強い雨が降ったある日。


手作り石けん作りの香りつけに

精油を選ぶおふたり。



またまた手に取ったタラゴンの香りが

気になった様子。





タラゴンといえば

フランス料理には欠かせないハーブ。


ハーブビネガーの代表

タラゴンビネガーが有名です。

ドレッシング作りに使うと美味しくて

たまに我が家に登場するハーブです。




そして

花粉症の季節に

タラゴンを嗅ぐと鼻水が止まるんです。

そんな話を聞かせてもらったことを

思い出す精油。




タラゴンの香りは少し独特で

好みが分かれそうですが

どこか透明感があって

感情や滞っている何かを一掃して

本来持っている力強さや美しさを

表に出してくれそうな香り。




恵みの雨に濡れたお花も美しい。




雨が降った翌日の朝。

空が澄みきって

自然と空を眺めたくなります。



そこまでの過程をタラゴンがサポートする

そんな期待をよせた雨の日でした。




タラゴンを加えたルームスプレー。

うつうつとする梅雨時期に

浄化をサポートしてくれそうですよ。



すっきり&キラキラの浄化ブレンド。

休みの日のお楽しみにします^^


=================
すべての講座・セッションの
お申し込み・お問い合わせ

 
 
AD

1803年にパリで誕生した総合美容薬局

「オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー」
 
 
日本に初店舗が代官山にできて
メディアで話題になってますね。
 
 
 
調度家具も
 
床のタイルも
 
店内に漂う香りも
 
パリの雰囲気が漂う素敵な空間でした!
 
 
 
 
植物のアクアリウムのような壁。
 
 
 
 
フェイス、ボディからオーラルケアまで
 
贅沢な装飾のパッケージの
 
商品の数々にうっとりしっぱなし。
 
 
 
 
なかでも注目は植物油!
 
植物油は60種、70種という数の多さです。
 
マセレーションオイルの数に驚きでした。
 
 
 
初めて聞いたよ!オイル。
 
アロエオイル
サンダルウッドオイル
コンフリーオイルetc.
 
 
 
どのオイルも浸透力◎
 
これからの季節には大切なポイント。
 
 
 
いつもはフェイス全体に3滴使ってますが
 
浸透力チェック!ということで
 
いつもの倍量の6滴を塗ってみても
 
数分後には吸収されて肌はサラサラ。
 
 
 
量を増やして
 
集中オイル美容でいこうかな^^
 
 
 
そして香りがあまりないのも特徴です。
 
マセレーションオイルなのに不思議。
 
 
 
 
 
使っている基礎化粧品もシンプルになって
 
基本は水分と油分のみ。
 
・化粧水(ハーブウォーター)
 
・美容液(植物油)
 
 
 
オイル美容が苦手な方もいますよね。
 
 
 
植物油との相性もありますが
 
「量の使いすぎ」
 
でトラブルになっている方もいるようです。
 
 
 
 
余分なオイルはトラブルの原因。
 
 
オイルを塗ってから
 
数分後の肌表面にオイルが残っていたら
 
ティッシュオフしてみてくださいね。
 
 
 
 
保湿力があるオイル。
 
美容効果があるオイル。
 
 
季節に合わせて、トラブルに合わせて、
バランスよくブレンドして。
 
オイル美容の楽しみのひとつになっています。
 
 
 
お悩みの肌に合わせて
 
植物油を紹介してくださるので
 
オイル美容が好きな方は
 
とっても楽しいスポットの誕生です。
 
 
 
思わずパケ買いしたくなるから
 
プレゼントにも最適♡
 
 
 
植物油のこと、もっと知りたーい。
 
という方は
 
VOGUE GIRLで連載始まっていますよ。
 
 
季節に合わせたオイルが紹介されるようなので、チェックしてみてくださいね^^
 
 
 
12か月のうちに
買ったオイルも紹介されるかな~♪
 
 
 
=================
すべての講座・セッションの
お申し込み・お問い合わせフォーム
 
 
AD
身体をを動かしたくなる季節で
 
どこにいっても美しい景色をみれる
 
ゴールデンウィーク大好き♡
 
 
 
 
 
 
今回はお願いをして日程確保できました^^
 
 

旅に出かける前に

 
ポーチに数本の精油を入れていきます。
 
 
 
旅先の宿や実家に泊まったり
 
いつもと違う環境に身を置くときは
 
落ち着かないことありませんか?
 
 
 
環境が違うというのももちろんあるけど
 
「慣れ親しんだ香りと違う場所」
 
というのが大きいと思うのです。
 
 
 
普段使っている香り。
 
旅の途中で役立ちそうな香り。
 
出掛ける前にスメリングして気になった香り。
 
 
どんなシーンでも使えるオールマイティーな精油
 
誰もが好みやすい香りの精油
 
 
このあたりを
 
旅に出かける時に選ぶポイントにしています。
 
 
 
そして
 
どこかに泊まるときに必ずすること。
 
 
泊まる部屋に入ったら
 
ティシュに精油を垂らして
 
ごみ箱に入れておきます。
 
 
 
部屋に戻ってくると
 
ほんのり香りが漂っているのが心地いい。
 
 
 
ちょっとしたことだけど
 
いつもと違う場所で快適に過ごすコツです。
 
 
なんだか動物の縄張りみたいですけど笑
 
 
 
 
今回、久しぶりの飛行機移動で
 
精油の持ち込み制限をチェックしたら
 
持ち込みやすくなっていました!
 
 
 
一時は制限があって
 
持ち込めなかった…
 
と悲しい話を聞きましたけど。。
 
 
 
国内線で大量の精油でなければ問題なし。
 
国交省のサイトで確認してみてくださいね。
 
 
 

=================

すべての講座・セッションの

お申し込み・お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

 

AD