kaoluneのSweet Days

せっかくオンナノコに産まれたんだから キレイで可愛くいたいよね☆
どんな原石も磨かなきゃただの石コロ
そしてキレイは 健康なカラダと健全なココロとナチュラルなライフスタイルから♪

自分最高キレイを目指す kaoluneの毎日を ゆるゆると綴ってまいります☆


テーマ:
代替医療師Vanillaさんのセミナーレポートですメモ


あくまでも私が受け取って理解したことであり
『人は聞きたいように聞く生き物だ』ということをご理解の上で
お読みくださいねべーっだ!


ホメオパシー序章
プロローグ「Vanillaさんと代替医療の出会い」
その1「代替医療と西洋医学」
その2「西洋医学の利用法」
その3「100人のこびととホルモンのお話」
その4「環境ホルモンの影響とアロマの素晴らしさ」
その5「ホメオパシーとは」
その6「合わないレメディを取るということ」
その7「治療を始める前に必要な覚悟」
に続きまして

その8「注意が必要な2つのレメディと2つのハーブ」
参りますクラッカー

* * * * *


ホメオパシーを使う前に 知っておきたいこと
今回は 注意が必要なレメディとハーブ について☆




強力な毒出しレメディとして有名なのが
「Thuja(スーヤ)」「Silica(シリカ)」



同じく デトックス効果の高いハーブが
「ダンデライオン」「クランベリー」



この4つに関しては
安易に手を出さないようにひらめき電球 と
おっしゃってました




「Thuja(スーヤ)」「Silica(シリカ)」
本には「予防接種の毒だしに必須」とか
「薬害の毒だしに効果的」とうたわれている
デトックスNo.1レメディだし


「ダンデライオン」は肝臓の
「クランベリー」は腎臓の
デトックス効果を高めるハーブだそうですひらめき電球




なんの症状も無い 普通の方の場合
このふたつのハーブを朝晩 1ヶ月飲むと
いろいろ出てきますが
身体がお掃除されて 
最終的にはとってもきれいになるそう虹



しかし アトピー歴のある方がこれをすると
とんでもないことになるそうで。。。叫び




これはVanillaさんの生徒さんのお話です

あるとき
「先生 どうしようあせる助けて~」と
Vanillaさんの生徒さんだった方が駆け込んでこられたそう



もう それはそれはそれは大変な状態で
全身ドロドロ(多分 浸出液が出ているのだと思います)



「何をしたの?」と聞くうちに
「ダンデライオンはデトックスに良い」というところだけを聞いて
2ヶ月飲み続けたということが判明えっ



その方は昔 アトピーをステロイドで抑えていた薬歴があり
ダンデライオンの2ヶ月連続服用で
デトックススイッチが完全にONとなり

体内に溜まっていたステロイドが
一気に噴出し始めてしまったのです



一度入ってしまったデトックススイッチは
もう切ることが出来ません。。。



溜まったステロイドというのは
体内でドロドロとたぎるマグマメラメラのように
排出の機会を狙っています



普段はそれが噴き出ないように
大きな回転式の栓で抑えてるとしましょうパー




体温が高く 運動を習慣としている人は
普段の生活でも 汗などを通して
少しずつちょろちょろと栓から漏れて汗
ステロイドも排出されていきます
(汗をかくとかゆくなるので嫌がる方も多いのですが。。。)


しかし 先ほどのハーブやホメオパシーは
その高圧のマグマを抑えている栓を全開にしてしまうもの



一気に噴き出したマグマは栓すら吹き飛ばし
手の施し様が無くなってしまうのです



Vanillaさんは 
大人の 特に女性の場合
それは 生きていくことすら大変辛いほどの日々となるので
溜まったステロイドは 少しずつ小出しにして
一気に噴出させないことをお勧めされていました




ちょっとした急性症状の治療に
通販などで手にはいる家庭用のキットを使う分には
どんどん使ってもいいけれど

慢性疾患など 深いものを出そうと
これらのハーブやレメディ使う際には
十分に気をつけるように

デトックスをすると それらが出てくることや
出てきたときの対処法を心得ておくこと無しに
いきなり栓を全開にしては
コントロール不能に陥り 命の危機ドクロすらあるということ
知っておいてほしい

そうおっしゃってました



Vanillaさんは 単に代替医療師としてだけでなく
ご友人やご主人がアトピーでいらしたので
近親者として ずっと近くで 
その様子を見てこられた方でいらっしゃいます


その状態を見るのも
皮膚をかきむしる音を聞くのも
本当に辛いのだ としょぼん





ハーブを使いたいのであれば
2週間使ったら 2週間休む など
様子を見ながら 小出しにするひらめき電球

ホメオパシーを使うなら
ハーブやアロマなどで健康度を高めてから始めるひらめき電球

という方法が良いようです




現に Vanillaさんの講座では
ハーブやアロマ 免疫学など
体の仕組みや 他の代替医療を学んだ上でしか
ホメオパシーを学べないようにしていらっしゃいます




ホメオパスの中には
ホメオパシーしか勉強なさってない方もいらっしゃるようで
何事も 一つだけに固執してしまうと
偏りが生じてしまうものなのかもしれませんね
やはり バランスなのですてんびん座




健康を保つ上で
いろんな角度から体を観察し
様々な医療から一番その時に適したものを選択する

そういう統合医療がどんどん発展していきますようにラブラブ



そのためにも
各自が 自分や家族の健康を人任せ 医者任せにせず
簡単に「本に書いてあるから」「いいと聞いたから」と情報任せにせず
常に多方面から柔軟に学びつつ
体の声を聞いて選択していくことが 大切ドキドキ



お勉強メガネ本 してまいりましょう音譜



レポート まだしつこく続きま~す☆
次は予防接種 書こうかしら?


PR
いいね!した人  |  コメント(14)

[PR]気になるキーワード