とあるデュエリストの記録

ブラウザ三国志でデュエルをやりきった感があるので思うがまま書きなぐってみるブログ


テーマ:
といっても、デュエル武勲の取り方という話ではないです。
まぁ欲しい人はひたすらレートを下げた後、一気に上げる作業を
すれば取れると思います。

じゃあどういう話かというと、こんな感じでレートが全然増えなくなった後の話。

$とあるデュエリストの記録


なので、ぶっちゃけ極一部の人向けの記事です。

尚、現在進行形で私と当たっているような人は気分を害するかもしれません。
それでも読まれる方は余裕とか広い心とかを持った状態でお願いします。










さて、上に貼った画像のように、相手とのレート差が激しくなると、
勝ってもほとんどレートが増えなくなります。

こういった状況になるのは

・同レート帯の人がエントリーしてくれない
・圧倒的すぎて周りが付いてこれていない

とか色々あるとは思いますが、いずれにせよレート差がつきすぎた人と対戦しても
レートはほとんど増えません。
デュエル上位者の誰もが通る問題ですね。

一応補足しておくと、相手に勝つためにレベリングしようとすると
まともにエントリーできなくなりますし、勝てない相手と対戦して
レートを謙譲しろってのも変な話だと思うので、エントリーしないのを
批判する意図はありません。むしろ自分もいざとなったら逃げます。


尚、レート差による変動値の推移は確認できた範囲ではこんな感じなので、
大体24 or 25 毎にレート変動値が1変わる感じですかね。

--------------------------------------------------
相手とのレート差:変動値
337:+3
362:+2
366:+1
(レート差が近い頃のことは忘れました)
--------------------------------------------------

色々書きましたが、結局のところ対戦相手からレートを貰わないとどうしようも
ありませんので、1戦毎のレート変動値がそれなりになるよう
エントリーしてる人の中で自分の次に強い人 (以後便宜的に2位の人と表記)
にもレートを上げてもらう必要があります。

ぶっちゃけ鵜匠と鵜の関係というか、漁師と魚の関係というか、
まぁそんな感じです。取りすぎは良くない。

具体的にはこんな感じで搾り取ると良いと思います。

ケース1: 2位の人がそれ以下の人に対して安定して勝てる状態
この場合、1戦あたりのレート変動が5以下であれば
自分のエントリーを1日2戦までにすべきです。

理由
2戦までなら自分+10、2位の人-10に加え、2位の人はもう1戦して
3位以下の人からレートを12-16程度回収できるはずで、
トータルで自分も2位の人もプラスになるので鮮度的な何かを維持できます。
5以下と区切りましたが、そこら辺は好みに応じて。

ケース2: 2位以下の実力がどんぐり状態
この場合、何も気にせず1日3回エントリーして、
誰かが実力が抜けてくるまで待つべきです。

理由
自分の対戦相手である2位の人のレートが伸びることが重要です。
よって、2位の人のレートが伸びなそうなら何も気にしなくて良いです。
ちょこちょこ味見をしながら、育つのを待つ感じですね。

ケース3:そもそも2位以下の人のエントリーが安定しない
この場合も基本的には何も気にせずエントリーして良いのですが、
超攻撃型や超防御型等のラッキーパンチをもらうとヤバイのと
当たるような場合は、2位以下が育つのを待つべきです。

理由
そのうち誰かが上がってくると思うので、万が一にも負けてレートを
大幅に取られる可能性があるのであれば、ひっこんでおいたほうが安全。
無理してゲテモノを食う必要はありません。


ということで、レートを上げるだけの作業に入ったような人は
自分よりレートの低い人たちを育てる育成ゲーをしましょうって話でした。

次はこんな調子こいたことを書いていて足元を掬われると
m9(^Д^)プギャー されてしまうので、そうならないよう
トップを維持していくにはのような話を書いて、
デュエル考察的なのは終了の予定です。

何かネタがあれば下さい。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

kantoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。