妹、梨華さんの手術

テーマ:

妹の梨華さんは生まれつき股関節が悪く、高校時代から歩けなくなっていった。

ウィンクを振り付けしていたバブル期、絶好調の私を、事務所の社長として支え、世界で初めての800人規模のバリアフリーディスコパーティを成功させた。

時代を先取りするプロデュース能力。私の若い仲間、アピキュピアのメンバーも梨華さんのアドバイスによって、ぜんぜん変わってしまう。
伝えてくる内容の深さと芸術性で、私の一番信用するプロデューサーでもある。

彼女は、足を悪化させるくらい社長業をやってくれた。

そして、数年前に変形股関節の手術したのに、また22日に手術をする。
足根骨融合症、骨がくっついて歩けなくなる。難しい手術ではないが、他に何ヵ所も骨が変形しているため、歩けるようになるまで普通の人より時間がかかるそうだ。

私はもうすぐ60歳、妹57歳。子供の頃、何も話さず遊ばない私に比べて、走り回っていた梨華さん。
この手術が最後になって欲しい。
歩けるようになって、自分の夢をかなえて欲しい。

素晴らしい才能を、神様が放っておくはずがないと信じている。

香瑠鼓


写真はバリアフリーライヴ「あぴラッキー」の出演者たち。
21年間、公演を続けてこられたのは、彼女のおかげでもある。
photo: Yoshinori Tonari / Wakako Koga

AD