常陸国ふしぎ探検隊-それは天津甕星から始まった

「まつろわぬ」というキーワードから常陸国の歴史を見つめなおします。常陸国は東海道の東のはずれ、鹿児島から始まる中央構造線の終点です。


テーマ:

まだまだ常北、「奥茨城村」の城里町(旧桂村)の神社です。


那珂川沿いの田んぼの真ん中にある手子后(てごさき)神社です。


 鳥居と社号標

 拝殿

手子后神社は茨城県に数社あり、もっとも有名なのは神栖市(旧波崎町)波崎のものでしょう。


利根川の対岸は千葉県銚子市です。「ほととぎす銚子は国のとっぱずれ」などといわれたところで、本州


最東端ではありませんが、国立天文台のHPでは、北海道・本州・四国・九州の平地で最初に初日の出


が登るところだそうです。


このように銚子は首都圏から見れば田舎の代名詞の一つですが、私の住む、人間より猪の方が多い奥


茨城村に比べたらはるかに都会に見えます。(笑)


財政難で市立病院が閉鎖されたり、銚子電鉄の存続が危ぶまれたり、その対策との名目で誘致された


加計学園の千葉科学大学でさらに財政難に苦しんでいる市でもあります。儲かったのは加計学園とそ


の「バクシンの友」の安倍晋三だけでしょう。実は「バクシンの友」ではなくて二人とも岸信介の孫のよう


だとうわさされています。このことを明らかにしようとしたジャーナリストは消されたとの都市伝説もありま


す。


森友から露見した学園疑惑は、加計学園の獣医学部新設問題--吉備国際大学--千葉科学大学と続


きそうで、ロッキード事件などとは比べ物にならない程の大事件なのです。田中角栄元首相のロッキード


事件は、民間のお金が政治家に流れたのに対し、一連のアッキード事件は、政治家のトップがわれわれ


から「吸い上げた」税金を「忖度」という巧妙な手口で巻き上げたゆえにたちが悪いのです。


(「」内は安倍総理が自ら発言した言葉です。バクシンは腹心の誤りですからね)


売国奴、竹中平蔵の言によれば、「国家戦略特別区域とは総理主導の特区でありこれまでの岩盤規制


に切り込む」もので、総理が主導することが明らかに述べられています。


ようするに、公平公正を期し、産業を守るため(最低限の品質を確保し、競争力維持する目的、あるいは


既得権益の擁護のため)を、政治家が法制化したらしい種々の規制(岩盤)を破壊することが「岩盤規制


に切り込む」ことで、規制緩和よりも簡単に新規参入することが可能になり、ましてそれを最高権力者の


総理が主導しているという、自分たちが決めた法律を自分たちが儲けるために自分たちで破棄するとい


う、どうにも割り切れない構図が見えてきます。新自由主義の真骨頂でしょう。


ある程度の水準に達したものだけが、己のプライドをかけて営んでいたと思われる、各種の事業が規制


緩和により崩壊してきたことを、われわれは小泉構造改革で経験しています。それにより正社員が減少


し、賃金が低下し、日本は「失われた25年」の真っ只中です。憲法25条で保障された「健康で文化的な


最低限度の生活」を営めるのは、政治家と公務員と高学歴の一部上場企業の社員と言っていいほどの


限定された人だけになりつつあります。


長谷川平蔵(鬼平)に登場願いますか?


文科省の天下り問題は、加計学園の獣医学部新設に難色を示した局長が人事権を持つ内閣府に更迭


されたため、前川次官がその労をねぎらい就職先をあっせんしたことに激怒した、内閣府の仕返しの公


算が高いという意見もあります。すべての省庁で天下りがなされているにもかかわらず、文科省だけが


やり玉に上がってしまっていることは、その噂の信憑性が確認できそうではあります。


古代史と同様に「証拠」はありませんから、われわれは蓋然性の高さからそれらを判断するしかできま


せん。限界集落の年収数十万円の年寄りから、共同アンテナのファイバー化で7万円を搾取する、平均


年収1千数百万円の内閣広報部隊NHKのニュースを鵜呑みにする人たちは、安倍政権に何かあるこ


とに、北朝鮮が日本から送金されたパチンコ資金で作ったミサイル発射という援護射撃をしてもらうこと


も知らず、反日右翼政府を支持しているようにも見えます。


史上最悪の反日右翼内閣はさっさと総辞職することを望みます。真摯な議論をしようとしない国会での


審議を拒否できない反日左翼民進党も、とっとと解党して下さい。


真の「日本人の、日本人による、日本人のため」の政治が望まれます。


かといって「神国日本」などというスピリチュアル偏執狂はもとよりお断りです。「日本会議」の本質はこ


の「神国日本」思想であり、明治以降、「勝てば官軍」イカスリ勢力がでっちあげた、日本文化は半島経


由である、という通説ねつ造歴史が基本になっています。つまり、記紀を創作し、さらにそれを基に三国


史記を創作した勢力の末裔が「神国日本」思想の中心にいます。


それはもう本来の日本ではありません。千数百年ものあいだ本来の日本はのっとられてしまっていま


す。それを藤原氏という名前に代表してもよいかもしれません。八咫烏と言ってもよいのかもしれませ


ん。国体などと意味不明の言葉を用い、さも正当な勢力のようなふりをしています。



さて、銚子だけにとっぱずれすぎてしまったようです。神社に戻りましょう。(笑)


旧波崎町の手子后神社の祭神は手子后姫、水戸市元石川町の祭神は稚日孁命、石岡市中津川の祭


神は奈美松命、古津松命、内原町の祭神は手名推、イザナギ、イザナミ、そして城里町(旧桂村)の手


子后神社は埴山姫になっています。


すべてが違う祭神になっています。神社名が同じで祭神がまったく異なることは当然作為があると考え


る必要があります。


茨城県神社誌の由緒沿革によれば、


大同二年二月十日創建。当社は人皇四十八代称徳天皇の勅を奉じて、神護景雲二年六月二十一日始

めて祭るといふ。五十代桓武天皇の朝には、坂上田村麻呂将軍東夷征討の砌り、戦勝祈願をし、軍扇

及冑、鏑矢を奉納した。

五十六代清和天皇の貞観十七年には従五位下を授けられた。元禄九年正月、水戸藩主光圀公は従来「手子木崎神社と称してゐた社名を現在の「手子后神社」と改称した。

ご祭神は土を司る神として土壌を生命とする農民の五穀豊穣の守護神として尊崇が篤い。そため土を

と焼くことは土壌の生命を断つことで神の怒りを買うといはれ、「圷」では瓦を焼くことは勿論、屋根に

のせる家がなかった。昔神社の屋根に土瓦をのせたところ、一晩でくづれ落ちてしまった事があったといふ。(社伝)

中略

又屋敷内に松の木を植えてある家は一軒もない。これはこの神社のわきに大きな一本の松の木があった。ある日ご祭神が、この松の葉で目を突いて怪我をされた。この松は忽ち伐られ、以来氏子は松を植

ゑないことにしたという。


境内摂社】天王宮(素戔嗚命) 八幡宮(応神天皇) 天満宮(菅原道真公) 鷺森神社(月読命)

鹿島神社(武甕槌命) 千勝神社(猿田彦命) 熊野神社(早玉男命) 八龍神社(高龗命、闇龗命)

雷神社(別雷神) 稲荷神社(宇迦魂命)
 

神護景雲二年(768年)六月に始めて祭られたのに、なぜ創建は大同二年((807年)になるのでし


か。もとより神社の由緒沿革などは半信半疑、眉唾物ですからどうでもよいのですが、理由は分かり


せん。


祭神の埴山姫は埴安姫と同神と考えられ、一般的な解説では土の神、陶器の神、田畑土壌の神 とされ


ていますが、ここ旧桂村上圷の埴山姫は陶器の神ではなさそうですね。もちろん焼き畑農業もご法度だ


ったのでしょう。(皮肉ばっかり。笑)要する神社の神なんてこの程度にしか考えられていないのです。


本来の御神徳(人間がよりよく生活できるように導く)が理解できていたら、迷信じみたこんな由緒は作


るはずはないのです。社殿があまりに安普請だったから、瓦の重みに耐えられなくて文字通り瓦解した


なんてところではないでしょうか。


それに鎮座地は那珂川のすぐそばで、河原と言ってもよい場所です。水が出れば川流れになってしまう


ような場所ですから、堤防が整備されてから建立された神社だと思います。もしかしたら、洪水で流され


たことを、河原だけに瓦を乗せたことにしたのかもしれません(笑)


また目を傷めるいわれは製鉄神の特徴ですが製陶も製鉄と同じように火を使いますから、そのことを示


唆しているのかもしれません。




   
 神社の位置                         神社の向き ほぼ真南で北辰信仰

   

 本殿 千木は女千木                    扁額


 拝殿詳細 神紋は意図的に消されているのか?消えてしまったのか。



WIKIによる波崎の手子后神社の説明には、こんなことが書いてあります。


新編常陸国誌は、祭神は鹿島神宮の御女ではなく、常陸国風土記の「海上の安是の嬢子」ではないか

とする考察を付している。手子は女子の愛称であり、万葉集に真間の手児奈、石井の手児、左和多里

の手児等の例があり、また地名とした例に、駿河の手児の呼坂や手子の浦(田子の浦)等を挙げている。


手子も后も女子を表し、結局本当の祭神は女神であるというだけで、特定することはできません。


しかし、手子后という文字を見た瞬間に私の脳裏に浮かんだのは、スサノヲの子の嫁である、ということ


でした。


「手」とは手力男の「手」、手置帆負の「手」ではないか、と0.15秒でひらめいたわけです。(笑)


百嶋系図ではそれらはスサノヲの別称となります。


スサノヲの息子は一人しかいません。長髄彦(=彦国オキツ、天利剣、オキツ彦、≒カガセオ、ナーガス


ネイク彦)でした。


そして、長髄彦の后は、オキツヨソタラシ姫だけです。ミトラは近親婚はしません。


オキツヨソ足姫。瀛津世襲足姫。古代史最大の秘密を持った姫。よく言えば、現在の日本の原型を作っ


たといっても過言ではない姫。悪く言えば、縄文とミトラ教の融合した穏やかな社会から、弱肉強食匈奴


型社会を作り上げるきっかけとなってしまった姫。百嶋先生をして「おさわがせ姫」と言わしめた所以です。


このあたりの詳細は、番外21.から23..までをご参照ください。


瀛津世襲足姫は新解釈系図によれば、金山彦の系統であり、「瀛:えい、おき」を継承しています。


つまり、「卑弥呼」を継ぐ資格のあるものです。真の天皇になりえる女性でした。


百嶋系図ではスサノヲの子にしてあります。長髄彦と兄妹になっています。妻を妹と呼んでいたことから


すれば、百嶋先生の「表向き」の系図では九州という地域柄、教えを乞うた神主さんたちとの約束を考え


れば、これが最適(あるいは精一杯)の表現だったと思われます。


(生島足島神社では先生も兄妹ではないことを認めていますから)


ちなみに瀛津世襲足姫は市杵島姫です。壱岐対馬姫です。島巫女です。


(安心院の二女神社を調べれば市杵島姫が存在しないことがわかります)


宮古の縁側日記 46 龍族 三女神社参照


東国(フォッサマグナ以東)の神社を見ていると、新解釈系図の右側の系統の形跡が多く残っていること


に気付きます。特に、茨城県、栃木県、福島県にはその形跡がありありと残っています。




    新解釈系図(部分)

このことは、五瀬命の子以降はほぼ東国に「瀛」氏すなわち九州王朝が移動したことを彷彿とさせます。


長髄彦、コノハナサクヤヒメ、武甕槌(海幸彦)、オキツヨソタラシヒメ、ヒタカ(彦太忍信)、タケコロ(ヤマト


タケルA,B,Cおよび武国凝別)、衣通姫(遠津年魚目目妙姫、またはイヨ)、カニメイカヅチ王(ハエイロ


ネ)、弟橘(ハエイロチ)建弥依米(タケミヨリメ=ヤマトトトヒモモソヒメ)、豊城入彦。


従って、彼らの後裔である開化天皇(富姫)は当然東国の福島あたりが生国であることになるでしょう。


開化天皇を男子と思い込んでいては、真実への扉を開けることは難しいのです。


神功皇后の伝承は、三韓がその時代(AD3世紀)にないことや、出産を遅らせたり、重臣の武内宿禰が


300年もの間天皇に仕えていたらしいことから、お伽噺であろうと考えますが、息長足姫(オキナガタラ


シヒメ)の別称から、瀛津世襲足姫(オキツヨソタラシヒメ)の子孫であることは間違いなさそうですから、


神功皇后は開化(現実には女性の富姫)ではないかと考えています。


さらに興味深いことに、瀛津世襲足姫(オキツヨソタラシヒメ)の別名の一つは武内足尼(タケウチタラシ


ニ)であり、武内宿禰の別表記にも同様なものがあります。つまりこのことは、開化(富姫)の相手は誰に


なるのかはいまだ推定し切れていませんから、古代史におけるスーパーマン武内宿禰は開化で


り神功皇である、ということにとりあえずとどめておきます。


波崎の手子后神社の祭神である手子后姫を瀛津世襲足姫と考えれば、上記の新解釈系図では海幸彦


=武甕槌の妹ですから、鹿島神宮の近くに祀られることはすんなりと理解できるのです。


最後に鎮座地の地名「上圷(かみあくつ)」ですが、圷(あくつ)は阿久津とも書き、地名や名字として、茨


城県や栃木県北部では多く見られます。これをアテルイの別称とも言われる悪路王の転訛かもしれない


という見方もあるようです。つまりアクロ⇒アクト⇒アクツです。これは悪路⇒悪戸と書けるかもしれませ


ん。「戸」は戸隠の「戸」でしょうか。つまり天岩戸の「戸」でしょう。手力男が開けた「戸」は長髄彦の象徴


でした。まつろわぬもの、カガセオ=長髄彦を悪路王とするのは、イカスリ藤原氏が命名するには最適


な喩えですね。鹿島神社や鹿島神宮に悪路王の面が奉納されているのは、新解釈系図で言えば長髄


彦の妹(妻)の兄であり、ほんとの妹コノハナサクヤヒメの夫、武甕槌(=海幸彦)が鎮魂するには最適


ったからかもしれません。鹿島神宮が聖方位で建てられている理由なのかもしれません。


百嶋由一郎先生の演会CD、資料、神代系図を入用の方は、常陸国ふしぎ探検隊河野まで。

メール k_kplanning @yahoo.co.jp


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ

ポチ、ポチッとお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

隊長くんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。