それまでそれなりの痛みもあるけれど、その痛みさえも抱き参らせる自分であると信頼して、謙虚に向き合えば大丈夫。必ず1人ではないから。見えない支えは、本当に沢山あるからね。大海原でも漕ぎ出した船は、必ず目的地にたどり着けます。なかたかおり Facebookページhttps://www.facebook.com/kaorinakatasinging/なかたかおり1stアルバム「feign」ダイジェスト本当の私に還る自分のために聴く音楽。意識を変えて美しい世界に。

      3
      テーマ:
    • 陰陽・表裏 〜必ず受け取るもの〜

      陰陽一体。表裏一体。明るい事には明るい事からの学びがあり、暗い事には暗い事からの学びがある。どちらか一方を選ぶ事は出来ず、必ず両方が届けられる。片側を贔屓にしたらもう片側の色が圧縮され濃くなる。圧縮されたものは必ず元に戻る力が働き、負荷がかかればかかる程、反発が強くなる。陰陽一体。表裏一体。バランスを保つ事が大事。自分の価値観が生む無意識の優劣に気付く事が大事。自分はどうかを極めるという事。こちらは太極図。「陰きわまれば陽に転じ、陽きわまれば陰に転ず」という言葉がありますが、正にそれを表すもの。白の中にある一点の黒、黒の中にある一点の白。その点は繋がっていて、どちらにも転じるという事をわかりやすく表した図です。頭でわかっていたけれど、昨年はこれを幾度となく味わった。特に、陽きわまる方の衝撃はなかなかなものだった。光を強めれば影も濃くなります。必ずセットなのです。その分、転じた時の衝撃も大きくなるのです。いかに均衡を保つか。偏らないフラットな思考を持つか。良い悪いではなく、自分がどう在るか、の究極なところなのだと思います。大きな事から小さな事まで、様々な事からそれを学ぶ事が出来ます。それと向き合うか向き合わないかは、自分が決められます。が、向き合わなければならない事であれば、向き合わない選択をしても必ず、更に大きくなって、ヘビーになって、目の前に現れますので、今目の前にあるのが一番最小のダメージでクリア出来るものなのだと諦めて、素直に向き合うのが一番の近道。怖い、嫌だの感情が出たら、今がその時というお知らせです。なかたかおり Facebookページhttps://www.facebook.com/kaorinakatasinging/なかたかおり1stアルバム「feign」ダイジェスト本当の私に還る自分のために聴く音楽。意識を変えて美しい世界に。

      1
      テーマ:
    • 面白いなぁ 〜彼氏いらんの?〜

      喫茶コハクさんのアメリカン。上品な和柄の器に淹れられたコーヒーは、不思議と甘味があってまろやかなお味で美味しかった結構続けて聞かれた「彼氏いらんの?」が面白い。私は「居なくてもいい。もし必要なら出来るから。」と答えた。「でも、おった方がえぇやろ?」と聞かれた。私は「おらんでもいい。」と答えた。正確には、居ても居なくてもどちらでもいい。どちらかの方が優れているのではなく、どちらも良いの。淋しさは他人では埋められるものではないと、昨年、孤独を存分に味わってしっかりわかったし、パートナーでなくても愛をくださる方は沢山いるし、私を理解してくださってる方も沢山いるから、居なくても幸せなのよ。充分に幸せなのよ。ただここに生きているだけでも幸せなのよ。だから、居たら尚幸せ、ではなく、居ても幸せ、なのですよね。比較するものではなくてどちらも同じだから。パートナーが居たら居たで、だからこその学びが必ずある。いわゆる良い事だけでなく悪い事もセットである。悪い事っていう表現は語弊があるけれど。どっちもトントンよ。トントンと思える個を確立させる事の方が大事。自分あってのパートナーだからね。ふふふ。今、自分がどう捉えてるのかを整理させて貰えてとても面白かったよなかたかおり Facebookページhttps://www.facebook.com/kaorinakatasinging/なかたかおり1stアルバム「feign」ダイジェスト本当の私に還る自分のために聴く音楽。意識を変えて美しい世界に。

      6
      テーマ:
  • 09 Jan
    • 神社の木にお金を挟む人がいるらしい 〜自分と重ねる〜

      お友達のソルトさんがFacebookで投稿されていたのですが、神社の木にお金を挟む人がいるそうです。詳しくはこちらのソルトさんのブログをご覧ください。http://ameblo.jp/siromegane00/entry-12236299689.htmlネットで調べると出ますね。厳島神社の鳥居にお金をねじ込む人がいると、そういえば問題になっていましたね。今尚ですが。何を根拠にかはわかりませんが、やった人はきっと、本当に願いを込めていた方もあるでしょう。是非ともソルトさんのブログにある写真を見ていただきたいのですが、沢山のお金がめり込んだ木の写真。私はそれを見て、とても心が痛みました。あからさまに木が痛そう。辛い。誰がそんな事するの?とか、なんて酷い事するの?より、木さんの痛みがとにかく辛かったのです。何故か。過去の自分を観ている気分になったから。きっと、お金をねじ込んだ人たちも今、知らず知らずにこの木と同じ状況で生きているんだろうとかんじたから。木、そのものの壮大さ、美しさ、優しさ、神々しさ、それに、もっとこうだ、もっとあぁだと、無理やり押し付けられねじ込まれるお金。私たちも、そのままの自分の美しさでは満足出来ず、もっと勉強しなさい、常識をわきまえなさい、資格が必要、規律を守れ、そんな事も知らないのか、あれを身につけろ、これをやっておけ、貴方ならこうしてくれるでしょ?代わりにやっておいてね、と、望んでもないものを押し付けられねじ込まれ育って来たりしていて、お金もつぎ込んで、自分も自分で、このままじゃダメだ、もっと頑張らなきゃ、あの人に嫌われないようにしないと、資格を取らなきゃ、いい大学に入らなきゃ、いい企業に就職しなきゃ、もっと得なきゃ、もっと、もっと、もっと…って、自分自身に押し付けねじ込みやって来たりしてお金もつぎ込んでいる。そんな自分の姿がその写真だったんだ、って思ったの。だから、行為そのものは良くない事だと思うのだけど、それだけ無意識に苦しんでいる魂たちがいるんだ、そしてかつての私はこうだったんだ、と思い知らされたのです。何でこんな事するの?!と怒りを感じた方がもしいたとしたら、ぜひ、その怒りの根源を探して欲しい。木さんは、我が身を以て教えてくれているんですもの。こういうことがあった、とシェアするのも良いけれど、怒りに基づく情報提供ならやらない方がいい。怒りのエネルギーを増強させるだけだから。自身の怒りの根源を探って、見つめて浄化する事に努めて欲しいなぁ。そして、そういう事をする人もいる、という事を認めて愛を送り、ただ自分の中の正しい事を貫いて欲しいなぁと思います。そして、ソルトさんがFacebookでも書いていましたが、そんな木を見つけたら、出来る範囲でいいと思うので、そのお金を取り除いてあげて、お賽銭箱に入れてあげる。ただそうする。怒りを纏わないで。纏いそうになったなら、自分を見つめる合図。自分はどうなのか、をひたすら見つめましょう。痛々しいお姿ですが、木さんの身を以ての教えに感謝します。なかたかおり Facebookページhttps://www.facebook.com/kaorinakatasinging/なかたかおり1stアルバム「feign」ダイジェスト本当の私に還る自分のために聴く音楽。意識を変えて美しい世界に。

      4
      テーマ:
    • 心と身体の関係 〜代謝に感謝〜

      株式会社ガハハさんに貰ったおみくじ。やったね!すんごい大吉!http://gahaha.co.jp/こちらのサイトに運試しおみくじの特設サイトがあるので何回もやってみてね何回もね心の状態は身体に症状として現れる。そんな事をこのブログでも何度も書いてますが、また書こうと思います。昨年の秋から続く鼻喉の不調。今尚不調ではありますが、敬遠していた病院にお世話になる事にしました。私が通う耳鼻咽喉科の先生はとても良い先生でね、二度と来なくて良いように完治させたいお考えなのです。私のような、中途半端に病院に頼りつつ敬遠する患者は、病院にとっては良いカモなのですが、先生はそれをハッキリとおっしゃる。「貴方は我々にとっての良いカモです。儲けさせていただいてありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。」すいません。ちゃんと完治させます。ってなるよね。敢えて言ってくれるって有難いなぁと思いました。様子見ながら完治を目指します。この不調と、そしてお通じ。実に面白いなぁと思うのですが、心の老廃物が溜まっている事をしっかりと現してくれています。鼻喉の不調は、PM2.5の影響が大きいのですけれど、その影響を受ける事を「私」が許可しているんですよね。何故か。 デトックス始めまーすって事かなぁと思います。お通じに関しても同じ。私は特に便秘ではないのですが、心の老廃物が溜まるとスッキリと排泄出来なくなります。ところが、心の老廃物の排出が出来た時、身体の排泄もスポーン!と通じるんですよね。もう面白くて。心にある見えない老廃物を、龍神様に乗せてさよならしてくれる私の身体。その代謝機能に本当に感謝だし感動です。それに合わせるかのように、鼻喉の不調も若干和らぎました。面白いよね。普段から、自分の身体がどんな反応をしているかに意識を向けるのって、とっても大事なんだなとかんじます。お腹が重くなってきたら、心も老廃物が溜まってきたんだなぁとわかるから。私の意思とは関係なく代謝してくれている身体。シグナルも出してくれる身体。自分に無関心だと、きっとわからず暴飲暴食してるかもしれないよね。全力でサポートしてくれている自分の身体さんに感謝出来る心を整えるって、本当に大切だとかんじます。代謝機能が色んな事を教えてくれるから、その関係を先ずかんじてみて欲しいです。それもご自愛ですからね。私は毎度感動しています。自分にありがとうですなかたかおり Facebookページhttps://www.facebook.com/kaorinakatasinging/なかたかおり1stアルバム「feign」ダイジェスト本当の私に還る自分のために聴く音楽。意識を変えて美しい世界に。

      3
      テーマ:
  • 08 Jan
    • 削ぎ落とした先にあるもの 〜自分は絶対裏切らない〜

      トラ友出来たよ思い返せば昨年…一昨年末くらいなのかな、自分の使命のようなものを、薄っすらボンヤリと掴み…いや、霞に指先が触れたような気がして、ではどう動こうかと考えた時に、直感にしっかりと従って行動しようと決めました。それまでもそうしていたつもりだけれど実に中途半端。半端はやめて、全部それでいこうと。基準は、自分がワクワクするかどうか、好きか嫌いか、これだけ。白黒ハッキリさせる、みたいな感じに見えるけれど、今は、実はそうじゃないなぁってかんじる面もあります。けれどもハッキリさせることを徹底して、自分を信頼して突き進みました。ここ大阪だって。キレイな渓谷でした様々な事が削ぎ落とされて、どんどんと身軽に、そして心も軽くなる一方で、そこはかとなく襲われる孤独感。ネガティブに物事を捉えてしまい易い状況が沢山ありました。特に、人に関しては強くそれをかんじましたね。裏切りとも捉えてしまった事もあります。腹が立って悔しくて悲しくて。自分の存在価値さえ疑問にかんじた事もありました。離婚した時にも同じように、罪悪感と共に自分の存在価値について苦しんだのですけれど、またそこ、苦しむの??ってね。虚しかったなぁ。でも、自分が何故そんな気持ちにのるのか、それには必ず理由があるはずだから、本当は目を伏せて無かった事にしたかったけど、苦しいのはもうヤダし観たくなかったけど、そんな事言ってたら何にも変わらないのはわかってたし、勇気を出して向き合うと決めて、さんざっぱら自分のアク抜きをし尽くしました。尽くしてはないかな?まだあるかもしれないもんな。孤独感って本当に恐怖でしかなくて、気力も体力も奪われます。これの払拭が一番苦しかったかもな。そんな状態なのに、メッセージとしては「思うとおりに事が進んでるよ!」「そのままで大丈夫だよ!go!go!」みたいなのばかりで、ホンマかいな!感しかないよね(笑)でも、ホンマでした。いつだって1人じゃなかったし、離れていったと思った人たちも自分から離れているし、物理的に離れていても想いを寄せてくださってる方がいつも居てくださってるし、偽りのない想いを発して受け止めてくれる人が増えました。結婚、離婚は、家族の素晴らしさと、自分の奥深くにあるエゴ、弱さ、醜さ、ハマっていた枠を知り、本当は輝くものをもっているという可能性があると相手から教えられ、人としての陰陽をことごとく突き付けられた場でした。この時には既にアク抜きが火蓋を切っていました。バンドは、私の魂の扉を叩いてくれる大切な場でした。色んな場所に連れて行ってもらう事で、視野も広がり、少しずつ弱さも克服し、忘れていた事も思い出せたおかげで、使命に気付く大きなきっかけとなり、大転換期を与えてくれました。カフェスタッフは、私がそこで給仕をさせていただいて人との触れ合いから学ばせていただく事ももちろん大きかったのですが、料理に一番大切なのは愛情である事、料理は楽しい事、食べてもらえる幸せをかんじられる事など、諸々あって食への壁をもっていた私に本当の光を見せてくれる場でした。食べる事は生きる事、そこに光があると知る事はとても大きな出来事でした。辞めた後もしつこく食べに行ってますが、今想うのは、私はのり子さんとかずちゃんの作ったご飯を食べるのが好きで、それが幸せという事。私として生きやすく、そして「好き」を増やしてくれた場でした。そこから、自分の使命とは何かを具体的に掴みたくて、これまでとはまた違った内観をひたすらしていました。やはり孤独感はつきもの。だけど1人じゃないと踏ん張って、年末年始にようやくハッキリと掴む事が出来ました。そして今、それらの経験の他、OL時代の事も含めたこれまでの色んな経験を踏まえた上で、霊性を高める事と、現実世界で自分がやりたい事の両方を進められる環境が整ってきたようです。片輪じゃうまく転がせないから両輪で転がりたい。けれど私はビジネスをしたくない。これの真意を理解してくれる人が今はいるんです。しかも1人じゃない。その安心感たるや。それでいて私は姫でありたいのですが、何故なのかも腑に落ちました。なんてタイミングでお姫様のお話を聴けたんだろう。相変わらず長々書いてますが、「手にしたければ手放しなさい」と良く聞きますけれど、これは本当だなぁと実感しています。まだ何かを手にしよう掴もう取ろうという場面をお見受けしますけれどそうじゃない。自分から手放すんです。削ぎ落として、より自分の芯に近づいてきた時に、周りには自分にとって本物の人しか残りません。偽れないから。その人たちが、か細かった自分の芯を太くしていくためのサポートを全力でしてくれます。そうなるとわかって、ここまで来れるように「直感」は導いてくれたんだとかんじます。「本当の自分」は絶対に自分を裏切らない。裏切るのはいつだって自分。じゃぁ、これまで離れていった人たちはニセモノなのかというとそうではなくて、その時その時の重要なお役割を担ってくれていて、それを終えたから離れただけの事。お互いに自分を高める日々を過ごしているはずだから、本当に必要なご縁ならば必ずまた出逢うはずです。しかも、再会した時には、あの時とは違う輝きを纏っている事でしょう。だから、アク抜き途中に抱いてしまったネガティブな想いは、本当は必要なかったんだと気付きます。それは相手に対してではなく、自分に対しての想いだったんだと。だからこそ、味わいきって解放する必要があるんだと。どんな状況に於いても自分は裏切らないし、関わる全ての人は、そのお役割の有難さを思い知らされる事が後になってわかります。かんじる事、想像する事、これを忘れちゃいけない。謙虚に丁寧に。2017年は、カタチとして現していける年、始まりの年だとかんじます。全てに感謝。自分にも感謝。やっぱり皆さまを愛しています。ありがとうございます。なかたかおり Facebookページhttps://www.facebook.com/kaorinakatasinging/なかたかおり1stアルバム「feign」ダイジェスト本当の私に還る自分のために聴く音楽。意識を変えて美しい世界に。

      1
      テーマ:
  • 06 Jan
    • コラージュ

      甥っ子によるトラップが。マウスと間違えたよ(タブレット端末を三脚に固定するやつ)昨年末から鼻と喉の調子が本当に良くなくて、年末年始、マシになったと思ってたのに、年明け早々、また不調身体はピンピンしてるのにねー。鼻と喉、声にも大いに影響しちゃって。なるべく病院にはかかりたくないし、大浄化と思ってそのまま受け入れてケアしたりしてたけれど流石に長引き過ぎだし、そろそろ凹んできたので、観念してお薬にも頼ろうと思い直りました。遅い冬場はPM2.5が飛散しやすいそうです。その影響をモロに受けてると言われました。以前にも言われた事があるような…忘れてたわー。そんな状態の中、こんなものを作っておりました。猫。じゃない。猫だけど。わかりにくいね。コラージュです。自分がどういう家に住みたいか、とか、何を側に置きたいかとか、パートナーはどうかとか、望むビジョンを視覚化するために作ってみました。まだ途中なのですが、住まいに関してはわざわざ雑誌を購入して、こんなのいいな、あんなのいいなを選びましたよ。結構楽しい私のお気に入りの猫ちゃんの写真も、プリントアウトしてちゃんと貼っておきました将来は猫ちゃんと暮らしたいからね。なんでわざわざ可視化したのかというと、その方が顕現化しやすいからです。昨年も、「宇宙の法則」を手書きして目に付くところに貼っていたのですが、ほとんどが叶っている状態だと気づきました。貼ってはみたものの、実はその後すっかり忘れて意識してなかったからちょっと驚きです。意識して観ようが、意識せず観ようが、恐らく関係ないんだろうなぁと思います。私は完全に忘れてたし。内容も何だったか覚えてませんでしたから。認識する場所が、健在意識ではなく潜在意識、内側の自分なんでしょうね。面白いですよね。そんな事を思ったきっかけは、昨年末にクリスマスに感けて心知れた仲間とパーティをした時の事。あるDVDを鑑賞してたら「コラージュ」の事が出て来たんです。その時に、自分のビジョンはボンヤリあるけれど、ハッキリと視覚化させた事がないからやってみよう!と思って家に帰り、貼る場所を見渡した時にその「宇宙の法則」の紙が目に入りましてね。改めて見た時に先に書いたような事だったもので、可視化するって有効なんだ!と思い至った訳です。良いタイミングでDVDを観せてもらって感謝ですただね、雑誌を切り抜いて貼り付ける、というのをやりたくて書店巡りもいくつかしたのですけど、理想の自分の将来像についてはどの雑誌にも無いんですよね。。ネットで探すか…絵を描くかだね。出来るか?これまで、長い時間をかけてアク抜きをして来たから、今年は自分らしさをより積極的にカタチしていきたいと思っています。その手段の1つとしてコラージュを。定期的に作ろうと思ってます。何がどう叶うのか楽しみですねなかたかおり Facebookページhttps://www.facebook.com/kaorinakatasinging/なかたかおり1stアルバム「feign」ダイジェスト本当の私に還る自分のために聴く音楽。意識を変えて美しい世界に。

      3
      テーマ:
  • 05 Jan
    • 子供の言葉はアファメーションなのか

      お絵描きが上手。お兄ちゃんは運動が上手。下の甥っ子は、何故か私をとても好いてくれています。何ででしょうね。めっちゃ嬉しいです彼は、私と何かをする時、こんな言い方をします。「○○くん、かっぺちゃんとお風呂に入る。」「○○くん、今日かっぺちゃんと一緒に寝る。」全部言い切り。I want ではなく、I doなのです。宣言。アファメーションです。どうしてもその夜に、私がやらねばならない事がある場合は叶いませんが、もちろん殆ど叶います。決めるとカタチになる、を自然にやってのける子供の素直さ。素晴らしいなぁと思いますなかたかおり Facebookページhttps://www.facebook.com/kaorinakatasinging/なかたかおり1stアルバム「feign」ダイジェスト本当の私に還る自分のために聴く音楽。意識を変えて美しい世界に。

      3
      テーマ:

プロフィール

なかたかおり

性別:
女性
お住まいの地域:
大阪府
自己紹介:
大阪で活動するソロアーティスト なかたかおりです。 ピアノで弾き語り、時にサポートをお願いして大阪...

続きを見る >

読者になる

AD
シャボン玉ライブ情報シャボン玉


四つ葉2016/12/11(日)
ロビーコンサート

場所:門真市民プラザ
住所:〒571-0026 大阪府門真市北島町546
URL:https://www.city.kadoma.osaka.jp/kyoiku/shisetsushokai/shimin_plaza/index.html
※詳細未定


四つ葉2016/12/15(木)
慰問ライブ

場所:大東市某所
※詳細未定


四つ葉2016/12/17(土)
クリスマスコンサート

場所:守口市ムーブ21 生涯学習センター
※詳細未定




アート作家活動


四つ葉ちょっとしたシリーズもの
「犬と私」 音譜

カレンダー

月別

一覧を見る

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。