常陸国ふしぎ探検隊-それは天津甕星から始まった

「まつろわぬ」というキーワードから常陸国の歴史を見つめなおします。常陸国は東海道の東のはずれ、鹿児島から始まる中央構造線の終点です。


テーマ:

引き続き長野県は大町市の仁科神明宮です。











長野という名称は長髄彦(ナーガスネーク彦)の気配を感じ、信濃はシナノコ篠子-コノハナサクヤヒメ


=かぐや姫の気配を感じています。


彼らの父親スサノヲが秦の始皇帝からの呼称を引き継ぎ、秦(シン)→シナと転訛した可能性を百嶋先生


は資料に残しておられます。秦は中国語ではQIN:チンと発音します。始皇帝嬴政(いんせい)のは渦


を意味しており、スサノヲ系統の中心者はウズ=大(太)=珍(うず:チン)を引き継いでいます。





珍(うず)系図


しかし、似た名前のシナツヒコ(古事記では志那都比古神、日本書紀では級長津彦命)については、海幸


彦=草部吉見=天児屋根=武甕槌=鹿島大神であり、雲南省の麗江近くのシナから紅川を下り、ハノ


イー海南島-台湾-琉球-長崎県天草苓北町に上陸した黎族=耳族(神沼河系)の多氏であるとして


います。


そして多氏を中臣氏=藤原氏の祖としています。ですからわれわれも研究当初勘違いしていたように、


武甕槌は藤原の祖神であり、春日大社に祀られているのだ、ということを半ば盲信してしまいます。


春日神社には経津主=ニギハヤヒ=山幸彦も祀られていますから、藤原氏は海幸と山幸の混血系統だ


という説明を記憶するだけで精一杯になってしまうのです。


しかし調べれば、耳族はもともとインドにいた耳の大きな人たち=尊敬に値する人達を示していたり、カ


ヤ地名についてもインド由来(ブッダガヤ→長遊和尚→伽耶)であることが判ってきたため、藤原の出自


に疑問を感じ、結論、百嶋先生は解明した事実を発表しなかったと考えるようになったのです。


伽耶は半島だ、と明治政府御用学者の説を鵜呑みにしていると、研究は進みません。


ならばわれわれ百嶋資料を利用させていただいている研究者は真実を追求しなければなりません。


だから、百嶋先生の脳内に隠していただろう真実の系図を解明しなければならないと、強く強く


強く考えたのであります。(笑)


これこそが、百嶋由一郎氏の遺志であろうと!したがって、真実の追究あるのみです。


最近になって、やっと欠史八代の仕組みがわれわれなりにおぼろげながら理解できてきたので、それ


を構成する三系統の分離作業が始まりました。


三系統とはスサノヲ系、高木系、神沼河系になります。


これこそが栗本慎一郎の言っていた古代王権、つまり天皇制の秘密を暴くことになるでしょう。


さて、級長津彦は級長津姫と夫婦神であるとするのが順当な考え方ですが、級長津姫は大目姫(うづめ)


=稲荷=豊受であり、われわれの考えはさらに進化し、コノハナサクヤヒメだと推定しています。


現代ならいざ知らず、13,4が適齢期の時代に、37歳でハニヤスヒメが大山祇との間にコノハナサクヤ


ヒメを生んだ系図は疑わなければいけません。


同様に、母親が不明の系譜も疑ってかかるべきでしょう。


百嶋系図最大の秘密は、


豊受=木花咲耶姫


です!


そして海幸彦との子が前稿、穂高神社の祭神、日高(ひたか、ひこ)=彦忍信となります。


忍信の名前の由来は以前にも分析しましたが、彦は子、太はウズ(珍=QIN)の系統を示し、忍は


忍穂耳から、信は秦あるいはシナ、このように海幸彦=アタノスグリとコノハナサクヤヒメ=カムアタツヒ


メの名称を見事に引き継いでいます。アタはもちろんWATERの神=綿津見の転訛です。


そして秦は「太」に転化されています。


藤原氏はこのことも理解していたために多(オオ)氏とした可能性は高そうです。


ということは、シナツヒコという名前は、シナツヒメ=シナコ篠子の連れ合い(ワケ=別=和気=脇)だか


らではないか、という考えが浮かんできます。


主人は常に女性です。男は従者です。だから女王様に従う連れ合いの夫は「別け」になるのです。


この感覚は、江戸時代の朱子学(儒教)政策や明治維新の儒教的国家神道の徹底により、表向きは隠


蔽されてしまっています。


しかし、われわれ百姓には少なからず女性が主人であることの残渣を感じる風習がのこっています。


(江戸時代の三行半などはその一例でしょう)


また、風神はシナツヒコ、雷神はシナツヒメとしても有名です。


雷神は水神であり、農作物、特に稲作に欠かせない降水を期するために、卑弥呼が北斗七星(ひしゃく


ぼし)に向かって、柄杓を持ち、蓑を着て、雨乞いの儀式をした巫女であることはすでに述べていますが、


すでに願いがかなった形態を取りながら祭祀することは、願望成就の基本でもありました。


こういう状況から、海幸彦=タケミカヅチをコノハナサクヤヒメの配偶者と判断しているのです。


さて、仁科=仁品とは何を意味しているのかは、仁科神明宮を理解する重要なポイントになります。


科=品は、上記のように秦が大元であることは述べましたが、「仁」がはっきりとしません。


品については福島南相馬の鹿島御子神社で興味深い発見をしていますので、別稿で報告いたします。


生命の根源につながる『フラワー オブ ライフ』に関係してきます。細胞分裂に関係してきます。


仁は人偏に二ですから、二人のシナの子、つまりコノハナサクヤヒメとナガスネヒコを示しているか、そ


の後の世代の二人を指しているか、と考えるところです。






新解釈系図(改定前)


神話では伊勢の神宮は崇神天皇が皇女豊鍬入姫に笠縫村に祀らせ、姪の倭姫(やまとひめ:垂仁の子)


が元伊勢と呼ばれる各地を巡幸し、事実上の伊勢初代斎宮にされています。


若一王子神社で考察したように、仁科王は倭彦(やまとひこ)の可能性もありました。


百嶋系図では、倭彦(椎根ツ彦)と倭姫は親子で、倭姫は黒砂(いさご)になります。

WIKIを見てみれば、


倭姫命を『三国志』魏志倭人伝に載せる邪馬台国の女王、卑彌呼に比定する説がある。これは「邪馬台

 国畿内説」論者によって提唱される説で、命が神を祀る役目を負っていたことに由来する。

と、倭姫が卑弥呼であるかもしれないとしています。


非常に巧妙です。


ここは注意しなければならない点です。


われわれは、明治新政府創作歴史を従順に盲信している通説派ではありませんから、ここで卑弥呼


の乗っ取りが行われたとのではないかと考えます。


つまり、椎根ツ彦=倭彦はヤマトタケル(=安曇磯良または屋主忍男武雄心)を標榜しているのです。


椎根ツ彦の「椎」は木偏に隹(ふるとり)です。音はスイ、ツイ。槌や鎚も意味します。


槌は国狭槌=金山彦、武甕槌=海幸彦、建葉槌命=コノハナサクヤヒメ、などに使われており、土(つち)


にも転化します。土は王を示し、本来はと点を付けなければなりません。王とあからさまに表現できな


いために、おそらく人麻呂が一番上の横棒を移動させとし、さらに槌に転化させたのでしょう。


(これについては百嶋音声資料に別な例えで残っています。)


おそらく人麻呂は、椎根ツ彦を金山彦系、スサノヲ系ではないことを暗示したかったのです。


つまり百嶋系図で大山咋と鴨玉依姫の子とされる、崇神と椎根ツ彦(倭彦)の兄弟の系譜をわれわれは


再確認しなければなりません。


伊勢神宮は垂仁天皇の御世に創建されています。仁科神明宮は創建は不詳としながらも、玄松子さん


のHPによれば、一説には、当地を開拓した仁品王を祀ったのが初めといい、また、垂仁天皇の御宇、仁


品王が勧請したとも伝えられているおり、白鳳元年(672)、当国を巡視した皇極天皇の皇子(おそらく天


智)が仁科氏に命じて社殿を再築させ、十九の末社を創立したという、と書かれています。


この時その皇子は仁品はニホンと読めるから、仁科に変えさせたようです。この王子はおそらく天智です。


いろいろな説がありますが、少なくとも伊勢も仁科も同時期に創建されたと考えるのは許容範囲でしょう。


ここで垂仁について記しておく必要があります。


垂仁の名前の由来を考えてみれば、垂は玉垂れの垂、仁は仁科の仁がまず思い浮かびます。


玉垂れはご存知のように高良玉垂命に由来します。


玉垂とはなにか?


これを単純に通説のようにタケノウチスクネや、百嶋資料そのままに開化天皇などと解釈していては真


実に近づくことは困難です。


玉は女性の代名詞です。さらに開化は開花ですから、花開く木花開耶姫になることに気付かなければな


りません。ならば開化の子である仁徳がイヨである可能性が出てくるのです。


開化の子、九体王子の一柱シレカシは仁徳天皇です。シレカシ:楳は漫画家図かずおの楳、つまり


であり、権力者が本来主人である女神、サクラのコノハナサクヤヒメ(櫻)系統をに変え、言霊(親父


ギャク)で女性は子供を生めとし、三夜さんの後継者になります。ですから仁徳は女性です。


高良は日立市河原子(かわらご)や大甕倭文神社や泉神社の伝承カウラザメ(≒ワニ)などにも残されて


いますが、北隣の河原子の天満神社に菅原道真として堂々と梅鉢紋(イヌザクラ)を残しています。


(リンク→宮古の縁側日記 高良御子神社


百嶋系図では、開化-仁徳と皇統は続き、垂仁、崇神はワケ王とされています。この場合のワケは、主


人たる女王の従者ではなく、別な系統と考えた方がよさそうです。典型的な例が誉田別です。


史書を残したかもしれない不比等や人麻呂がどのような対立をし、どのような考え方でこの別(ワケ)を


名前に入れ込んだのかは次第に明らかにされると感じているところです。


垂仁(スイニン→スイジン→スジン)は崇神(スジン)の一つのバージョンでしょう。






                   通説の系図(wikiより引用)


「椎」のもう一つの意味、木偏に隹(ふるとり)は、神が鳥になって木に宿る様を表しています。


その鳥は木に留まる大きな鳥なので、白鳥や鶴ではなく、コウノトリや鷲になります。(御上神社探検記参照)


歴史書創作者たちによって、ミトラの象徴のひとつである子供を運んでくるコウノトリが甲の鳥になり鴨に


させられ、賀茂氏が豊玉彦=カモタケツヌミの子孫として捏造されていきます。


タケツヌミは名前の印象から角がある神、モーゼやアレクサンダー(ズルカルナイン)や蚩尤(しゆう)や


神農を思い浮かべます。

  
モーゼ                        アレクサンダー


  
 蚩尤(しゆう)                         神農


これらはすべてスサノヲのイメージです。


コウノトリの根源はミトラであり、列島における典型的な象徴の『始まりはスサノヲといってよいでしょう。


われわれの新解釈系図では、女系ではイザナミ-クシナダヒメ-オキツヨソタラシヒメ-カモタマヨリヒメ


と続き、男系ではスサノヲ-ナガスネヒコ-タケミナカタ(御年=事代主)と続きます。


また、イザナミの兄カナヤマヒコ-イツセ-ウミサチヒコ(コノハナサクヤヒメ)-イヨ、日高(穂高=天日鷲)系統もあり、これらが


婚姻しつつ高貴な系統を維持していくことになります。


手前味噌ですが、河野(コウノ、カワノ)の起源は群書類従にも記載されている『孝霊天皇の』だとした百


嶋先生の言の真意はこのことで、その時点で九州や四国には存在し得なかった、大山祇を奉る伊予王


子越智氏系統などではありません。それは津の渡し=井カスリ劉藤原氏に乗っ取られた系統です。


そしてまた、椎根ツ彦シイネツヒコ→スイネンツヒコ(笑)もその名前から垂仁スイニン、スジンの展開だと


想像することは、さほど難しいことではありません。


仁科地方はかくのごとく、ミトラの影響下にあり、欠史八代を理解するうえではとてつもなく重要な場所と


なるのです。


百嶋由一郎先生の講演会CD、資料、神代系図を入用の方は、常陸国ふしぎ探検隊河野克典まで。

メール k_kplanning @yahoo.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。