天使のメッセージは言語を超えていると思うのです。映像でそれが伝われば…
 元々、写真集『Talking with Angels』の、西洋墓地の天使としてはじまったこのブログですが『笑とる仏』を出版したので、今のところ天使と仏がごちゃごちゃになっています。カテゴリーで、「天使の写真」として日々の記事から少し抜粋しましたが、他のカテゴリー(宗教的、不思議、文化人類、お墓の雑記)の中にも天使画像はございますので御覧ください。
 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-03-17 11:32:52

本当に忙しいの。笑

テーマ:ブログ
ねこ 理由は公開しませんが、今、本当に忙しいの。笑
 さすがに体が壊れそうなので、本日はお休みにしました。
 ニャンコと戯れていると、幸せそうな写真が撮れたので。
 この子、猫エイズと診断されて余命は5年くらいと言われましたが、もう9年も生きてるニャー! 元気で幸せダニャー!
 お気に入りの爪研ぎの木の前でコロンコロンしてます。
 昔は、グレー一色のカワイイ子だったのに、歳をとるといろんな毛が混ざってきて捨て猫の駄猫ぶりを発揮!笑 大好きだけどね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
岩谷薫(Kaoru Iwatani)『Talking with Angels』ー天使と仏の写真家ー | Facebookページも宣伝
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-06 14:21:38

科学からも華厳経からも、海は思考する!

テーマ:天使の写真
モナコの墓地 ここしばらく忙しく、更新遅いですが。先週土曜日のNHK『モーガン・フリーマン 時空を超えて』『海は思考するのか?』は、スゲー良かったので、私の備忘録的に。(最初から見れなかったのが残念ですが)

●タイラー・ヴォルグの研究によると、海の代謝システム(生物分解と再生のバランス)につじつまが合わないところがあると言う。この不完全な代謝システムこそ、海が生きている証しではないか? 海中の生物は代謝器官の一つで、海は超個体生命体だと言う。

●リー・カンプは、海水の循環による海の鼓動は千年に1回だと言う。
 海の細菌による免疫機能すらあるという。

●(生命体説と若干別だが)ピーター・ウォードは、地球の大量絶滅は、巨大彗星の衝突ではなくて、温暖化による有毒な硫化水素の大量発生が原因だと言う。
 温暖化により、海水の流れが止まるそうだ。海水が止まると、微生物から硫化水素が大量発生して酸素を必要とする生物が死滅する。
 トランプ大統領の一番ダメなところは、「温暖化はウソだ」と言っているところ。欲に目がくらみ過ぎ。

●ユーリ・ゴービーは、水生細菌は生物的ナノワイヤーを持っていて、その全てが電気的に繋がっていて、まるで脳神経のように、巨大なナノワイヤー網があるという。なので、海も思考できる可能性が充分あるという!
 海は人間を脅威とみなし、排除するかもとも。
●(生命体説と若干別だが)デビット・マルコリエーゼは、寄生虫が減り始めると生態系が壊れている証拠だと言う。
 
 最後に、「海は最大にして最古の命かも」との言葉で終わります。

 詳細はこんなサイト見付けたので、御覧あれ。私が見ていない、アンダース・ニルソンの説も書いてあります。
 
 『華厳経』を多少知っている私は、正直、驚きました!特にユーリー・ゴービーの説には。
 『華厳経』では毘盧遮那仏(大日如来)の意識が海に写っている、映現していると言います。「海は意識なんです!」 それを立証しているようで、衝撃的でした。
 「海は意識」ということに、華厳経以降、いち早く気付いた人は、西洋世界では、もっともっと時代が下り、スタニワス・レムの『ソラリス』です!! この人、偉大かも?

 その『ソラリス』を『惑星ソラリス』として解りやすく解説した映画監督のタルコフスキーも、偉大ですね!
 さらに言うと、『幼年期の終わり』のクラークも近い線行ってる。

 「彼らが気付いたのは結局『華厳経』なのです。」
 こんなことは、現代科学や小説が語らずとも、もう既に4世紀の中央アジアの超賢人達が未来をみすえていたかの如く、『華厳経』として知っていたことだったのです。これはスゴ過ぎ!
 量子力学も、『華厳経』に限りなく近づいているのは過去に指摘した通りこれもそう
 
 更にNHK繋がりだと、翌、日曜日、『サイエンスゼロ』では「太陽フレアが生命の誕生の鍵だった」とNASAが去年発表したそうです。

 太陽のスーパーフレアのおかげで、窒素分子を窒素原子に分解することが出来、生命が生まれたと言います。窒素分子では生命はできないそうだ。

 ここで、また『華厳経』。
 『華厳経』の根本仏である毘盧遮那仏(大日如来)は、実は「太陽を象徴しています」
 「太陽の意識が、母なる海に映現して、生命が生まれた。」
 と捉えることも可能で、たかだか4世紀の『華厳経』の先見性のスルドサに驚くばかりでした。

 『Talking with Angelsーコート・ダジュールの天使達ー』は、それらのことについて、その重要性について書いているんだけど、世のマスコミは、バカだから解んないんだよねぇ…。涙 どうせ『華厳経』なんて書くと、どっかの新興宗教の手下かと思われるのでしょう。 特に地元、神戸新聞、文化部は、取材までして掲載しないバカさかげんと失礼さ…。自費出版がそんなにバカにされるものか。こんな状況に追い込んだのは、そもそも悪い出版界ではないか。
 重要だからこそ、私はこの穢土で悪い出版社に企画を潰されてもなお、7年間もがんばったのに。
 94歳のインテリお婆さんが嘆いていますが、「世の中がわるいねぇ…」

 海と空を望む、モナコの墓地。気持ちいいんだよねぇ…
 3作目の天使の写真集で、どうして私が海にこだわったか…
 そもそも「魂」の語源は「海」であることは本書で指摘した通り。
 魂は巨大な海、膨大な海に還るものなのかもしれません。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
岩谷薫(Kaoru Iwatani)『Talking with Angels』ー天使と仏の写真家ー | Facebookページも宣伝
 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-02-24 13:45:51

リアル仙人と雑草

テーマ:中国古典怪談の雑学
 ちょっと書名は言いませんが、最近、現代に生きるリアル仙人の本を読みました。
 中国怪談に多少詳しい私は、以前から、「おかしい?」と思っていたんです。
 何がおかしい?のかと言うと、中国では歴史が文字で記された頃からずっと、仙人はかなり頻出しているにもかかわらず、現代ではほとんど耳にもしないという事実です。
 しかも中国人は歴史好きで、どちらかというと、あまり創作物語に重きを置かない文学史上の流れがある事実も、『新釈 中国古典怪談』では指摘しました。
 この歴史怪談の流れとして頻出する仙人が、どうして現代には居ないのか不思議だったのです。 それは勿論、文化大革命の弊害もあったでしょうが。
 
 このたび、そのリアル仙人のレポートを読み、「あぁ、やっぱり現代も居るんだ…」と少し納得。 そうなんです。歴史の厚みから考えると、居ない方がとても不思議なくらいだったのです。

 そして興味深いのが、それら仙人(導師)の言う発言が、『新釈 中国古典怪談』のメッセージととても近いという事実。ただこれは勿論、私が中国怪談の読書で知らずのうちに道教の影響を受けているので、ある意味当然と言えば当然でしょう。
 でも、さらにこの導師達のメッセージで注目すべき点は、『コート・ダジュールの天使達』で紹介した『華厳経』の境地に非常に近いという事実なのです。

 仏教と道教は違いますよ!とか言われそうですが、私の書籍でのメッセージは常に、宗教を超えた真理。真理と言うはおこがましいですが、視点くらいなものを求めています。

 導師達の境地と、『華厳経』の境地が、合致しているところがとても注目点なのでした。それらは究極的には、普通の人々からは幻術と見えるのかもしれません。道教も奥が深いです。


 ここから、話の内容は若干変わりますが。笑
 この中国のリアル仙人。「食生活が非常に大事だ」と言います!
 これ、とっても納得!
 現代のリアル仙人は、修行や幻術の為に、薬草を自分で栽培しているそうです。勿論、麻薬系ではありません。笑
 この薬草栽培系は西洋の魔女と、ほぼ同じですね。おそらく私は歴史を紐解くと、仙人と魔女の系譜は繋がっていそうな気がします。

 私が今、雑草食にハマっているのも、そうした視点で、何度も言ってますが、雑草を食べると、体の調子、とても良くなるからです。

 食べ物で、体が出来ますから、いや、精神も出来上がるのか?

 随分昔、この病気で困っている時、漢方医に見てもらったことがあり、その先生からは「肉食ったらダメだよ!」と言われたことも思い出しました。


 やっぱり、東洋の神秘は解っているのか?笑
 とは言え、今も肉食いますけどね!笑 
 でも、安物の肉はダメです。たぶん飼料やそこに入っている抗生剤の影響だと思いますが、悪い肉を食べると、体が今も痒くなります。

 
セイヨウカラシナ 最近、セイヨウカラシナという雑草を知りました。
 元々、食用として入ってきたようです。
 昨日食べましたが、コレ、クソまずです!笑
 アクが強い! お浸しにして、箸休めに、2〜3口食べるにはちょっと辛っぽく大丈夫ですが、箸を進めるにつけ、クセのあるアク味で、だんだんイライラし、多くは食べられません。
 天ぷらにすると、そのアクがさらに濃縮されて、1枚食うと、イライラします!笑
 さらにビールの苦みと、なぜか相乗効果があって、ビールもマズくなりますよ!笑!
 雑草側も、食べられまいと努力しているのが解りますね。笑
 でも、翌日である本日、やっぱり体の調子がなんかイイんです!

 セイヨウカラシナの汚名返上の為に、記しますが、かの小泉武夫先生は、「おいしい!」と言っています。漬け物にする手間の気合いはないかも。笑

 なので、このサイトの情報は正しい。「食べた人の意見は両極」

 ただし、このセイヨウカラシナ、有毒成分もあるそうで、やはりあまり多食はしない方がいいでしょう。でもガンにも有効とか…? 薬と毒は摂取量でも決まりますからね。

 仙人が霞を食って生きているのは言い過ぎでしょうが、雑草や木の実を食ってると、なにか見えないものも見え。感じとれないものも感じとれるかもよ。笑

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 宗教美術へ
にほんブログ村
岩谷薫(Kaoru Iwatani)『Talking with Angels』ー天使と仏の写真家ー | Facebookページも宣伝
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。