2011-07-25 10:06:30

埋葬と供養の意味を伝える民話 『座頭の木』

テーマ:風水的な事
 この話は数年前、『まんが日本昔ばなし』の再放送の時にビデオ録画して、「よくできてるな~」と当時から感心していたお話です。


 人間の死後の植物感覚については、以前にも御紹介したこの記事に詳しく書いています。そう言えば、過去にこんな事も書いていましたね。
 この民話は、供養とは死者と生者が「共に」「養する」という事を、とても詩的、象徴的に、子供にでも解るように伝えた、スバラシイお話です。
 死んだ人も何かしら影響を与えているってことですね。

(ちなみに、風水で最もキツイ呪いの一つが、相手の墓を破壊という行為です。
 これは、日本でも古来からされてきたことです。敵の根を断つという発想です。共に養するという考え方からすれば、確かに、有効な攻撃手段だったことでしょう。確か、西洋魔術にも、この方法があった記憶が…)

 う~ん、終わり方がちょっと恐くなってしまいましたね。笑!
 お線香のコマーシャルみたいですが、御先祖を大切にしましょうってことですかね!
 あーそうそう、これは秋田県のお話だそうです。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

岩谷薫さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:お盆も近いので…

>Vivianさん
 『Talking with Angels』は、本当に力をもった作品なんですけどね…。出版社をはじめ、理解者が少なく残念です…。でもちゃんと心の目を持った人には、こうして力になっていることは、とても光栄です。ありがとうございます。
 生きていると、どうしてもいやな事、起こりがちですが、立ち直ってくださいね。

1 ■お盆も近いので…

こんばんは。

いろいろなむかし話がありますね。観たら思い出すのでしょうか?

お墓参り、なかなか出来ないのですが、心の中でご先祖(亡くなった近しい人たち)を想うだけでも供養になっていると聞いたことがあります。
でも、お盆休みにはお墓参りに行ってきます。

今日は、ちょっと悲しい出来事があり、とてもマイナス思考なのです。

眠る前には、天使の写真集を見て元気になります。

岩谷さんの天使とブルーは私を私の暗い気持ちから助けてくれます。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。