『狐闇』 / 北森 鴻

テーマ:
 北森 鴻 / 狐闇

「旗師」宇佐美陶子のシリーズ。


この作者は前にご紹介した“香菜里屋”とこの宇佐美陶子シリーズ、
民俗学者蓮丈那智シリーズがあります。


じつは、北森氏の作品を始めて読んだのは、この作品なんです。


事の始まりは、「旗師」(店舗を持たない骨董屋)宇佐美陶子が、
魔鏡を競り市で手に入れ、それが原因で周囲の人間が死んでいく。


その謎を解こうと動くと、罠にかけられ、絵画の贋作作りの汚名を
着せられ、骨董業者の鑑札を剥奪されてしまう。


汚名を着せられたまま黙っていられない陶子は、誰が何のために
罠をしかけたのかを探ろうとする。


この本を皮切りに他の作品も読み進めてわかったのだが、
これは、北森作品のシリーズのキャストがたくさん出てきて

なんとなく、オールスターっぽくて特に面白かった。


さらに、実は「蓮杖那智」シリーズの一冊に、この本とリンクする
部分が出てくるものがあります。

banner_02 kurikku
この本を読まれた方、読んでみたい方はClick! 。ご協力お願いしますm(_ _)m


AD

コメント(12)