今回はさすがにゆっくりできるかなぁ~と思ったら、やっぱりイベントに引っ張り出されてます
しかし、壁ドンの写真は載せるつもりなかったって・・・みやけん先生勝手にのせちゃったの?(笑)
スケートや大学だけでなくこうやってイベントや取材にも引っ張りだこで本当に大変ですよね。


~羽生君の新プロについて~

TOKYO応援宣言(テレビ朝日)ツイより
羽生選手「プログラム自体出来ていますし、僕自身非常に気に入っているプログラムなので、皆さんが見てどう思われるかは、それも自分の楽しみでもあるので、僕自身のためにも、また皆さんのためにもちょっと秘密にしておいてもらえませんか?」とのことでした

いやぁ~これはめちゃんこ楽しみです!!!本人も非常に気に入ってるだなんて期待せずにいられませんよ♪DOIで見るのが楽しみですね



【動画】

羽生結弦選手が登場!「元気に戻ってこれてよかった」日本赤十字社イベント1
https://youtu.be/bTEZT-z07yI



羽生結弦選手、織田信成との“壁ドン写真”秘話語る 日本赤十字社イベント会見1
https://youtu.be/P8DDUod1GOg



どうでもいいけど・・・お肌とぅるっとぅるですな(笑) 


羽生結弦選手「献血の大切さ」語る CM撮影秘話も明かす 日本赤十字社イベント会見2
https://youtu.be/vPqO5P5bDuQ



【フォトレポート】羽生結弦選手、母親から言われた感動的な言葉とは
RBB TODAY 
1日行われた「いのちと献血の大切さを考える」イベントに、「平成27年はたちの献血キャンペーン」のキャラクターである男子フィギュアスケーターの羽生結弦選手が登場した。

 この日は6月14日の世界献血デーを前に、世界献血デーや献血の現状について理解を深めるトークをした。現役大学生でもある羽生選手。昨晩は課題に終われ「4時間くらいしか寝てない」と話していたが、寝不足な様子は少しも見せず、若い世代へ献血の大切さを真摯に訴える姿に、「成長しましたね」と言われると、「はい、揉まれました……世論に」と、苦笑いしながらも素直な言葉をこぼした。

 また、羽生選手が登場する献血のコマーシャルも上映され、そのコマーシャル撮影エピソードの中に羽生選手のストイックな一面が。コマーシャルでは氷上さながらの回転シーンがあり、その撮影した時、羽生選手自ら何度も取り直しをお願いしたという。「スケーターですので、軸がずれてると自分が見たときに“汚いな”と思って」と振り返った。それには現場スタッフも感動したという。

 また、MCの小林麻耶からの「妹が出産時に輸血が必要だった」という話しから、羽生選手の母親についても。羽生選手は母親について「喧嘩もするし逆に励まされることもありますが、なにより一番心配してくれる」と言い、さらに「あなたは私の身体の一部なんだからね」という言葉に「ジーンときた」という。

 最後に、羽生選手は今回のイベント参加について、「僕自身イベントに参加することでより献血について深く知ることができ、スケーターとしてではなく一人の人間として、生きていく中で大切なことを学ばせてもらったと思います。誰かを直接助けるというのは助けられた方がお礼をする機会もありますが、献血というのはそういうことが難しいものなので、こういうイベントを通して、献血をした方が少しでも報われるものになったと思います」と話した。また、若い世代へ向けても献血をPR。「学生であるからこそ、献血をする時間がないとか知る機会がなく若い世代の献血者数が減っているんだと思います。僕がこうやって発信する側になったことで、たとえば僕のフィギュアスケートを見て献血を知るきっかけになればと思います」と訴えた。


お母様の言葉、一見すると過保護な親のようにも見えるけど羽生君を見ているとそうじゃないように思います。私は子どもを生んだことがないので親の覚悟というのはわからないけれど、あなたのことを大事に思ってるのよという愛情表現と感じました。もし過保護に守る親なら昨季の中国杯からの流れにはならないだろうし・・・ただ強い親子の絆を感じますね。2人でカナダに出て心細い中ずっと支えあってきたんだろうから。



<小林麻耶>羽生結弦選手の母子秘話に感動 「私も子供が生みたい!」
まんたんウェブ 一部抜粋
羽生選手が「一番心配してくれる」という母親とのエピソードとして「いつも(母に)言われるのが『私の体の一部だから』という言葉で、ジーンときました」と語ると、横で話を聞いていた小林さんは感動した様子で「私も結婚して子供が生みたい!」と発言。笑いを誘った。
(中略)
小林さんは羽生選手について「本当に爽やか。登場した瞬間にハッピーな空気に包まれた」とうれしそうに語ると、一方では「3歳年下の妹(小林麻央さん)を出産した時に母が大量の出血をして、輸血で命が救われたんです」と自身の体験を交え、献血の必要性を訴えた。

http://mantan-web.jp/2015/06/01/20150601dog00m200002000c.html



羽生結弦選手、真央復帰は「“嬉しい”に尽きる」 あの“壁ドン”写真についても
RBB TODAY 一部抜粋
また先日、振付師の宮本賢二氏が自身のブログで公開して話題となった羽生選手の“壁ドン”写真について、あのショットが撮られた経緯などについても質問が。「(反響に)非常にびっくりしたんですけど。リハーサル中に(宮本氏に)ずっと振り付けをしていただいているわけではないので、その時にふざけて“どんな写真だったら面白いかな”と考えつつ。載せるつもりはなかったんですけど。皆で面白い写真を撮り合って、その一部が皆さんの前に出たという形です」と照れくさそうな笑顔を見せた。




羽生結弦、浅田真央の現役続行にコメント
BIGLOBEニュース 一部抜粋

◆キャンパスライフを満喫中

また、早稲田大学の学生でもある羽生選手は「24時間スケートの事を考えているの?」などと聞かれると「それはビミョーです」と頭をかきながら「昨晩は大学の課題に追われていて……。睡眠時間は4時間ちょっとなので、自分の方こそ輸血が必要かもしれませんね」とウィットに富んだジョークを交え、キャンパスライフの満喫を報告した。



モデルプレスさんからお借りしました。




羽生、大学の課題に追われハードな日々 睡眠4時間
デイリースポーツ
フィギュアスケートのソチ五輪金メダリスト、羽生結弦(20)=ANA=が1日、都内で行われた14日の世界献血者デーに向けたイベントに出席した。

 スーツ姿で登場した羽生は「(世界献血者デーのことは)イベントの話を聞くまで、知らなかった。僕自身、昨季、手術やアクシデントがあり、輸血が必要な状況まではいかなかったけど、身近に感じていた。こういう日は本当にありがたいと思う。高齢化社会の中で若い人たちが1番知っていないといけない。知ってシェアしないと」と、呼びかけた。

 前日まで行われていたアイスショー後、大学の課題に追われていたそうで「大学も結構大変で、昨夜も課題に追われていた。(睡眠は)4時間ちょっとかな」と、ハードな毎日を送っている様子だった。




羽生 来季プログラム「コメント控えさせて」
デイリースポーツ

来季のプログラムの進捗状況については「コメントは控えさせていただきたい」としつつ、「国別対抗が終わって、燃え尽きた段階から、コーチ、振り付け師と構成を立てている状況。それに向けて体力作りをしていきながら、万全のパフォーマンスができるように練習から注意していきたい」と、話した。


羽生結弦、浅田真央の現役続行「うれしい」
オリコン
先月、浅田真央選手が現役続行を宣言したことに「ものすごく勇気は必要なこと。辞める辞めないの中でいろいろなことを思われたと思う」と理解を示し「一選手としてすごくうれしかったとともに、一ファンとして試合での演技が見れるかもというワクワク感が得られたのでうれしいという言葉に尽きる」と喜んだ。

 自身も来シーズンに向けて「とりあえず準備の段階」だといい、詳細は明かさなかったものの「国別が終わって燃え尽きていた段階から、コーチや振付師の方と構成が立ってきたので、それに向けた体力づくりをしていきたい。健康を万全のパフォーマンスであることを練習のなかから注意してやっていきたい」と意気込んだ。
(中略)
昨シーズンでは怪我のアクシデントも経験した羽生選手だが「輸血を必要とされる方を身近に感じられた」と話し「こうやって元気に戻ってこれてよかった。キャンペーンキャラクターとしても輸血が必要となるくらいでなくてよかった」と冗談めかして快調をアピール。「とにかく健康に気を使いながら、選手生活を大切にしながらやっていきたい」と気持ちを新たにした。





<羽生結弦>織田信成との“壁ドン写真”秘話語る 「載せるつもりなかった」
まんたんウェブ 一部抜粋
先日公開したプロフィギュアスケーターの織田信成さんへの“壁ドン”写真について「(反響の大きさに)自分自身びっくりしました。リハーサル中にちょっとした時間があって、ふざけていて、載せるつもりはなかったんです」と照れ笑いを浮かべた。





時事通信さんからお借りしました。






World Figure Skatingさんのツイートより
世界献血者デーを前に「羽生結弦選手と共にいのちと献血の大切さを考える」イベントが行われました。"はたちの献血"キャンペーンキャラクターの羽生選手は、「ぼくを通して献血活動を知るきっかけになれたら嬉しい」など、活動への思いを語りました。 



AD