一郎のだまされ日記

チーム黒山レーシング 黒山一郎でございます。


テーマ:


オイルは、以下の三種類に分けられます


①100%化学合成油→最高級、でも高い
②部分合成油→真ん中の位置、値段も中くらい
③鉱物油→性能それなり、でも値段は安い

●2stのミッション室オイルのこと

1.トライアルでは、2stのミッション室オイルにひと昔前は「鉱物油のミッション室専用オイル」を使うのがベストでした。最近まで、私もそう思っていました。
2.でも、この鉱物油のミッション室専用オイルは、安いのは安い(1,000円/Lくらい)のですが、しょせんは鉱物油ですので耐熱性も耐久性も、そんなにはありません。
3.ですが、まあ、おのおの方のように一生慣らし運転のトライアルではこのオイル価格が安くてよろしいのです。でもね、近年のクラッチをガンガン多用するトライアルでは、この鉱物油ギァオイルではとても対応できず使えなくなってきているのは事実。
-----------------
4.クラッチの遊びが変わる、レバーを握ってもクラッチが切れない、半クラ部分しかないようになる、これらの多くの原因はミッション室オイルの熱変化が原因なのがほとんど。
5.2stのミッション室専用オイルの目的は、1番はギァ摩耗防止で、クラッチ性能は2番手だから、いた仕方ない部分もありますが、これ以上のクラッチ性能アップはこの鉱物油では無理。
-----------------
6.こうなると今のトライアルでは、各種添加剤配合の100%化学合成油/4st2輪専用のエンジンオイルを使う方がベスト。
7.この100%化学合成油の4st2輪専用のエンジンオイルでも、金属摩耗に強いのか、クラッチに強いのか、つまりクラッチ系統に良い成績が出るオイルと、そうでないオイルとに分かれます。これはメーカーの考え方の違いでしょう。
8.当社のおすすめは、うちのテストライダーのテストでクラッチ性能に良い成績を出した4stオイル/Mosul-300V4Tですね。
9.Motul-300V4Tのうち、最軟「5W-30」と最硬「15W-60」の使い方違いは単純で、冬場は5Wの方、夏場は60Wの方を使います。
10.まかりまちがっても、4st4輪専用オイルは使っちゃダメですよ。

●2stのガソリン混合オイルのこと

1.2stガソリン混合オイルは、レース用と称する「100%化学合成油/最高レベルの2stオイル」を使ってはいけませんよ。
2.多くの民間人おのおの方は「一生慣らし運転」で、おばちゃんのスクーター運転みたいなもの。
3.このおばちゃんスクーター運転に高回転用のレース用オイルは必要ありませんどころか、排気系にカーボンがたまってどうにもならなくなります。だから、ワンランク下の部分合成油、おばちゃんスクーター用オイルでいいのです。
-----------------
4.うちのテストライダーが10年前に4stに乗り換える以前、トライアルを始めた時からずっと2stですが、始めに書いたレース用と称する「100%化学合成油/最高レベルの2stオイル」は使ったことはありません。
5.いつの時代も、契約メーカーから2st最高級化学合成オイルの支給提示を受けますが、必ずワンランク下の部分合成油を支給していただき使っていました。
-----------------
6.参考までにスポンサーも何もつかない現在の、女子部のBeta-Evoも、孫の乗るエンジンぶん回しのRTL50Sも、2st混合オイルは日曜大工の店で買ってきた“SUZUKI.CCIスーパー2stオイル”を「70:1」で使っていますね。もちろんこのオイルは、FC規格の部分合成油です。

●2stのガソリンとの混合比のこと

1.ガソリンとの混合比ですが「100:1」とか「80:1」と申しますが、当社では長い経験から「70:1」をおすすめします。
2.ひと昔前はこの100:1〜80:1なんかでよかったかもしれません。ですが今は、一番負担のかかるクランク軸左右メインベアリングが、エンジンの小型化にともない、ベアリングも小型化になっており、でも、パワー負担は今まで以上。
3.だから、オイルを多い目に供給する方がベスト。ちなみに公道をかっ飛ばすSSDTは「50:1」で、皆さんやっています。
-----------------
4.100:1と70:1は、ガソリンの量が100:1の方が多いからパワーが出る、と申すやからがいますが、これは机上の理論で、実際にそのパワー差がわかるのはまずいません。
5.それよりも100:1と70:1のエンジン音の違いは、民間人でも分かるほど違うのです。荒っぽく言うと100:1は乾いた音、70:1はいい感じの湿った音、という表現でしょうか。
-----------------
6.今のトライアルエンジンは、クランク軸左右のベアリングに相当無理のくる設計ですので、このベアリングはごく普通に乗っていても「シャ〜」という音が出始めて、2年か3年で焼きつき現象が出ることがよくあります。
7.70:1の混合比にすると、これがなくなる、とは申しませんが、かなり焼きつきまでの期間が改善されるのは本当です。

●オイルメーカーのこと

1.豆腐を作る過程で出来る残留物がおからです。ですから“豆腐屋さんのおから”が一番美味しいのです。同じように、どの用途のオイルでも、荒っぽく言うと、オイルは「原油からガソリンを製造する過程」で出る残留物で作ります。
2.ということは、どの種類のオイルでもガソリンメーカーのオイルが一番と考えています。オイルの原料のその残留物が豊富にあ り、実験と試作品を作る材料が無限にただで手に入るガソリンメーカーのオイルが、一番性能に優れ高品質ということです。例 えば「エネオス.Motul.BP.エルフ.シェル.TOTAL」とか等々ですね。
-----------------
3.二輪メーカー純正オイルは、例えばヤマハ純正オイルは「ヤマハ製造」ではなくて、製造元はガソリンメーカーで⇒販売元がヤマハです。
4.産油国アメリカのアメリカ製では“オイルのみを製造販売”しているメーカーが多数ありますが、これも良いのが多いのは事実。老舗ではValvoline(バルボリン)やBelray(ベルレイ)等ですが、世界で最初にエンジンオイルを作ったのはValvoline(バルボリン)を雑学として知ってください。  
-----------------
5.オイル選びのもうひとつに“性能に関係のない”見た目目立つ目的で色を付けているオイルがありますが、これもやめてくださ いね。赤い色のオイルなんて、気持ちが悪い以外の何ものでもありませんよ。

以上、イワシの頭も信心から、信じるものは救われる、のお心で気持ちよくお信じくださいね〜♪


イチローより

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
⚫かっ飛んでその日のうちに帰路、大阪を目指す。

表彰式が終わって、夜の何時になったんやら記憶にないけど、その日は浜松の東京側の磐田市に住んでいる名倉さんの家まで深夜に帰ってきて、「泊まっていけ」を「明日は仕事があるから」で、SUZUKI本社から名倉さんちまで運んでもらっていた、私のSUZUKI軽キャリー450に乗り換え大阪まで帰る。

今の軽は規格660ccですよね。その昔は360ccで、私が軽トラを買った時分は450ccまで排気量が上がっていました。

当時、北米輸出用の車格のSUZUKIジムニーの排気量は550ccで、時効だから白状しますが、以後、全日本の遠征が軽ではきついとSUZUKI/SRS(スズキレーシングサービス)に言うと「550ccにしてあげる」と言われ、私の軽のSUZUKIキャリーは当時ボアアップした550ccだったのです。
もち、キャブレターもそれに合わせてビックサイズに変更していました。

で、もっと高速でスピードが出るようにと伝達ファイナルのデフギァもSUZUKI軽乗用車アルトか何かの、ギァ比の低い、つまりバイクでいう「後ろのスプロケットを小さくした」のにも変更していたのです。
この改造でバイクやほか装備一式を積んで、当時の普通車主流排気量の800cc~1000ccと同じスピードで東名名神を走れたわけ。

はい、当時は軽には車検なんてありません。

大政奉還が150年前で、従軍慰安婦問題が70年前のお話です。
で、警察官を退職してすでに32年で、この排気量変更の車両運送法違反は42年前の話で、現職の警察官がそんなことをしてもいいのか、は笑ってお許しくださいね。


⚫使ったRL250Lワークスをそのまま持って帰る

大阪に帰るとまたYAMAHA/TY250Jに乗るしかないと思っていたら、早戸川で7位だか8位に入ったからか、トライアルに打ち込む姿勢が伊吹健次に近かかったのか、「使ったRL250ワークスをそのまま持って帰れ」と名倉さん。

SUZUKIのSRS(レーシング部門)も、エキスパートクラスの社員ライダー名倉さん一人じゃ心細かったのか、もう一枚若いカードを探していたみたいでこっちに白羽の矢が刺さる。
以後、スズキのトライアルといえば黒山一郎の悪夢の時代が始まるのですね。
結果、SUZUKIで2回全日本チャンピオンとったから、SUZUKIのこの当時の配慮厚遇にはお返しはできたと、自画自賛勝手に思っています。

以後、ヤマハは木村、ホンダは近藤、スズキは黒山、カワサキは加藤の4メーカー4ライダーがしのぎを削った、第一期トライアル黄金時代はすごかったのですよ。

昨年末、スズキレース関係者&ライダー忘年会という催しが浜松グランドホテルであって、招待状が届いたから末席ながらお邪魔しました。
この時に当時のトライアルに関係した人々の想い出話で

「スズキにとって、5年で撤退したトライアルとはいったい何だったのか」

のお話になり、結果、日本人トライアル世界チャンピオンライダーの誕生も、息子さんの全日本チャンピオンライダー誕生も、黒山君がいなければありえない話で「指導者.黒山君をいちから育てる為にSUZUKIはトライアルをやったようなもの」の、結論のようでした。

はい、ライダーとしての素質はあんまりございませんでした私としては、私が現役をやめてから「出来あいの若いのじゃなくて、ゼロから子供を育てたことにおほめをいただきまして」異論はございません、仰せの通りでございます。

私にとってトライアルとは、今現在のトライアルをまだ仕切っている全日本現役トップライダーの面々、つまり元少年ブラック団のトライアルライダーを誕生させるための、咬ませ犬(試し人)だったのかもしれませんね。

思うに私は、例えば「右向け、右」と言えば右を向いてくれる「高校野球までの監督」には、自分自身が先頭を走るからすごい実力があるのかもしれません。
ですが「自分で自分のことが出来る」ようになった、その先のスポーツ選手集団の監督は向いていない、かもね。
まあとにもかくにも「名選手、名監督名コーチにあらず」は、当たっていますよ。

さて、当時のSUZUKIのSRS(レーシング部門)の最高責任者、マン島TTレース日本人初優勝者の伊藤光男さんもご在命で、元気にお姿を見せておられました。

蛇足ですが、当時若かった世間知らずの私がかっこうのいい契約プロライダーになりたくて

「大阪府警を辞めてスズキの社員ライダーとして雇ってくれ」

の、私の執拗な申し出に、頑固なまでにそれを否定して

「大阪府警で趣味の範囲内でトライアルを続けなさい」

と言って説得してくれたのも、御大.伊藤光男さんなのです。
まさに、正解でした。


⚫交機隊駐車場で仮眠して出勤

深夜の東名名神を、いただいたバリバリのワークスRL250を積んだSUZUKIキャリー軽トラで、当時はオービスも何もなく安心してかっ飛ばし、大会翌朝の早朝午前5時頃、大阪市城東区(大阪城の隣の区)にある交機隊の駐車場に直接行って、軽トラ車中でウツラウツラ仮眠。

午前9時前「おはようございます~♪」って明るい挨拶をして、何事もなかったように白バイ訓練指導のお仕事に職務専念したのが、初めて経験したトライアル全日本第2回大会のいきさつ。

いやあ今67歳で、この話が若き24歳の時でしょう。思い出すだけで、「頭も体も」若いというのは素晴らしいことですね。
当時、単純に「行けない所が、明日行けるようになる」という、ワクワクどきどき感で毎日を送り、あの、人生幸せいっぱい地球は自分の為に回っているは、いったいどこへいったのか。

今は人生を知り尽くした顔、トライアルを知り尽くした顔をして、何事にも動じないと思っているのはいいけれど、あのワクワク感高揚感のない毎日を送っていてこれでいいのか。

私と同じ食道ガンで逝った赤塚不二夫の名言「これでいいのだ」ではないけれど、「ワクワク感のない日々、これではよくないのだ」に、どうする。

ステージ3まで進んでいた食道&胃ガン全摘出手術から4年半経ち「5年生存率40%」の、つまり、10人中4人しか助からない生存率40%の仲間に入れるかもしれないのに、同時期に同じ食道ガンになり助からず先に逝った、藤本義一.やしきたかじん.中村勘九郎面々、三途の川の向こうから「お前は何をやっているんだ」の、お叱りを受けそう。

それと同じく「日英ガン友」だったマーチンランプキンが、私よりも若いのに同じ胃ガンで先に逝ってしまい、マーチンの孫とうちの孫の世界チャンピオン争いに参加出来なくなり、その分、マーチンの意思も私の背中に乗っている。

マーチンの重い十字架を背負い、また、トライアルで何かをやる。
私にはトライアルしかないんで、また何かトライアルのことで先頭を走りたいですね。
こうご期待のほどを。

これでとりあえずは、「黒山一郎といえばSUZUKI」のデビュー戦てん末記ははおしまい~っ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



⚫近藤さんが勝って、伊吹も勝ってヤマハ圧勝

伊吹健次って誰も知らないだろうけど、私が駆け出しの頃の関西のすさまじい執念と努力の人。
今で言う国内A級なんだけど「頂点に駆け上がり、トライアルで食う」というすさまじい信念のもと、バイトで稼いだ金すべてでガソリンを買い込み、中古のYAMAHA/TY250Jに中古のオンボロ軽トラで、当時、出来たばっかりの京都/亀岡トライアルランドが練習拠点。

暗くなって練習が出来なくなると、買ってきた食パンの耳をかじって山水を飲み、軽トラの荷台にグリーンシートを斜めにかけテントがわりにし、寝袋でそのまま泊り込み。
これが4~5日続き、雨の日もそのまま軽トラの荷台に半分濡れながら寝て練習継続。
1年以上、天気でも雨でも天候関係なしにこれをやるもんだから「ゴホンゴホン」とおかしな咳をし始め、でもやっぱり咳をしながら練習続けて、きっちり結核発病。

結核が判明する前にこの早戸川大会、私と同じジュニアクラスを戦って当然のように伊吹が制したわけですが、結核がわかって「人に移る」から入院生活を余儀なくされて、そのままトライアル界から消えたという伝説の人が伊吹健次なの。

子分という言い方は失礼だけど、たしか伊吹といつもいっしょに練習していた西田等というのもいて、この人も同じく結核で入院、トライアルを断念した人。
多分、伊吹のが移ったのだと思うけど、また逆に、西田が伊吹に移したのかもしれない。

子分の子分もいて、京都トムスの吉川さんとBOSCO.MOTOの橘田さん。吉川さんとはあんまり練習したことはないけど、橘田さんとはけっこうよく練習し、ゴホンゴホンとおかしな咳をしていたのを覚えているけど、発病まではいたらずで、あぶなかったですね。

私??、私は大企業に勤めていたから強制的な定期検診があったから安心とは言わないけど、でもまあ、私も結核にならなくてよかった。

トライアル4度全日本チャンピオンのエトスデザインの近藤博志さんも、駆け出しの頃は、これと同じことを神戸六甲山を拠点としてやっていたなんて話を聞くけど、近藤さんと私はライバル同士だったんで、あんまりいっしょに練習していなくて本当のところは知らない。
日雇いタクシーのアルバイトをして、練習できるガソリンを買い込むだけ稼いだらバイトを中止、そのまま六甲山中へ泊まり込み練習。
練習するガソリンがなくなったら、町へ降りていき、またタクシーのバイトして稼いで、また山へ行っての繰り返し。

伊吹は亀岡へ、近藤さんは六甲へ、私は生駒へ、が生活のすべてだった人生の一時期。

いやはや良い悪いは別にして、こういう人が、私が頑張っていた時代には何人もいて、今のトライアルの基礎を築いたのは事実。
少し時代が違うけど、先日の全日本鳥取大会国際B級で勝った復活組の北海道の小林直樹さんもその一人ですね。

小林さん、自分にも他人にも厳しいんで、教え指導するんだったら今の若いのはとてもついていけないと思う。
私みたいに、知能がまだ完成していない幼児か子供をさらってきて教えるのがベスト。

エキスパート、関西のナンバー1の近藤博志さんはこれも当然のように勝って、2位は同じく関西の健さんこと/加藤文博さんで、関西強しは伝統的にこの頃からなのかもしれない。

⚫自分は7位か8位か覚えていない

私って何位だったんだろう。7~8位だったような気がするけど、まったく順位に興味がなくて、早く帰って「見たこと新しい乗り方」の練習をしたいのが、いの一番。

人生で一番「ワクワクどきどき」の時代で、まさに「トライアルすることが面白くてしかたがない」ん、だったんだろうね。

10年後、私が警察を辞めてヨーロッパに出て行ったのも、日本でのトライアルに「ワクワクどきどき」がなくなってしまったのが、一番の原因だと思う。
野茂やイチローや松井、他、多くのプロ野球選手が、今、大リーグに移籍しているけど、この人たちも日本での野球に「ワクワクどきどき」がなくなってしまったのも、同じだと思う。

単に「ワクワクどきどき」の為だけに、超安定した職業公務員を辞めて次の新天地を求める。
かっこういいけど、一応は成功したから言える言葉であって、朽ち果て敗残兵で帰ってくると今頃はホームレスで、黙って下を向き口を閉ざしている。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。