夏の間の寝不足による自律神経の乱れや、冷たい飲み物、食べ物でこの時期の内臓は疲れています。

 
最近やっているのはこんにゃく湿布。
 
こんにゃくを10分ほど茹でてアツアツにしたものをタオルに包んで体に当てます。
 
 
 
{89A4697E-DCB7-4040-8815-75883A30D906}
 
{9DB9D43B-172C-4BAB-84E0-80A33ADF8864}
 
 
右ろっ骨すぐ下、肝臓のあたりと、
おへそ下の丹田のあたり、
背中側ウエストの一番細いところから3センチ上の左右の腎臓のあたり
に30分ほど当てます。
 
 
こんにゃくはゆっくりゆっくり冷めていくので低温火傷しにくいそうです。
でも熱すぎるようならタオルを一枚敷いてくださいね。
 
びわの葉があったら水に少し晒して柔らかくしてから軽く水気を拭き取って肌の上、こんにゃく湿布の下に敷いてみてください。
 
びわの葉に含まれるアミグダリンが吸収されて免疫力を高めてくれるそうです。
 
 
 
 
AD