先人の知恵

テーマ:

家の近所の 大通りの街路樹はイチョウです

東京都の樹だからでしょうか?

それが今年も多くの実をつけ始めました

そう・・・銀杏です

これって 食べたらすごく美味しいですよね

でも  食べられるようにするのが大変

大通りも この季節雌の樹の下はう○ち臭いんです

こんな匂いの中で いっつも思う事があるんです



初めて銀杏を食べた人は 

どうしてこれを食べようと思ったんだろう   って

銀杏はご存知のように 柔らかい実の中の

硬い種の中の柔らかい部分を食べるわけですよね

梅干で言えば 神様の部分

私ならそこにたどり着く前に 臭いでギブアップすると思うんですが



実はわたくし こんな事ばかり考えております



お茶をはじめて飲んだ人は 

どうして葉っぱを食べるんじゃなくて

炒ってお湯を入れようと思ったんだろう とか



コーヒーをはじめて飲んだ人は 

何で実を食べるのではなく これまた炒って砕いてお湯を入れたの? とか



うにを始めて食べた人は 

何であんな棘だらけの生き物を食べてみようと思ったんだろう

しかも中身は 始めて見たらけっこうグロイと思うんだけど  とか



なまこを一番最初に食べた人は

何を思ってあれを食べようと思ったんだろう  とか



ほかにもまだまだ まだまだあるのですが

とにかく 見た目がグロテスクなものや

食べられるまでの行程が難しいものなど

どうして食べる気になったのか どうやって思いついたのかとか

気になってしょうがないんです

ぼや~んとそんな事をしょっちゅう考えています

そして最後に

まっ 先人に感謝だな。。。と思うわけです





AD

幼稚園選び

テーマ:

この時期になると あちこちで幼稚園選びのお話を聞きますね


例に漏れず 私も昨年の今頃は どこの幼稚園にするかで


頭を悩ませておりました


産後に新生児を連れて 幼稚園見学をするのは難しいと思ったので


3つくらいに候補を絞って 5月くらいから ちょっとずつ見学してました


プレ等に参加するのではなく 普段の様子を見せてもらいに行きました


ちなみに 私の住んでいる所は 保育園は待機児童が多く


順番が回ってこないので 候補からはずしてます


公立は2年保育なので これもなしです






3つの園を見た結果・・・


ますます 悩んでしまったのです


それぞれ特色があり 一長一短といった感じ


願書提出の前日まで悩みに悩んで


最後の決め手となったのは 私の勘でした


見に行って園に入ったとき ピンときたとでも言いましょうか


結局のところ バスか徒歩か、給食かお弁当か、制服か私服か


親のやりやすい園を選んで大丈夫なんだなと思いました




そりゃ可愛いわが子を託すわけですから


少しでも子供にとってプラスになれば と必死で考えましたけど


はいってみなけりゃわからない それぞれの事情と言うのがどこの園にもあるようで


その年に入園した“人”でもガラッと雰囲気変わりますしにひひ





私の勘が正しかったのかどうかは 


他の園の事がわからないので 何とも言えませんが


もんちゃんが楽しそうに登園しているのを見ると


まっ  よかったのかなニコニコ  と思ってます 


彼女は 幼稚園が大好きで 休むのをものすごく嫌がります


お母さんと別れるのが嫌しょぼん なんて泣いた事1度も無いです


それどころか 預かり保育大好きで迎えに行っても出てきません


こっちが寂しいです・・・。





やっぱり 選択はこれでよかったのかもしれないですね














AD

妊婦検診

テーマ:

次女を妊娠中


私の住んでいる地区では 妊婦検診の補助の回数が増えました


今までは 妊娠前期と後期の受信票があり 2回補助がありました


これは全国共通ですよねはてなマーク




でも実際には 15~16回 あるいはそれ以上検診の回数があるわけです


1回の検診にかかる費用も 病院によってかなり差がありますよね


私の行っているところは6000円~7000円でした¥


これを1回5000円 12回まで 区が助成してくれる事になったんですドキドキ


この助成の開始が平成19年4月1日から


残念ながら 私は4月までに何度か検診を受けているわけですが


その分は出ませんでした


でも!!


多少なりとも出ると出ないでは大違い


産後に申請して 戻ってくるシステムでしたが


本当に助かりました




今 全国で妊婦検診の助成が増えてきそうな感じですよね


保険の利かない妊婦検診は 本当に高額で家計を直撃!


1日も早く そうなってほしいなと思います


しかも後から申請でなく 必要な時に受けられたらいいのにと思います




と言うのも 私が検診で病院にいるとき


1人の若いお母さんが来ました


このお母さんは とにかくお金がかかるのは困る


というような事を言ってました


できるだけ 検査を減らしてほしいと助産師さんに食い下がっていました


でも 母体、スタッフ両方の安全を確保するためにも


検診の内容は変えることはできない 


そうきっぱり言われ  「考えてきます」  


と一言いって帰って行きました






これから赤ちゃんが生まれてくるのに 


そんな経済状態で大丈夫なの?


そんな心配もありますが 


もう赤ちゃんはお腹の中にいるのですから


検診を受けない妊婦さんにはなってほしくないなと思ったのです


助成が検診のつど使えていたら


きっと毎回の検診費用に悩む人も減るだろうな


なんとなくそんな事を考えてしまった一件でした










AD

ざざっと 2年を振り返る

テーマ:

長らく 放っておりました



前回更新はもう2年も前になりましょうか?



その間に 無事に次女出産ラブラブ



もんちゃんも 出産に立会いましたよ



怖がるかしらと思いましたが



彼女は「頑張れ頑張れ!!」 と



私を励まし汗を拭ってくれておりました



こうして家族全員で 新しい家族を迎えることができたのであります



これから出産される方



もちろん子供の性格にもよりますが



兄弟姉妹の立会いなかなかお勧めですべーっだ!



生まれるところを見ているので



赤ちゃんをすんなり受け入れてくれて 



やきもち焼かなかったですし



赤ちゃん帰りもそれほどなかったです









さて、このとき生まれた次女の “ぽん” 



泣いてばかりで 本当にまいりましたショック!



主人も私も そしてもんちゃんも



ぽんの泣き声に少々ノイローゼ気味でしたが



なぜ ここまで泣いていたか・・・。



彼女は寝かされているのが嫌だったみたいなんです



とっても気の早い子で



6ヶ月には伝い歩きをはじめ



9ヶ月でスタスタ走る人



1歳を過ぎた今は 高いところにもどんどん登っていきます



そして自力で降りてきますあせる



ぽんは 自分で好きなところに移動できるようになって



泣き叫ぶ事もなくなり



とってもよく笑う子供に変身してくれました



一同 少し心が落ち着いた感じです







もんちゃんも4歳になり 幼稚園に通い始めました



時間にゆるいもんちゃんと私の戦いの日々です



毎朝わたくしの怒号が鳴り響いております



ご近所さんが虐待と間違えるかも叫び



それでもなんだかんだ言って



嫌がることなく 幼稚園に笑顔で行ってくれるのは



本当に助かります





ざざっとこの2年をまとめてみました



また少しずつ 振り返り記事なんぞ書いていけたらと思ってます



よろしくお願いします