かこの顔コリほぐし

                   コリをほぐして「ふわっとつや顔へ」


テーマ:
顔コリほぐしの仕方をレクチャーしてて思うのは
人によって得意な動きが違うということです。
 
4スタンスの観点からみていくと
どんどんお客様の動きの特徴がわかってきて
面白いです。
 
image
 
すみません。
ペットボトルがなくて
思わずワンネスオイルで代用してしまいました。
 
ワンネスオイルがペットボトルだとして。。。
小指が浮いて飲んでしまう方と
 
 
image
 
 
 
 
しっかり握りしめて飲む方がいらっしゃいます。
 
image
 
 
小指が浮く方は人差し指を使ってほぐすのが得意です。
 
 
 
image
 
握りしめるタイプの方は親指でほぐす方がしっくりきます。
 
 
image
 
 
 
たまにこのような手でほぐす方がいらっしゃいます。
その方は親指でほぐした方がしっくりくるタイプなのに
人差し指を使おうとするので、こんな風になります。
 
 
image
 
 
私は人差し指を使ってほぐすのが得意なタイプでして
4スタンス理論を知るまでは
全ての方が人差し指を使ってほぐすのが一番やりやすいと
勝手に思っていました。
でも違ってたんですね。
 
人差し指派は手首を動かすのが得意で
手首がクルクル柔軟なのですが
肘を上手く使えないタイプです。
 
親指派はその逆です。
 
私は親指派の動きが自分にはないものなので
最初やりにくかったのですが
顔コリほぐしは顔のパーツによって
親指を使った方がやりやすい場所
人差し指でやった方が上手くいく場所があります。
 
また写真で解説したいですが
なかなか難しいところもあります。
 
っていうかかえってややこしくなりそうなんです。
 
なので一番自然にふっと当てた指や肘が正解だと
思っててくださっていいですよ。
 
あとグルグル指を回転させながら額をほぐしてくださいと
お伝えした時に
内側に円を描く方と外側に円を描く方がいらっしゃいます。
 
内側に回転させる方はこんな動きが得意です。
 
image
 
外側に回転させる方はこうです。
 
image
 
私は外側に動かすのが得意なタイプです。
こっちの写真の方がキマってるでしょ。
顔コリほぐしにおいては回転方向はどちらもOKですが
筋肉の流れの方向に厳密に従えば違ってくると思います。
でも厳密に従わなくても効果はでますし
恐ろしいことにもなりません。
 
よく観察しながらも気楽にするというのが
顔コリほぐしの極意です。
 
私は4スタンス理論でつまさき重心の外側重心の人になります。
さんま師匠と一緒のタイプで
パーデンネンのポーズはまさにこのタイプの得意技のようです。
 
image
 
一緒のポーズをしようとしても違うタイプの方は
手首の角度が微妙に違ったりするみたいです。
 
同じ振り付けの踊りをみんなで習っても
ニュアンスが違うのはこんなところにも理由があったのですね。
 
4スタンス理論の記事は以前にも書いたことがあったのですが
レクチャーでお客様の動きをみていて
ますます面白く感じてきたのでまた書いてみました。
 
以前の記事はこちらから
この時の私、大人っぽい 大人っぽいってなんやねん。
でも最後に変顔してました。
 
4スタンス理論についてはこちらから
 
 

かこの顔コリほぐしの全貌がわかるホームページはこちらから

顔コリほぐしの動画はこちらから

 

「かこの顔コリほぐし施術」をご希望の方は こちらをご覧ください。  
大変申し訳ありませんがご新規様の土日枠はお受けできない状況です。

平日でよろしくお願いします。  
◇「かこの顔コリほぐし」ご予約について◇

 

 

「かこの顔コリほぐし」に最適なオイルは こちらからご購入いただけます。  
<特典!> ご購入くださった方には 顔のコリのほぐし方のDVDを  
プレゼントしております。 ◇オイルご購入はこちら◇

 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

顔コリほぐし ・かこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります