関東SIVIOのブログ

「ラオスへの教育支援」と「日本にチャリティームーブメントを起こそう」そんな熱い想いをもった僕たちの活動記録。


テーマ:
サバイディー!
10期のれいです🌳

はるかにも幸希にも紹介をしてもらえて嬉しい限りです!私事ですが本日21歳になってしまいました。(笑)


そんなことはさておき、4回目のスタツアブログ書いていきたいと思います!

私にとって4回目のラオス。4回目となると村の変化には敏感です!(笑)

新しい柵が出来ている!
遊具が増えた!
積み重ねてあった木がない!
校庭がきれいになった!
こんなところに花壇なかった!
去年のPJの教材が教室に貼ってある!

すごく当たり前のことなんですけど、スタツアからスタツアまでの半年間、私たちsivioがラオスを想って活動している間にも、ラオスだって時が流れているんですよね。
いや、本当に当たり前のことなんですけど。

私がラオスを訪れ始めてからのたった1年半だけでも、ラオスの人々がどんどん子どもの教育に積極的になっていっているように感じます。

前回の現地調査でニーズにあがっていたものが、既に村人達の力で出来ていたり。

以前は子どもの親に学校の質問をしても「わからない」という返答が多かったのが、今では先生と村長さんと子どもの親との会議があったり。


昨年の夏にsivioが新校舎を支援したナンムラ村では、その新しい校舎を大切に使うために、生活が苦しい中、村人達がお金を少しずつ出しあって学校に柵を作ってくれたそうです。

このお話を聞いた時
とても嬉しかったです。


sivioが想いを叫んで、
楽しいをチャリティーに繋げて、
現地の人に寄り添った支援をする。

そしてその支援がダメにならないように親や村人が協力する。

職員室をなくしてでも子どもの教室を確保したり、見合ったお給料がもらえなくても授業をする先生がいる。


改めて考えてみたら、sivioも親も村人も先生もみんな、子どものより良い教育環境のために考え行動していました。

こんなにも多くの人が、ラオスの子どもたちのためを思っていたらきっとこの先、ラオスの教育環境はどんどん良くなっていくのだろうなと改めて感じることが出来ました。

そして将来、今私たちが支援している子どもたちが自分たちの力でラオスをより良くしていってほしい。
そんな風に思います。

教育支援ってそれを実現させる力があると思っています。

少し話はずれますが、コン村の小学校でPJをしていた際に、sivioメンバーに近寄ってきた、おそらく中学生くらいのしっかりした女の子達がいたんです。

私の勝手な解釈ではあるのですが、もしかしたらsivioを知っているコン村小学校の卒業生なのかなと思いました!

「すっかりお姉さん、お兄さんになっちゃって!」そんな言葉をかけたくなるように、今sivioの支援する子ども達が大きくなった姿をいつか見てみたいななんて思った瞬間でした。


なんだかまとまりのない文章になってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました!









これにて、2017年春関東sivioスタツアブログリレー終了です!
半年後のスタツアをより良いものに出来るようにメンバーみんなで頑張りたいと思います🌻

今後とも学生国際協力団体sivioを
よろしくお願い致します!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

関東SIVIOさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。