一郎のだまされ日記

チーム黒山レーシング 黒山一郎でございます。

NEW !
テーマ:
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



⚫近藤さんが勝って、伊吹も勝ってヤマハ圧勝

伊吹健次って誰も知らないだろうけど、私が駆け出しの頃の関西のすさまじい執念と努力の人。
今で言う国内A級なんだけど「頂点に駆け上がり、トライアルで食う」というすさまじい信念のもと、バイトで稼いだ金すべてでガソリンを買い込み、中古のYAMAHA/TY250Jに中古のオンボロ軽トラで、当時、出来たばっかりの京都/亀岡トライアルランドが練習拠点。

暗くなって練習が出来なくなると、買ってきた食パンの耳をかじって山水を飲み、軽トラの荷台にグリーンシートを斜めにかけテントがわりにし、寝袋でそのまま泊り込み。
これが4~5日続き、雨の日もそのまま軽トラの荷台に半分濡れながら寝て練習継続。
1年以上、天気でも雨でも天候関係なしにこれをやるもんだから「ゴホンゴホン」とおかしな咳をし始め、でもやっぱり咳をしながら練習続けて、きっちり結核発病。

結核が判明する前にこの早戸川大会、私と同じジュニアクラスを戦って当然のように伊吹が制したわけですが、結核がわかって「人に移る」から入院生活を余儀なくされて、そのままトライアル界から消えたという伝説の人が伊吹健次なの。

子分という言い方は失礼だけど、たしか伊吹といつもいっしょに練習していた西田等というのもいて、この人も同じく結核で入院、トライアルを断念した人。
多分、伊吹のが移ったのだと思うけど、また逆に、西田が伊吹に移したのかもしれない。

子分の子分もいて、京都トムスの吉川さんとBOSCO.MOTOの橘田さん。吉川さんとはあんまり練習したことはないけど、橘田さんとはけっこうよく練習し、ゴホンゴホンとおかしな咳をしていたのを覚えているけど、発病まではいたらずで、あぶなかったですね。

私??、私は大企業に勤めていたから強制的な定期検診があったから安心とは言わないけど、でもまあ、私も結核にならなくてよかった。

トライアル4度全日本チャンピオンのエトスデザインの近藤博志さんも、駆け出しの頃は、これと同じことを神戸六甲山を拠点としてやっていたなんて話を聞くけど、近藤さんと私はライバル同士だったんで、あんまりいっしょに練習していなくて本当のところは知らない。
日雇いタクシーのアルバイトをして、練習できるガソリンを買い込むだけ稼いだらバイトを中止、そのまま六甲山中へ泊まり込み練習。
練習するガソリンがなくなったら、町へ降りていき、またタクシーのバイトして稼いで、また山へ行っての繰り返し。

伊吹は亀岡へ、近藤さんは六甲へ、私は生駒へ、が生活のすべてだった人生の一時期。

いやはや良い悪いは別にして、こういう人が、私が頑張っていた時代には何人もいて、今のトライアルの基礎を築いたのは事実。
少し時代が違うけど、先日の全日本鳥取大会国際B級で勝った復活組の北海道の小林直樹さんもその一人ですね。

小林さん、自分にも他人にも厳しいんで、教え指導するんだったら今の若いのはとてもついていけないと思う。
私みたいに、知能がまだ完成していない幼児か子供をさらってきて教えるのがベスト。

エキスパート、関西のナンバー1の近藤博志さんはこれも当然のように勝って、2位は同じく関西の健さんこと/加藤文博さんで、関西強しは伝統的にこの頃からなのかもしれない。

⚫自分は7位か8位か覚えていない

私って何位だったんだろう。7~8位だったような気がするけど、まったく順位に興味がなくて、早く帰って「見たこと新しい乗り方」の練習をしたいのが、いの一番。

人生で一番「ワクワクどきどき」の時代で、まさに「トライアルすることが面白くてしかたがない」ん、だったんだろうね。

10年後、私が警察を辞めてヨーロッパに出て行ったのも、日本でのトライアルに「ワクワクどきどき」がなくなってしまったのが、一番の原因だと思う。
野茂やイチローや松井、他、多くのプロ野球選手が、今、大リーグに移籍しているけど、この人たちも日本での野球に「ワクワクどきどき」がなくなってしまったのも、同じだと思う。

単に「ワクワクどきどき」の為だけに、超安定した職業公務員を辞めて次の新天地を求める。
かっこういいけど、一応は成功したから言える言葉であって、朽ち果て敗残兵で帰ってくると今頃はホームレスで、黙って下を向き口を閉ざしている。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
⚫前日の夜に上流で降った雨で増水

前回にも書いたけど、私の全日本デビュー戦/第2回全日本選手権早戸川大会は、日頃は温厚で物静かな河原でバーベキュの出来る風光明媚な渓谷なんだけど、これが前夜に上流で降った大雨で大増水。ライダーはいたる所の激流との戦いでもあった大会でもあったの。
確認です、前日も当日も大会中も、現地はまったく雨は降っていません。ですので、会場もテント群も大会主催者もずぶ濡れ、ではありません。

私を含めて箱庭トライアルしか知らない多くの参加ライダーは、上から下まで長い移動距離の各場所に作ってあるセクションまでの移動に、必ず増水した支流というほどではないけど激流の小川を渡らないといけない。
セクションよりも、この激流の小川渡りに相当の時間をとられたのだけど、必死こいた理由は簡単で、沢の渡り方を知らないから。

それはそうで、シートのすぐ下まで水のくる水たまりに入ることの経験もなければ、ましてやそれが足元の見えないゴロゴロ小石の沢の中でしょう。こんなん、練習でありえるはずがなし。

今のトライアルをやるに「渓谷の練習場」ってあるのかしら。今年の九州熊本大会は「八谷渓谷」ってなっているけど、V字の谷というか山の下の沢の山小屋ロッジのあるキャンプ場ロケーションで、けして川ではなくてその名の通り「沢」というのが正しい。

ヨーロッパの人が申しますには「日本の川はまるで滝だ」が、見事に言い当てていて、ヨーロッパの川はまるで湖のごとく静かですね。
ドイツのライン川もオーストリアのドナウ川も、見た目、まったく流れていません。
だからあんた、日本みたいに渓流にいるピチピチした生きのいい魚なんていなくて、ナマズみたいなのしかいませんね。
なんで、魚の食文化は発展せずに肉食文化になったのかもしれない。

⚫1ラップ終わって時間がなくて大あわて

「15セクション×2ラップ×6時間」だったと記憶しているけど、1ラップ終わってパドックに帰ってきてみると、残り時間は1時間半くらい。
どこもかしこもセクションが混んでいたあげくに、広い河原のあちこちにある激流の小川が立ちはだかるのが原因。

ガソリンをあたふたとこぼしながら一気に入れて、2ラップ目の第1セクションにかっ飛ばして行ったのを覚えてる。
他の皆さん、すべて全員「時間がなくて、あわててのたうち回っていた」のは、右にならえで皆同じ。

⚫持ち時間が追加延長になったけど知らない

本当のところは、いつの時間かタイミングからか分からないけど、大会本部が「誰かが1ラップ終わった時点」で「持ち時間の延長」をしていた。
多くの多くの、思うにほとんどの参加ライダーはこのことを知らずに、のたうち回って2ラップ終わってあわてふためきゴールすると、関西風に言うなら

「兄ちゃん、時間が延長になってんねんで、余裕でゴールや。なにあわててんねん」

ですね。

私らみたいに「勝負のかかっていない、参加することに意義のある」のは「えっ、そうなの、まあ終わったからいいや~♪」で終わりなんだけど、トライアルがお仕事のプロはそうはいかない。
時間延長を知ってて余裕で下見をして減点をまとめた組と、タイムオーバーを計算して下見もそこそこにオール3点覚悟で走った組、とは天と地ほどの差。

はい、私も時間延長を知らない組で、SUZUKI親分の名倉さんはメカニックから聞いて知っていたそうだけど、スカの底辺クラスには連絡が回ってこなかった。

⚫西山さんが1万円札を持って、万沢さんが猛抗議

何故か、近畿のプロというかメーカーおかかえのプロはこのことをちゃんと知っていて、組織メーカーに属さないプロは知らなかったみたい。
今から考えるに、やっぱり「寄らば大樹の陰」ですよね。

帰り道、関西まで遠いのに、なかなか表彰式が始まらないから大会本部まで様子を見に行くと、西山さんが抗議文書に1万円札をクリップでとめて握りしめ、横で万沢さんが「勝手に時間延長して、ほとんどの誰も知らない」事へ、二人で口角泡を飛ばして猛抗議のまっ最中。
SSDTご三家の一人の成田さんはそこへはいなかった。

西山さんと万沢さんは喧嘩っ早いけど、成田さんは「火の中の栗は拾わない」タイプだから、喧嘩腰の抗議になるのは分かっていたから行かなかったのもかもしれない。

私を含めて、大きな大企業の末端社員は「会社方針の異議を上司に訴えても通らない」のを知っているから、体を張った抗議なんて見たことも経験したこともなし。
一匹狼筋金入りの個人商店自営業、西山さんと万沢さんの、殴りかからんばかりの体を張った猛抗議を、人生で初めて見たのもこの早戸川。

結局、この抗議はとおらなかったけど、以後の全日本はこの経験から、大会中の時間延長には慎重になったみたいだし、第一セクションはどの大会も簡単ラインを作るようになったんですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。