2013年04月06日(土)

テクスチャをかける

テーマ:画像加工
今日は「テクスチャ」をかけてみます。


テクスチャ( texture )とは、
物の表面の質感・手触りなどを指す概念である。(by Wikipedia)



JTrim を立ち上げ、イメージ → テクスチャ をクリックすると、
キャンバス、岩肌、大理石など、いろんな種類のテクスチャが出てきます。
テクスチャを使えば、画像にこれらの質感をつけることが出来ます。


ではさっそく実験してみましょう。


$今ごろUN
元画像



画像を取り込み、イメージ → テクスチャ  
 
$今ごろUN

↓ 

$今ごろUN

コンクリート壁 適用の強さ50
こんな感じになりました。
元画像と比べてみると、ちょっとザラっとした感じですね。



$今ごろUN
これはキャンバス、適用の強さ20。



$今ごろUN
メタル、適用の強さ50。


テクスチャひとつでずいぶん質感が変わりますね。
上手く使えば面白いと思いますよ。

なお、テクスチャを強くかければかけるほど画像は暗くなっていくので、
強くかけたい場合は予め元画像の明度を上げてから使うといいようです。

私はあんまり使いこなせてないですが、
使いやすいのは 「コンクリート壁」 かな~。
元画像の色にもよりますが、汚くならない程度にかければ
ぐっと絵が引き立つと思います。
いろいろ強度を変えて試してみてください。



今ごろUN
元画像にメタルをかけ、コンクリート壁をかけたウォニを合成貼り付け


今ごろUN
大理石2にコンクリート壁を合成貼り付け




$今ごろUN



$今ごろUN


どちらも 「コンクリート壁」使用。
ずいぶん前に作ったものですが、どちらも結構気に入ってます (^-^)



AD
同じテーマ 「画像加工」 の記事

コメント

[コメントをする]

1 ■これいい~♪

この感じいいね~!
なんか、和紙のような質感にも見えるねんけど~。
けど~めっちゃ、好きです!

kaonさんの画像は殆ど見たんだと思ってたけど、この2つ初めてみたかも~!

私のお宝画像集に入れさせてもらいますよ~(人´∀`o)

では、また、私もこれ使ってウォニ、ホンギをステキ~に仕上げたいと思います!
頑張りまっす(*゚ー゚*)

2 ■いい感じですね…(*^_^*)

1枚の普通の写真が、ぐっと立体的な作品になりますね。
下のウォニ、素敵です。(^^)
これはテクスチャですが、油絵風とか鉛筆画風?などは、やるとギョッとするものになったりしておもしろいです。(笑)
私もキャンパスに描いたようなフニを作ろう。♡

でもその前にいまひとつ、合成貼りつけが下手なので、そちらに戻って研究です。(^^)
kaonさん
いつもありがとうございます。

3 ■アルゲッスムニダ~

ほほー
基本に戻って、丁寧にありがとうございますー
いろんなのがあるんですねー
面白いけど、センスよく使うこなすのは難しそう^_^;

でも合成貼り付けと組み合わせたら素敵ね
私も下のウォニみたいなフニバージョンを作る為
少しずつがんばりまーす

4 ■Re:これいい~♪

>マミィさん

そうね、和紙のような質感もあるね。
あんまり強くかけると汚くなるので、
加減してちょうどいい感じにしてみてね。

5 ■Re:いい感じですね…(*^_^*)

>pomiさん

そうそう、コンクリート壁は厚みというか立体感が出ますね。

油絵風も面白いです。鉛筆画も面白い使い方をしているのがありますよ。
また紹介しますね(^-^)
合成貼り付けは一番手っ取り早くて簡単なので
是非マスターしてください。

6 ■Re:アルゲッスムニダ~

>mikeさん

1つのワザだけ見てると、どう使うの?というようなものも
組み合わせて工夫すると面白いのが出来たりするから、
この世界も奥が深いね。

コメント投稿

[PR]気になるキーワード