kaoluneのSweet Days

キレイは 健康なカラダと健全なココロとナチュラルなライフスタイルから♪

自分史上最高キレイを目指す kaoluneの毎日@福岡を ゆるゆると綴ってまいります☆


3人のママになり わいわい育児を楽しみながら
いろんなイベント企画中うふ♪ラブラブ


ホロスコープティー 販売中http://kaolune.theshop.jp/

テキスト購入できます☆人気講座のテキストひらめき電球
10日で完売!ただいま第2版販売中です

☆人気の記事☆生理痛を考えるシリーズ目次
薬剤師が言いますが 風邪は風邪薬では治りません
チャクラで読み解く腸管壁浸漏(リーキーガット)症候群

私の愛用品一覧は 口紅こちら ネイル

テーマ:



シェアしようと思っていて
いつの間にやらもう明日!


ナチュロパスびんせい先生の
貴重な福岡講座が
天神で開かれます!



これは
すべての女性と
女性の健康に携わる人たちに
是非とも聞いていただきたい内容です



取り急ぎ
シェアさせていただきます








講座の詳しい内容は こちらでもご覧になれます

びんせい先生『女性ホルモンの代謝と女性の健康〜乳がん検査はなぜ失敗したのか

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


宇宙の元旦とも言われております春分の今日
皆様はいかがお過ごしですか?



私は瞑想会の行われる雲水へ言って参りました



慌ただしい日々の生活で
ココロとカラダと思考が バラバラになっていることも
ままあるのですが

瞑想は 自分がひとつに戻るとても大事な時間





今日お披露目の 528hz日本製スモーキークリスタルボウルの音色がとても心地よかったです



{E312957C-5571-4EDB-9C06-34603199FEEF:01}



om shanti




瞑想会の間
大濠公園で遊んで待ってるはずだった子どもたちは
雨が降って来たらしく 雲水のビル内で
大人しく(←自己申告 本当だろうか?
待っててくれたので
ご褒美に 1階の蓮花食堂でランチをば


{40D9D856-CD58-4E93-9F85-4E4A38B41424:01}



今日は蓮根バーグと薬膳カレーでした
みんな大好き蓮花食堂




さて明日は 5年目のがん検診

実は 検査自体が1番ストレスだったりします・・・
ブラシで細胞こすり取るの 痛いし

そろそろ 定期的に行かなくても良いかな…と思い中




そんな中
FBでこんな映像を見つけたので
シェアしますね








私も
子宮頸がんが見つかってから
好転するまでに3ヶ月
なくなるまでに6ヶ月
でした




親戚に末期がんが発見されたとき
医師である父は相談されて
いろんな療法を薦めていたようです




でもどれも保険金が下りる治療ではないため
発症した本人は
それを選択することはありませんでした



ビタミンC点滴に関しては
入院先の病院が
「前例がない」とのことで拒否
父が掛け合ってもダメだったようです




治る可能性の低い治療にはお金が出て
可能性の高い治療にはお金が出ない



選択は患者本人の意思によるものだから
どんな治療を選んでもいいと思うけど
お金が理由で選べないことや
責任所在で治療受けれないのは
なんだか悲しいですね




いつの日か
どの治療を選んでも
公平にお金が出るようになると良いなぁ


そして
がんは治る病気だということを
もっと多くの人が知ることができますように





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{FCC5DF59-9D7A-4150-803B-66F04DDF042F:01}



先日の日曜日
おチビのバレエ発表会でした




リハーサルと本番は
全く別物ですね




子どもたちの集中力と
先生方の統率力
そして チームワーク



バレエ発表会が終わって
「あぁ あの世界はもう終わったのだな」と思うと
猛烈に寂しさが襲うくらい
この3ヶ月間皆で作り上げて来た舞台は
素敵に仕上がっていました





曲のセレクトと編集
美しい衣装の数々
舞台の小道具大道具
照明やバックスクリーンの色味の指示
すべての子供達が主役であるかのような 見せ場のあるストーリー構成




私には
到底 思いつきもしなければ
5分とじっとしていられないちびっこたちの指導も
絶対 できない




構成を考え
編曲をし
振付けと場面展開を教える
先生方の才能と指導力と忍耐力の
なんと素晴らしいことかと





本当に本当に
ありがとうございます





そして
私にはその才がないからこそ
作る側ではなく 観客としての楽しみを
存分に享受しているのだ




なんと ありがたい・・・





そこで ふと思うのです





私たちが
この肉体を持つ前
もと元は完全な【ひとつ】
だったとして





その時には
ただただ 満ち足りた安心感があり
どこにも区別はなく
【ひとつ】でしかなかったのならば

…つまりそれは
【無】だったのかもしれない



【ひとつ】から分かたれて
ちいさな【個】となったとき
離別の苦悩と不安とともに
ありとあらゆる多様性を手にし
無限の【有】がうまれたのかもしれない





境界線があるからこそ 感じられること





私にはない才能を目にし
耳にし
味わい
触れるとき
若かりし頃は 感動と共に羨ましさがあった





踊れない
歌えない
楽器も弾けない
曲も作れない
絵も描けない
足が速いわけでもなければ
泳ぎが速いわけでもない
料理が特別上手くもない
面白い話もできない

何でも「人並み」にはできるけど
何にも秀でていない



素晴らしく 尖った才能を持つ人に会うたびに
なぜ私には その才能がないのかと
自分を卑下する材料にしたものです



でも今は
ただただ 愛おしい

尖った才能を持つ相手も
それを持たない自分も

 


もとは【ひとつ】であったかもしれない彼らが
それぞれの才能を持って存在してくれることが
嬉しくてたまらない





【ひとつ】であったなら
素晴らしいそれらを
感じることができなかったのかもしれないのだから


分かたれたからこそ
感じることができるようになったかもしれないのだから




私が感じられないこと
私が体験できないこと
私が成し遂げられないこと
それらは全て
他の誰かがやってくれて
また【ひとつ】に還ったときに
共有できるような
そんな気がしてくるのです




例えば 憎しみにまみれたり
嫉妬に身を焦がしたり
誰かを傷つけたり
ひどく虐げたりする加害的なことも
宇宙から見れば 善悪はなく
光も闇も 等しくて

私が経験したくないそれらを
経験してくれている魂がいるのだとすれば

行為に対しては 容認できなくとも
魂に対しては 憎悪よりもありがとうが涌いて来るのです




わたしはあなたで
あなたはわたし



あなたがあなたでいてくれて ありがとう
私が私でいられて 本当に嬉しい




この肉体という境界線を持った存在を通して
私の見える世界 感じる世界を 精一杯生きるね



どうかあなたも
あなたにしか見えない世界 感じられない世界を
精一杯生きてね




そしてまたいつか
【ひとつ】になりましょう





たくさんの子どもたちと先生方が作り上げた舞台を見て
そんな 幸せな心地に包まれたのでした



{FEC0AEB5-08B2-4E19-B170-159CAD871B52:01}

舞台用メイクすると
我が子ながら 誰かわからない 笑





さて
今日も 私であることを楽しもう








いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)