kaoriのブログ

向精神薬と現代医療に疑問を持つ。
うつ病は作られた病?!「なぜうつ病の人が増えたのか」
誰も読まないホントノ事Blog


テーマ:
(なんとも恐ろしい事です。軍事機密に属する話題かもしれません。すなわち、特定機密保護に関わる事柄かもしれません。)




HAARP地上・海上SBXレーダー・ミニシャトルX-37Bの3点セット

http://ameblo.jp/kaori-roselove/entry-11614962657.html

上のkaoriの記事を何度も読みながら、XバンドレーダーやX37Bミニシャトルの画像を眺めていました。


今回の台風のあまりの凄さ京都や福井滋賀の被害が大きいこと、


そして、京都に去る9月10日、Xバンドレーダーについて配備について要請書を出したと新聞にあります。


この謎について、集中して何度も読んでいたんですが・・・。



ケムトレイルなどで、記事を転載させていただいてる井口氏のブログにたいへんな内容を見つけてしまいました。

”悪魔のX-37B”発進:北朝鮮ミサイルよりもっと怖~~い無人スペースシャトル!?
http://quasimoto.exblog.jp/19362236/

実は、気象改変装置については、浜田和幸氏が国会でも述べているのですが、今回話題にしているレーダーとミニシャトルがその主役だったんです。


/////////////////////////////////
まさにスペースシャトルの無人版である。無人偵察機の上を行く、無人スペースシャトルである。

NASAはこれに本腰(軍事的目的)を入れるために、人間のスペースシャトルを(平和目的)廃止したのである。

平和の「有人スペースシャトル」時代から、恐怖の「無人スペースシャトル」時代へ!?
あの謎のUFOの正体は、無人スペースシャトル「X-37b」の打ち上げ用「アトラスVロケット」だった!?
(い)さて、この「X-37b」の何が問題か?

kaoriのブログ


というと、その秘密のミッションである。これは真に軍事目的と言われているが、その軍事目的の中身が何か知られていないことである。
軍事的意味 [編集]

アメリカは2010年4月に第四次戦略兵器削減条約をロシアと締結するなど、オバマ政権下で核兵器の役割を段階的、かつ着実に軽減させている。

こうした中で、無人再突入可能な次世代スペースプレーンの軍事応用は「ポスト核兵器時代」におけるアメリカの切り札になりうる、と中国系メディアは報道した[7]。

本機のテストミッション内容は非公開であり、その運用構想についてはPGS(Prompt Global Strike)構想の一翼を担うものではないか等様々な憶測が語られている。2012.12 http://quasimoto.exblog.jp/19362236///////////////////////////////////




米国政府は、HAARPの海洋設置型Xバンドレーダー(SBX)のプラットフォームを使って人工ハリケーンの激しさを増し、操舵している。

CounterPsyOps (記事 英語)

http://counterpsyops.com/2012/10/31/obamas-october-surprise-creating-and-steering-hurricane-sandy/

米国政府は、HAARPの海洋設置型Xバンドレーダー(SBX)のプラットフォームを使って人工ハリケーンの激しさを増し、操舵している。


米国の主要都市にハリケーンを操舵するのは今回が初めてではない。

2005年、ブッシュとチェイニーはハリケーン・カトリーナを首尾良くニューオリンズに操舵したこともある。


2010年NASAは、熱帯低気圧アールを第4級ハリケーンにまで強め、11日間にわたってその進路を操作した。プロジェクトGRIP。


2010年8月11日、NASAは2週間以内にプロジェクトGRIPを開始できると発表した。

プロジェクトGRIPによって、熱帯低気圧をハリケーンに変える条件が厳密に分かった

ハリケーンがどのように発展し、操舵するにはどうすればよいか科学者達は既に知っていたが、

NASAは熱帯低気圧の激しさを増して大量破壊嵐に変えるプロセスを完璧なものにしたかった

NASAは大量破壊気候改変兵器を作っていたのだ



・X-37Bは位相配置アンテナを使う大量破壊兵器としてのみ開発された。

位相配置アンテナは、位相変換機つきのたくさんの放射器?でできている。



それぞれの放射器から出される信号の位相を変換することでビームが形成される。

望んだ方向にビームを操舵するための建設的/破壊的干渉を提供するのである。


kaoriのブログ


信号はメインの方向での建設的干渉により増大される。ビームの鋭さは破壊的干渉により良好になる。


・地上配置型HAARP(アラスカ、ガコナ付近)、

・米海軍の浮遊型HAARP海上設置Xバンドレーダー(SBX)プラットフォーム(位置は機密情報)、


kaoriのブログ


・米空軍の軌道上のXー37Bにはすべて、電波信号を特定の方向に精密に向けさせる能力がある。




これら3つのXバンド位相レーダー(地上、海上、宇宙軌道)は

地球の電離層から、極めて高い波動を用いて強力な電磁波ビームを特定の場所に集中させる。



この3つすべてが電離層を熱する。
電離層の加熱は、ハリケーン、モンスーン(洪水)、熱波(飢饉)などの極端な気候改変事象を引き起こす狙いから自然の電離層を改変するために米国政府によって使われている。


kaoriのブログ





米国の3つのHAARP気候改変システムー

・アラスカの地上配備型システム、

・海上配備型SBX、

 および
・ミニシャトルX-37Bー


はすべて、軍事的な気候改変大量破壊兵器として使用するために建設された。



環境改変技術の軍事的使用その他の敵対的使用の禁止に関する条約に直接的に違反している。




地上配置型HAARP(アラスカ、ガコナ付近)、米海軍の浮遊型HAARP海上設置Xバンドレーダー(SBX)プラットフォーム(位置は機密情報)、米空軍の軌道上のXー37Bにはすべて、電波信号を特定の方向に精密に向けさせる能力がある。

これら3つのXバンド位相レーダー(地上、海上、宇宙軌道)は地球の電離層から、極めて高い波動を用いて強力な電磁波ビームを特定の場所に集中させる。

この3つすべてが電離層を熱する。電離層の加熱は、ハリケーン、モンスーン(洪水)、熱波(飢饉)などの極端な気候改変事象を引き起こす狙いから自然の電離層を改変
するために米国政府によって使われている。


kaoriのブログ






::::::::::::::::::::::


京都と青森に配備されたXバンドレーダー、それとアラスカのHAARP、さらに宇宙からミニシャトルX-37Bこの3強レーダーから電磁波ビームを集中させ気候改変をおこす。

台風は普段の3倍の威力となって、日本列島を襲い、突風や竜巻までまきおこし、熱波を送る。



Xバンドレーダーとは、たいへんなものを京都府と青森県は配備させられてしまった。


気象庁はそれをわかっていて、始めから数十年に一度の強烈な台風と叫んでいたのだろう。



皆で拡散すれば、気象改変XバンドレーダーもX37-Bも常識となるでしょう。



なんとも・・・軍事攻撃はもはや、戦車や弾丸ではなく、宇宙から電磁波攻撃される時代になっているのです。・・・ドクロメラメラ






(パソコン不調につき、ご容赦ください。)



by kaori-roselove



/
AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

kaoriさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。